風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

2010年01月

カキフライカリー
サラダ
豚汁(サービス)
冷え込む夜だったので、カレーが食べたくなり行ってみました。
焼きカレーが名物らしい。
入口にデカデカとディスプレイされております。
季節限定のカキフライカリーが目にとまりました。

早速入ってカキフライカリーをいただきました。
店員さんはインドの方のようです。
インテリアもインドらしいもので溢れ異国情緒満点。

サラダとドリンクバーが選べます。
サラダにしました。
野菜たっぷりです。

次に豚汁が出てまいりました。
本日特別サービスとのこと。
寒い夜に、こいつはありがたい。
見た目カレースープかと思いましたが味噌汁でした。

カキは広島産で5個も入っております。
大振りで食べ応えあり。
カレーは鶏肉・ジャガイモ・玉葱など具がいっぱい。
それほど辛くはないですが、熱々です。

本日大盛無料サービスですが、食べ残すと100円罰金とのこと。
普通盛でも結構ボリュームがありました。
御腹いっぱい。
自分は普通盛で充分デス。

駅から少し歩きますが、繁盛しておりました。

【インダス】
東京都八王子市横山町1-2

オニオングラタンスープ
シーフードトマトソーススパゲッティ
1982年創業の洋食屋です。
黄色いテーブルクロスが印象的。
アド街ック天国でも紹介されたオムレツが自慢らしい。

オニオングラタンスープとシーフードトマトソーススパゲッティを注文。

オニオングラタンスープはグツグツしてかなり熱そう。
旨そうな香りが漂ってきます。
一口食べてみる。
アツウマ〜!
オニオンの蕩け具合が最高です。
スープもコクがあるのにシツコクない。

シーフードトマトソーススパゲッティは具沢山。
エビとイカがプリプリ。
トマトソースがじゅーすいでした。

値段がチト高い印象だったが、食べてみて納得。

オニオングラタンスープはオススメデス。

【ぱんぷきん】
東京都調布市仙川町1-11-5

札幌味噌ラーメン
八王子で新年会の帰りラーメンを食べようと3人で21時頃『一麺』に行ってみました。
なんと、まだやっていない。

隣の味源に急遽変更です。
店の外の券売機で札幌味噌ラーメンを購入。

スープは白っぽい色あいで、甘めの味わい。
辛みそのオロチョンにすれば良かったと後悔。

麺は中太縮れ麺です。
モチモチしてなかなかイケル。

チャーシューは大きいが硬い食感。
スープに浸してもゴワゴワしてます。
デフォはチャーシュー1枚ですが、A野さんから1枚移動してきたために写真は2枚になっております。

食べ終わって味源を出ると、なんと、一麺がやっていた。
22時頃であった。

【味源】
東京都八王子市三崎町5-12

きつねうどん
銀座北欧がいつの間にかはなまるうどんになっていた。

朝7時半からやっているので、モーニングウドンしてみました。

きつねうどんの中にしました。
おばちゃんが手際良くチャッチャと作ってくれました。

うどんが中でも量が多い。
2玉あるとのこと。

おつゆは関西風だが、チト出汁が薄く温い。
うどんがモッチモチの力強さがあるだけにつゆがよけい弱く感じる。

一方おあげさんは関西風にしては甘め。

【はなまるうどん 八王子店】
東京都八王子市旭町2-12

コンビフライ(アップ)
コンビフライ
仙川の洋食屋さん。
レトロな雰囲気たっぷりです。

コンビフライを注文。
ハンバーグ・エビフライ・ハム・ライス・みそ汁付。

ハンバーグは懐かしい味わい。
挽肉とパン粉のバランスが良い。
デミグラスソースが美味しい。

エビフライ3本。
やや揚げ過ぎかな、苦味が出てしまっている。

ハムは5枚。
やや多過ぎかな、食べてて飽きてしまった。
2枚で充分である。

【なかむら】
東京都調布市仙川町1-15-6

深川丼(アップ)
深川丼
メガ盛で有名なつり舟でランチしました。

アサリが好きなので深川丼を注文。

待っている間にどやどやと近くの大学の団体客が押し寄せてきました。
あっという間に合宿所のような雰囲気になりました。

ほどなくしてmy深川丼の登場です。
丼を持つとズシリと重い。

アサリがプックリして旨い。
御飯が大盛なので、アタマとボデーのバランスがチト悪い。
うまく配分して食べないと後半御飯だけになってしまう。
アタマの量を増やして欲しいところである。
丼全体の量は普通に食べきれる範囲であった。

