風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

2016年01月

黄金のかにめし1500
第51回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会に行って参りました。
京王百貨店新宿店7階大催場は、人混みで物凄い熱気でありました。

海の美味かにかに対決の西の雄、福井駅の黄金のかにめしをゲッツ
小一時間並んで買い求めました。
1,500円也。各日700食販売。

せいこ蟹の卵巣とみそを炊き込んだ御飯にずわい蟹をたっぷりと。
黄金色の容器は特別仕様。
金箔の入った小袋付です。

家帰って食べました。
めっちゃ美味。
蟹好きには堪らん。
日本酒のアテにも最高であった
金箔は家宝にしよう。

【番匠本店】
福井県福井市高木中央3-507

小海老のチリソース煮2270
豆腐のオイスターソース煮込み2080
小海老のチリソース煮と豆腐のオイスターソース煮込みをいただきました。
チリソースは大海老と小海老があるが、小海老がプリプリとした食感で食べやすい。
豆腐煮込みは、さっぱりして美味。
酒のアテにばっちりだ。

【桃源酒家 府中店】
東京都府中市宮町1-41-2
伊勢丹府中店 9F

モンブランタルト864
夜は高そうだが、カフェタイムに入ってみた。
モンブランタルトのケーキセットにしてみた。
モンブランタルト単品だと864円也。
ケーキセットは+216円。

モカアイスとイチゴまで付いてきた。
モンブランタルトは大人の味わいでありました。
珈琲も美味しかった。

【MAGNET】
東京都港区六本木3-13-12
エルサビル2F

かき揚げ天そば430
新宿駅南口にある蕎麦処。
店内はカウンター席のみ。
結構奥行があります。

かき揚げ天そばを食べました。
430円也。

かき揚げはでかい。
すこし油っぽい。

そばは量が多い。
つゆもたっぷりなので、お腹いっぱいになります。

【信州屋 新宿南口店】
東京都新宿区新宿3-35-5
守ビル 1F

かに釜飯(鳥ぎん下高井戸)940
赤だし(鳥ぎん下高井戸)260
日曜夕方5時ちょっと過ぎに入ったら、ほぼ満席であった。
かろうじで空いているカウンター席に尻を滑らせる。
激混みなのでコートを脱ぐこともできない。
ほぼ全員酒の類を呑んでます。

まずは生ビールです
かに釜飯と赤出汁をお願いする。

焼鳥・レバ・つくねを一本づつ焼いてもらう。
燗酒をチビチビやって釜飯を待つ

30分くらいで炊き上がりました。
具は蟹と緑豆のみ
シンプルで旨い。

【鳥ぎん 下高井戸店】
東京都世田谷区赤堤4-48-7

ナポリタン(ペリ-ヌ)680
前原坂の手前にある喫茶店。
昼下がりにプラリと入ってみた。
ランチタイムを過ぎているが、食事をしている客もいる。
美味しい店なのかも知れない。

ナポリタンをいただきました。
680円也。

何故か刻み海苔。
食べてみて違和感はないが、無くても全然かまわない。
具はベーコン・ピーマン・タマネギ・マッシュルーム。
優しい味わい。
パクパクっと一気に完食。

