風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

2008年10月


かつ丼
かつ断層
かつ丼を食べました。
丼がド〜ンとビッグサイズ!
ボリュームたっぷりで重量感あり!
タレは甘めです。
肉は筋が無く、脂がトロケル感じで旨い。
これで並なので、上かつ丼だとどうなっちゃうのでしょうか。
三つ葉・グリーンピースで彩が欲しいところである。

【萬蔵庵】
東京都府中市若松町2-4-7

ピザトースト
モーニングタイムでしたが、グランドメニューもOKということなので、ピザトーストとカフェオレをオーダーしました。
ピザトーストは大判のパンにチーズがタップリでボリューム満点。
ミニミニサラダも付いてます。
カフェオレは朝のスタートダッシュに相応しい優しく力強い味わい。
CPも良かった。
できたら窓際を禁煙席にして欲しいな。

【CHAT NOIR 八王子南口店】
東京都八王子市子安町4-9-8
野田ビル 2F

つけとろ
獺祭
刺盛三品
鶏白レバ
つくね
かき揚げ
武蔵府中の隠れ蕎麦ほてい家を訪れました。
「二八手打ち蕎麦と厳選された地酒」がセールスポイントであるそうな。
獺祭のアテに刺盛三品、鶏白レバ、つくね、かき揚げをいただきました。
つくねは軟骨入りで香ばしくフワフワした食感。
獺祭との相性抜群であった。
かき揚げは厚みが5cmぐらいありその技にサプライズ。
カリカリした食感なので薄くてもいいから、もう少しシットリ感が欲しい。
〆はつけとろにしてみた。
トロロの粘りが凄かったが、手打ち蕎麦も力強くガップリ四つに組み合っている。
最後に蕎麦湯でトロロを流し込むと〆に最高!

【ほてい屋】
東京都府中市宮町2-2-20


風味焼ヒレL生姜味
伝説の風味焼ヒレL生姜味+ライスMで注文。
ライスMでもかなり量多いっス!

豚肉にタレがイマイチ馴染んでいなかったので、キャベツを丼にのっけて、豚肉をタレにヒタヒタ付けてみた。
正解!豚丼風にして食べるとサクサクいけちゃいました。
生姜味のタレがまいう〜。

【ぶたや】
東京都杉並区天沼3-9-2

焼鳥丼大盛
大通りから小路を一本入っただけで都会の喧噪から遠く離れたなんとも渋い佇まい。
ランチに訪れると二階の御座敷に通されました。

ランチは五種類ありますが、全て千円以下です。
焼鳥丼大盛をいただきました。
旧家の茶の間を想わせるレトロな空間に弩演歌がガンガン流れていてすっかり晩酌ムード。
午後も仕事なんだけど。。。
そんなこちらの気持ちをよそに、ジェロがコブシを回しまくっています♪♪

そうこうしているうちに焼鳥丼が到着です。
相棒は普通をたのみましたが、パット見どちらが大盛か判らず。
しかし実際食べてみると結構なボリュームでした。
値段は大盛も同じなのでお得です。
味は全体的に薄く感じました。
タレも控え目。
健康的で良い!
CPも良い!
あ〜あ酒飲みたい!

【田むら】
東京都千代田区九段南3-7-1

上鰻重
小江戸をブラブラ散策して開店間際の11時25分に到着。
暖簾が既にでております。
あれぇもうやっているじゃん!
店内のウェイティングコーナーに待っている人が4,5人いました。
皆出足早ええな。

そうこうしている内、合席ながら順番が参りました。
上鰻重とビールをいただきました。
鰻重の他は柳川しかありません。
ビールにアテが付いていなかった。
骨煎餅なんぞ欲しいところである。

20分くらいでやうやく鰻重のお出ましです。
蒲焼の色艶があかよろし。
だが、蒲焼も御飯も温く〜いのだ。
熱々をハフハフしながら掻き込みたかったので、チト肩透かしを喰らう。

レベル的には中級だが、
観光地の繁盛している鰻屋さんといった印象である。

【小川菊】
埼玉県川越市仲町3-22

オムライス
オム断面
カキフライ
オムライスとカキフライを食べました。
オムライスがちっちゃ〜ぁいのでカキフライもオーダーして正解であった。
オムライスの中身はハムライスでした。
ケチッャプが多く、味が単調になっております。
カキフライも身がちっちゃ〜ぁい!
衣と一体感がなく、にゅるぅっとスベル感じ。
ボリュームから考えると、ち〜と値段が高く感じられる。

注文してから出てくるまでに時間がかかっていた。

【早川】
東京都中央区銀座4-10-7

醤油らーめん
醤油らーめんば食べたべさ。
スープの味と匂いがなまら濃厚なんだわ。
したら麺も力強く、歯ごたえがあったしょーや。
道産子らーめんなもかもない!
なんもなんも。

【特一番 分倍河原店】
東京都府中市片町2-20-14

カキフライ
カキフライを食べました。
ライス・スープ・サラダ付きです。
スープは味噌汁に変更可能とのこと。

カキフライは7個もあり、大ぶりでジュウスィで美味しいっす!
御飯が進みます進みます(次郎さんで)。

次回は御飯大盛&味噌汁でカキフライに臨みたい!
( ̄〜 ̄)

【ハッスル】
東京都府中市片町2-20-13

中華そば
特撰中華そば
ミソらーめん
酸辣湯麺
塩らーめん
中華そば
野菜餃子
最近は塩に嵌っとります。
塩の旨味とトマトの酸味が堪りません。
飽きのこない味です!