味噌汁はお代わり自由とのこと。
ただし、自分で厨房入口まで行かないといけない。
団体客でワサワサしていたのでお代わりはあきらめた。
海老で出汁をとっているようで旨かった。

【深川 つり舟】
東京都国立市東1-15-18
白野ビル 2F

モンブラン
白十字でモンブランと紅茶のケーキセットをいただきました。

店の入口近くがケーキ販売コーナーで奥が喫茶スペースになっています。
店の雰囲気やフロアスタッフの制服は昭和を感じさせてくれます。

モンブランの味わいもどことなく古めかしい。
ベテランウェイトレスは客に全く媚びず自信満々。
値段が安かったのであまり気にならず。

【白十字】
東京都国立市中1-9-43
国立ビル一橋ハイム 1F

さざんか
茶碗蒸し・吸物
海老頭素揚げ
総本店と名乗りつつ支店名も続くのでややこしい。
中河原店は京王線ガード下にあるので庶民的な雰囲気です。

2月末までの期間限定「にぎり鮨さざんか」をつまみました。

とろ・うに・あわび・ぼたん海老・甘酢大根など冬の味わいを添えたにぎり。
茶碗蒸しとお椀付きです。

しゃりは割としっかりと握っています。
にぎり10貫、押し鮨2貫に玉子焼き。
結構食べ応えあり。
ネタはまあまあです。

ぼたん海老の頭を素揚げしてくれました。
香ばしくて旨い。
茶碗蒸しはカニ入り。
お椀は魚の中骨を焼いた出汁が効いていて美味しい。

丁寧な仕事ぶりが感じられ心地よかった。

【旭鮨総本店 中河原店】
東京都府中市住吉町5-1-1

天丼(アップ)
天丼
日曜日の昼に行ってみました。
階段を上がって2階の入り口を右に進むとカウンターが弧を描いております。

客同士目線が交差し緊張します。
ランチメニューで一番安い天丼を注文。
それでも2,625円もします。
値段は高めの設定。

天ぷら職人の揚げているのを見ながら待ちました。
職人は手際が良くポンポンとリズム良く揚げていきます。

大きめな丼で登場。
才巻2・穴子1本・キス・椎茸・蓮根・南瓜・舞茸・青唐・小玉葱がびっしり盛り付けられております。

サクサクして旨い。
海老が小さくてチト物足りない。
穴子は半身で良いので海老のボリュームを増やして欲しい。
タレは辛めで引き締まった感じ。
結構腹一杯になりましたが、胸焼けは全然しない。
油が良いのだと思う。

かき揚げ天丼も人気のようです。
ディナーに、こだわりコースをいただきたいと思った。

【天ぷら岡本】
東京都立川市曙町2-5-19
ジュピタルビル 2F

シューパリジャン&モンブラン
シューパリジャン
モンブラン
コンクリート打ちっぱなしのエリアが続く中にあるので場所がなかなかわからなかった。

店内はオサレな雰囲気です。
店員さんの応対も感じが良かった。

シューパリジャンとモンブランを購入。

シューパリジャンはシューが硬めの食感。
カスタードクリームがコクのある甘さ。
アーモンドスライスが香ばしい。

モンブランはしっとりとしていて上品な感じ。
マロンクリームが優しい味わい。
栗の渋皮煮も美味しい。

お手頃価格なのも嬉しい。

【SALON DE CHEF TAKEE】
東京都調布市仙川町1-24-1

天ぷらそば
フジビュースタンド3階で天ぷらそばを食べました。

こちらは食券を買うシステム。
椅子席の日本蕎麦レストランです。
窓側に座ると府中駅方面の景色が見渡せます。

注文後に天ぷらを揚げているようで時間がかかりました。

天ぷらは海老天でした。
海老がプリプリです。

つゆもファーストフードコーナーとは一味違う。
鰹出汁が効いております。

値段も倍近くしますが、同じ梅屋でもこちらの方が断然旨い。

【梅屋】
東京都府中市日吉町1-1
東京競馬場
フジビュースタンド3F

レンズ豆とオクラのカレー
レンズ豆とオクラのカレーセット
フルーツライタ
仙川でカレーを食べてみるち。
Curry Bar Mirchに行ってみました。
桐朋学園の向の神代書店の2階にあります。
2階に上がらないと看板とか無いのでわかりにくい。

