風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

2009年05月

鮑岩塩蒸し
アミューズ・あおりいか
カツオのタタキ
アナゴのグリエ
白アスパラ冷製スープ
活鮑
鮑肝
脂身
サーロイン
サーロインステーキ
マスタードソース・ポン酢
ステーキ
そうめん
黒蜜とエスプレッソのパフェ
島パインのロールケーキ
後輩が転勤になるので奮発してうかい亭に行きました。
後輩の車でロマネスク街道をクネクネと登り、門を潜りました。
建物は江戸末期の富山の豪商が貴人をもてなすために建てた迎賓館を移築したものだそうで迫力満点、見る者を圧倒します。
さらに予約していたせいか御出迎えが3人も。。。
2階のカウンター席につくまで豪華絢爛さに心ここに在らず状態。
兎に角、一般市民には非日常の世界。

気を取り直して「八王子うかい亭スペシャルディナーコース」をいただきました。
何品か好きな料理を選べるとのこと。

シェフに撮影の許可をもらいましたが、鉄板に照明が向けられてますので手元がやや暗くなっております。
写真がやや見にくくなっておりますが御容赦ください。

シャンパンとぶどうジュースで乾杯。
アミューズは、あおいいか。キャビアも付いとりました。
サッパリしていてシャンパンにすごくあう。

二品目は、季節のセレクトオードブル。
自分は「藁炙りカツオのタタキ」、後輩は「アナゴのグリエ」をセレクト。
お互いに取り換えっこしたのは言うまでも無い。
カツオも良かったがアナゴもなかなかのもの。

三品目は、白アスパラ冷製スープ。
メッチャ旨い。
御代りしたいほどである。

四品目は、うかい亭自慢の「鮑の岩塩蒸し」だ!
活鮑がウネウネと美味しそうにスマイル。
シェフの解説によると季節によりソースを変えているとのこと。
今日はソースに海苔を使っていました。
岩塩蒸しだが塩辛く無く丁度良い塩加減。
鮑が肉厚で、すごい柔らかい。
大きさも申し分無い。
噛み締めるとジュワっと口の中が蕩けました。
最高の鮑です!
肝はレモン焼きで出してくれました。

メインディッシュは、勿論サーロインステーキ。
その前に脂身で旨味を味わって欲しいとシェフが一言。
脂身は苦手なのであるが、シェフの技により余分な脂が抜けていたので無理無く食べれた。
ピンクマーブルの肉は旨そう!
シェフの技で更に旨そうに!!
噛み締めるとジュっと舌が蕩けてしまいました。
まいう〜!
塩胡椒・マスタードソース・ポン酢の3種類の食べ方をしてみました。
どれも、旨い。参った!

食事もセレクト方式。
「そうめん」がなかなかいけるとのことなので二人ともセレクトです。
小さい蛸壺みたいな器での登場。
コシがかなり強くシコシコしています。
特別なそうめん使用ではなく、茹で方によるものらしい。
技あり!

デザートは席を移動です。
自分はうかい亭定番デザート「黒蜜とエスプレッソのパフェ」、後輩は「島パインのロールケーキ」をセレクト。
こちらも、お互いに取り換えっこしたのは言うまでも無い。
コーヒー&紅茶も数種類あります。

雰囲気・食材・シェフの技・もてなしの心、全てに満足しました。
後輩も大変喜んでくれました。記念になって良かったです。
金額がそれなりにいたしますのでなかなか来れませんが、特別な時にオススメいたします。

【八王子うかい亭】
東京都八王子市暁町2-14-6

まぐろ盛合せ丼
頬身炙り・中落ち・葱トロの「まぐろ盛合せ丼」にしてみました。
大盛無料サービスなので勿論大盛でいただきました。
丼一面に浅葱と白胡麻が塗されており、三種類の鮪が良く見えない。
手探りで食べ始めると、「炙り」であった。
「頬身炙り」と聞いて期待したが、思ったより普通の焼魚といった感じ。
更に奥に進むと「中落ち」発見!
なにやら探検しているようである。
赤身と中トロの中間の味わい。旨い。
最後は「葱トロ」に到着。
ネットリしていてなかなかのもの。
御飯がすすみます。
鮪巡り旅、これにて終了。堪能致しました。

