風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

2016年03月

ピラフ(デンキヤホール)650
味噌汁(デンキヤホール)
久々のデンキヤホール。

ピラフをいただきました。
650円也。
味噌汁付。

具は、桜海老、豚肉、玉子、玉葱、長葱。
香ばしくて旨い。
量がたっぷりなので、食べ応え有り。

【デンキヤホール】
東京都台東区浅草4-20-3
杉平ビル 1F

カキフライ(アリゾナキッチン)1296
蛤のガーリックオーブン焼き(アリゾナキッチン)1080
永井荷風が通った洋食店。

11時半の開店と同時に入店。
あっという間に満席になった。
人気店です。

BGMはエルヴィスプレスリー

カキフライと蛤のガーリックバーオーブン焼きをいただきました。
カキフライは1,296円、焼蛤は1,080円也。
浅草価格、いい御値段です。

パンを付けずに、生ビールを呑みました
真昼間のビール、堪えられねえ

オーブン焼きが最初に出てきました。
蛤の上にパン粉、パン粉の上にガーリックバター。
熱熱で旨旨
ビールのアテに最高!

続いてカキフライ。
レモンとタルタルソースだけで食べた。
カキも旨いが、衣も旨い。

ホロ酔いでいい気分だす

ARIZONA KITCHEN
東京都台東区浅草1-34-2

おすすめちらし(紀文寿司)5400
蛤吸物(紀文寿司)760
創業明治36年。
外観が渋い。

昼時に暖簾を潜った。
店内は昼なのに、ぼんやり薄暗い。
外の喧騒が嘘のようだ。

おすすめちらしをいただきました。
5,400円也。

印象に残ったのは烏賊・蛤・穴子。
ツメが甘い。

シャリは少なめ。
かなり酸っぱい。

蛤吸物は時価。
この日は760円だった。
優しい味わいであった。

【紀文寿司】
東京都台東区浅草1-17-10

天ぷらそば(福そば)430
人形町の立喰蕎麦処。

天ぷらそばを食べました。
430円也。

食券を渡すと生蕎麦を茹で始める。
3分くらい待つ。
茹で上がった蕎麦を冷水で締め、さらに温める。
丁寧な仕事です。

出汁の効いたつゆが旨い。

天ぷらは店内揚げ。
かき揚げ、げそ、桜海老、春菊、紅生姜、ごぼうの6種類。
桜海老にしてみた。
サクサクで香ばしい。

蕎麦湯を勧められた。

店主は中国の方らしい。
日本語の発音がいいので全然気がつかなかった。
和の心の蕎麦、応援したくなるね。

【福そば】
東京都中央区日本橋人形町1-16-3

生雲丹(天乃川)2400
甘鯛塩焼き(天乃川)2200
甘鯛(天乃川)
甘鯛潮汁(天乃川)
鰯酢洗い(天乃川)1200
地蛤と三陸若布の潮煮(天乃川)1500
桜海老・葱のお好み焼き風(天乃川)1400
ギフトカードが手に入ったので、気持ちが大きくなっております。
久々に京プラの天乃川に行ってみる。

ホテルなのでいい御値段。
なかなか行けないのだ。

生雲丹。
塩水雲丹なので、びっくりするほど旨い。

鶴齢を呑む

甘鯛塩焼。
抜群に旨いのだが、切り身が小さい。
もう少し食べたい。
潮汁を出してくれた。

洌を呑む

鰯の酢洗い。
すっぱうまい。

緑川を呑む

地蛤と三陸若布の潮煮。
つゆがええね。

会津娘を呑む

桜海老・葱のお好み焼き風。
思っていたより厚かった。
ボリュームたっぷりで腹いっぱい。

御勘定が凄いことになっていた。
ギフトカード、また貰えないかな。

【天乃川】
東京都新宿区西新宿2-2-1
京王プラザホテル 本館2F

おにぎり(金太郎)200×2
なめこ汁(金太郎)300
お通し1(金太郎)
お通し2(金太郎)
肉とうふ(金太郎)600
吉田類の酒場放浪記で放映されていたので行ってみた。
「三島屋」の向い。

入ってすぐカウンター席。
カウンターの上には大皿料理が並んでいる。

日本酒を燗してもらう
お通しは、大皿から2品出してくれた。

一献傾けていると、常連客が店にやって来た。
酒場放浪記に出演していた方達であった。
恐るべし金太郎。

ママさん自慢の肉どうふをお願いする。
熱熱の土鍋で登場。
甘めの優しい味付け。
燗酒に合う。

〆はおにぎり
さけとしらすにしてみた。
ふっくらしていて旨い。
海苔の香りがいい。

なめこ汁で温まった。

勘定は安かった。
また来てみたい。

【金太郎】
東京都台東区千束3-12-9

やきめし(正直)670
吉原の京町通り沿いにあるビヤホール。
渋いレトロな外観。
店内もレトロ。
先客がいない。
やっているのか。

正面の黒板にビールのツマミが書かれていた。
食事のメニューは壁に貼られていた。
カレー、カツ、生姜焼、オムライス、スパゲッティ、ミックスフライ、やきめし、お茶漬け。
カレーが味自慢とのこと。
ナポリタンにしようと思ったが、スパゲッティが茹でてないので出来ないとのこと。

