風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

2010年11月

味噌チャーシューメン
19時開店だと思い、19時5分前に着いた。
ベンチに座って待っている人がいます。
少しだけ空いているシャッターを何気に見てみると、19時30分開店と書いてあった。
19時30分には行列が出来てしまいました。
だが、開店時間になってもシャッターは上がらない。
イライラが募る。
19時45分頃、おもむろにガラガラとシャッターが上がった。
券売機で「味噌チャーシューメン1,100円」を購入。
結構高いね。

カウンターに置いてある大蒜を3個クラッシュして投入。
見た目は背脂に同化してしまっている。
スープが温いので生大蒜に熱が通らない。
これはいかん。
既に3個投入してしまっている。
生だと腸を痛めてしまう。
麺は柔らか過ぎ。
細麺なのでコシが全然なくなってしまっている。
チャーシューは大きいものが4枚、
筋があってそれほど旨いと思わなかった。

隣の客は「旨い」を連発し、何度も替玉をしていた。
味覚は人それぞれです。

【にんにくや 堀之内店
東京都八王子市堀之内3-21-8

限定30食(立川高島屋大北海道展お食事処)
立川高島屋開店40周年大北海道展のお食事処に出店しておりました。

・白味噌ラーメン
・函館塩ラーメン
・函館醤油ラーメン
のラインナップ。
さらに各日限定30食の「本ズワイガニの塩ラーメン」

出張営業でしかも限定販売。
これは食べるしかない!

スープは透明感ある澄んだ味わい。
鶏ガラベースのあっさり風味にカニの旨味がええ具合に溶け込んどります。

麺は中太でシコシコの弾力。
スープにええ具合に絡んどります。

カニのインパクトは強い。
贅沢な塩ラーメンでした。

【北浜商店 総本店】
北海道函館市金堀町2-31

特撰握り(立川高島屋大北海道展お食事処)
立川高島屋開店40周年大北海道展のお食事処に出店しておりました。
TVチャンピオン「全国寿司職人選手権」第1回・第2回優勝の横断幕がありました。

特撰にぎりをいただきました。
値段は高めで、味は普通でした。
握りは固めです。
小樽で食べないと正しい評価はできませんね。

ウニが旨かったので、ウニ丼にすれば良かった。

【握なか一】
北海道小樽市色内1-10-1

開運
高幡不動尊参道の蕎麦処。
呑んだ〆に入ってみました。
各テーブルには、「金運上昇席」「恋愛成就席」「一発逆転席」「運気好転席」「福寿綿々席」「健康長寿席」などミニ幟が置いてあります。

かけそばをいただきました。

かけですが、開運かまぼこと山菜が入ってます。
山菜が苦手なので、あまりうれしくない。

つゆは出汁が効いていてます。
そばは風味が弱い。
開運かまぼこがプリプリの食感で旨い。

これで運気上昇かも。。。

【開運そば】
東京都日野市高幡149

クリーム三重奏
高幡不動駅前再開発で移転したマロニエに初めて行ってみた。
移転前は1階がケーキ販売コーナーで2階が喫茶コーナーだった。
今は雑居ビルに入ってます。
1階のショーケースを見て、横の階段を上がると2階は事務所になっていた。
マロニエの店員さんに思いっきり間違えた現場を見られてしまった。
恥ずかしい( ̄∇ ̄*)ゞ

1階の奥が喫茶コーナーとのこと。

モンブランをいただきました。
国立北口店のモンブランと若干違います。
カスタードクリームと生クリーム、マロンクリームで仕上げたやさしいおいしさが人気です。

店は変わってしまったが、モンブランは何も変わっちゃいない。
懐かしさのあまり涙があふれた。
涙を乾かすため、砂浜を走り続けた。

【マロニエ 高幡不動店】
東京都日野市高幡1000-1

おでん(大根・ガンモ・白滝)
おでん(つみれ・薩摩揚げ・玉子・昆布)
切干大根
鮪山かけ
鰈煮付け
公園通り沿いのビルの2階にあります。
アットホームな雰囲気のおでん屋さん。
割烹着姿の女将さんが手作り料理を出してくれます。

今日のお通しは切干大根だった。
これが酒に合う。
お通しの良い店はハズレが無い。

鰈の煮付けをいただきました。
鰈卵が大好物なのだが、かなりビッグサイズ!
煮汁の染み具合も最高です。

おでんをお好みで注文。
関東風の味付けでちょい濃い目。
がんもと玉子が旨かった。

駅から離れているので落ち着いて飲めます。
勘定も安いのでオススメです。

【酔酔】
東京都日野市三沢4-5-19

大丼アップ
大丼
駅から離れた住宅街にありますが、店の裏に駐車場があるので大丈夫。

うな丼(梅)、うな重(竹・松)、大丼(特上)のラインナップ。

大丼を注文。
15分くらいで出来上がりました。

御飯の中に半身埋められているので、鰻1匹半です。
蒲焼はまあまあ。
タレは甘め、御飯は柔らかめ。
タレの量が多いので、下の方がべちゃべちゃになっている。
キモ吸い・漬物が旨かったので、チト残念である。

