風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

2015年01月

上天重アップ
味噌汁・漬物・小鉢付
八王子の蕎麦処。
割烹伊奈喜の姉妹店。

蕎麦の他に天丼がある。
料理は伊奈喜の板前が作るのだ。

上天重をいただきました。

大海老3尾、茄子、南瓜、獅子唐、舞茸。

蕎麦屋の天ぷらにしては衣が少ない。

大海老は食べ応えがあって旨かった。

御値段は御手頃であった。

【三日月庵】
東京都八王子市横山町14-2

ジャガイモ付
高級住宅地のマンション1階にあるカレーハウス。
夕方の中途半端な時間だったので空いていました。
通し営業なのがいいですね。

30余種のスパイスを使用した本格欧風カレー。

シーフードミックスの中辛をいただきました。

すぐにジャガイモ2個お出まし。

ライスはやや間をおいてお出まし。
チーズがのっかってます。

欧風カレーボンディのスタイル。

エビ・アサリ・ホタテのミックス。
シーフードがいっぱい。

カレーはピリリとした辛さ。
自分には丁度良かった。

旨いのでペロリと平らげた。
(*^_^*)

【Putifu a la Campagne】
東京都千代田区一番町8-13
日興ロイヤルパレス一番町1F

かつ丼アップ
味噌汁・漬物付
バスで何度も店の前を通っていたが、
今回初めて入ってみた。
入口手前がテーブル席、
奥が小上りになっている。

かつ丼をいただいた。
並が800円、上が900円。
並にしてみた。

豚肉は余分な脂や筋を落としてあり、
厚みがあった。
味付けがマイルドでウマイド。
なかなかのボリューム。
並で十分やね。

【東里庵】
東京都国立市東3-6-13

炙り魚介
国立駅南口旭通にある居酒屋。
寒い晩だったのでプラリ入ってみた。

炙り居酒屋というだけあって、炭火焼がメイン。

長方形の火鉢で自分で焼いて食べる。

本柳葉魚雄4尾630円。
一夜干しです。

カウンター席だったので
店のスタッフが見守ってくれるので一安心だ。

あまりひっくり返さないこと。
頭は焦げてしまってもじっくり焼いた方が良い。
アドバイス通りになかなかいかないもの。

早く食べたいので小皿に移したが、
もう少し焼くように教育的指導が入った。
炭火の熱気が顔に当たって火照ってくる。
外が寒かったので癒される感じ。

本柳葉魚雄、流石に旨い。
炭火焼贅沢です。

豆腐屋の厚揚げもオススメ。
カリカリに焼いて生姜味噌で食べる。
炭火焼はシンプルなのが一番。

スタッフの接客も良かった。

またプラリと寄ってみたい。

【ふさ】
東京都国立市東2-6-27

黄金出汁
福岡空港第2ターミナルビル3階のレストラン街にある
うどん処。

東京に帰る前に博多のうどんで〆たい。

鰹節・昆布・鯖・鰯でだしを取り、
最後に追鰹で丁寧に仕上げたスープで食べるうどん。

海老かき揚げうどんをいただきました。

海鮮出汁のしるがよかね。
心に染みる味ばい。

かき揚げは馬鈴薯の細切りが入ってる感じばい。
サクサクでうまかあ。

【はち屋 2ビル店】
福岡県福岡市博多区大字上臼井767-1
福岡空港 第2ターミナルビル3F

すき焼き重アップ
スープ・香の物・ランチドリンク付
渋谷東急プラザ地下2階にある洋食屋。
日本レストランシステム株式会社経営。

冬のおすすめランチメニューから
すき焼き重をいただきました。
スープ・香の物・ランチドリンク付。

下町らしい濃い味付け。
半分くらい食べて生卵の黄身で味変。
まろやかな味わいになった。

牛肉と野菜のバランスが良かった。

【浅草軒】
東京都渋谷区道玄坂1-2-2
渋谷東急プラザ B2F

custard pudding
福岡空港第2ターミナルビル3階にある
コーヒーショップ。

カスタードプリンをいただきました。

プリン専用の器が可愛らしい。

もっちりした食感が堪らない。

【ロイヤル 福岡空港第2ターミナル店】
福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1
福岡空港 第2ターミナルビル3F

唐津の幸
玄界灘の眺望が素晴らしい唐津シーサイドホテルに泊まりました。
朝食は和洋バイキングの朝からつごはん。

パレットプレートに少しづついろいろオカズ載せてみました。
盛り付けるのも楽しい。

烏賊焼売が旨かったばい。

【月波楼】
佐賀県唐津市東唐津4-182
唐津シーサイドホテル 東館別棟1F

浜焼き
お造り
肝
酒蒸し
湯引き
味噌焼き
茶碗蒸し
天ぷら
みぞれ和え
鮑丼
デザート
博多華丸さんの写真とサインが飾られていました。
ムムッ。
いいんです。
クーッ!