次回はピラフにしてみたい。

Cafe de PERRINE
東京都小金井市前原町3-40-20
小金井ビューハイツ 1F

海老かに炒飯1080
スープ(七匹のこぶた)
海老かに炒飯をいただきました。
1,080円也。

プリプリの海老が4個も入っとります
カニは御飯と一緒に炒められ、米に味が馴染んでおります
調味料は控えめ。
理想の炒飯です。
美味しゅうございました。

【七匹の子ぶた 府中店】
東京都府中市府中町1-3-6
京王府中SC 東モール1F

牡蠣の醤油煮込みあんかけ御飯3564
スープ(翡翠宮)
漬物(翡翠宮)
ハイアット リージェンシー 東京1階にある中国料理店。

期間限定の牡蠣の醤油煮込みあんかけ御飯をいただきました。

牡蠣の出汁の染みた餡が抜群の美味しさ。
丼になっているのも嬉しい。

琥珀色のスープも美味しゅうございました。

【翡翠宮】
東京都新宿区西新宿2-7-2
ハイアットリージェンシー東京 1F

香箱ガニ2139
お通し1(おんぼらあと)
お通し2(おんぼらあと)
野菜炊合せ951
蛸のやわらか煮1188
蒸し鮑ステーキ4990
ハイアット リージェンシー 東京3階にある日本料理店。
「おんぼらあと」とは、石川県の方言で「ごゆっくり」という意味とのこと。

料理長は「佳香」とともに「おんぼらあと」も統括。
佳香が良かったので、今回はこちらにしてみました。

酒と肴が豊富です。
ビールでのどを潤し、田酒と加賀鳶を呑みました
日本酒は半合から注文できます。

お通しは、6種類くらいから好きなものを2つ選びます。
このシステムいいじゃないか。
烏賊ゲソとタラコ煮凝りにしました。

肴は、香箱ガニ、野菜炊合せ、蛸のやわらか煮、蒸し鮑ステーキにしました。

香箱ガニは身・内子・外子が混ぜて甲羅に納めれております
絶品ですな。
酒が進んでまう

蒸し鮑ステーキは、肝ソースをつけていただきます。
贅沢な一品でした。

お勘定はそれなりにするが、たまの贅沢もいいと思います。

【omborato】
東京都新宿区西新宿2-7-2
ハイアットリージェンシー東京 3F

ナポリタン(アルル)720
バナナ(アルル)
ジャイアントコーン
スープ(アルル)
珈琲(アルル)
三番街にあるレトロな喫茶。
店頭で猫がニャポリタンを食べています。
置物です(笑)

店内は小物でいっぱい。
普通なら落ち着かないところだが、時々猫が徘徊するのでそちらの方に気を取られてしまう。
先代のゴエモン様は亡くなったそうだ。
次郎長様が跡を継いでいる

ナポリタンをいただきました。
注文する前から、バナナとジャイアントコーンが出される。
ドリンク付きなので、食後に珈琲をお願いする。
バナナとジャイアントコーンは食後にいただこう。

スープが来てから、追っかけナポリタン登場。
野菜とポテトサラダも付いている。
これ全部で720円だから恐れ入る。

肝心の味は普通に美味しい。

食べている間、次郎長様は全く悪さをしない。
椅子の背もたれの頂上の狭い処で器用に座る。
時々次郎長様と目が合う。
優しい目をしています。
見守られている感じ。

デザートのバナナをいただいた後、珈琲を出してもらった。
ジャイアントコーンをポリポリ。
珈琲をグビグビ。
フルコースを堪能した感じ。

癒しのひとときでありました

ARLES
東京都新宿区新宿5-10-8
第3東邦ビル 1F

バナナクレープ700
銀ブラで見つけた大人の隠れ処。
地下2階で照明も控えめ。
思わずひそひそ声になってしまいます。

バナナクレープと珈琲をいただきました。
珈琲はいろいろ種類があり、マイルドブレンドにしました。

クレープの生クリームは甘さ控えめ。
マイルド珈琲との相性もいい。

【Cafe de Le Temps】
東京都中央区銀座5-6-16
銀座西五番館 B2F

天丼4860
味噌汁(天一)
漬物(天一)
本店にまだ行ってなかったので、ランチに行ってみました。

店内に入ると天ぷらか天丼にするか尋ねられます。
食べるものによって、カウンター席かテーブル席に別れます。

天丼をいただきました。
本店の天丼は昼しか食べれないのだ。
4,860円也。

丼に蓋をして出てくるので、軽く蒸された状態。
なので衣が気持ち柔らかくなっております。
海老二尾、鱚、椎茸、アスパラガス、小海老かき揚げ。
流石に本店の天丼は別格であった。
最初から最後まで旨かった。

【天一 銀座本店】
東京都中央区銀座6-6-5

このページのトップヘ