鰻丼
せこがに
外子
河豚白子椀
てっさ
冬至南瓜
但馬牛朴葉焼き
酒肴
寒鰤の酒粕白味噌仕立て
果物
御飯
甘味おうす
『美濃吉新宿店』で食べた時から、
いつかは本店に行ってみたいなあと
ぼんやり思うとりました。

京料理はやはり京都どすなあ。

予算と好きなもの苦手なものを告げて予約。

夕暮れ時に竹茂楼に入りました。
個室に案内されました。
竹林の庭が渋いどすなあ。

霰茶ではじまりました。

女将さん故郷の淡路島の御酒で御挨拶。

まずは麦酒でのどを湿らす。

先付は、せこがに。
ジュレが甘酸っぱくて美味。
外子も付いとります。
麦酒から日本酒に早く切り替えたくなってしまう。

河豚白子の椀。
蕩けちまうね。

向付は、てっさととろ鮪。
玉乃光を呑みました。
てっさが御酒で一段と旨く感ずるね。

凌ぎは、冬至南瓜。
優しい甘み。
冬をしみじみと味わう。

焼物は、但馬牛朴葉焼き。
部屋の中で仲居さんが焼いてくれます。
味噌焼きの牛がギューならぬグーやね。

酒肴は、車海老とからすみと辛味大根。
玉乃光が進む進む。
止まらねえ。

進肴は、寒鰤の酒粕白味噌仕立て。
部屋の中で板前さんが仕立ててくれます。
身体がポカポカ温まります。

御飯は、鰻蒲焼。
美濃吉名物。
旨いどすなあ。

果物、甘味、おうすでおすまい。

大出費、でも大満足。

純米大吟醸の御土産をもらいました。
女将さんが御見送りしてくれはりました。

たまの贅沢、いいかも。

【竹茂楼】
京都府京都市左京区粟田口鳥居町65