玄界灘の天然あわびを使用。

あわびづくし特選コースをいただきました。

食前酒・鮑の乾菓子・お造り・酒蒸し・湯引き
・浜焼き・茶碗蒸し・味噌焼き・天ぷら・みぞれ和え
・鮑丼・お吸物・デザート。

鮑はプリプリの食感で旨かった。

純米酒天山との相性がいいね。

おなかいっぱい。
ごちそうさん。
(*^_^*)

【魚又】
佐賀県唐津市浜玉町浜崎1439-2

新玉のうどん
佐賀駅改札横の駅弁販売所の奥がうどん処になっている。
カウンターにイスが設置されております。
有限会社新玉経営。

かけうどんを食べました。

うどんは福岡圏と違いしっかりした食感。

かけでも若布と蒲鉾があるので侘しくはない。

つゆが旨いので飲み干してしまった。

【あら玉】
佐賀県佐賀市駅前中央1-11-10
JR佐賀駅構内

特丼アップ
骨煎餅・肝吸・漬物・サラダ・小鉢付
昭和45年創業。
佐賀の鰻料理専門店。
佐賀駅南口直進3km。
バス停前だがバスの本数は少ない。

特丼をいただきました。
蒲焼四切。
一切は御飯の中に隠されている。

伝統的な「瀬田焼き」という焼き方で、
腹開きしたうなぎに金串を打って火にかけるので、
外側だけでなく内側まで火が通り、やわらかさが増します。

香ばしくて旨い。

タレは甘過ぎず上品な味わい。

接客は丁寧。

【本庄うなぎ屋 本庄店】
佐賀県佐賀市本庄町末次394-7

朝食
Hotel&Spa花みずきに泊まりました。

1階の食堂が朝食会場になっています。
食堂にはサインがいっぱい。

朝食は和定食。

オカズは予めテーブルにセットされている。
なので熱熱ではない。
冷めても旨かった。

御飯と味噌汁は席に着いてから出してくれる。
こちらは熱熱。
お代わりOK。

充実の朝食でした。

【花みずき】
長崎県島原市中町548

nostalgic
万町商店街海側にあるレストラン。

万町商店街は、島原城の城下町として
昔から「萬(よろず)あきない」のまちとして栄えてきました。
サンシャイン中央街とも言う。

洋食メニューの他デザートも充実。

プリンをいただきました。

ノスタルジックなテイスト。

しみじみと味わった。

【マキシム】
長崎県島原市万町507

〆
酒呑んだ〆に川端家の暖簾を潜った。
昔ながらの食堂の雰囲気。

ラーメン、うどん、そば、ちゃんぽん、皿うどん、
焼そば、丼ものがある。

ラーメンにしてみた。

全然とんこつ臭くない。
とんこつが苦手な方でも大丈夫。
非常にさっぱりしています。

〆にぴったりであった。

【川端家】
長崎県島原市湊道2-7488-1

甲貝刺
揚げシューマイ
五島産カキ焼
島原城の麓にある居酒屋。

白板のおすすめMENUから
甲貝刺と五島産カキ焼を注文。

通常MENUからから
揚げシューマイを注文。

甲貝は濃厚な味わい。
地元の食材を味わえるのは嬉しいですね。

【雲仙】
長崎県島原市高島1-424

冷え冷え
歴史の街「島原」と共に百有余年。
島原名産の味噌・醤油を代々受け継ぐ醸造の老舗「中屋」です。
醸造部、海藻部、喫茶部の三部体制。
もともと味噌蔵だった喫茶部に入ってみる。

名物のかんざらしを食べてみた。

白玉の黒蜜漬け。
素朴な味わい。

【中屋喫茶部】
長崎県島原市城内1-1186

鰻上丼
鰻上丼2,600円也
創業万延元年の鰻屋。
思案橋近くに店を構える鰻の老舗。

11時少し前だったが、暖簾と品書きが出ていたので
入ってみることにした。

準備中なのか営業中なのか微妙な雰囲気。

暫くして女将さんが気がついて注文を取りに来た。

鰻上丼をいただきました。

厨房からチーンという音が聞こえてきた。
なんとなくいや〜な予感。

出てきたものを見ると電子レンジで加熱して
爆発した残骸が残されていた。
案の定不安的中。

となると仕込みは前日のものか。。。

手抜き加減が否応なく伝わってきた。

【泉屋】
長崎県長崎市浜町8-25

小長井・室津・丸えもん
くりいみい
香箱蟹
夜毎牡蠣好きが集まってきます。
早い時間がおすすめ。
人気の牡蠣が無くなっちまうからだ。

オイスターマスター横川におまかせの 生牡蠣3種盛。
本日は1,550円。
仕入れによって価格が変動する。
小長井・室津・丸えもんの3種。
小長井が好みの味やった。

牡蠣のクラムチャウダーが旨い。
温まる。

牡蠣以外も旨いものあり。
新潟直送の香箱蟹。
いつもより多く酒呑んでしまった。
(*^_^*)

【牡蠣 BASARA】
東京都府中市宮西町1-15-5
関野屋ビル 101

歯応えがええで
長崎駅向かいのバスターミナルビル1階にある
立ち喰いうどん処。

ごぼう天うどんにしてみた。

ごぼう天がでっかい。
5枚もある。
厚みがあって歯応えもええ。
衣が少ないので油っぽくない。

つゆは飛魚出汁が効いてます。

うどんは細麺。
福岡のうどんと比べるとしっかりしている。

【ターミナルうどん】
長崎県長崎市大黒町3-1
長崎駅前ターミナル 1F

但馬さんの珈琲とセットです
小田急百貨店本館7階にある珈琲店。
紳士服売り場の奥なので落ち着いた雰囲気。

永井さんのアップルパイをいただきました。
珈琲または紅茶付。

林檎は酸っぱくない。
パイは意外とボリュームがある。

ブレンドコーヒーとの相性抜群であった。

【但馬屋珈琲店 小田急店】
東京都新宿区西新宿1-1-3
小田急百貨店 新宿店本館7F

このページのトップヘ