【泰朋】
東京都八王子市館町646-2

へるしいていしょく
吉祥寺プチロードにある定食屋。
スナック風の店内。
夜は本当にスナックになるらしい。
スタッフは貫録十分の女性陣。

コペ定番の麦とろ定食にしました。

麦飯・とろろに煮物・オカラ・納豆・漬物・味噌汁が付いてます。
とろろはヒンヤリ冷えてます。
シャリシャリと凍っているところもあった。
冷え過ぎちゃうんかい。

【Kope】
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14

CUSTARD PUDDING
ミキハウス直営のカフェ・レストラン。
ラ・グラスリィとは、フランス語でアイスクリーム屋という意味らしい。
子供が安心して食べれるように添加物をできるだけ使わないとのこと。

大人が味見してみることにした。
カスタードプリンをいただく。

滑らかな食感。
甘過ぎず、コクがありながらしつこくない。
生クリームも甘さ控えめ。
マジ旨い。
大人も充分楽しめる味わいです。

【La Glacerie 吉祥寺店】
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1
東急百貨店 吉祥寺店6F

ラム酒の香り
千疋屋総本店2階のフルーツパーラー。
日本橋三井タワーにあるためエグゼクティブな雰囲気が漂う。

プリンアラモードをいただいた。
盛付が鮮やかで食べる前に心を奪われてしまう。
ラム酒入りなので大人専用メニューである。
ただ、香り付け程度なので酔っぱらってしまうほどではない。
バナナがちょうどよい熟れ頃で美味しい。
生クリームはフルーツの甘さを超えないように加減してあります。
プリンのプルプル感が堪らない。
濃厚でコクのある味わいに酔ってしまいそうです。

【千疋屋総本店 フルーツパーラー】
東京都中央区日本橋室町2-1-2
日本橋三井タワー 2F

汁だく
夕食を食べに行きました。

日本青年館に近づくとベルファイブ前の人だかりに気づきました。
「この時間帯に行列とは、流石ベルファイブ凄いな」と驚きました。
実態はベルファイブに並んでいるのではなく、
ベルファイブ横の楽屋出口に妙齢の女性達が群がっているのでした。

どうやらT歌劇団Y組の公演が大ホールであった模様。
ベルファイブにはすんなり入れました。
しかし店内でもガラス越しに楽屋出口を凝視している女性客複数あり。

シーフードスパゲティを注文。
カップスープ付きです。

海老・烏賊・浅蜊のシーフード。
身は小さいがいっぱい入ってます。
汁だくでスープスパのようです。
この汁がええ出汁しとってめっちゃ旨い。
汁は飲み干しました。

ガラス越しのフラッシュや歓声で食事に集中出来なかった。
賑やかな日に当たってしまったようだ。

【ベルファイブ】
東京都新宿区霞ヶ丘町7-1
日本青年館 1F

伊万里牛
サラダ
ライス&味噌汁
豪華!
福岡ソフトバンクホークスの選手が、ここまでわざわざ食べにくるほど有名店らしい。

JR博多駅から電車に乗って行きました。
特急みどり号で有田駅に到着。
松浦鉄道西九州線に乗り換え川東駅まで行くことに。
この松浦鉄道はMR-100形気動車で1両ワンマン運転。
有田駅で運転手さんが運転席を移動していた。
後方乗車です。
直列6気筒横形ディーゼルエンジン音が凄まじい。
振動も激しい。
車内はカーテンが備え付けてあります。
懐かしいユニット窓。
絵に描いたようなローカル線でした。
やたらと駅が多い。
20分くらいでようやく川東駅に到着。
無人駅で降りる人も少ない。
有田川を渡り川沿いを歩く。
海が近いため、磯の香りがいたします。
15分くらい歩くと右手に赤い看板が見えました。
その奥にはコンクリート打ちっぱなしの店舗がありました。
到着しただけで何故かほっとしました。

特選ヒレステーキセットを注文。
パンかライス、スープか味噌汁、ドリンクを選びます。
ライス・味噌汁・アイスコーヒーにしました。

最初にサラダが出てきました。
レタスがシャキシャキです。
ドレッシングが甘酸っぱく美味しい。

目の前の鉄板で威勢よくフランベ。
熱い俎板皿に手際良く盛り付けられていきます。
茄子・南瓜・人参・オクラ。
烏賊・海老。
ヒレステーキ。
最後にモヤシ。

特選は伊万里牛使用とのこと。
やはり旨いっス!
ヒレなのでしつこくなく量もたっぷり。
タレはゴマダレ・ポン酢・米糠塩の三種。
ポン酢も良いが、ゴマダレも美味しい。
大満足。
遠路遥遥来た甲斐がありました。

