風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

2010年12月

樋口一葉
吸い物
香の物
付出し
夜の両替町通は、車も少なく静かです。
ぷらぷら歩いていると、黒塀の渋い一軒家に、すーっと引き込まれてしまいました。
「鰻割烹まえはら」と看板が出ております。
入ってみることにしました。

「御予約ですか」と尋ねられたが、予約無しでもOKでした。
靴を脱いで上がると、掘り炬燵式のカウンターに案内されました。
鰻屋というより高級バーの雰囲気。
若女将はビシっと着物で決めております。

夜は会席中心ですが、軽く飲んだ後なので鰻重にしました。
鰻重は二種類。
共水厳選鰻重と共水ブランド鰻重。
京都なので、清水の舞台からハイジャンプ!
思い切って共水ブランド鰻重にしました。
夜は奉仕料10%プラス。
その分、付出しが付くとのこと。

付出しは桜海老と三つ葉の和えもの、蟹鮨、鰻唐揚。
めっちゃ旨い。
御酒をいただきたいところである。

美人の若女将と四方山話をしていたら、鰻重が出来上がりました。
重箱に蒲焼がビッシリ敷き詰められ、黄金の輝きを放っております。
関東風の仕上がりでございます。
「共水」だけでブランド鰻なのに、さらにブランドを重ねるだけあって、旨いに決まってますよね。
焼き加減、タレ、御飯も申し分ないっス。

勘定を済ますと玄関の外まで、大将と若女将が御見送りしてくれました。
また来てみたい心持になりました。

後で調べてみると、フランスのタイヤメーカーのレストランガイドに載っていました。
思わず納得です。

【まえはら】
京都府京都市中京区両替町二条上北小路108

のどぐろ一夜干
えび芋揚げだし
小松菜お揚げ煮
ひじき
酢がき
近藤正臣さん実家の京料理店。
店内は明るい雰囲気です。
板前さんは女性の方もいました。

お通しはひじき。
さっぱりとなかなかの出来栄え。
御酒は京都の辛口純米大吟醸徳次郎を飲みました。

お造り・焼きもの・揚げもの・一品料理もの・お野菜もの・御飯もの。
お品書きにはおばんざいがいっぱい。
酢がき・のどぐろ一夜干・えび芋揚げだし・小松菜お揚げ煮をいただきました。
どれも御酒に合うものばかり。
のどぐろ一夜干は半身でしたが、大きいので食べ応えがあった。

勘定もそれほど高くなく落ち着いて飲めるので、京都に来た時は是非寄りたい店である。

【めなみ】
京都府京都市中京区木屋町通三条上る中島町96

コーヒーor紅茶付き
クレームブリュレ
抹茶パフェ
チョコムース&マンゴジュース
ムラカミロール
大丸京都店の3階で、あの村上貴さんのスィーツがいただけちゃいます。
店内は京都のマダム達でいっぱい。

よくばりデザートセットにしてみました。
好きなケーキを一つオーダーできます。
ここは定番のムラカミロールにしました。
コーヒーor紅茶を選びます。
アールグレイを付けてもらいました。

横長のプレートで登場。
クレームブリュレ・ムラカミロール・抹茶パフェ・チョコムース・マンゴジュース、鮮やかなルックスで、かなりのボリュームです。

一つ一つ丁寧に作られていて、完璧な仕上がり。
ムラカミロールはフワフワの食感、クリームが滑らかでしっとりしています。
高貴は味わい、これは流石に外せないなという感じ。
チョコーム−スは甘過ぎないアダルトテイストです。

御得感のあるスィーツでした。

T.MURAKAMI Dessert Factory
京都府京都市下京区立売西町79
大丸京都店 3F

桜海老たっぷり
優しい味
漬物付
JR奈良駅東口近くにある大和名代うどん。
座席のあるセルフサーヴィスのうどん屋さん。

入口近くの券売機で「かき揚げうどん」と「かやく御飯」を購入。
良く見ると「かき揚・かやくセット」のボタンもあった。
分けてもまとめても同じ金額なので問題無し。

つゆは出汁が効いていてめっちゃ旨い。
うどんはつるつるでのどごし滑らか。
かき揚げは桜海老がいっぱいで香ばしい。
かやく御飯は薄味だが、うどんと合わせて食べると丁度良い。

かにちらしアップ
せいこ蟹がいっぱい
開高健さんが大好きだったせいこ蟹。
せいこ蟹とは子持ちのメスずわい蟹のこと。
期間限定でせいこ蟹を使ったちらしが、ここ幸鮨で食べれるのだ。

念のため、予約をして昼に行きました。
店に入って名前を告げると、大将と女将さんが歓迎してくれました。
黒板の手書きメニューに「かにちらし」とあります。
通常のランチメニューにはありません。
前もって電話しておいて良かった。