やきめしをいただきました。
670円也。

味は正直だった。

【正直】
東京都台東区千束4-27-8

カキフライ(徳仙)1000
味噌汁(徳仙)
漬物(徳仙)
六区通りにある食事処。
明治23年創業。
アド街で紹介された店頭ディスプレイが凄い!
店内も渋かった。

カキフライ定食をいただきました。
1,100円也。
カキフライ単品は1000円。
100円しか違わない。

カキがじゅうすいで旨かった。

【徳仙】
東京都台東区浅草2-4-4

春菊そば(野むら)400
オフィスビルの1階にある立喰蕎麦屋。
黒いつゆで有名。

かけそば+春菊にしました。
300円+100円だす。

つゆは見た目ほど辛くない。
奥深い味。

つゆの所為かそばも風味が良くなってる感じ。

春菊天は自家製。
衣が薄くパリパリの食感。
つゆに浸してグズグズになるものいい。

【野むら】
東京都台東区浅草橋5-20-8
CSタワー 1F

ラーメン(ニュータンタンメン)550
府中本町駅近くにある中華食堂。
店名はニューだが、外観はレトロな雰囲気を醸し出している。
店頭の写真が色褪せている。
本当にやっているのだろうか。
そんな雰囲気もあって今まで入店するのを躊躇していた。

このあいだ、酒呑んだ〆に酔った勢いで入ってみた。
店の中は呑んでいる客もいて結構賑わっている。
少し安心した。

らーめんをいただきました。
550円也。
メンマ抜きでお願いする。

スープは独特の味わい。
台湾系かな。

麺は変わった食感が特徴的。

たんたんめんがウリのようだ。
たんたんめんだけで7種類もある。

次回は、たんたんめん(ごま)にしよう。

【ニューたんたんめん】
東京都府中市本町1-7-9
KMビル 1F

きつねそば(三崎庵)550
たぬきそば(三崎庵)650
ミニカレー(三崎庵)500
がっつりいきたい時は、ミニカレーセットがおすすめ。
ミニカレー単品だと500円。
セットにすると50円引きになるのだ。

ミニカレーセットのきつねそばとたぬきそばを食べ比べてみた。
共に1,100円也。

カレーは全然辛くない。
きつねとの相性が良かった。

【三崎庵】
東京都八王子市万町92-2

クエ鍋(よろず屋魚之介)
クエ鍋2(よろず屋魚之介)
クエ鍋3(よろず屋魚之介)
先付1(よろず屋魚之介)
先付2(よろず屋魚之介)
先付3(よろず屋魚之介)
サラダ(よろず屋魚之介)
刺身(よろず屋魚之介)
海老(よろず屋魚之介)
雑炊(よろず屋魚之介)
雑炊2(よろず屋魚之介)
もり麦うどん(よろず屋魚之介)
人形町にある海鮮和風居酒屋。

仲間3人でクエ鍋を食べに行って参りました。
2階の半個室で宴会です。

天然本クエ鍋コースをいただきました。
前菜盛合せ、旬の野菜サラダ、天然鮮魚5種盛合せ、大海老の岩塩焼き、天然本クエ鍋、雑炊。
2.5時間飲み放題付で7,500円也。
さらに+500円で日本酒10種類追加(2時間)。
呑兵衛が揃っているので、勿論追加だ。

ぐるなびクーポン利用し、スパーリングワインで乾杯
その後、生ビール
さらにその後、日本酒
古伊万里 前、美丈夫、賀茂鶴を呑んでみる。
肴が旨いので、酒が進むね。

四方山話も弾み、あっという間にメインディッシュのクエ鍋
初めてのクエ鍋ということもあり、あまりの旨さに我を忘れる。
お約束の雑炊も絶品。

満腹のはずだったが、壁に張ってあった「徳島県上板町もち麦うどん」を食べてみることになった。
1人1人前づつ。
蕎麦でも饂飩でもない、新しい麺。
スルリと胃袋に収まった。
流石に腹はち切れそう。
大満足。

