風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

2009年10月

カキフライ定食(御飯大盛)
カキフライ
御飯大盛
みなと家の御飯を腹一杯食べたくなりました。

カキフライ定食御飯大盛ととろろいもをいただきました。
ちなみに御飯大盛は+100円。

カキフライは粒が揃っていて、衣はサクサクです。
付け合わせのポテサラがなかなかいける。
タルタルソースとトンカツソースはイマイチ。

今日も御飯が旨い。
大盛にしても飯粒が潰れておらず、盛り方にも細心の注意を払っているのが窺える。

オカズが主役で御飯が脇役ではなく、御飯が主役でオカズが脇役といった感じ。

今が旬のカキフライも御飯の旨さの影に隠れてしまっている。
恐るべし!みなと家の御飯!!

とろろいもを御飯に混ぜてみた。
とろろめしで食べてみる。
めし旨し!とろろめし!!

腹一杯で満足満足(^)o(^)

【みなと家】
東京都国分寺市南町2-16-21

野菜炒め定食
ディナーに行ってみました。
サラリーマンなどのグループ客が4〜5組いて大層賑わっております。

ラーメンを食べている人はおらず、一品料理を肴に呑んでいます。
居酒屋的利用が多いようです。えらい盛り上がっております。

我輩は野菜炒め定食をいただきました。

野菜炒めはサッパリとした味付け。
おかずにも良し、肴にも良しといった感じ。

スープは豚骨ベースだが鶏ガラも加えており、クセが無く飲みやすい。

漬物は自家製のようです。
生姜の千切りが入っていてなかなかのもの。
昆布に白胡麻を塗すなど結構拘りが感じられる。

店内に滞在している間、中華鍋を動かしている音が絶え間なく流れておりました。
どうやら炒め物が人気のようです。

【華楽亭】
東京都府中市寿町2-27-15

チャーシュー麺
ちりめん亭のチャーシューがこの秋に大進化を遂げたらしい。

そういえば、この前食べた野菜らーめん(醤油)から変わっていたのかもしれない。

確かめるべくチャーシュー麺を注文。

大将がチャーシューを熱々のフライパンでジュ〜っと焼を入れてます。
香ばしい匂いがカウンターまで漂ってまいりました。
こいつは堪らねえ。。。

大将が手早く調理して登場です。
チャーシューで麺が見えなくなっている!
バラロールの炙りチャーシューが3枚。

フライパンの熱で脂が溶けてトロトロ状態。
スープにも溶けた脂が染み込んでおります。

チャーシューを一口食べてみる。
まぁいうぅぅ。
蕩ける感じだが脂っぽい訳ではない。
肉と脂のバランスが良いのだ。

スープはコクが増してさらに旨くなっている。
しつこくないキレの良さがある。

チャーシュー麺にライスが欲しくなった。

【ちりめん亭 府中店】
東京都府中市府中町1-8-12
キャッスルプラザ府中 1F

クレーム・ブリュレ
特上ハヤシライス
オードブル3種
サラダ
サンフランシスコ郊外のレストランをイメージしているとのこと。
どことなくアメリカンウエストサイドムードです。

数あるメニューの中からスペシャルセットにしてみました。
特上ハヤシライスorビーフシチューのどちらかを選び、オードブル・サラダ・コーヒー(or紅茶)が付くセットです。
ハヤシライス&コーヒーで注文。

オードブルは生ハム・スモークサーモン・長葱のポトフの3種。
生ハムの塩加減が絶妙。
長葱はトロリと蕩ける食感。
美味しいので白ワインを頼んじゃいました。

特上ハヤシライスは、東京和牛A5番使用とのこと。
肉は柔らかく煮込まれていて食感がいい。
流石にA5番といった感じ。
肉の量も多くボリュームがあります。
ソースの色が濃く奥深い味わい。
赤ワインを飲みながら食べると、まったりとして良い心持になりました。