飲みの後の酸辣湯麺&野菜餃子。
野菜が多く春に相応しい。
酸辣湯麺は思ったよりスッパカラクナイ。
野菜餃子は優しい味わい。
疲れた胃腸を癒してくれマス。

チト肌寒いのでミソらーめんにしてみました。
炒め野菜がミソス−プをマイルドにしているため優しい味わい。
おろしニンニクと唐辛子をたっぷり入れて食べると体がカーッと温まります。
深秋の飲みの〆はやっぱりミソやね。

またまた呑んだ帰りにちりめん亭です。
今日は特撰中華そばにしてみました。
煮干し出汁をプラスして濃厚な仕上がり。
チャーシューは肩ロースを使用しグレードアップ。
いろいろ楽しませてくれます。

深夜3時までやっているので、呑んだあとの〆に重宝いたします。
呑んだ帰りに中華そばをありがたく頂戴いたしました。

【ちりめん亭 府中店】
東京都府中市府中町1-8-12
キャッスルプラザ府中 1F

お通し
貝刺し盛り
築地で仕入れた新鮮な魚介類を女将さんが威勢良く捌いてくれます。
お通しにワカサギのから揚げが山盛りで出てまいりました。
あまりの迫力に思わず注文を間違えたのではと勘違いしてしまった。
今日のオススメに貝が3種類でていたので、刺し盛りにしてもらった。
帆立・青柳・赤貝それぞれヒモ付きなのが嬉しい。
CPも良く、アットホームな雰囲気です。

【浜勝】
東京都府中市宮町1-23-9

らーめん
つつみ焼
らーめん(細麺)とつつみ焼(自家製餃子)を食べました。
ちなみに手打ちのほうが太麺です。

らーめんは焦がし葱がパンチを効かせています。
スープは鶏柄+豚骨のオーソドックスタイプ。
細麺は硬めに茹でてもらいました。
湯切りマシンを使用しているようで、だまにならずスープにしなやかに絡んでくれました。
チャーシュウは柔らかく脂っぽくない、好みのタイプでした。

つつみ焼は、肉まんみたいな包みかたをした餃子です。
ニンニクが効いていて美味しい。

GORILLA
東京都府中市白糸台3-12-10

ヒレかつ丼
ヒレかつ丼を食べました。
かつの中心がほのかにピンク色で火の通し方が絶妙。
ヒレだが硬くない。
紫蘇が入っていて爽やかな風味。
食べ進める内に体がポカポカ温まってきます。
丼の形が変わっているためか、結構量多いっス!
でもペロリといけちゃいました(^〜^)

【ひで】
東京都調布市上石原1-37-3

海の幸のペペロンチーノ
パン&スープ
オードブル風サラダ
魚介のペペロンチーノ
コーヒー
Bジョルノをいただきました。
お好みパスタ+サラダ・スープ・パン・コーヒーor紅茶のセットになっとります。

まず手作りフォカッチャとスープが出てまいりました。
フォカッチャは焼きたててで熱々です。
スープはコンソメでひき肉が一杯入っとります。

次にオードブル風サラダが出てまいりました。
生ハム・貝・キノコ・トマトなどなど鮮やかに盛りつけられた豪華な一皿です。

パスタは魚介のペペロンチーノにしてみました。
海老・烏賊・帆立の具が多く嬉しい。
スパゲティはアルデンテで食感が良い。

食後はコーヒーにしました。
濃厚な味と香りで締めくくってくれました。
次回はデザート付きのCジョルノに挑戦したい。

【モナムール 清風堂本店】
東京都府中市宮町2-1-1

おでん(お好み)
う玉ベーコン・ネギ焼
モモ・レバ・ツブ
おでんは関西風の出汁で上品な味わひ。
種が小ぶりなのでいろいろ食べれちゃいます。
串焼きは塩でお願いした。
シンプルだが素材を引き立たせる焼き具合。
おでん・串焼きとも飲兵衛のツボをしっかりと押さえていた。
勘定も安いのが嬉しい。

【宮一 府中店】
東京都府中市府中町1-8-12
キャッスルプラザ府中 4F

ミックスフライ定食
ミックスフライ定食をいただきました。
海老・帆立・鰈・鱚2尾の海鮮盛です。
油が軽く衣がサクサクしています。
鰈フライをタルタルソースに付けて食べると旨味が口中に広がり舌が蕩けます。
もう最高!
\(o⌒∇⌒o)/
トン汁もサッパリしていて美味しい。
これだけのボリューム&駅前の好立地にもかかわらず千円でおつりが来ちゃいました。

【とん駒】
東京都府中市片町2-21-17

いか焼き定食
アジフライ定食
『ZOO』の隣にある定食屋である。
定食物・一品物・酒類がある。

いか焼き定食を食べました。
お目にかかったことのない定食なので、ワクワクドキドキ試してみることにしました。
食べてみて・・・一言!
至ってシンプルであった。
かる〜く焼いたいかに生姜醤油を掛け回しただけ。
メシのオカズでなく酒のつまみであった。

アジフライ定食を食べました。
半身×4枚=2尾分の鯵を使用しております。
カラリと揚がっているので、途中で飽きることなくサクサクといただきました。
アジフライはゴハンのオカズとしての使命を全うしてくれました。

【藤の木】
東京都日野市程久保8-49-3

このページのトップヘ