女性スタッフの接客が良かった。
CPも良いので、また来てみたい。

【よろず屋魚之介】
東京都中央区日本橋堀留町1-8-7

ニラレバー炒め(萬友亭)500
ニラレバー炒め
ニラ炒め(萬友亭)450
ニラ炒め
レバー炒め(萬友亭)450
レバー炒め
肉入りニラ炒め(萬友亭)500
肉入りニラ炒め
肉入り野菜炒め(萬友亭)500
肉入り野菜炒め
野菜炒め(萬友亭)450
野菜炒め
もやし炒め(萬友亭)400
もやし炒め

萬友亭の炒めものがマイブームだ。
まず種類が豊富。
ニラレバー炒め500円、
ニラ炒め450円、
レバー炒め450円、
肉入りニラ炒め500円、
肉入り野菜炒め500円、
野菜炒め450円、
もやし炒め400円。

これにライス(並)をつけて定食にする。
ライスはスープ・漬物付。
並200円、
小150円、
大250円。

野菜の量が多く、薄味なのでヘルスイ。
いつも御飯が足りなくなってしまう。
価格も良心的。

おすすめは、ニラレバー炒め。
レバーは全然臭みが無い。
薄切りで量がたっぷりなので、レバーが苦手な方も大丈夫じゃないかな。
スタミナ満点だす。

唯一の難点は、カウンターが奥に向かって低くなっているので、
ボヤボヤしていると汁が零れてしまうことだけ。
気を付けよう。

【萬友亭】
東京都八王子市子安町1-1-1

かき揚げそば(山田製麺所)400
製麺所直営の立喰蕎麦店。

かき揚げそばを食べました。
400円也。

つゆの色が濃いがしょっぱくはない。

そばは流石に袋麺とは一味違うね。

かき揚げはモソモソしていた。

【山田製麺所】
東京都台東区北上野2-17-7
メゾン山田 1F

ばらちらし(鮨勘)1836
味噌汁(鮨勘)
魚がし横丁で朝飯です。
4号館の鮨勘に入ってみました。

ここもいつからか行列店になっていた。
20分くらい待って、入店だす。

ばらちらしをいただきました。
1,836円也。
いくら抜きでお願いする。

鮪の量が多い。
海老・蟹・貝・穴子もいっぱい。
豪華なばらちらしであった。

味噌汁付のはずだが、なかなか出て来ないので督促する。
海老の頭の入った味噌汁がようやく出て来た。
旨くなかった。

【うまい鮨勘 築地市場店】
東京都中央区築地5-2-1
築地市場 4号館

カキフライ(ぱいち)1300
漬物(ぱいち)
味噌汁(ぱいち)
昭和11年創業の洋食屋。
カウンターの中の厨房はコックさんでいっぱいち。

カキフライセットをいただきました。
カキフライ単品1,300円也。
御飯・味噌汁・漬物セット300円也。

なかなかの御値段であったが、抜群の味であった。
カキフライは浅草一旨い!

接客も見事であった。

【ぱいち】
東京都台東区浅草1-15-1

ミックスサンド(クラウン)730
観音通りにある喫茶店。

18時がラストオーダー。
浅草の夜は早い。

ミックスサンドをいただきました。
730円也。
玉子焼きとハム・キュウリのMIX.

パンが柔らかくて美味しい。
珈琲との相性もばっちりだ。

【CROWN】
東京都台東区浅草1-2-13

かき南ばん(満留賀)1400
観音通り沿いにある蕎麦処。

「志婦゛や」で呑んだ〆に寄ってみた。

かき南ばんをいただきました。
1,400円也。

大粒の牡蠣が5個も入ってます。
牡蠣自身も旨いが、出汁の効いたつゆが堪らんね。
〆にぴったりであった。

【雷門満留賀】
東京都台東区浅草1-1-5

小肌(しぶや)
青柳(しぶや)
赤貝(しぶや)
煮いか(しぶや)
観音通りにある酒肴処。
開店前に着いたら、待っている人がいた。
人気店です。

開店と同時に雪崩れ込む。
あっという間に満席。
スタートからお祭り状態(笑)

とりあえず生ビールだ。
注文すれどなかなか出てこない。
てんやわんや。

注文するのも一苦労だ。

小肌、青柳、赤貝、煮烏賊をおうだあ。
いやあどれも旨い。
酒は〆張鶴にした。

ゆっくり呑んでいたいのだが、どうも落ち着かない。
肴の値段表示が無かったが、勘定を済ますと納得の値段であった。

【志婦゛や】
東京都台東区浅草1-1-6

藤にぎり(栄寿司)2160
味噌汁(栄寿司)
末広通り商店街にある鮨処。
昨年10月にリニューアルオープン!

藤にぎりをつまんでみた。
2,160円也。
ランチタイムには味噌汁が付く。

いくらを外してもらったら、代りにかにがはいってた。

鮪が旨かった。
鉄火巻は山葵が効いていて、思わず涙ぐんでしまった

【栄寿司 本店】
東京都新宿区新宿3-62

このページのトップヘ