風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

2015年02月

ミニサラダ・コンソメスープ付
国立駅南口ロータリーに面したビルの2階にあるCafe。

国立店限定メニューがある。
パスタセット。
ミニサラダ・コンソメスープ付。

カニトマトクリーム、
ベーコンと玉ねぎのイタリアントマトソース、
ボンゴレビアンコ、
明太子の4種類。

ボンゴレビアンコをいただきました。

味はまあまあかな。

バス亭の前にあるのが嬉しい。

【ルノアール 国立店】
東京都国立市東1-4-8
国立セントラルビル 2F

パスタ
国立駅南口富士見通沿いにある喫茶店。
芸術家が集う喫茶店らしい。

入口の戸の背が低く屈まなければならない。
茶室のような感じ。
ワイは入る時、頭をぶつけてしまったわい(笑)

珈琲の他、軽食もある。
パスタは4種類。
トマトソース、ミートソース、明太子、ベーコンとキノコ。
ALL800円。

ベーコンとキノコのパスタをいただきました。

キノコは瓶詰のような味わい。
まあまあかな。

【書簡集】
東京都国立市中2-3-7

ポトフ
とりだんごと野菜ポトフ定食
国立駅南口富士見通沿いにある家庭料理の店。
定食と手打ちうどんがある。

日替りA定食をいただきました。
とりだんごと野菜ポトフ定食880円。
おばちゃんが作ってくれました。

おふくろの味です。
体がポカポカ温まってくる。
寒い晩に最高!
思わずスープを飲み干した。

【新と美】
東京都国立市西2-10-8

旨!
国立駅南口富士見通沿いにある中国家庭料理店。
階段を上がって店内に入ると落ち着いた雰囲気。
客で賑わっております。

海鮮丼をいただきました。
勿論、寿司の海鮮丼ではなく海鮮の中華丼。

ディナータイムだったためかスープは付いてなかった。

塩分を控えめに、化学調味料を一切使わず
味つけをしています。

ヘルシーで旨い。
海老・烏賊の海鮮はプリプリで臭みは全くない。
野菜の旨みが引き立っております!

【安晏】
東京都国立市中2-3-66
タキイシビル 2F

飛騨牛
フィレ
やまなみ
アミューズ
お造り
鴨フォアグラ
国産鮑
焼野菜
ガーリックライス
デザート
フォンダンショコラ
ちょっと贅沢したい気分だったのでやまなみに行ってみました。
鮑が食べたかったので、やまなみコースにしました。
ステーキは飛騨牛フィレをミディアムで。

[コースやまなみ]
・ミニスープ
・アミューズ
・お造り前菜
・香ばしく焼いた鴨フォアグラ
・国産アワビ
・季節の焼野菜
・飛騨牛フィレ
・ガーリックライス
・味噌汁
・香の物
・デザート
・コーヒー

勘定は凄いことになったが、旨かったので満足です。
充実のディナーでした。

【やまなみ】
東京都新宿区西新宿2-2-1
京王プラザホテル 7F

住宅街に潜むラーメン
国立駅北口の住宅街にあるラーメン専門店。
大海に浮かぶ狐島のようにあたりに飲食店は全く無い。
なのに何処からか客が湧いてくるのが不思議である。
自分もそんな一人ではあるのだが。。。
女性店主一人で切り盛りしている。

