風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

2017年12月

かき揚げそば(そばいち)430
そば処新宿が、そばいちになっていた。

かき揚げそばを手繰りました。
430円也。

前より旨くなったような気がする。

【そばいち 新宿店】
東京都新宿区新宿3-38-1
JR新宿駅構内

パイ(AGIO)牡蠣チャウダースープ(AGIO)1200
魚介ピッツァ(AGIO)1730
牛ヒレ炭火焼(AGIO)2500
オーストラリア産牛ヒレ120g(AGIO)
カスタードプリンアイス添え(AGIO)820
AGIOのスポットおすすめが店頭に板書されていた。
オーストラリア産牛ヒレ炭火焼120g、2,500円。
12月のオススメは香ばしいパイをのせた岡山県産牡蠣のチャウダースープ1,200円。

両方とも食べたいので、思わず中に入ってしまった。

まずはチャウダースープ。
パイは本当に載せただけ。
器に引っ付いていないので食べやすい。
サクサクして香ばしい。
スープは具沢山で旨かった。
何杯でもイケル感じ。

定番の魚介ピッツァは外せない。
白ワインと合うで。

牛ヒレ炭火焼は、さっぱりしてます。
赤ワインと合うで。

デザートはカスタードプリンにバニラアイスクリームを添えてみた。
ええコンビやね。

【AGIO 府中店】
東京都府中市宮町1-41-2
伊勢丹府中店 9Fイートパラダイス

シュークリーム(ハシドイ)300
上野原の蔵カフェ。
蔵の中に入ると異空間に誘われた。
仄暗く幻想的な雰囲気。

シュークリームをいただきました。
300円也。

シューは塩が効いており、クリームは甘さ控えめ。
大人のシュークリーム。
珈琲との相性抜群であった。

【ハシドイ】
山梨県上野原市上野原3241

牡蠣咖喱焼飯(一福)970スープ(一福)
上野原駅前にある大衆食堂。
この季節は牡蠣のメニューが充実しています。

牡蠣のカレー焼飯をいただきました。
970円也。
スープ付。

炒飯だけでも旨いし、牡蠣と合わせて食べても旨い。
交互に食べるとよろし。

ボリュームたっぷり。
食べ応え有り!

【一福食堂】
山梨県上野原市新田1053

中華そば(伊勢屋)580
甲州街道沿いにある和菓子店。
店内では、中華そばを食べるこどができる。

中華そばをいただきました。
580円也。
メンマ抜きでお願いした。

チャーシューは通常1枚だが、注文の行き違いがあり2枚サービスしてくれました。
申し訳ない。

あっさりしたスープ。
素朴な味わい。

昼時は行列ができるほどの人気だ。

【伊勢屋】
山梨県上野原市上野原3239

塩茹落花生(BACHIYA)100生牡蠣(BACHIYA)600
干し蛍烏賊炙り(BACHIYA)150
大根・玉子(BACHIYA)150
イカタコぼうず・厚揚げ豆腐(BACHIYA)190
海老団子串(BACHIYA)280
〆鯖千枚漬巻(BACHIYA)150
国際通りの宿やのあった場所が何時の間にか日本酒スタンドになっていた。
訊いたら9月かららしい。
店頭にお品書きが出ていて、外から中の様子がわかるのでだいぶ入りやすくなった。
こじんまりとして明るい雰囲気。

日本酒は90㎖なので、いろいろ呑めちゃうのだ。
丹澤山秀峰、凌駕、国権、八海山、東光を呑んでみた。

肴は小皿料理とおでんがある。
高くても200円。
塩茹落花生、生牡蠣、干し蛍烏賊炙り、〆鯖千枚漬巻をいってみる。
日本酒に合う肴たち、酒が進んでまうで。

おでんは、大根、玉子、烏賊蛸坊主、厚揚げ豆腐、海老団子串にしてみた。
どれも旨い。

二合半呑んだ。
いい心持ちです。
勘定はジャスト四千円。
スタンプカードを貰った。
通っちゃうぞ。

【BACHIYA】
東京都府中市宮西町1-15-13
大石ビル 1F

具だくさん野菜スープ(オレンジブーツ)480パン(オレンジブーツ)
府中駅前ビルル・シーニュ5階府中市市民活動センタープラッソ内にあるカフェ。
府中市や姉妹都市の佐久穂町の食材を使用。
さらに友好都市のウィーンのワインも楽しめちゃうのだ。

平日は9時半からやっているので朝食で行ってみました。

具だくさん野菜スープをいただきました。
480円也。
パン付。

本日のスープは法蓮草のクリームスープ。

優しい味わいに朝から癒されちゃいました

【Orange Boots】
東京都府中市宮町1-100
ル・シーニュ 5Fプラッツ内

牡蠣のペペロン焼そば(一福)970中華スープ(一福)
上野原駅前にある大衆食堂。
この季節は牡蠣メニューが充実しています。

牡蠣のペペロン焼そばをいただきました。
970円也。
スープ付。

中華麺と大蒜が意外と合う。

牡蠣はタルタルソースにつけてパクっ!
うんめえ~

ボリュームたっぷりで食べ応え有り!

