若竹煮
白烏賊煮
おでん目当てに暖簾を潜りました。
おでん鍋の近くの席が空いていましたが、予約客がいるようで入口近くの席を案内されました。

まずは、生ビールでのどを湿らせました。
お通しはないようだ。

カウンターの上には大皿料理がいっぱい。

思わず若竹煮と白烏賊煮をいただく。

小皿に分けた量が多い。
味付けがかなり濃くて甘過ぎた。
田舎料理です。
嵌る人は嵌る味。

冷酒を飲む。
どうやら醸造酒のようだ。
チトくどい。
嵌る人は嵌る酒。

おでん鍋を覗く前に腹一杯、
というより胸焼けしてしまった。
ギブです。

次回はおでんを食べた〜い。

【上燗屋富久】
東京都新宿区新宿3-12-4