刺盛(赤津加)2260
お通し(赤津加)
笹かれい(赤津加)920
金目鯛と椎茸含ませ(赤津加)980
肉じゃが(赤津加)730
秋葉原の街頭に立つ女中を掻き分けると渋い季節料理屋があった。
17時の開店と同時に暖簾を潜った。
店内も渋い雰囲気。

瓶ビールは大瓶。
サッポロ黒ラベルを呑む。
お通しは鯛の酢の物。
これは日本酒が呑みたくなる。
生ビール小にしとけばよかった(笑)

肴は刺身盛合せにしてみた。
ネタは6種類もあった。
菊正宗をぬる燗で呑む。
堪りません。

ほんのり酔いがまわり始めたころ、笹かれいが焼きあがった。
肉厚で大きい。
魚卵付であった。
これは嬉しい。
酒が進んでまうね。

隣の客が食べていた、金目鯛と椎茸の含ませが旨そうで気になっていた。
客が帰ったあと、こちらもお願いした。
ラスイチであった。
あぶねえあぶねえ。
上品な味わいでございます。

肉じゃがも美味しかった。
なので、いつもより多く呑んでしまった。

いい心持ちです。

勘定は安かった。
また来てみたい。

【赤津加】
東京都千代田区外神田1-10-2