Mirchとは、ヒンディー語で「とうがらし」「スパイス」の意味とのこと。
店内はインド的なBGMや飾り物で異国情緒に溢れています。

Weekday サービスランチセットの中からレンズ豆とオクラのカレーをいただきました。
マスール豆を使用したトマト、揚げナス入りベジタリアンカレーです。
ランチセットは、サラダ、デザート付で、
A:サフランライス
B:チャパティ
C:ハーフ&ハーフ
3つのタイプから選びます。
Cタイプにしてみました。

カレーは辛くなく生姜の風味が効いております。
さっぱりしていて体に優しいカレーという感じ。

サフランライスはもちっりしています。
チャパティはナンと違って発酵させていないので、おなかにガスが溜まらず、太らないらしい。
こちらももちっりした食感。
二つ食べると結構おなかいっぱいになります。

デザートは、ラッシー風ヨーグルトのフルーツライタ。
さっぱりして美味しい。

日曜・祝日はちょっとだけ高くなるので、月〜土曜日に行くことをオススメします。

【Mirch】
東京都調布市若葉町2-1-1
川原ビル 2F

かけそば
呑んだ後の〆に思ひ出横丁に行ってみました。
22時半頃でしたが、かめやの前は行列になっておりました。
寒風吹き荒ぶ中、5分くらい待って透明のビニール幕の中に入れました。

かけそばにしました。
前金で230円払う。

丼を持ち上げると、温ったけえ〜。
つゆを啜ると、温ったけえ〜。
そばを手繰ると、温ったけえ〜。

寒い中、待ってた甲斐がありました。
230円で幸せな気分になりました。

【かめや】
東京都新宿区西新宿1-2-11

金目鯛煮付
刺身六点盛
バッテラ
仕事の帰りに4人で呑み会となりました。

新橋に6時頃到着です。
店内は早くもオヤジ達でいっぱい。
奇跡的に4人掛けテーブルが空いとりました。
ラッキーでした!!

刺身六点盛・金目鯛煮付・バッテラなどなど注文。
一皿一皿が大きいのですぐにテーブルが酒の置き場もないぐらいになってしまいました。

刺身は6点以上盛り込まれており、どれも新鮮で美味しい。
4人でもかなり食べ応えあり!

金目鯛煮付は丸ごと1本でビッグサイズ。
煮汁が甘すぎず、しみ具合も良い、かなり旨い!

日本酒は枡の中にコップを入れて目の前で注いでくれます。
コップから溢れるのはよくあることですが、さらに枡の縁ギリギリまで入れてくれます。
これは飲兵衛には堪らないのである。
枡から溢れるハプニングもあったぞ!

御酒も進み会話も弾み、皆いい心持になりました。
勘定をすると、1人5千円チョット。
やす〜っ!

T先生にいい店を教えて貰いました。

【魚金 2号店】
東京都港区新橋3-8-6

マグロ・ホタテ丼
マグロ・ホタテ丼(吸物付)
ランチの丼が人気らしい。
季節毎の限定丼が4種類。
お値段は800円〜1,000円ぐらい。
大盛サーヴィスとのこと。