【ゆう】
東京都多摩市落合2-1-10

名物五目あんかけ焼そば
サラダ
スープ
デザート
府中唯一のシチーホテル、コンチネンタルでランチしてみた。
ヴァンブラン自慢の「名物五目あんかけ焼そば」をいただきました。
サラダ・スープ・デザート・コーヒーor紅茶付きです。
焼そばが定番ということで結構食べてる客が多い。
サラダ&スープが来て、次はいよいよ主役の登場。
ド〜ン!
直径30cmは裕にある大皿に目一杯盛りつけられております。
凄いボリューム!
味は普通でした。
こってりした甘みとトロミの焼そばです。
でも、いろいろ付いて997円なので御得ですね。

【Vin Blanc
東京都府中市府中町1-5-1
ホテルコンチネンタル 本館1F

わかめそば
わかめそばにしてみました。
わかめが丁度良い大きさで、そばをすするのに邪魔にならない。
鰹出汁のオツユに馴染んで更に旨くなってしまった。
おまえはどーこのわかめじゃ。
わかめにして正解であった。

【そば好 人形町店】
東京都中央区日本橋人形町3-9-2

釜あげ桜海老と春キャベツの和風ペペロンチーノ
大根サラダ
店の雰囲気は昭和を通り越して大正ロマンの香りが漂っております。
春メニューの中から「釜あげ桜海老と春キャベツの和風ペペロンチーノ」をちょいす。
桜海老・春キャベツ・筍がたっぷりで春爛漫です。
醤油大蒜でさっぱり風味。
生麺なのでもちもちっの食感です。
ミニスープが付いとります。和風こんそめすうぷでした。
一緒に食べた大根サラダも良かったぞ。

【武蔵野食堂 府中店】
東京都府中市府中町1-3-6
京王府中ショッピングセンター 1F

ハヤシライス
ハヤシ
御座敷でハヤシライスをいただきました。
ソースは甘味&酸味のコクがあります。
甘酸っぱい味で食欲増進作用有り。
牛肉はトロトロで玉葱はシャキシャキ。
ボリュームたっぷりだがペロリと完食。
懐かしい下町の味でありました。

【芳味亭】
東京都中央区日本橋人形町2-9-4

大戸屋風海鮮ちらし寿司
商業ビルの地下1階にありますが、店内は明るくいつも賑わっております。
大戸屋おすすめメニュー「大戸屋風海鮮ちらし寿司」をいただきました。
熊本県天草産真鯛、タイ産の海老、ベトナム産ヤリイカ、南太平洋産キハダまぐろの海鮮ちらし。
山葵醤油を廻し掛けスプーンのようなレンゲで食べました。
平皿とレンゲでサラダ感覚です。
食べやすいのでパクパクっとあっという間に完食。
5月末までの期間限定メニューでした。

【大戸屋 府中店】
東京都府中市府中町1-1-5
府中高木 ビル B1F

ちらし寿司
鯵南蛮漬
刺身
茄子翡翠煮
銀鱈味噌焼
天麩羅
イチゴアイスクリーム
三崎漁港仕入れの新鮮な魚が食べられる店とのことです。
駅から少し離れているので落ち着いた雰囲気。
店内は入口付近がテーブルで、奥にカウンターがあります。
初めてなので、おまかせコースにしてみました。
先付け・刺身・煮物・焼物・揚物・食事・デザートの七品。

先付けは、鯵の南蛮漬け。
小鉢に南蛮漬けだけだったのでなんだか寂しい。
量が少なくても良いので三種類くらい欲しいところ。
刺身は、メダイ・イサキ・ホウボウ。
見た目同じようですが、微妙に味が違いました。
どう違うかは説明できない。
煮物は、茄子の翡翠煮。
出汁が抜群の旨さ!
やっぱり日本料理店は煮物で実力が分かりますね。
焼物は、銀鱈味噌焼。
味噌が旨い!食べたことのない味。ただの味噌焼きではない。
揚物は魚のすり身と山菜の天麩羅。
魚のすり身の天麩羅は新食感。
食事は、鮪・鮭・イクラのチラシ寿司。
イクラが苦手なので参ってしまったが鮪は美味しかった。
デザートはイチゴのアイスクリーム。
サッパリ風味。あまりゴテゴテしていないのが良い。
七品全て出揃いました。充実の3,800円でした。

