風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

2015年08月

上天丼3000
味噌汁
漬物
別館、本館に続き、広小路店に入ってみました。
店の前は賑やかですが、店内はこじんまりとして落ち着いた雰囲気。

鈴本演芸場に近いため、古今亭志ん生師匠が通った店とのこと。

上天丼をいただきました。

才巻海老二尾、烏賊、穴子、蓮根、かき揚げ。
かき揚げは芝海老。

三店舗食べ比べてみた。
上天丼の旨さは、別館、本館、広小路店の順であった。

【天庄 広小路店】
東京都文京区湯島3-41-5

わりご
割子そば780
米子空港ターミナルビル2階にある蕎麦処。

フライトまで時間があったので、蕎麦を手繰ることにしました。

割子蕎麦をいただきました。

蕎麦はコシがあり風味も良い。

つゆはまろやかな味わい。

【阿礼】
鳥取県境港市佐斐神町1634
米子空港ターミナルビル2F

カスタードプリン400
オムライス1050
サラダ
京橋川の畔にある洋食店。
創業昭和7年。

1階はカウンター席、2階はテーブル席。

ヤキメシにしようとしたら出来ないとのこと。
オムライスは出来るとのこと。
オムライスの方が100円高い。
ランチメニューのオムライスセットにしました。
サラダ・コーヒー付で1,050円。

サラダは彩良く、ドレッシングが美味。

オムライスは具が少なくソースが濃厚で途中から飽きてしまった。
ああやっぱりヤキメシ食べたかったな。

デザートはカスタードプリンを食べました。
いやあこれは旨い。

コーヒーはホットでした。
選択の余地なし。

【西洋軒】
島根県松江市片原町111

朝食(三好家)
益田の割烹旅館。
益田駅から車で10分くらい。

チェックイン時に朝食時間を打ち合わせる。
早くしてもらうことも可能だ。

朝食会場は1階、割とこじんまりとしている。

6時45分に入場すると、もう食べ終える客がいた。
もっと早くしてもらえばよかった。

オカズは冷めている。
夏はこれがいい。

御飯は御櫃で持ってきてくれる。

味噌汁は席に着いてから出してくれる。
具はじゃがいもと油揚げ。
優しい味。

総合結婚式場でもあるので、料理は旨かった。
朝食料金は950円である。

【三好家】
島根県益田市幸町7-4

ヤキメシ
焼飯630
益田駅前にある老舗中華食堂。

『田吾作』で呑んだ後に寄ってみました。

店内はそれほど広くなく、出前の電話がバンバンかかってきます。

五目焼飯が人気らしいが、普通の焼飯にしました。

焼飯はシットリ系。
油っぽくはない。

具は叉焼・ハム・玉子・青葱・緑豆。

素朴な味で旨かった。

【豊味軒】
島根県益田市駅前町19-12

活いか刺身
煮〆300
生酢200
おから200
のどぐろ焼
活うに
居酒屋探訪家太田和彦さんがBSで日本一の居酒屋と紹介していました。

今回の旅の目的は、田吾作で呑むこと。
念のため予約しておきました。

宿から結構離れていたので、到着が予約時刻ギリギリであった。
平日夕方5時だったので空いてました。
汗だくだったので、冷房の効いた個室を案内してくれました。

お通し三品は予めセットされている。
煮〆、生酢、おから。

まずは氷点下ビールで火照った体を中から冷す。

煮〆の濃い味付けは、汗を掻いた後では丁度良い塩梅。
こういう田舎料理が嬉しい。

人心地ついたので、萩の酒、東洋美人を呑む。

活いかの刺身は外せないね。
出てくるまで時間がかかったが、鮮度は抜群。
まだ動いてます。
山葵が付いてましたが、おろし生姜でいただきました。
さっぱりして美味。

お通しといか刺で結構お腹いっぱい。

鮎にしようか迷ったが、のどぐろがあったので焼いてもらった。
アルミホイルを敷いた卓上七輪で登場。
期待した塩焼と微妙に違う感じ。
皮の香ばしさがない。
煮付にすれば良かったかな。

活うには4個。
スプーンで掬って食べます。
旨いのだが、量がホントに少ない。

御勘定は壱万円でおつりが来ました。

日本一ではないが、一度は行ってもいいと思う。

【田吾作】
島根県益田市赤城町10-3

特上にぎり3240
益田駅近くにある寿し処。
こだわり島根食材の店。

特上にぎりをつまんでみた。
吸物付。

車海老の頭は熱熱の内にどうぞ!