マグロ・ホタテ丼をいただきました。
吸物付です。

マグロは赤身が4枚。
とっても薄いのでもう2枚欲しいところである。
ホタテは3枚。
1個を半分に切っているが、それでも肉厚。
プリプリで美味しい。

シャリは硬めでした。
丼には丁度いい感じ。

CPはまあまあではないだろうか。
そのため、昼時は込み合います。

【宇田川】
東京都江東区有明3-7-11
有明パークビル 2F

かけそば
新橋駅汐留口で朝飯です。
サラリーマンでごったがえすあずみに行ってみました。

券売機でかけそばを購入。
店内は細長く両サイドでそばを食べています。
その間を通り抜けて食券置き場まで行くのに難儀いたします。

そばは黒っぽく、そば粉の割合が多そうである。
風味も悪くない。

つゆは甘めで出汁が効いています。
香りも良く、かけそばにして良かったと思う。

慌ただしい朝食であったが、良いスタートが切れた。
そんな気分である。

【あずみ 新橋店】
東京都港区新橋2-17-14

大海老とアスパラ天丼
1階の揚げ立て天ぷらのテーブル席でランチをいただきました。

大海老とアスパラ天丼を注文。

天ぷら職人が揚げているところをガラス越しに見ることができます。
そのため席の方は油っぽくなくサラっとしております。

丼に御飯をよそったうえに、油を切った天ぷらがそのままのせられ、タレがかる〜くかけられました。
そのため、タレの量が少ない。
タレ自体も薄味です。

おかげで、油の良い香りを感じることができました。
また、食材の風味が良く引き出されている感じ。
甘辛のタレで食べさせる下町の天丼とはチト異なる趣。

海老の味は才巻の方がいいかもしれないが、天丼はがっつりといきたいもの。
この大海老はプリプリの食感とともに、あまみのある味わい。
天丼に最適である。
2尾もあるので食べ応えアリ!

アスパラはシャキシャキしております。
みずみずしくて美味しい。

そのほか、メゴチ・イカ・レンコンもあるので豪華な感じがいたします。

銀座でのCPは良い方ではないかな。

【銀座ハゲ天 銀座本店】
東京都中央区銀座3-4-6

モンブラン
紅茶
京王プラザホテル八王子の1階ロビーのラウンジでお茶しました。
天井が吹き抜けになっており、ゴージャスな雰囲気。

モンブランと紅茶のケーキセットをいただきました。

モンブランはしっとりふわふわでボデーが傾いております。
マロンペースト&生クリームが甘すぎず上品な味わい。

紅茶はティーカップの模様が素敵である。
紅茶のお代わりは無料のようだが、サービス料10%加算される。

【ロビーラウンジ】
東京都八王子市旭町14-1
京王プラザホテル八王子 1F

とんこつ醤油ラーメン
酒を呑んだ後の〆に長浜やに行ってみました。
以前は『らーめん工房』だったもよう。

なんでも、とんこつラーメンには「イノシン酸」という成分が多く含まれ、アルコールを中和してくれる働きもあるそうな。
呑んだ後にとんこつラーメンを体が求める訳である。
ただ、臭いが強烈なのは苦手なのだ。

博多ラーメンの他にとんこつ醤油ラーメンもあります。
とんこつ醤油ラーメンの方が味も香りもまいるどのような気がする。
券売機でとんこつ醤油ラーメンを購入。

博多ラーメンが細麺なのに対し、とんこつ醤油ラーメンは太麺を使用。
太麺はモチモチしています。

おろしニンニクを入れて食べました。
それほどコテコテしなく食べやすい。

チャーシューは大型であったがイマイチであった。

なお、南口には府中店があります。

【長浜や 府中北口店】
東京都府中市府中町1-6-10

たぬきのこそば
立川南駅近くにある路麺。
カウンターとテーブルにそれぞれ席があるので立喰蕎麦ではない。
居酒屋のような雰囲気。

券売機でたぬきのこそばを購入。
揚げ玉ときのこの合わせ技なんやなと想像。

注文後に麺を茹で始め、天ぷらを揚げ始めました。
結構時間がかかるため、クイックそばではない。
まったりとした雰囲気。

ほどなくして出来上がりました。

シメジを天バラにして揚げてあります。
新食感で香ばしくて旨い。
なかなかイケル。

そばは路麺レベル。
まあまあである。

つゆは甘め。
まあまあである。

食べている間にモノレールが通過すると、店全体がブルブル振動します。
旅情溢れる演出がこれまた心憎い。

【雲の花】
東京都立川市柴崎町3-7

このページのトップヘ