あえて言わしてもらうと。。。
料理を出す時、魚の種類などの説明が欲しかった。
日本酒(冷酒)が二種類しかないのでチト寂しい。

一品料理も多いので足繁く通ってみたい。
いろいろな味に巡り合えそうな気がする〜

【はぎ原】
東京都府中市府中町1-27-7

きつねうどん
馬そば深大寺と背中合わせにて営業。
うちは京うどんの幟が出ておるんや。
それやのできつねうどんにしてみたんや。
関西風出汁と京葱で気分はころっと京都どす。
おあげさんも薄味なのがええどすな。
おうどんのコシがえらい強ええどす。
噛むとボヨ〜ンっと跳ね返してきまんねん。
えらい満足おいやしたしたんや。
また食べに来やはったいと思うて。。。

【夢吟坊 東京競馬場店】
東京都府中市日吉町1-1
東京競馬場 フジビュースタンド4F

焼鳥丼
入口で下駄箱に靴を入れ、掘りごたつ式カウンターで隣の人に気を使いながら足を入れました。
なんだか窮屈で食べる前から疲れてしまいます。

ランチメニューから焼鳥丼をいただきました。
味噌汁・サラダ・山菜・漬物付き。
丼はササミ・モモ塩焼き・ツクネの三種盛り。

焼鳥は味が薄く感じられた。
御飯のオカズにならない感じ。
さらに御飯がベチャベチャで糊みたいな感じ。

込んでいる割にイマイチであった。

【串若】
東京都港区芝5-29-2
三善ビル 2F

地エビかき揚げうどん
券売機で「地エビかき揚げそば・うどん550円」をポチっとな。
ここのうどんは讃岐うどんということです。

食券を渡し「うどんでっ!」と告げると、
なにやら奥で天ぷらの準備をし始めました。
「やった!揚げ立てやで!!」

結構丁寧に作っているようで10分くらい待ちました。
出来上がりは凄い迫力です。

かき揚げは大型ですが、サクサクした食感で全然油っぽくない。
オツユに浸したらコクが増してグーッジョー!

うどんはモッチモチです。
物凄い弾力!
細いので食べやすい。

オツユはいりこ出汁の讃岐風。
あまりに旨いので全部飲み干してしまった。

満足です。

【麻布そば】
東京都港区東麻布3-8-7


うな重
東京競馬場S指定席客対象のレストラン。
和・洋・中とフルラインナップ。
天井が高く、窓際の席は見晴らし良く雰囲気最高!

うな重を注文。
他の注文はいらないという意味でうな重のみと云ったら、
お椀・漬物無しになってしまった。
単品注文もありのようだ。
単品にすると250円プライスダウン。

鰻に厚みが無くボリュームに不満。
御飯が旨いだけに蒲焼の貧弱さが目立ってしまった。
お椀・漬物無しなので御飯もてあまし気味。

他のメニューもいろいろ試してみたい。

【ホテルオークラ レストラン】
東京都府中市日吉町1-1
東京競馬場 メモリアルスタンド6F

ナポリタン
サンモリノ漬
立川でビッグビジネスを終えた後、立川で3番目に旨いナポリタンを食べに行きました。

第一デパート&サンモリノ店内の雰囲気は昭和40年代です。
TV番組でいうとウルトラQあたりの頃でしょうか。

サンモリノのナポは粉チーズがデフォでかけられておりますが、粉チーズが苦手なのでチーズ抜きでお願いしました。
超ベテランのマスターが丁寧に作ってくれました。

一口食べてみる。
ムッと息が詰まる程のケチャップの濃厚さが鼻から抜けていきます。
スパは柔らか麺。
アルデンテという表現があまり使われていなかった頃と同じ食感。
懐かし〜い!
小さ〜い海老が3個も入っております!
このチープ感が堪らない。

ハングリー精神を思い起こすナポでありました。
価格は650円。高からず安からず。

P.S.付け合わせのサンモリノ漬はナポに全然合っていなかった。

【サンモリノ】
東京都立川市曙町2-2-25
立川第一デパート B1F

レギュラー+1
宇都宮本格手作り餃子気になる。
でも、宇都宮まで遠い。
でも、宇都宮餃子食べてみたい。
ならば、いといに入ってみる。

お品書きは、
[焼・水]餃子
ジャンボ(1ケ50g)4ケ〜
レギュラー(1ケ30g)5ケ〜
となっております。
1ケづつ追加OK!

