3番焼鳥丼
ランチ3番の焼鳥丼を注文。
ここでは番号で注文します。
最初に鳥スープとキャベツの漬物が出てまいります。
スープはお代わりでき、二杯目は食事と一緒です。
次に丼の登場。アレッ!2本しかないぞ。
御飯も心持ち少ない感じ。
もう1本は時間差になるとのこと。
先に食べているように勧められましたが、写真撮影のため、待っておりました。
暫くして別丼でツクネが登場。
串から外して自分で丼にのっけるとのこと。
撮影完了、いよいよ食べることに。。。
皮からいきました。臭みがなく脂の落とし具合が絶妙。
ネギ巻きも香ばしく御飯がすすみます。
ちなみにかかっているタレは薄味です。
3分の1くらい食べたところで「お茶漬けにしますか」と勧められます。
御飯をたしてもらい鳥スープの出汁茶漬けです。
残っていたツクネを崩して食べました。
旨めえ!
ツクネが時間差になっている意味が解りました。
そうです。後半の出汁茶漬け用だったのです。
親仁さんのおもてなしの心が感じられました。
CPも抜群です。

【吾妻家】
東京都中央区日本橋本町4-7-6