風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

2013年02月

厳選素材
佐野実が暖簾分けした支那そばや。
株式会社ケンコー経営。

醤油ラーメンをいただいた。

汁が熱々。
さっぱりしてるね。
臭みが全くない。

国産小麦「春よ恋」を使用した麺は、シコシコの食感。

チャーシューがゴリゴリしていまいち。
汁と麺が良かっただけに残念である。

スタッフは感じが良かった。

【支那そばや 立川店】
東京都立川市 柴崎町3-2-1
グランデュオ立川 7F

GULAI ANEKA LAUT
異国情緒たっぷりのインドネシア料理店。
スラバヤとはインドネシア第2の都市のこと。

シーフード・ジャワカレーをいただきました。
ライスは別です。

ココナッツミルクとスパイスで煮込んだ、
サラッとタイプのシーフードのカレー。

辛くなくてまいるどな味わい。
ライスの皿が小さくて食べずらかった。
量はたっぷりあります。

【SuraBaya 調布店】
東京都調布市小島町1-38-1
調布パルコ 7F

仕立屋名物
安全・安心な食文化の創造に挑戦する株式会社シンノオが経営。
京王八王子SC店は駅の上にございます。

かまくら風個室で、仕立屋名物、釜あげしらす丼定食をいただきました。

かまくらで食べるしらす丼は格別であった。

【仕立屋 八王子店】
東京都八王子市明神町3-27-1
京王八王子ショッピングセンター 11F

甘めのつゆ&御揚げさん
小田急レストランシステム経営のスタンドそば店。

つゆが甘めなので、御揚げさんが甘めのきつねうどんがイイに違いないと確信。

きつねうどんを食べました。

ええ感じに仕上がっとります。
きつねうどんで正解。
つゆを飲み干してしまいました。

【箱根そば 橋本店】
神奈川県相模原市緑区橋本6-1-24
味の食彩館 2F

元町風リゾット
う〜っ、すんばれるねぇ〜。
すばれるときは、熱熱のリゾットがいいんだよねぇ。

海の幸のブイヤベースリゾットをいただきました。

鉄鍋の下で固形燃料が燃やされ、グツグツ炎熱地獄。
茶碗に小分けにして食べます。
気を付けないと火傷するぞ。

海老・烏賊・帆立の海の幸がたっぷり。
トマトベースなので酸味が効いて旨い。
蕩けたチーズで、ぼりゅうむ感あっぷ&くりみい。

熱熱のリゾットで心までポカポカ温まりました。

【神戸元町ドリア 調布店】
東京都調布市小島町1-38-1
調布パルコ 7F

朝限定
朝10時までのモーニングメニュー、朝うどんを食べました。

油揚げ・天カス・若布入りで300円。
紅生姜がまさしく紅一点。

つゆが旨くなっとる。
寒い朝は、うどんで正解。
体を冷やさないし、消化もイイぞ。

【一ぷく 橋本店】
神奈川県相模原市緑区橋本6-1-24

関西風
家族亭グループの蕎麦処。
家族亭から蕎旬に衣替え。

家族亭時代に食べた「湯葉豆腐うどん」が、蕎旬にもございます。
50円値上げしております。

懐かしさもあり、湯葉豆腐うどんをいただいた。

なにか物足りないなと思ったら、おろし生姜がなかった。
しょうがないな。

旨かったじゃこご飯もない。
チト残念である。
家族亭カムバック!

【蕎旬】
東京都立川市柴崎町3-2-1
グランデュオ立川 7F

白湯スープが美味
立春を過ぎても厳しい寒さが続く今日この頃。
温かい食べ物を体が欲しております。

海鮮つゆそばをいただきました。

スープは熱々ではないがトロミがあって、
白湯のさっぱりとした味わい。
生姜風味なので体が温まる感じ。
上品なスープです。

麺はストレート。

海鮮は海老・烏賊・帆立。

野菜もたっぷり。

冷え切った体が温まりました。

烏龍茶かジャスミン茶がサーヴィスで飲めました。

【唐菜 調布店】
東京都調布市小島町1-38-1
調布パルコ 7F

奥地あじ
限定10食
中村吉右衛門さん主宰の「美味しさの物語・幸福の一皿」で田はらのアジフライが紹介されていました。

土井善晴氏が、とびきり旨いと絶賛。

これはもう食べるっきゃないでしょう。
昼時に行ってみました。

ランチは7種類。
さばの塩焼き1,000円。
さばの味噌煮1,000円。
塩さけ1,000円。
銀だらの粕漬け1,200円。
あじフライ2,000円。
えびフライ2,000円。
さしみ定食1,500円。
それぞれ限定10食。