アイスコーヒーを飲み勘定を済まし店を出る。
来た道を引き返す。
川東駅の時刻表を見る。
(≡д≡)ガーン
1時間に1本。それも出たばかりであった。
川東駅のホームにてのんびり、充実した食事の余韻を味わった。

【ライおン】
佐賀県伊万里市二里町大里乙86-3

丸天うどん
JR博多駅3・4番線ホーム端にある立喰饂飩店。
朝うどんを食べに行きました。

立ち食いなので、席は無いのだが満員でした。
券売機を見てみる。
丸天うどんを食べたいのだが、デフォで「かしわ入り」になっている。
しかも追加具には「かしわ40円」のボタンもある。
さらに「「かしわ」のいらない方はお申し付けください」との表示もある。
最初から「丸天うどん」のボタン用意しといて欲しい。

「丸天うどんかしわ入り410円」の食券を購入。
店員さんに「かしわ抜きで」と頼んだ。
バイトだと思われる若い店員は無愛想。

そのまんま丸天うどんが出てきました。
返金は無い。
どうせなら同じ40円のわかめを入れて欲しい。
ちなみに葱はセルフです。
つゆは出汁が効いてて旨い。
うどんは袋麺だったが、柔らか過ぎず一安心。
丸天はシコシコして食感が良い。
なかなか旨かった。つゆも飲みほした。

食べた後で気づいた。
面倒だが、「かけうどん300円」と「丸天70円」の食券を其々買えばいいのだ。
腹が減っているのと満員でイライラしていたので、冷静な判断が出来なかった。

【寿軒】
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
JR博多駅構内

特うなぎ丼アップ
鰻入ってます
博多名代
開店前に着いたので、店頭のベンチに座り
ぼんやり博多川を眺めておりました。

するとどこからともなくふうっと店主が現れた。
ベンチの横に座り四方山話をしました。

話に花が咲き、いつのまにか開店5分前になりました。
店主から「中に入り3階にお上がりください。」と勧められた。

エレベーターで3階に上がると大宴会場になっております。
畳の上にテーブルとイスが並べてあります。
靴を脱いで窓際の席に座りました。
ここからも博多川が見えます。

特うなぎ丼と茶碗蒸を注文。

茶碗蒸は鰻入りです。
鰻の味が染みていて美味しい。

特うなぎ丼は丼でなくお重で出てきました。
蒲焼は「こなし」という技を使っているとのこと。
パリっとした食感で香ばしい。
タレは甘めだが全然しつこくない。
御飯はたっぷり入ってます。
蒲焼がもう二切れ欲しいところ。
肝吸は良い出汁がでていました。

関西風とも違う博多風のうな重であった。

【博多名代 吉塚うなぎ屋】
福岡県福岡市博多区中洲2-8-27

鰹出汁
酒呑んだ〆に寄ってみました。
店内は昭和の雰囲気が漂っています。

麺は細麺か太麺どちらか選べます。

醤油ラーメンを細麺でいただきました。
博多で珍しい魚介のみのスープ。
鰹出汁でさっぱりしています。

麺は細いがゴワゴワした食感。
魚介スープと食べると優しい味わい。

丼中央の辛味だれを溶かしてみた。
なんだか魚介スープとミスマッチ。
味が濁る感じ。

チャーシューはゴワゴワした食感でイマイチ。

このあっさりスープなら、スープ・麺・ネギのみの、素ラーメンでいいと思う。

【ラーメン極み 松島店】
福岡県福岡市東区松島3-25-16
メゾン松島 1-C

黒おでん
玉子豆腐
牡蠣ポン酢
海老団子と里芋の揚げ出し
玉子
白おでん
警固でチョイト一杯やることにしました。
このあたりは渋い店が多い。
しっとり落ち着いて飲めそうです。
おでんの新乃に入りました。
靴を脱いであがります。
1階はカウンター席、2階はお座敷。
おでん鍋の前に座りました。

お通しは玉子豆腐。
これが抜群に旨い。
茶碗蒸しのように出汁がきいてます。

おでんの前に二品注文。
牡蠣ポン酢、海老団子と里芋の揚げ出しをいただきました。
海老団子が旨い。おでんで食べればよかったかも。。。

おでん鍋は真ん中で仕切られていて、
京風の白おでんと九州風の黒おでんの2種類あります。
おでん種は、白のみ・黒のみ・両方、といろいろあり迷ってしまします。
白からは、軟骨入りつみれ・大根・玉子、黒からは、豆腐・蛸・えのきにしました。