席につくとすぐに出してくれました。
茶碗蒸しはサービスです。
せいこ蟹の身・味噌・内子・外子が丼にぎっしり詰まってます。
醤油を付けないで食べてほしいとのこと。
うっ、旨い。。。
あまりの旨さに言葉を失う。
身・味噌・内子・外子の素晴らしいハーモニー。
味が良いので醤油を加える必要が全くない。
鮨飯はカニを引き立てながら、しっかり支えている感じ。
しゃりも美味しい。

食後にコーヒーと一口チョコを出してくれました。
コーヒーはインスタントでなく本格派です。

日本海の恵み・大将の技・女将さんのもてなしの心、全てに感謝です。
かにちらしは、1月10日迄とのこと。
また食べに行きたい。

【幸鮨】
福井県越前市幸町5-8

武生名物
JR武生駅改札を出た待合室の一角に立喰蕎麦コーナーがあります。
駅構内側の窓は閉じられている。
地元密着店のようで、店のおばちゃんが常連客と世間話をしていました。
メニューは、かけ・玉子・天ぷら・天玉・にしんのそばまたはうどん。
天ぷらそばにしました。

つゆは関東風と関西風の中間といったところ。
醤油は控えめの甘めの味。
そばはやや太めで柔らかい。
天ぷらは衣が多い。
つゆが染み込むとフニャフニャになります。
しかしオイリーにならないところが良い。
具は玉葱中心、他に何があるのか分からなかった。
天ぷらがグズグズになったところをそばとつゆを一緒にかっこむ。
ズルズルズル・・・
これが意外と旨い。

全体的に優しい味わいで、クセになります。

【今庄そば 武生店】
福井県越前市府中1-1-1
JR武生駅構内

熱々
新幹線で米原駅下車。
特急しらさぎに乗り換えるのだが、発車まで10分しかない。
5・6番線ホームの井筒屋まで走った。
移動距離が結構あったので焦る焦る。

ようやく着いたら、丁度男性客が注文しているところであった。
ところが、このおっさん、自分の食うものを決めあぐねて
なかなか注文出来ない。
こちとら時間が無いのでイライラする。
モタモタしていると電車が出ちまう。
立ち食いうどん食うぐらいで悩んでんじゃねえ。
おっさん、天ぷらそばにしたようです(笑)
ふう、ようやく注文できるわい。

きつねうどんにしました。
おばちゃんが手際よく作ってくれたので助かった。
おつゆが熱々で出汁が効いていてかなり旨い。
このつゆならうどんにして正解。
具もきつねで正解。

つるつると全部残さず食べ、特急しらさぎに間一髪で飛び乗った。

【井筒屋】
滋賀県米原市米原475
JR米原駅構内

志な乃の丼物もレパートーリーが多い。
味噌汁と漬物付です。

かつ丼だけでも、並・上・ひれ・ソースと4種類もあります。
ソースかつ丼が、志な乃のイチオシとのこと。
小生は、上かつ丼が好み。

天丼は並と上の違いがチト判らない。
海老の大きさが気持ち違うかな程度。

カレーライスは甘口と辛口が選べます。
辛口がオススメ。

肉丼は豚の焼肉です。
甘辛で香ばしい。

寒い季節には辛味ちゃんぽん雑炊がオススメ。
体がポカポカ温まります。

【志な乃】
東京都府中市住吉町4-18-12

京料理
麦飯
抹茶デザート
二子玉川高島屋裏の柳小路にあります。
お洒落な雰囲気で女性客が多い。
ランチに旬の籠盛り膳をいただきました。
御飯は白米と麦御飯が選べます。
麦御飯にしてみました。

籠の中には、刺身・揚物・煮物・焼魚・菜などなどいっぱい。
いろいろ少しづつ入っているのが楽しい。
刺身は鮪と鯛。
煮物は京料理の味わい。
麦御飯は炊きたてで熱々です。茶碗が持てないくらい熱い。
漬け物が結構旨かった。
抹茶のデザート付です。

昼から御酒を飲みたくなる籠盛りであった。
夜にも行ってみたい。

【玉乃葉梅軒】
東京都世田谷区玉川3-13-8

(●^o^●)
(#^.^#)
(*^_^*)
( ^)o(^ )
てつろうレギュラーメニューでオススメなのは、鶏もも肉の唐揚げだ!
唐揚げがデカイ。
小生はおちょぼ口なので、いつも包丁を入れてもらっています。
(*^_^*)
衣はカリっとしていて肉は柔らかでジュウスイー。
さっぱりしているので日本酒にも合う。
ソース焼きそばも本格的デス。
こちらもオススメいたします。

季節メニューでオススメなのは、カキフライだ!
量は3個と5個と選べるぞ。

さらに今日は、カキ鍋もあった。
味噌仕立で抜群の旨さ。
ポカポカ温まります。
〆は勿論雑炊を作ってくれます。
きしめんも出来るらしい。
要チェックだ!

