湯豆腐
八寸・炊き合せ・ごまどうふ
お造り
田楽
野菜天ぷら
酒呑童子
湯豆腐
ねぎ
御飯・香の物
地下鉄東西線蹴上駅で降りて、金地院の参道を通り抜け順正に夕方到着。

入口に店員さんが待機してはります。
ここで料理を選びます。
コースと会席で部屋がちゃいますねん。

ゆどうふコ−ス月にしました。
月コースは、ゆどうふ・八寸・お造り・天ぷら・田楽・ごまどうふ・炊き合せ・ご飯・香の物となっております。

大広間に案内されました。
広さは百畳くらい。
レトロな看板が沢山掛けられております。
テーブルにはそれぞれガスコンロがセットされております。

仲居はんがガスコンロに土鍋オン!
「ええかんじになるまで待っておくれやす。」

待っている間、京都の地酒「酒呑童子」でこちらもええかんじになりました。
天ぷらは塩で味付けされていて酒肴にぴったり。

ころあいを見て仲居はんが土鍋の蓋をオープン!

ゆどうふは硬めの食感。
タレが凄く薄味で唐辛子が付いていないので、東男にはチト物足りなさを感じる。

豆腐本来の風味をしみじみ味わうという考えです。

薄味と感じたタレが最後の方で急に塩からく感じた。
よく混ざってないとちゃうん?

湯豆腐より〆の御飯としば漬けが旨かった。

湯豆腐に対して当初の期待が大きかっただけに、関東モンにはようわからんなあという印象。。。

【順正】
京都府京都市左京区南禅寺草川町60