つみれはポリポリ食感が良い。京風の出汁に良くあっています。
玉子は半熟。固茹が好みなのでチト残念。
玉子は黒にすれば良かったかも。。。
豆腐は甘く、肉豆腐のような味わいで旨い。
黒おでんもなかなかよか。

他にも食べたいものがいっぱいあったが、酒も進み、腹がいっぱいになってしまった。

勘定をすると、思ったより安かった。
いい店でした。

【新乃】
福岡県福岡市中央区警固2-10-8

溢れそう!
賑やかな新天町商店街にあります。
果物屋の2階がフルーツパーラーになっています。

セルフ方式なのでシューケース前で先に注文。
メロンボードにしました。
出来上がるまで席で待つ。
呼ばれたらレジで勘定を済ませ自分で席に運ぶ。

刳り貫いたメロンにフルーツがぎっしり。
キウイ・リンゴ・ブドウ・ナシ・オレンジ・グレープフーツ。
勿論、メロンも沢山。
シロップが掛けまわされていて、光沢があります。
シロップは甘過ぎないため、果物本来の甘味を損なっていない。

結構、食べ応えがあった。
メロン好きには堪えられないボードですね。
セルフの分、CPは良い。

博多のおばちゃん率高し。

【吉祥果】
福岡県福岡市中央区天神2-8-137

和朝食アップ
和朝食
グランド・ハイアット福岡に泊まりました。
なだ万で和朝食をいただきました。

朝から豪華な感じがいたします。
博多の名産品、辛子明太子もついてました。
それほど辛くないので食べやすい。
おかずがいっぱいなので、御飯と味噌汁をお代わりしました。
お代わりは無料です。
煮物に鶏が入ってて、九州らしい朝飯でした。

【なだ万 福岡店】
福岡県福岡市博多区住吉1-2-82
グランド・ハイアット福岡 5F

欧風
ホテルニューオータニ博多が九州大学医学部百年講堂内に出店。
本格派の料理がリーズナブルにいただけちゃいます。

シーフードカレーをいただきました。
820円也、学食だと高いイメージだが、ホテルだと1,680円+サービス料10%。
なんと半分以下の御値段です!

エビ・イカ・ホタテのシーフードがゴロゴロ入ってます。
しかもデカイ。
カレーは欧風タイプ。
ねっとりとした濃厚な味わい。
辛さは後半でピリリと感じる程度。

かなり得した気分デス。

cafetería
福岡県福岡市東区馬出3-1-1
九州大学医学部百年講堂

活鮑肝付ステーキ
季節の御膳
鮑肝和え
佃煮
椀
鮑水貝
肝醤油
鮑肝
揚物
鮑と牡蠣の柚子酢味噌
鮑おどり
薯預饅頭と炙り雲丹
鮑釜飯
小豆と抹茶
住吉神社近くの鮑料理専門店。
店は新しく明るい雰囲気。
水槽の中には巨大鮑がいっぱい。

対馬の荒波で育った天然鮑のフルコース、「心」をいただきました。

まずは、季節の御膳。
鮑肝和えなど御酒に合うものばかり六品。
当然、御酒が進みます。

続いて、椀もの。
零余子真蒸と白木耳。
さっぱりしていて美味しい。

続いて、お造り。
鮑水貝と鮑肝添え。
肝醤油で食べると堪りません。

続いて、揚物。
秋をイメージした毬栗がパリパリ香ばしい。
鮑にがり揚げも苦味ばしって渋い味わい。

続いて、強肴。
鮑と牡蠣の柚子酢味噌。
香り良くまろやかな味わい。

続いて、お凌ぎ。
鮑のおどり。
動いていましたが、ちゅるんとパックンチョ。

続いて、蓋物。
薯預饅頭と炙り雲丹。
ほっこりして癒されます。

続いて、焼物。
本日のメイン「活鮑肝付ステーキ」
20年物の巨大鮑、焼いてもビッグサイズ!
柔らかくてめっちゃ旨い!

〆の御飯は鮑釜飯にしてもらいました。
飯茶碗三杯分あります。
かなり食べ応え有り。
希望すればおにぎりの御土産にしてくれるとのこと。

デザートは小豆と抹茶。
はちきれそうな腹に安らぎを齎してくれます。

贅沢な鮑フルコース、堪能しました。
御土産に「あわび箸置き」をいただきました。
記念品にぴったり、嬉しいです。

【喜安亭】
福岡県福岡市博多区住吉3-5-3
平寛堂1階

このページのトップヘ