牛フィレ肉のパイ包み焼き(サール)
チキンのから揚げ(サール)
シーフードマリネ(サール)
紅ズワイガニと焼き茄子のバジルソース(サール)
イトヨリ鯛の長芋メレンゲ焼き(サール)
シーフードとアスパラガスのピッツァ(サール)
イカとペンネのアラビアータ(サール)
冷製コーンスープ(サール)
ジャンバラヤ(サール)
ツナとトマトのパスタ(サール)
プリン(サール)
帝国ホテル本館17階にあるブフェレストラン。
1958年8月1日、インペリアルバイキングがオープン。
バイキングという食のスタイルは、帝国ホテルから始まりました。

平日の昼の部を予約しました。
6,050円也。

眺めの良い席が用意されていました。
もっとも食べるのに夢中で景色を楽しむ余裕はなかった。

珈琲と紅茶はバイキングに込みになっています。

昼のメインである、牛フィレ肉のパイ包み焼き 赤ワインソース。
注文すると切ってくれます。
思っていたより小さくて薄い。
何枚でも食べれちゃいます。

チキンのから揚げとポテトフライ。
こうなるとビールですな。
ビールは別料金。

冷たい前菜コーナーから、シーフードマリネとスモークサーモンと春雨と小海老のスパイシーサラダと野菜ゼリー寄せ。
完全に酒のツマミたちです。
シャンパンも呑みました。

紅ズワイガニと焼き茄子のバジルソース。
飛子のプチプチが堪らん。

イトヨリ鯛の長芋メレンゲ焼き トマトとバジルのヴィネグレットソース。
ちょっとぼやけた味であった。

シーフードとアスパラガスのピッツァ。
熱熱ではないがまあまあいける。

イカとペンネのアラビアータ。
こちらも注文すると仕上げてくれます。
量少な!

冷製コーンスープ。
夏らしい涼しげな一品。

ジャンバラヤ。
御飯系の種類が2種類しかなかった。

ツナとトマトのパスタ。
パスタの種類も少ない。

デザートはプリンにしました。
甘味が強い。
珈琲でおしまい。

元は取れなかったな。

【SAL】
東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテル
本館17階