鰻重大串アップ
鰻重大串
貝づくし刺身盛
芝エビとレンコンの挟み揚げ
三鷹にあったうなぎ屋「若松屋」に太宰治さんが足繁く通っていたそうです。
その若松屋が国分寺に移転して東鮨として営業。
その東鮨が5月21日に若松屋に屋号を変えるとのこと。
朝日新聞多摩版に出ておりました。

これは食べてみる価値あり。(#^.^#)
府中から国分寺行きのバスに乗り一里塚で下車。
停留所のすぐ近くにありました。

店内は寿司屋のスタイル。
カウンターにネタケースがガチっとひっついております。
うなぎとともにすしもある。

大将は明るく朗らかな人柄です。
常連さんが多いのもうなづける感じ。
一見さんでも勿論大丈夫だ。

鰻重大串を注文。
30分くらいかかるらしい。
バスで行ったので少しばかり酒を呑むことにしました。
貝づくし刺身盛、芝エビとレンコンの挟み揚げをいただきました。
酒肴が旨いのでついつい酒が進んでしまった。
こちらの飲むペースに合わせて鰻重の出来上がりを調整してくれました。

鰻はふっくら柔らかい。
炭火焼きなので香ばしい。
タレは甘めですがすっきりとした味わい。
このタレは三鷹若松屋から継ぎ足し継ぎ足し30年たったもの。
太宰治さんが食べたのと同じ味(に違いない)!?
おいしゅうございました。
運が良ければ有名人と逢えるかもしれないぞ。

【若松屋】
東京都国分寺市東元町2-13-19
小川ハイツ 1F