焼餃子レギュラー6ケとライスをいただきました。
ちなみにライスは栃木のおいしいコシヒカリでスープが付いていました。

注文から10分くらいで出来上がり。
皮はモッチリしていて皮自体に味が付いていた。
餡は大蒜タップリで香ばしい。
御飯のオカズにピッタリです。
スープはサッパリでスパイシー。
ライスは普通でも結構量があって嬉しい。

宇都宮に行った気分で勘定700円!

【いとい】
東京都府中市片町2-20-11

とらや風アサリラーメン
とらや風アサリラーメンを食べました。
スープは珍しいピリ辛魚介風味。
鷹の爪の刻みでピリっとな。
アサリからの出汁も加わりスープにコクがある。
麺が平打ち縮れメンで和風スープに良く合っていた。
モチモチした食感も楽しい。
アサリは身がプックリの大粒。
十粒近く入っていた!
山菜や海藻が彩を添えています。
とらや風アサリラーメン650円。
CPも良い。

【とらや 府中店】
東京都府中市白糸台5-28-12

らーめん
ダークウッドのインテリアとジャズのBGM。
およそラーメン屋らしからぬオサレな雰囲気。
しかし入口の券売機は、しっかりここがラーメン専門店であることを物語っております。

らーめんの種類が多くて迷ってしまったが、おーそどっくすに「らーめん」にしました。

カウンター越しに大きな寸胴が二つ見えます。
魚介系と動物系のダブルスープでありました。

スープはマイルドでバランスが良い。
臭みは全然無い。
優しい味わいなので黒胡椒を入れるとコクが出て美味しくなった。

麺はツルツルで緩やかなウェーヴ。
ほとんどストレート麺。
中太でコシもある。
風味も良く美味しい麺であった。

チャーシューはロールバラ2枚。
脂身の入り具合が絶妙でトロトロで柔らかい。
味付けも良く美味しい。

スープ・麺・チャーシューが全て良く三役そろい踏みといったところ。

【かんむりや】
東京都小金井市本町1-19-11

ラーメン
会津ラーメンはなじょな味だんべい。
ちょっくら食べてみるべ。

店頭の看板には「奥会津より麺を直送。山々に囲まれた田舎の井戸水で練ったなめらかでこしの強い本物の味。」とありました。
硬めに茹でてもらいましたが中太縮れ麺は流石に旨い。
看板に偽り無しといったところ。

「新鮮な鶏豚魚利尻こんぶ・6種の野菜をじっくり煮込んだ体にやさしいスープ。昔ながらの素朴な味。」
スープはボンヤリした味わい。
麺に比べると弱い感じ。

チャーシュー・煮玉子もイマイチ。

一度、奥会津でラーメンを食べてみたいものである。

【庄助ラーメン】
東京都府中市分梅町3-50-16

やきそば
やきそばを注文。
注文後に調理してくれるので、番号札をもらいます。
待ち時間5分くらいで出来上がり。
持ち帰り専門なので我が家でいただくことにしました。
ちょっと太目の特製玉子麺はモチモチした食感。
メインの具はいかとぶた。
ぶたがチ〜ト少なかった。
ソースは甘めで懐かしい味。
旨いが量が心持ち少なかった。
百円増しの大盛をおすすめします。

【たこ作】
東京都府中市府中町2-3-1

夜間撮影
天ぷらそば
目黒駅前の立喰蕎麦処。
ポカポカ陽気のランチタイムに天ぷらそばを食べました。

黄色いビニール屋根の影響で写真がカレー南蛮みたいに黄色っぽくなってしまった。
(後日、夜間撮影決行)

かき揚げはつゆに浸すと緩〜くデロデロ状態になるが、油っぽい訳ではない。香ばしくて風味が良い。
おつゆは鰹出汁が効いたしっかりした味わい。
そばも立ち食いとして及第点をあげたい。

総評:350円にしては、そこそこ旨かった。

【田舎】
東京都品川区上大崎2-27-4

海鮮皿うどん
最近、海鮮皿うどんに嵌まっとります。
北海道産利尻昆布と鹿児島県枕崎産・静岡県焼津産かつお節の出汁が効いた塩味の皿うどんです。
大皿でド〜ンと登場!
始めはパリパリの細麺が食べ進むうちに餡が馴染んでシンナリ柔らかくなる食感が楽しい。
海老・烏賊・帆立の魚介の他、野菜もたっぷり。
薩摩揚げが結構良い味出しています。
何処か妙に癖になる味です。

【味の民芸 永山店】
東京都多摩市乞田1326

このページのトップヘ