勿論、あじフライをいただきました。
すると、来る客来る客全員あじフライを注文。
凄い人気です。

愛媛三瓶湾で獲れる奥地あじを調理。
黄金色に輝く高級アジです。

衣が軽く、アジはフワっとした食感。
サラダ油とゴマ油をブレンドして揚げてます。
全然油っぽくないし、魚臭さもない。

ウスタソースもいいが、マヨネーズで食べるのもイイ。

いままで食べた中で最高のアジフライでした。

ランチは早い時間にいかないと食べられないかも。

【田はら】
東京都港区西麻布3-5-4

季節限定
壁の穴グループの讃岐饂飩四國。
食材、技法にとことんこだわっているとのこと。

季節限定メニューの
かきおろしぶっかけをいただきました。

うどんの熱・冷、汁の熱・冷が選べます。
熱&熱にしました。

刻み葱とおろし生姜が別皿でどっさりついてきました。
こいつらをたっぷり入れちまおう。

かきはメニューの写真より小さめ。
なので大事に大事にいただく。

激旨!
特製出汁がイイ!
無我夢中で饂飩を吸い込みました。

あっという間に完食。
2杯食べれそうな気がした。

まだ召し上がってない方は、
是非御賞味ください。

【饂飩四國 調布店】
東京都調布市小島町1-38-1
調布パルコ 7F

薄味
TV東京「孤独のグルメ」に出ておりました。
というわけで、実地調査に行ってまいりました。

日曜日の真昼間のことです。
「中華料理」と染め抜かれた暖簾を潜り、
引き戸を開けようとすると、
中の騒めきが聞こえてくる。
戸を開けるのが、なんとなく恐い。

店内に入ってみると、
TVで見たまんま。
ほぼ満席。
日曜日なので子供連れもいる。
皆さん完全に出来上がっております。
物凄い活気。
大宴会の様子。

たまたま空いている席に座ったら、
正面の爺さん顔真っ赤か。

ラーメンをいただきました。

スープは味が薄かった。
麺もぼや〜っとしている。
チャーシューだけ異様にしょっぱかった。
特徴がありそでなさのなラーメン。

最後まで摩訶不思議な店だった。

【三ちゃん食堂】
神奈川県川崎市中原区新丸子町733

A971 Classic creme caramel
1Fはカフェ&スタンディングバー、
2Fはカフェ&ダイニング。

ティータイムに1Fに入ってみました。
都会の御洒落な雰囲気。
田舎者でもノープロブレムだ。

SWEET MENUから、
A971なめらかたまごプリンをいただきました。

生クリームをたっぷり使った特製プリン。
濃厚でとろけるおいしさです。

プリンの下にはカラメルが忍んでおります。
カラメルは苦味を感じる。
これにはやられたね。
油断していたら、都会の苦さを味わうことになった。

【A971】
東京都港区赤坂9-7-2
東京ミッドタウン ミッドタウンイースト1F

和風ガーリックステーキ
スタミナステーキプレート
蜂蜜の香り
ビーフシチューをメインにした上野精養軒。
メニューを絞り込んでプライスダウン。
明るく開放的な店内。

店頭に写真入りで案内されていた、新春感謝特別メニュー、スタミナステーキプレートをいただきました。
税込でジャスト千円也。

ニンニクたっぷりの和風ソース。
上等な肉ではないが、千円ならいいかな。

デザートはハニープリンにしてみました。
上品な甘さ、トロトロの食感。
美味でした。

【上野精養軒 立川店】
東京都立川市柴崎町3-2-1
グランデュオ立川 7Fごちそうダイニング

Flan
小エビのニンニク唐辛子炒め
イカとアサリのにんにくスパゲッティー
ウン・ベシートには親しい人同士で交わすあいさつで
「キッスを 」と言う意味があるそうだ。

スペインの人気料理、
「小エビのニンニク唐辛子炒め」
からいってみました。
熱熱のオリ−ヴオイル。
ニンニクの香りが立ち昇ってます。
こりゃ堪らんすなあ。
ワインなんぞ呑んでみる。
いけますなあ。

イカとアサリのにんにくスパゲッティーを
次にいってみました。
イタリア料理っぽい感じですが、
食べてみると確かにスペイン料理である。
ムイ リコ!