食べ終わるとデザートメニューを見せてくれました。
クレーム・ブリュレを追加です。
ビターなハヤシのアフターだったので、ベリィスウィートです。

ファミリーで来ている方も多いですが、ファミレスとは一味違う小粋な洋食屋です。
パーティで利用するといいかも。。。

【CHRISTMAS亭】
東京都調布市上石原1-32-6

ピザトーストセット
ピザトースト
府中本町駅に程近い喫茶店。
店内は狭いですが落ち着いた雰囲気。

朝9時からやっているので、朝飯に行ってみました。

モーニングはA・Bありますが、ピザトーストセットにしました。

チーズがタップリでトーストはサクサク。
ミニサラダも付いているのでボリューム感あり。

ブレンドコーヒーはマイルドで優しい味わい。

単品づつだとブレンドコーヒー500円、ピザトースト500円。
セットだと800円なので200円お得です。

またコーヒーのお代わり200円です。

思わず長居をしてしまいたくなる居心地の良い店です。

【田中珈琲店】
東京都府中市本町1-7-1

まぐろや御膳
昼の定食のお品書きが表に出ておりました。

・丸得 限定30食 まぐろや御膳 700円、
・焼魚 550円、
・にこみ 500円、
・肉野菜 550円、
・生姜焼 700円、
・うなぎ丼 750円、
・鳥唐揚げ 650円、
・刺身盛合わせ 850円。

刺身盛合わせ定食にしようかなと入店しました。

店員さんによると「まぐろや御膳」がオススメとのこと。
すすめてくれたので無難にまぐろや御膳を注文しました。

オカズはメンチカツ・刺身・煮物三種です。
メンチは油切れが悪く、キャベツの千切りまで油っぽくなっています。
刺身は鮪・ハマチ・トリガイ・シメサバ・タコと結構盛り込んであります。
だが目玉と思われた鮪が筋が多くて美味しくない。

御飯と味噌汁もイマイチであった。
特に限定しなくても、30食も出るように思えないのだが。。。

常連客は、にこみ定食を食べている人が多いようだ。

[教訓]居酒屋のランチは当たり外れの差が大きい。

【まぐろや】
東京都府中市晴見町2-16-29

寿司ランチ
にぎり寿司
宴会に力を入れている海鮮茶屋です。
ランチは、1,180円〜3,150円と設定金額が高い。
普通のサラリーマンは相手にしていない感じ。

にぎり寿司・茶碗蒸し・サラダ・御吸い物・コーヒーで寿司ランチ1,680円也。
今日は給料日なので、寿司ランチをいただきました。

にぎりが硬過ぎてよろしくない。
値段の割にネタがいまひとつ。

おもいきって注文したが、後のフェスティバル。
やはりにぎり寿司は寿司屋にかなわないですな。

帰りしなに看板を覗いてみた。
たらば蟹御膳(全十一品)4,515円が気になった。
臨時収入があったら食べてみたい。

【浜陣】
神奈川県相模原市緑区西橋本2-4-3

海鮮焼そば
坦々麺を食べようと入店いたしました。

写真入りメニューを見て心変わり、坦々麺より海鮮焼そばの方が旨そうです。

てな訳で海鮮焼そばをいただきました。
ジャスト千円です。
小皿料理が一律210円なのに対し、海鮮焼そばの価格がやや高い印象。

10分くらいで到着。
眞四角の白皿に盛り付けられております。
一辺の長さが30cm近くある大きな皿です。
「2人前あるのでは」と思うほど山盛でした。

焼そばは平打ち縮れ麺で食感が良くて美味しい。
海老・烏賊・帆立の海鮮もたっぷりですが、白菜・筍・木耳・韮・赤ピーマンの野菜も多い。

ベースは塩味で、刻みニンニクが効いております。
香ばしくてかなり旨い。

量が多かったが、スルスルスル〜と完食です。
食べ終わったら、「そんなに高くないな」と思えた。

【祥龍房 府中店】
東京都府中市美好町1-7-2

マロンパフェ
マロンパフェ(別アングル)
秋はやっぱりマロンですね。
岩崎良美ちゃんも歌っていました、あなた色のマロン♪

秋の彩りSweetsの中からマロンパフェをいただきました。

大きな栗が4個も付いとります。
マロングラッセが2個に栗の甘露煮が2個。
マロンブリュレと豆乳グラニテがパフェグラスに目一杯入っています。
全体的に、ものすごく甘い。

とにかく量が多いです。
栗4個で満足でした。

【タカノフルーツパーラー 新宿本店】
東京都新宿区新宿3-26-11 5F

あさりとしめじ
店の前はよく通りますが、入ったのは初めてです。
通りから丸見えなので入りやすい半面、通行人に見られる立場になります。

あさりとしめじをいただきました。

メニューには、「あさりは“殻付き”になります。」とあったが、剥き身の状態で出てまいりました。
正直、こちら方が食べやすい。
こういう変更は、おおいに歓迎する。

生姜醤油の和風味。

刻み海苔もトッピングされ、もはや和風というより完全に和食になっています。
さっぱりして美味しい。
麺は歯応えがありジンジンする感じ。

先客の関係で空いてる席に座ったが、通行人と良く目が合うポジションであった。
食べているところを見られスター気分。
てへ(#^.^#)