うにが旨かった。

【みのり】
島根県益田市駅前町11-7

天ぷらうどん350(後藤商店)
『オアシス』のすぐ近くにある休憩所。
折角ここまで来たので、もう一杯食べていくことにしよう。
田中さんはこちらのマシンのメンテナンスも行っているとのこと。

天ぷらうどんにしました。
350円。オアシスと同じ。

つゆがこちらの方が濃い。
とろろ昆布の代わりに柚子が入っていた。
玉葱天も微妙に違う。

オアシスの方が好みかな。

益田までの帰り道、運良く路線バスに乗れた。
(#^.^#)

【後藤商店】
島根県益田市安富町1905-3

天ぷらうどん350(オアシス)
オートレストランのカリスマ田中さんの経営するオートレストラン。
TV東京で観て、うどんをどうしても食べたくなってしまった。
なんつったって田中さんの手作りです。

益田駅から歩いて行ったら遠い遠い、1時間近くかかった。
炎天下のため、汗びっちょり。
国道9号線沿いにありました。
2車線しかなくトラックもバンバン走っているので、レンタサイクルにしなくて良かった。
自動販売機のうどんを食う目的なので、レンタカーは割に合わないのだ。

ようやく辿り着いたら、まさしくオアシスそのものであった。
富士電機めん類自販機が並ぶさまは壮観である。

天ぷらうどんにしてみました。

僅か25秒で出来上がり。

海老天・玉葱天・蒲鉾、350円に思えない豪華さ。

真夏に食べる天ぷらうどんは熱熱で器を長く持てない。

つゆは関西出汁。
食べているうちとろろ昆布が出てきた。
これぞ隠し味。

うどんは細麺、柔らか過ぎず硬過ぎず丁度良い。

美味しゅうございました。
いい思い出です。

【オアシス】
島根県益田市安富町2597-1

朝食(姫川)
魚の麹焼き
蜆味噌汁
野津旅館の1階にある和食処。

朝食をいただきました。

魚は固形燃料で温めます。

升で仕切られたオカズの量は少ないが、味は良かった。

味噌汁の具は勿論シジミ。
御代りしたくなるほど旨かった。

【姫川】
島根県松江市伊勢宮町555
野津旅館 1F

生姜焼き
生姜焼き定食980
一畑百貨店6階にあるレストラン。
夜は8時30分までやってます。

豚の生姜焼き定食をいただきました。

熱熱の鉄板で登場。
豪華な感じがいたします。

豚肉は柔らかく、生姜の風味が効いてます。
きゃべつ・たまねぎもたっぷり。

しじみの味噌汁も旨いぞ。

千円でおつりがくるもの嬉しい。

【ICHIBATA DINING】
島根県松江市朝日町661
一畑百貨店 松江店6F

のど黒煮付
蜆塩辛
鯵・鮃縁側
ふらり旅いい酒いい肴で紹介された居酒屋。
平日の早い時間だったので空いていました。

しじみの塩辛は思ったよりしょっぱくない。
豊の秋との相性もいい。

刺身は鯵と鮃の縁側。

8月は魚が少なく、仕入れにも困るそうだ。

煮魚をお願いすると、のど黒の煮付けを出してくれた。
汁が絶品。
一滴残さず平らげた。

【よびこ】
島根県松江市東本町3-61

うなぎ丼(特)
うなぎ丼(特)4500
宍道湖の畔にある鰻処。

一畑電車北松江線秋鹿町駅で降りて宍道湖沿いに歩くと幟が見えて参ります。
宍道湖産天然鰻の幟が湖風に揺らめいております。
我輩の心も動く揺らめく。

うな丼は、並・上・特の3種類。
それぞれ養殖と天然があります。

うな丼の特天然にしました。

待つこと20分。
御対面です。

照りがええね。
タレもええ。
鰻は川魚の風味があったので、山椒をかけて食べた。
山椒はS&Bだ。

吸物は肝吸ではなくシラウオの吸物。
旨い。

勘定は4,500円。
天然にしては安いね。

【福吉】
島根県松江市秋鹿町328-7

オープンサンドセット570
京橋川の畔にある喫茶店。

モーニングに入ってみました。
2階席を案内されました。
落ち着いた雰囲気で寛げます。

オープンサンドセットにしてみました。
珈琲はアイスでも同じ値段。

ツナ&玉子のオープンサンド。
パンがカリっとして香ばしい。