【一福食堂】
山梨県上野原市新田1053

並寿司(とも江寿司)1620吸物(とも江寿司)
上野原の住宅街にある鮨処。
昼時に暖簾を潜った。

年配の大将に並寿司を握ってもらいました。
1,620円也。
吸物付。

並にしてはチト高いなと思ったが、ネタが良かった。
鮪が旨かった。

【とも江寿司】
山梨県上野原市上野原1986

フィレステーキサンドイッチ(オールドインペリアルバー)3140フィレステーキ(オールドインペリアルバー)
柿の種(オールドインペリアルバー東京)
チョコレート(オールドインペリアルバー)
帝国ホテル大阪のバーで食べたフィレビーフカツサンドイッチが旨かったので、帝国ホテル東京のバーに行ってみた。

 まず生ビールを呑む。
続いて山崎のハイボール。
チャームは柿の種とブラックチョコレート。

フィレビーフカツサンドイッチは無かった。
フィレステーキサンドイッチにしてみた。
3,140円也。

大阪のバーの方が盛り付け、食べやすさ、味、コスパの全てが上であった。

【OLD IMPERIAL BAR】
東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテル東京 本館M2F

豚味噌鍋定食(俺ん家)700
サラダ(俺ん家)
野菜スープ(俺ん家)
キムチ(俺ん家)
是政駅近くにある居酒屋。
平日はランチもやっています。

本日のランチは、鮭かま塩焼、豚味噌鍋、豚ばら(スタミナ味噌焼・生姜焼・葱塩焼)の3種。
各700円也。

豚味噌鍋定食にしました。
御飯、サラダ、スープ、キムチ付。
卓上の味付海苔、生玉子、納豆は無料サービス。

鍋が熱熱で登場。
唐辛子をかける。
卓上には一味と七味が用意されている。
一味にした。

うんめえ。
豚バラ、キノコ、白菜がたっぷり。
豆腐と饂飩も入ってる。
具沢山やね。
なので、海苔・生玉子・納豆の出番は無かった。

スープは野菜スープ。
優しい味わい。
さらにサラダ。
野菜もたっぷり。

鍋の汁一滴残さず完食。
ごちそうさん。

充実した昼食であった。
今度は夜に行ってみよう。

【俺ん家】
東京都府中市是政5-5-4

トロトロ丼(でこ)500豆腐料理(でこ)
和え物(でこ)
汁物(でこ)
珈琲(でこ)100
是政駅近くのマンションの1階にある豆茶房。
ランチを食べに入ってみました。

ランチは魚定食と肉定食の2種類のみ。
本日の魚定食はトロトロ丼、肉定食は豚搾菜丼。
汁物、和え物、豆腐料理付で500円。
ドリンク付だと600円。

魚定食の珈琲付をいただきました。

薄味だが、食材の味を活かした料理で美味しい。
量は少なめで女性向き。

珈琲は100円と思えない本格派。

【でこ】
東京都府中市是政5-6-6
ライオンズプラザ府中是政駅前 106

磯ラーメン(磯家)900
金谷港フェリー乗り場近くにある食堂。
人気店のようで並んでいる人がおった。
回転が良いのですぐに中に入れた。

磯ラーメンをいただきました。
900円也。
塩味の海鮮ラーメン。

スープは澄んでいて、さっぱりしてます。
海鮮の具がチトしょっぱい。

カジメが磯の調べを奏でております。

スープ一滴残さず完食。
旨かった。

【磯家】
千葉県富津市金谷2164-2

アジフライ定食(はまべ)1300小鉢①(はまべ)
小鉢②(はまべ)
味噌汁(はまべ)
漬物(はまべ)
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった漁師めし処。
12時開店だが、列車の時間の関係で11時頃店頭に到着した。
1時間前だが、既に開店を待つグループがいた。
その後に並んだ。

11時50分頃、開店した。
その頃には行列が出来ていた。
一巡目で入店出来たのは良かった。

カウンター席の向うが厨房、その向こうが座敷になっています。
座敷には裏口から入る。
変わった造り。
カウンターは7席。
8人目からは座敷になる。

大体、4人づつのロットで調理をするようだ。

アジフライ定食をいただきました。
1,300円也。

まず小鉢2品と漬物が出される。
小鉢はマカロニサラダ、魚と大根の煮物。

アジフライは大型が2枚。
大味だった。
金谷の黄金鯵は6月~8月が旬らしい。

【はまべ】
千葉県富津市金谷3971

搾菜(蔡菜)黄ニラと海老卵炒め(蔡菜)1300
あわびシイタケ竹の子炒め(蔡菜)1350
ナンプラーとアンチョビの焼そば(蔡菜)950
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった上海家庭料理店。
中野駅から近いが入り組んだ処にあるので、初めてだとわかりにくい。

