おでん
鹿児島天文館にあるおでん屋。
おにぎりの店頭販売もしております。
カウンター15席のこじんまりとした店内。
貫禄充分の女将さんと年配の女性店員の二人でした。
アットホームなムード。

おでんの前に鹿児島名物黍魚子の天ぷらをつまみました。
黍魚子の量が多く衣が厚いのでかなりのボリューム。
黍魚子の焼魚にすればよかったと後悔。
一緒にたのんだ冷奴も豪快です。
これだけで腹一杯になってしまった。

地酒はいろいろと置いてあり、専用の冷温庫に酒瓶がいっぱい。
女将さんおすすめの福島の純米酒を飲んでみた。
銘柄は酔っぱらってしまったので覚えていない。
が、さっぱりして旨かったのは記憶に刻まれている。

ちなみに女将さんは北海道出身ではないそうだ。
店に歴史あり、人に歴史ありといったところか。
紫煙を燻らす女将さんは、強面ですが優しい方です。

おでんをいただいた。
大根・玉子・蒟蒻・厚揚げ。
女将さん曰く、29年継ぎ足された秘伝のつゆで
煮込まれたおでんとのこと。
味が濃い。
関東にはない味。
大根は甘過ぎた。
蒟蒻はちょうど良かった。
タネによってつゆの染み具合が異なる。
狙いなのかどうかは判らない。

他にもいろいろ食べたかったが、満腹になってしまった。
鹿児島に来たらまた寄ってみたい。

【どさんこおにぎり】
鹿児島県鹿児島市船津町1-1