JINJIN 新宿店
東京都新宿区新宿3丁目17−7
紀伊国屋ビル B1F

二色丼
二色丼(味噌汁付)
鮨処㐂与しで上司と二人でランチです。

二人とも二色丼をいただきました。
でも中身がチ〜ト違うのだ。

いくら・まぐろ・いか・帆立・穴子から二種類御好みの組み合わせでmy二色丼に、ちなみに御値段はどのパターンでも950円均一。

我輩はまぐろ&穴子、上司は帆立&穴子。

一種類のネタだと飽きてしまうが、ちらしのように一切れづつだと物足りない。
そこで、二色丼なんですね。

シャリが小粒で、酢加減がまろやかです。
上司も「酢飯が違うな」となにやらピーンと来た様子。
自分には塩梅が丁度良く、なにしろ量がいっぱいなのが嬉しい。

二人とも口には出しませんが、「自分の組み合わせの方が原価も高いしネタも旨いぜ」と心の中で張り合っていました。

二人が奇しくも選んだ穴子はトロトロで旨い。
オススメいたします。

【㐂与し】
東京都千代田区九段南3-5-5

きのこ汁うどん
店名から察するに「祭り」をコンセプトにした店です。
店内は提灯や御面が所狭しと飾られてそれはもう御祭騒ぎ。
府中は祭りが多いのでロケーションぴったりの店である。

「出没!アド街ック天国」の色紙が飾られておりました。
出演者の寄せ書きに八塩アナの名前もあったので、結構古いものなのではないだろうか。
こいつは期待できるのかどうなのか。

季節限定の「きのこ汁うどん」を注文。
椎茸・シメジ・舞茸に、今年はなんとエリンギがプラス!
とのこと。
これは期待したい。

うどんを茹でているためか、出来上がりに結構時間がかかりました。

きのこ汁は甘めで優しい味。
おろし生姜を入れるとサッパリいたします。

うどんのコシはないが、ツルツルしてノドゴシ滑らか。
いくらでも食べれちゃう感じ。
大盛にすれば良かった。

ニューフェイスのエリンギは、入っているのかよくわからなかった。

今回はうどんにしましたが、「きのこ汁そば」がもともとのメニュー。
そのせいか、うどんにもかかわらず蕎麦湯が出てきました。
きのこエキス入りの蕎麦湯は滋味深い秋の味わいである。

祭りの余韻を感じていたら、色紙に張られたプリクラのキンキンも嬉しそうだった。

【松里家】
東京都府中市寿町3-3-12

豚ヒレ厚切生姜焼
豚ヒレ厚切生姜焼定食
ランチにプラリと行ってみました。
店内に入ると油の臭いが気になった。

客はオヤジ率100%だったが、全然気にも留めていない様子。
オサレな店ではないが、しっかりと固定客を掴んでいるようだ。

揚げ物はパスし、豚ヒレ厚切生姜焼定食にしました。

生姜焼は1.5cmぐらいの厚みで5枚。
生姜ダレが甘酸っぱくて旨い。
ライスにタレを擦り付けて食べるともう最高です。
ライスは超特大盛サービスなので、やってみる価値あり。
肉はあまり上等でなかった。

[耳より情報]
カツ丼を食べている客が2人もいた。
580円で、こちらも大盛サービス。
1人はカツ丼大盛を勢いよく頬張っていた。
ガッツリいきたい諸兄にオススメ。。。 かも

【とんかつ新和】
東京都国分寺市本多1-6-3
第二浅見ビル 1F

渋皮マロンのショートケーキ
渋皮マロンの後姿
秋の味覚、マロンケーキが食べたくなりプラリと入ってみました。

入口正面にスィーツのショーケースがあります。
テイクアウトもOKですが、店内で食べることにしました。

+300円でコーヒーor紅茶が付くケーキセットがあります。
レモンティーと渋皮マロンのショートケーキのセットを注文。

紅茶はティーカップ&ティーポットで出てまいりました。

ケーキはマロンの量が多い(●^o^●)
収穫の秋はこうでないといけません!
甘さ抑えめでラム酒の香りがぷうぅぅんんといたします。
おとなのあじわい。
ボデーに張り付けられたアーモンドスライスが香ばしい。
レモンティーとの相性もいい。
充実のマロンケーキであった。