【てつろう】
東京都府中市宮町1-23-7
STビル 2F

Custard Pudding A La Mode
万惣本店2階のフルーツパーラーに行ってみました。
洋食のレストランといった雰囲気。
池波正太郎氏が好んだホットケーキも気になりましたが、カスタードプリン・ア・ラ・モードをいただきました。

深皿に盛り付けられております。
プリンのシロップがひたひたになるまでかけられているため、フルーツにまで影響が及んでしまっている。
そのせいでリンゴなどのフルーツが変に酸っぱくなってしまった。
こいつはいただけない。
カスタードプリンは美味しかったが、フルーツは残念であった。

【万惣フルーツパーラー 本店】
東京都千代田区神田須田町1-16

関の鮮さばアップ
ランチを食べに行きました。
店頭に「TVで絶賛、関の鮮さば一夜干し定食900円」とあります。
大分県佐賀関と愛媛県佐多岬の間にある豊与海峡に居付いた瀬付サバ。
ひと手間かけて一夜干し。
これはもう食べるっきゃないでしょう。

注文したら焼くのに10分くらいかかるとのこと。
のーぷろぶれむだ。

まず、バナナが出てきた。
これはデザートにしよう。
次に切干大根の小鉢。
これを食べながら関の鮮さばが焼けるのを待つ。
寿司屋なので厨房は奥になっていてカウンター席からは見えない。
匂いだけ漂ってくる。
堪らんっス!
暫くしてようやく出来上がった。
思っていたより大きく身が厚い。
イイ照りしとります。
一口食べてみる。
旨めえーーーーーっ!
衝撃の旨さ。
味が濃いが、シツコサは全然無い。
地元で食べると参千円はするらしい。
御飯・味噌汁・小鉢・果物が付いて九百円。
かなりお得デス。

【ふる里】
東京都千代田区神田淡路町1-15-14

ジャガイモ付き
ジャガイモ(お代わり自由だ)
夕暮れ時にカリーライス専門店エチオピアにプラリと入ってみました。
夕食にはまだ早い時分でしたが、学生街なこともあって先客が2〜3人います。
入口近くの券売機で「ミックス/エビ+野菜カリー」のボタンを気合いを込めて押す。
1,230円と学生相手にしては高い金額設定である。

細長いカウンターに腰掛けた。
食券を店員さんに渡すとカリーの辛さを選ぶよう催促された。
0から70倍まであるとのこと。
1倍でお願いした。

まず、小皿に小ぶりなジャガイモ二つ出てきた。
ジャガイモはお代わり自由とのこと。

それほど込んでいないのに結構待たされた。
待っている間にも後続客がパラパラ入ってきます。

調理するサイクルがあるようで、マイカリーも含めて一気に次々と出来上がった。
自分が丁度谷間にあたっていたようで、待ち時間が一番長かった。

大盛ではないが、量がかなり多い。
流石に学生街のカリー店である。
野菜はキャベツ・ブロッコリー・シメジ・シシトウ・レンズ豆・プチトマト。
最初は辛さは全然感じなかったが、腹が膨れるとともに辛さを感じるようになった。
1倍にしておいて良かった。
ジャガイモと一緒に食べました。
腹が張ち切れそうです。

【エチオピア】
東京都千代田区神田小川町3-10-6

Pudding a la mode(フルーツ盛り合わせ)
銀座資生堂ビル3階のサロン・ド・カフェに行ってみました。
エレベーター前には資生堂ガールがご案内。
エレベーターも資生堂スタイル、かなり御洒落です。
3階のサロンはワインレッドの壁紙でゴージャスな雰囲気。
ホールスタッフはメイド服を着用。
金持ちになった気分。

プリン ア ラ モードをいただきました。

オレンジ・イチゴ・メロン・ラズベリー・ブルーベリーのフルーツ数え唄。
彩りが鮮やかでございます。
中央に聳え立つプリン山脈。
ほろ苦のカラメルソースが大人の味わい。
プリンはプルプルの食感。
おーーーーーっと!
左サイドには、生クリームを従えたアイスクリーム。
資生堂伝統のアイスクリームは、やはり一味違う!
口溶けが滑らかで爽やかな後味。

フルーツ・プリン・アイスクリームのバランスがとても良いですね。

Shiseido Parlour Salon de Cafe】
東京都中央区銀座8-8-3
東京銀座資生堂ビル 3F

ピリ辛
トスカーナ六本木店に行ってまいりました。
東京ミッドタウンの向のビルの2階にあります。
場所は良い処にあるのですが、
店内は鰻の寝床の様に横長で狭い。
厨房も狭いが、スタッフは元気いっぱい。