夕方5時の開店を狙い行ってみた。
早い時間だったので予約無しでも大丈夫だった。

まずはビールでノドをウルオス。
お通しは、搾菜。

黄ニラと海老卵炒め、あわびシイタケ竹の子炒めをいただきました。
メニューは炒めものが多いが、チョイスした2品は絶品であった。
御飯にも合いそう。

〆は、ナンプラーとアンチョビの焼そばにしてみた。
海老入りです。
食べたことのない味であったが、〆に丁度良かった。

人気店なので予約した方が無難です。

【蔡菜】
東京都中野区中野3-35-2

ハムエッグ定食(伊勢屋)750味噌汁(伊勢屋)
漬物(伊勢屋)
筍土佐煮(伊勢屋)200
納豆(伊勢屋)150
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった食堂。
淀橋市場内にあります。
朝5時から営業。

5時半頃、暖簾を潜りました。
朝から賑わっております。

ハムエッグ定食をいただきました。
750円也。
御飯のサイズと漬物が選べます。
丼飯と白菜・胡瓜の漬物にしました。
ハードボイルド派なので、玉子は固めにしてもらいました。

ロースハム2枚と目玉焼2個。
ハムは厚め。
醤油を垂らして、パクっ。
うんめえ~。

筍土佐煮と納豆も付けてみた。
200円と150円。
筍は早掘なので柔らかい。
納豆は後半戦に投入。

朝飯にピッタリの定食であった。

ごちそうさん。

【伊勢屋】
東京都新宿区北新宿4-2-1
淀橋市場内

牡蠣饂飩(篠新)1400
小金井街道沿いにある手打ち饂飩処。
こじんまりとした店です。

冬季限定の牡蠣饂飩をいただきました。
1,400円也。
蕎麦もあるが、饂飩の方が50円安い。

茹でるのに少々時間がかかるとのこと。
のおぷろぶれむだ。

20分で出来上がりました。

ぽってりした牡蠣が3個。
牡蠣自体より旨みを吸った汁が旨い。

饂飩は特に印象が無かった。
ていうか無心で一気に食べた。

ごちそうさん。

【篠新】
東京都清瀬市松山2-4-6

おでん(まぁ坊)500お通し(まぁ坊)
ニンニク芽炒め(まぁ坊)300
清瀬駅からすぐのチョイ呑み処。
店内は野球のユニホームが掛けてあり、選手のサインもある。

まずは生ビールでノドをウルオス。
お通しはニラ玉。

続いてニンニク芽炒め。
豚肉入り。
疲労回復に良さそうだ。

寒い晩だったので、燗酒とおでんでいきたい。
燗は二合。

おでんは100円のものしか残ってなかった。
大根、玉子、厚揚げ、竹輪、白滝にしてみた。
汁は上品な味わい。

ほんのり体が温まった

【まぁ坊】
東京都清瀬市松山1-13-19

豚肉七味炒め定食(志野)980味噌汁(志野)
漬物(志野)
東京卸売センタービル地下1階は食堂街になっております。
食堂は一般客の利用OK!

食事処志野に入ってみました。
志野イチオシのニクシチをいただきました。
ニクシチは豚肉七味炒め定食の略である。
980円也。
味噌汁・漬物付。

見た目より辛くない。
豚バラは脂っぽくなく、いい塩梅。
飯が進むってやつだ。

キャベツの千切りが細く、豚肉と一緒に頬張ると最高やね。

一気に完食。
旨かった。

ananで取り上げられたらしい。
肉食女子にオススメだ。

【志野】
東京都品川区西五反田7-22-17
TOCビル B1F-57

〆さば(もがみ)700生うに(もがみ)1200
お通し(もがみ)
なめたかれい塩焼(もがみ)1050
海老新女(もがみ)850
白魚生海苔の出汁巻玉子(もがみ)600
鮪・小肌・赤貝(もがみ)
地蛤吸物(もがみ)550
国分寺駅から歩いて3分の処にある季節料理店。
あまりこのエリアには行ったことがなかった。
穴場かもしれない。

カウンター席を陣取る。
まずは生ビール。
お通しは貝。
写真はぼやけてしまったが、身は上手く取り出せた。

〆さば、生うに、なめたかれい、海老新女、白魚生海苔の出汁巻玉子を肴に日本酒を呑む。
肴が旨いので酒が進む。

呑んでいるうちにどんどん客が入ってくる。
かなりの人気店です。

〆は、にぎり鮨にしてみた。
セットもあるが、お好みでにぎってもらう。
鮪、小肌、赤貝に地蛤の吸物。
〆も良かった。

接客は丁寧で勘定は良心的。
通いたくなる店やね。

【もがみ】
東京都国分寺市本町4-12-22

このページのトップヘ