デザートは、生クリームを使った
こってりなめらかなプリン
「フラン」をいってみた。
壺で登場。
大蒜料理が続いただけに、
優しい甘さが嬉しい。
ほっとする味わいです。

UN BESITO
東京都多摩市永山1-1-7

熱熱(*^_^*)
TV東京「孤独のグルメ」を観て、
食べに行っちゃいました。
開店の12時ちょい前に到着。
既に行列が出来ております。
パンチパーマ風の女将さん。
「時間かかりますよ」と御挨拶。

ヒレニンニク+ライス&味噌汁をいただきました。

ヒレニンニクとは、友風焼のヒレ肉版。

鉄板がジュウジュウ唸り声を発して登場。

玉葱がいっぱい。
味が濃そうだが、見た目ほどでもない。
玉葱の甘味が際立っていて、ニンニクはあまり感じなかった。
豚ヒレ肉は、柔らかくてめっちゃ旨かった。
いくらでも食べれる感じ。
肉ダブルにしたいくらいだ。
スパゲッティの他、ピーマン・人参・ジャガイモ・南瓜も隠れてます。
ボリュームたっぷり。

御飯のオカズもいいが、ビールのアテにもいい。

女将さんは怖そうな第一印象でしたが、めっちゃ優しかった。

【キッチン友】
神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-7-21

鳴門入り
神谷町駅改札近くにある立喰蕎麦処。
17時30分以降は立ち呑み処「ほたる」に変身する。
イナズマンでいうところのサナギマンにあたります。
呑む前に喰う。

かけそばをいただきました。

そばが黒く細い。
風味も独特。
つゆは最初はピンとこなかったが、食べ進めるつれだんだん良くなってくる。
混じりけのないそばとつゆを味わえた。

そば庄の入門編として、かけそばをおすすめいたします。

【そば庄】
東京都港区虎ノ門5-1-5
虎ノ門45MTビル B1F

こだわりのつゆ
グリナード永山にある『ロビン』に行きましたが、レストランフロアが営業してなかったので、以前から気になっていたこちらの店に入ってみました。

そば酒房というだけあって、酒肴が多い。
蕎麦屋と居酒屋の中間というところ。

そば・うどん・きしめんがあります。

きしめんをいただきました。

つゆを一口。
美味ですなあ。

本節・荒本節・宗田節を主として、焼あご・秋刀魚・むろあじ・小鯛を隠し味として出汁をとっており、これらは血合いを省いて削ってます。
とのこと。

澄んだ色をしてますが、味に深みがあります。

きしめんはツルツルの食感。

きしめんで正解。

次回は、酒を呑み蕎麦で〆てみたい。

【そば酒房はなわ】
東京都多摩市永山1-8-17

こだわりの一杯
伝説のラーメン店一二三がリニューアル。
那由多とは、十の六十乗を表す。
とてつもなく大きな数だ。

中華そばをいただきました。

麺大盛はできないとのこと。

麺を量りできっちり量ってます。
茹で時間もきっちり計っているんじゃないかな。

記録用に写真を撮っていたら、
「伸びてしまうので、早く食べて欲しい」と、
やんわり注意されてしまった。
それだけ神経を注いでいるのが、伝わってきた。

スープをまず一口。
旨い。
澄んでいながらコクがあります。

醤油は、
正金天然醸造濃口
正金二段仕込み匠。

トビウオの煮干しと
片口イワシの煮干し。

素材の一部が紹介されている。

麺はツルツルの食感。
かなりデリケートな麺だ。
一気に喰うべし。

チャーシューは大型。
厚みは4mmくらい。
硬すぎず柔らかすぎず。
味もいい。

高レベルのらぁめんでした。

ごちそうさん。

【らぁめん 一二三 那由多】
東京都武蔵野市吉祥寺北町1-10-22
ベルハイム吉祥寺 1F

チャーハンアップ
味噌汁付き
TV東京の「孤独のグルメ」で
井之頭五郎さんが入った店です。

12時少し回った頃、暖簾を潜った。
ほぼ満席。
かろうじで空席に滑り込む。

壁にメニューが張ってあります。
どれも安くて迷ってしまう。

チャーハンをいただきました。

親仁さんがいろんな料理を同時進行で作ってます。
オープンキッチンなので、マイチャーハンを目で追う。
凄い手際の良さだ。
焦げてるんじゃないかと心配したが、
出来上がりは完璧だった。

具は、ハム・玉子・玉葱・グリーンピース。
醤油がほんのり香る素朴な味わい。
こういうのが俺にはお似合いなんだよな。

味噌汁付いて、御値段380円。
安すぎないか?

ちなみに土曜日だったので、
味噌汁御代わり無料サーヴィスでした。

【せきざわ食堂】
東京都豊島区長崎4-28-10

このページのトップヘ