この季節の定番、カキの唐辛子トマトソースをいただきました。

ピリ辛でまいう〜。
パスタが茹でたてで熱々。
体が温まる感じです。

【TOSCANA 六本木店】
東京都港区六本木7-8-5
藤和六本木コープⅡ202

カルビ
レバー
ネギマ
ポテサラ
サラダ
一口ピザ
イカ
デザート
東京X鍋
〆饂飩
職場の忘年会で行ってみました。
1Fがカウンター席、2Fが掘り炬燵式宴会席となっております。
通された2Fの宴会席は壁が黒く渋い雰囲気。
ファンキーモンキーベーベーの色紙が飾られていました。

鶏と豚がメインのコース料理でした。
肉肉肉と続きます。
ピザに揚物。
鍋は東京Xだ。
〆は饂飩だ。
かなりのボリューム。
デザートも生クリームこってり。
ナウイヤングにオススメのコースです。

【坊の房】
東京都八王子市旭町10-12

栗の西麻布
東急スクエア11階のラウンジで御茶しました。
天井が吹き抜けで高く、外の眺望もいい。

なんとスカイラウンジ・クレアで、あの西麻布の有名店ドゥリエールのケーキがいただけちゃいます。
モンブランにしました。

マロンクリームの上にクラッシュマロンが散りばめられています。
ひと口食べてみる。
滑らかなマロンクリームが舌の上でサッと溶けた。
ほのかにマロンの風がスーッと香った。
確かに西麻布の裏通りルエル・ドゥ・ドゥリエールの味わいであった。

【SKYLOUNGE CLEA】
東京都八王子市旭町9-1
東急スクエア 11F

上天丼アップ
浅蜊の吸物
漬物
丼ではなく重箱でした
住宅街にある蕎麦処。
地元密着で大麦焼酎・芋焼酎のボトルが大量にキープされています。
蕎麦・饂飩・丼・ラーメン・カレーライス・定食と豊富なラインナップ。
勿論、酒肴も数多くあります。
今回、天丼が食べたかったので、野菜天丼・天丼・上天丼の中から上天丼を注文。

丼ではなく重箱でド〜ンと登場。
しかも蓋が閉まりきっていない。
蓋、オ〜プン!
海老が太くて長い、超ビッグサイズだ!
しかも二本入りだ!!
プリプリでかなり旨く、食べ応えあり。
さらに烏賊・帆立・南瓜・茄子・ピーマンが詰められております。
これじゃあ、蓋も閉まらないわな。
衣で嵩増ししていないのが気に行った。
タレはやや甘め。
飯も旨い。
重箱を凄い勢いで掻っ込む掻っ込む。
旨いっす!
浅蜊の吸物も美味しい。
漬物の量が多かった。

おすすめいたします。

【石倉家】
東京都日野市万願寺3-5-7

ヒジキと小柱の和風パスタ
ヒラメのカルパッチョ
コンソメスープ
モカケーキ
店名が表すように、ログハウスのような雰囲気。
カントリームード満点です。
店の横が駐車場になっています。

日替りパスタが4種類あり、コースもいろいろあります。
パスタの付いている桐コースにしました。
ゴルフ場のコース名のようなネーミング。
渋いぞ!
内容は、前菜・スープ・本日のパスタから1種類・デザート・コーヒーor紅茶となっております。

今日のパスタは
・厚切りベーコンのピリ辛トマトソース
・蒸し鳥とキノコのクリームソース
・ヒジキと小柱の和風
・アサリと小松菜のミソクリーム
となっております。
和風パスタをチョイス。

前菜はヒラメのカルパッチョ。
さっぱりして美味しい。

スープはコンソメ。
すごく上品な味です。

パスタはヘルシーな一品。
ヒジキが海草臭くなく爽やかな風味。

デザートは2種類あり、モカケーキにしました。
モカだけにコーヒーと良く合う。

この内容で2,100円也。
なかなか良いのではないか。

【Woody Notes】
東京都八王子市東中野555-1
アルビヨン 1F

海老がいっぱい
寅蔵のメニューが変わっていた。
なんでも東府中の『味彩』のマスターがこちらに移って来たらしい。
これは期待出来そうである。
看板は、「北海らーめん」が消されて「中国小皿料理」に変わっていた。

チャーハンだけで16種類あるとのこと。

海老カニチャーハンをいただきました。

海老がゴロゴロ入ってます。
カニはどこにあるのかに。
パラパラに炒められ、やや薄味。
油っぽくないのでヘルシ−ですね。
量はたっぷりあります。
スープも何気に旨かった。

他のメニューもいろいろ食べてみたい。

【寅蔵】
東京都府中市宮町1-14-4

このページのトップヘ