サラダとコーヒーゼリーが付いてます。

アイスコーヒーは苦味の効いた大人の味わい。
ストレートで飲むのがおすすめ。

この内容で570円はCP抜群だ。

【珈琲館 京店店】
島根県松江市末次町本町1-1

カレイ煮付
カレイ煮付定食710
ドラマ『孤独のグルメ』で紹介された大衆食堂。

昼は12時から開店。
12時40分頃だったが、ほぼ満員。
相席が基本。
昼から呑んでいる客がいっぱいいるので、回転は良くない。

カレイの煮魚定食をいだだきました。

20分くらいかかってようやく出来上がった。

サラダ・ひじき・納豆・味噌汁付で710円。

味はまあまあ。

【みゆき食堂】
東京都清瀬市松山1-9-18

しらす丼
カニ汁
小鉢(魚見亭)
漬物(魚見亭)
しらす丼定食1447
サザエ刺身1512
焼きはまぐり929
劇画『孤独のグルメ』に登場した海の幸が豊富なお休み処。
休日の江ノ島は凄い人出であった。
エスカーを使ったが、島の一番奥にあるため結構遠い。
猛暑日だったのでここまで来るのに汗びっしょり。

まずは生ビール。
生き返った心地。

サザエ刺身と焼きはまぐりを肴にした。
サザエはコリコリの食感。
焼きはまぐりは4個で929円。

〆は、しらすハーフ丼のかにの味噌汁付定食にしてみた。
生しらすと釜揚げしらすが半分づつ。

全然生臭くなく箆棒に旨い。

味噌汁は生温かった。

烏賊の小鉢はなかなかのもの。

【魚見亭】
神奈川県藤沢市江ノ島2-5-7

海老フライ850
海老ピラフ790
漬物(アトム)
味噌汁(アトム)
ドラマ『孤独のグルメ』で紹介された食堂。

駅から大分離れた処にあります。
タクシー運転手のレストハウスのようだ。

夕方に入ってみたら、次々とタクシードライバーが集まってきます。
喫煙は勘弁して欲しいな。

エビフライとエビピラフをいただきました。
しまった海老がダブってしまった。
ワザとです。

フライは衣がゴワゴワして厚い。
ピラフは味が薄かった。

味噌汁は旨かった。

【アトム】
東京都江東区枝川3-8-8

どんどん丼
どんどん丼1700
築地市場青果市場前にある食堂。
こちらは観光客がほとんど来ないので穴場です。

朝よりもランチが狙い目だ。
豚のしょうが焼き定食が人気のようだ。

どんどん丼をいただきました。

ネタが新鮮で抜群に旨い。
ネタの種類・量も多い。
めしは酢飯です。
めしの量は、調整してもらえるので大盛にすれば良かったな。

これで1,700円はお値打ちだと思う。
A木さん、ごちそうさまでした。

【市場の厨房】
東京都中央区築地5-2-1
築地市場 警備本部棟1F

かけそば280
小田急線登戸駅構内にある立喰蕎麦処。

暑い昼でしたが、暑い時こそ熱いそばを食べようと入ってみました。

中は冷房が効いていて椅子もあり快適。
結構混んでます。

皆さん冷やしそばが多い中、かけそばをいただきました。
天ぷらは店内揚げですが、流石に揚物はキツイ。
一杯のかけそば280円。

何故か、後客の冷やしが先に提供される。
思わず、カーっと熱くなる。

マイそばは若布入りで蕎麦の量も多い。

食べ応えがあり、旨かった。

店を出ると、汗が滝のように流れた。

【箱根そば 登戸店】
神奈川県川崎市多摩区登戸2417
小田急線登戸駅構内

鰻丼梅
うな丼梅4860
吸物
漬物
活蛸ポン酢1296
鮑酒蒸2592
青柳赤貝酢味噌和え1512
不忍池の畔にある鰻割烹。
江戸時代から続いている老舗である。

猛暑なのでバテ気味である。
伊豆榮で精をつけることにしよう。

まずは、生ビールだ!
お通しは切昆布。

一品料理が充実しております。

活たこポン酢、あわび酒むし、青柳・赤貝酢味噌和えを肴に
高清水を呑む。

生き返ってきた感じ。

うな丼の梅をお願いする。
頼むとすぐに出てくる。
呑むときは、こちらのタイミングで注文すべし。

老舗のうな丼は流石に旨かった。
( ◠‿◠ )

【伊豆榮本店】
東京都台東区上野2-12-22

このページのトップヘ