うな重(特上)4,450
肝吸
漬物
肝煮
小雨振る寒い晩のことじゃった。
鰻でも喰ってスタミナ付けねえと風邪ひいちまいそうじゃった。
久々に重兵衛行ってみるべ。
そうすべ。
鰻重が出来るまで燗酒をやるべ。
そうすべそうすべ。

1階のカウンターに尻を滑らせた。
何気に辺りを見回す。
「肝煮あります」の短冊発見!
日本酒と肝煮、合うに決まってるべ。

肝煮を肴に燗酒を呑む。
冷えた体がじんわり温まってくる。
人心地ついたかんじ。

漬物が先に出てきたので、こいつで呑む。
ポリポリグビグビ。
御酒御代り頂戴。

ホロ酔いになったころ、うな重が出来上がった。

甘辛のタレがええね。
重箱を抱え一気に掻き込んだ。
早く食べると余計に旨く感じる。
そんな気がした。

ごちそうさん。

勘定を済まし外に出る。

火照った体に春の雨。
いまはもう心地良い。
風邪の気配はもうない。

【重兵衛】
東京都八王子市三崎町9-13