しぶかわに らむしゅしみいる まろんかな

【Genoise 府中店】
東京都府中市府中町2-6-4

醤・楓麺
京八からテクテク歩いて15分で到着。

入口左側の券売機で醤・楓麺を購入。
麺硬めでお願いした。

スープは豚骨&魚介の無化調Wスープ。
魚介風味濃厚でアッサリした味わい。

麺は中細でストレート。
のどごし滑らかでツルツルしとります。
硬めでもボソボソ感なく、モチモチであった。

チャーシューは柔らかく、スープに馴染ませて食べると旨い。

丼が小さく麺の量も少なかったので、大盛にしないとチト物足りない。

【楓】
東京都八王子市大和田町5-10-1

毛ガニ
刺し盛
太刀魚焼
白子の天ぷら
生しらす
カニ雑炊
茶そば
職場の仲間3人で与作に繰り出しました。

宴会コースは、梅・竹・松・かにづくしコースの他、お得なおまかせコースがあります。
かに料理店なのでかにづくしコースが魅力的ですが、与作で一番高いのがネックとなった。
いきなり冒険はやめよう。

全員与作はお初なので、おまかせコースにいたしました。

本日のおまかせは、お通し・刺し盛・毛ガニ・太刀魚焼・白子の天ぷら・生しらすで一通り。

お通し以外はどれもハズレが無く美味しい。

なかでも毛ガニが抜群の旨さです!
身はミッシリと密度が高く、豊潤な旨味があります。
三人とも会話しながら、目は手元のカニに釘付けです。
相手の顔を見ないで話しても御互い全然気にならない。
のーぷろぶれむ。
カニに神経が集中しており、心を奪われてるのであります。

カニ味噌とカニの身を合わせて食べてみる。
日本酒の肴に最高でありました。

2品ばかり追加しました。
食べたかったカニグラタンは残念ながら品切れであった。

〆はカニ雑炊軍と茶そば軍に別れた。
自分は雑炊をいただいた。
熱々トロトロで〆にピッタリです。

御腹一杯でホロ酔い気分(@_@)
勘定も良心的。

帰り際、店長にもう少しカニが食べたかったと言ったら前もって言ってくれればアレンジするカニとのこと。
結局、かにづくしコ−スを注文するのが一番のようだ。

【与作】
東京都八王子市東町12-16 3F

バジリコ
ミネストローネ
松の実と新鮮野菜のサラダハーフサイズ
府中駅から徒歩10分くらいの隠れ家的イタリアンです。
隠れ家ではありますが、店内は明るくアットホームな雰囲気。

メニューはパスタとピッツアが中心で、本日のオススメは黒板に出ております。

松の実と新鮮野菜のサラダハーフサイズ、ミネストローネ、バジリコを注文。

サラダは松の実が香ばしく美味しい。

ミネストローネは熱々で野菜タップリ。
ファルファッレが入っとりました。

バジリコはアサリ・シメジ・エノキのパスタ。
塩味が効いとります。

ちなみに「ボッコンチーノ」とは、おちょぼぐちの意味とのこと。
麻呂の口と同じでごじゃる。

BOCCONCINO
東京都府中市天神町1-2-3

キノベー
パスタのファストフードみおみお。
立喰蕎麦感覚のパスタ店。

きのことベーコンの和風しょうゆ、略してキノベーを注文。
注文時に勘定をすますとポケベルを待たされます。

5分くらいでポケベルが鳴り出したので受付にダッシュだ。

実際に出来たものを見たら見本の写真よりチープ感漂っていた。

プロは美味しそうに写真を撮りますね。
思わず感心してしまいました。

食べてみたら値段相応の味わい。
しょうゆ味なのでまだ許せるみおみお。

【ミオミオ 府中店】
東京都府中市宮町1-41-1
フォレストサイドビル 1F

うな重
東京競馬場レース開催日のみ営業の和食処です。

うな重を注文。
5分くらいで到着。

蒲焼は身も皮も柔らかい。
タレは甘め。
吸い物はキモ無し。

国産鰻使用とのことなので安心感はある。

【鳥駒】
東京都府中市日吉町1−1
東京競馬場
フジビュースタンド5F

ヒレ串断面
ヒレ串かつ定食
1年ぶりのひでです。
今日はヒレ串かつ定食をいただきました。
串かつですが、ヒレ定食と同じ値段でありました。

食べてみて納得。
肉の量が多いので、食べ応えあり。
玉葱が両端、肉は切れ目が入っていて食べやすい。

あいかわらずヒレが柔らかくてじゅうすいです。

ソースはスリゴマが予め混ぜてあり香ばしい。

【ひで】
東京都調布市上石原1-37-35

このページのトップヘ