ラーメンの並をいただきました。

並でも麺の量に不足は無い。

背脂が浮いているスープは見た目よりあっさり味。

海苔に隠されたチャーシューは意外と量が多い。

食べてる途中で、金沢のタクシー運ちゃんがラーメンショップのラーメンが一番旨いと言っていたのをふと思い出した。
なんとなくわかる様な気がした。

【ラーメンショップ 国立店】
東京都国立市北1-9-11

チヂミ&キムチ付
国立駅南口近くにある定食屋。
入口の券売機で食券を買って中に入ると満席であった。

丁度席を立った客がいたので滑り込む。

チゲ定食の食券を店員に渡す。

15分くらい待って出来上がった。

チゲ鍋の他にチヂミとキムチも付いてる。
ご飯のおかわりはセルフ。

チゲは真っ赤かだがそれほど辛くはない。
豚バラがたっぷり。
熱熱で御飯が進む。

寒い日におすすめです。

【やよい軒 国立店】
東京都国立市中1-8-5
茜サマリヤプラザ 1F

海老あんかけご飯アップ
スープ付
国立駅南口富士見通沿いにある中華料理店。
店の雰囲気から値段の高そうなイメージ。

宴会コース料理の他単品メニューもいろいろある。

海老あんかけご飯をいただきました。
スープ付で972円。
それほど高くはない。

味の方は抜群であった。
油控えめ、化学調味料控えめ、優しい味わい。
具の量が多いが、ペロリと食べてしまった。
美味しゅうございました。

【雅月】
東京都国立市中1-14-5

天丼1,030円
国立駅より徒歩15分の住宅街にある蕎麦屋。
新潟県中魚沼郡津南産の蕎麦粉と米を使用。

天丼をいただきました。

丼ではなく重箱で出てまいりました。

海老、鱚、エリンギ、春菊。
チト寂しい。

味噌汁の具は浅利と若布。
チトあんばらんす。

ミニサラダは乾いていた。

店内のお品書きには無かったが、
ホームページには上天丼1,600円があった。

【丸口屋】
東京都国立市北2-36-8

醤油味
立川駅北口を線路沿いに東へ歩く。
カプセルホテルの1階にラーメン屋がある。
入口がややこしい。
扉が閉まってると思ったら、倉庫の扉だった。

ラーメンは醤油の「琥珀」と塩の「パール」の2トップ。

琥珀をいただきました。

食券を渡して5分くらいで出来上がった。

スープの色が濃く見た目しょっぱそうだが、
啜ってみると刻み玉葱の甘味が広がります。
高級お出汁と木桶仕込みの一等醤油を使用して作るスープなのだ!

麺は軽くウェーブのかかった中細。
小麦の風味を感じる麺だ。

チャーシューは大きい厚切り。

次回はパールを食べてみたい。

【楽観】
東京都立川市曙町2-23-1
嫩ソシアルビル 1F

ラーメン450円
餃子400円
国立駅と恋ヶ窪駅の間にある中華屋。
『大作』に食べに行った時に見つけた。
レトロな外観が気になった。

後日、入店する。
入ってみたら店内もかなりのレトロであった。
臭い的に自分に合わない店と感じた。

麺もの、飯もの、炒めもの、一品料理、飲みもの。
定食ものもある。

ラーメンと餃子を食べました。

いまいちであった。
予感どおりであった。

【しらい】
東京都国分寺市日吉町2-15-19

CUSTARD PUDDING
ホテルオークラ東京本館1階の西洋料理店。
カジュアルな雰囲気です。
窓側の席が人気で空いていなかった。

カスタードプディングをいただきました。

プリンと生クリームだけでシンプルです。
滑らかな舌触りで濃厚な味わい。
カラメルソースが香ばしい。
生クリームが多過ぎ。

『カメリア』と同じ味であった。

【テラスレストラン】
東京都港区虎ノ門2-10-4
ホテルオークラ東京 本館1F

福建炒飯
野菜と卵のスープは昼のサービス
ホテルオークラ東京本館6階にある中国料理店。

福建風あんかけ炒飯をいただきました。
ランチには野菜と卵のスープがサービスで付いてきます。

あんかけは貝柱の出汁が効いてて濃厚な味わい。
炒飯は薄味。
合わせて食べるとホッペタオチタ。

ボリュームたっぷりなので食べ応えあり。

御値段は高級ホテル価格。

【桃花林】
東京都港区虎ノ門2-10-4
ホテルオークラ東京 本館6F

鰻重(上)アップ
米は魚沼産コシヒカリを使用
漬物
うざく
お通し
赤身
創業50年余の鰻屋。
1階はこじんまりとした感じ、
地下もあるということなので、
階段を下りてみた。
地下もそれほど広くはない。

