器も涼しげです
なんと蒟蒻が付いて来た!
国立駅北口から真っ直ぐ光町通りを進むと、ひょっこり渋い蕎麦屋が現れる。
店の名は福田屋である。

夕方に尋ねてみると、奥の席が宴会用に組まれていた。
地元に愛されている店と見た。

冷し中華を注文。

丁寧に作っているようで、暫し待たされた。

間もなく御盆に載せられて来ました。
なんと別皿で蒟蒻が付いてきました。
これには驚いた。
なかなか奥が深い福田屋。

具は胡瓜・ハム・若布・モヤシ・錦糸玉子・トマト。
つゆは醤油ベースだが胡麻油が効いていて香ばしい。
なかなかユニークなつゆである。
コクがあって旨い。
麺はやや温かった。
冷水でキリっと締めて欲しいところである。

蒟蒻は煮〆られていて思いのほか旨い。
冷し中華とも合う。

CPも良かったので満足です。

【福田屋】
東京都国分寺市光町1-44-22