浅蜊そば学芸大学駅と祐天寺駅の中間の住宅街にあります。
店内は細長く狭いですが、木を多く使った明るいインテリアです。
浅蜊そばを食べました。殻つきの浅蜊が一杯入っています。
浅蜊の出汁でおつゆがすごく美味しいです。
一気に食べると体がポカポカ温まりました。
お酒や肴が充実しているので、呑兵衛にはオススメです。

焼き穴子南蛮漬
トコブシ煮焼キノコ肴とお酒を楽しみました。
肴は焼穴子南蛮漬、トコブシ煮、焼キノコを食べました。
お酒は石川達也を呑みました。
穴子と葱が良く味が染みていて美味しいです。
トコブシは肝もあるのでお酒が進みました。
焼キノコはおろしを付けて食べるのでサッパリとした味わいです。

牡蠣蕎麦
牡蠣そばを手繰りました。
プックリした牡蠣が3個入っています。
牡蠣の出汁が良くオツユに馴染んでいて柚子の香りも良い。
牡蠣無しでも蕎麦一杯食べれてしまうほどの美味しさです。
牡蠣は火の通り具合が完璧です。
酒肴としてもいけます。

鴨つくねそば
鴨つくねそばを手繰りました。
ミニミニ鴨つくねが6個入っています。
思いのほかサッパリしていました。
食べ進めるとポカポカ体が温まってきます。
オツユもコクがあって美味しい。

牡蠣塩焼
子持昆布
出汁巻玉子
トマトの御浸し
辛味大根せいろ
広島の辛口「石川達也」を呑みました。
口当たりが良くスーッと五臓六腑に染み渡ります。
酒肴は牡蠣塩焼、子持昆布、出汁巻玉子、トマトの御浸しにしました。
トマトのお浸しは意外にも日本酒に合いました。
こういう「目から鱗」も楽しいものです。
〆は辛味大根せいろにしました。
山葵がついていませんでしたが、おろしが物凄く辛いためだと食べてみて納得。
酔っ払っていた胃袋が思わず飛び上がりました。
蕎麦湯にしても美味しかった。

【杉本】
東京都目黒区中町2-44-15