上天ざるそば
晴見町商店街にある小さな蕎麦屋。
テーブル2台と小上がりがあり、小上がりの隅にかなり旧式なカラオケセットがあります。
カラオケは有料です。
カラオケスナックならぬカラオケソバヤです。
かなり地元密着型のようです。
店に入るとカラオケの常連と見られる客と女将さんが話に盛り上がっているところでした。

小上がりに上がって、壁に張られたお品書きを見てみる。
そば・うどんの他に定食もの、酒のつまみなどいろいろあります。
上天ざるそばをいただきました。

まずツユと蕎麦徳利が出てまいりました。
ツユが薄い色をしていたので、てっきり天つゆなのかと思いました。
続いて天ぷらと蕎麦が蒸籠で出てまいりました。
あれ、そばつゆがこないぞ。
そうです。
先に出てきたものは、そばつゆと天つゆ兼用でした。

天ぷらの下に薬味が隠れています。
薬味は葱とおろし生姜のみ。
山葵は付いておりません。
なんとなく、そうめんを食べるスタイルに思える。
食べてみるとそれほど悪くない。
さっぱりした感じ。
そばは乾麺のような風味だったのでこのツユに合っていた。

天ぷらは海老2本・ピーマン2個・椎茸1個。
海老天が大きくてプリプリで旨い。
そばの量もあったので、かなり食べ応えがあった。

次回は、上天ざるうどんをいただいてみたい。

【玉屋】
東京都府中市晴見町1-25-46