鰻重は、竹・松・上・特上・中入れ重がある。
上にしてみた。

鰻重が出来るまで日本酒を呑んだ。

お通しは蕪の煮物300円。
肴は刺身赤身とうざくにしてみた。

刺身は冷凍ものだった。
解凍がいまいち。

うざくは注文してから30分以上かかった。

鰻重は注文してから60分以上かかった。

身は薄めだったが、味は申し分ない。
タレもイイ感じだ。

肝吸いと漬物もイイね。

旨かったのでまた来てみたい。

【菊川】
東京都新宿区西新宿7-83

海老と野菜のあんかけ
渋谷東急プラザ9階にある和風甘味喫茶。
株式会社甘や経営。

あんかけラーメンをいただきました。

醤油味のあんかけ、和風らあめんって感じだ。

食べ始めはトロミが凄いが、だんだん緩くなっていく。
春の雪解けのような季節の移ろいを表している。

【麻布茶房 渋谷東急プラザ店】
東京都渋谷区道玄坂1-2-2
渋谷東急プラザ 9F

ボールパークドッグオリジナル
渋谷東急プラザ1階にあるカフェ。
いつも客でいっぱい。

ボールパークドッグオリジナルを食べてみた。

写真と実物が全然違うやん。

パンが硬くて食べにくかった。

【タリーズコーヒー 渋谷東急プラザ店】
東京都渋谷区道玄坂1-2-2
渋谷東急プラザ 1F

ボリュームあり
多喜窪通りにある蕎麦処。
こじんまりとした店内。

上天ぷらそばをいただきました。

そばと天ぷらが別盛になっています。

そばは量が多かった。

つゆは鰹出汁が効いてて旨かった。

天ぷらは海老二尾・蟹蒲鉾・南瓜・ピーマン・青菜。
衣が多め。
まあまあかな。

【増田屋】
東京都府中市武蔵台3-3-14

天丼800円也
利久で呑んだ後、『尾張屋』で〆ようと思ったが閉まっていた。
尾張屋の近くに、「めしと肴 旬家」の看板を発見。
店頭のお品書きに、ごはんセット500円、おのぎり・お茶漬け350円、
天丼800円、海鮮丼900円、そば、うどん、スパゲッティーと出ている。

半地下の店内に入ってみる。
先客0。
年配の大将一人。

メニューはホワイトボードに書かれている酒のつまみのみ。
料理人が休んでいてこれしかできないとのこと。
もう呑んできたので、肴はいいのだ。

天丼が出来るか訊いてみた。
「作りましょうか」と大将が答える。
微妙な返事に不安になるが、
引き返すタイミングを完全に失った。

そのうち常連客が入店。
大将と客の会話で女将が休んでいるのが解った。
大丈夫か。

天丼は時間がかかった。
海老二尾、茄子、南瓜、ピーマン、野菜かき揚げ。
タレは薄め。
漬物付だが味噌汁はない。

かき揚げがベチャとしていた。
全体的に油っぽかった。

【旬家】
東京都国立市東4-5-36
第三MKビル B1F

若鳥・レバー・つくね
国立の住宅街にある焼鳥屋。
1976年創業。
焼鳥のほか、山形そば・いもこ汁・玉蒟蒻など
山形料理が並ぶ。

若鳥、レバー、つくねを焼いてもらう。
1本130円。
素朴な味わい。

カウンターには大皿料理が並ぶ。

烏賊大根が旨そうだ。
ホワイトボードには大根煮と書いてある。
大根煮を頼んだら、大根と鶏の煮物が出てきた。
大皿とは別物だった。
ややこしいねん。
大皿料理はホワイトボードに書いていないようだ。
注文するときは注意されたし。

【利久】
東京都国立市東2-13-31

このページのトップヘ