風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: 居酒屋

刺盛(名月)1000
銀鱈西京焼(名月)880
海老と帆立のチーズ焼(名月)680
蟹湯葉包揚(名月)
蟹味噌茶碗蒸し(名月)780
蟹雑炊(名月)740
漬物(名月)
みさき通沿いにある居酒屋。
割烹の味を居酒屋の雰囲気と御値段でいただけます。

店内は客がワイワイ賑やかであった。

まずは、生ビールでノドをウルオス。

黒板メニューを睨んでいると、刺身盛合せを勧められた。
早速、ビールから日本酒にチェンジだ。
サーモンは全然臭みがなく、旨かった。

銀鱈西京焼、海老と帆立のチーズ焼、蟹湯葉包揚、蟹味噌茶碗蒸しと続けた。
チーズ焼が旨かった。
酒が進みます。

〆は蟹雑炊にしました。
美味しゅうございました。

【名月】
東京都八王子市三崎町3-4
RJスクェアB 1F

あこう鯛定食(あかり)870
ニュー新橋ビルでランチです。
地下1階の居酒屋街、午後2時近かったので閉まっている店も多い。

焼魚の種類が多かったあかりに入りました。

あこう鯛定食にしました。
870円也。

同じフロアのじゅらくのメニューとそっくりだと思ったら姉妹店だった。

割と直ぐ出てきました。
焼き置きかもしれない。

味噌汁は豚汁だった。

じゅらくよりあかりの方が味は良かった。

【あかり】
東京都港区新橋2-16-1
ニュー新橋ビル B1F

コロッケ(丸大ホール)350
肉豆腐(丸大ホール)450
あこう鯛粕漬(丸大ホール)400
あさりバター(丸大ホール)450
JR川崎駅と京急川崎駅の間にある大衆酒場&大衆食堂。
日曜日の夕方5時頃暖簾を潜ったが、ほぼ満席。
物凄い活気に圧倒される。

かろうじで空いてる席に尻を滑らせる。

生ビール・酎ハイ・レモンサワーを呑んだ。

コロッケ350円、肉豆腐450円、あこう鯛粕漬400円、あさりバター450円。
ツマミが激安!
肉は硬い部分もあった。

黒板のオススメメニューから注文したら「日曜日に残ってる訳無い」と御姐さんに窘められた。

酒は呑んでも雰囲気に呑まれるなつうことだ。

【丸大ホール】
神奈川県川崎市川崎区駅前本町14-5

お通し①(さつき)
お通し②(さつき)
盛刺(さつき)1500
きびなご(さつき)
漬物(さつき)
つけあげ(さつき)500
天文館吞み屋街にある屋久島料理店。
こじんまりとしたアットホームな雰囲気。
女将さん独りで頑張ってます。

まずは生ビールでノドをウルオス
お通しは2品。

一息ついたところで、三岳のお湯割りを呑む。
まいるど。

刺盛ならぬ盛刺。
新鮮な魚介がいっぱい。
きびなごもつけてくれた。
醤油は甘口と辛口が用意されている。

漬物をサービスで出してくれた。
感謝。

さつき名物つけあげ。
揚げ立てをいただく。
うんめえ。
フワフワで熱熱。
何もつけなくていいのだ。

また来てみたい。

【味乃さつき】
鹿児島県鹿児島市山之口町8-7

お通し(喜多八)
鰹たたき(喜多八)750
蟹味噌甲羅焼(喜多八)600
帆立貝浜焼(喜多八)750
大和芋磯辺揚(喜多八)600
三崎町呑み屋街にある居酒屋。
『いかりや』の真向い。
アットホームな雰囲気。

まずは生ビールでノドを湿らす
お通しは胡麻豆腐。

鰹たたき、蟹味噌甲羅焼、帆立貝浜焼、大和芋磯辺揚を肴に燗酒を呑む
酒が進む肴たち。

勘定は良心的です。

【喜多八】
東京都八王子市三崎町5-6

蛍烏賊(唐変木)500
イワシ香草パン粉焼(唐変木)650
ロースハム&ピーマンピッツア(唐変木)550
豚ロース味噌漬焼(唐変木)600
しらすおにぎり(唐変木)200
味噌汁(唐変木)200
府中のグルメビルキャッスルプラザ2階にある和風居酒屋。

今宵の肴は蛍烏賊、鰯香草パン粉焼、ロースハム&ピーマンピッツア。
蛍烏賊は酢味噌が別皿になっていて、好みの濃さで食べられる。
パン粉焼は1枚の注文も可。
ピッツアは不思議と日本酒に合う。

〆は豚ロース味噌焼としらすおにぎりと味噌汁。
豚肉が旨かった。

【唐変木】
東京都府中市府中町1-8-12
キャッスルプラザ府中 2F

お通し(企久太)330
鰹薬味和え(企久太)1390
蛸桜煮(企久太)1380
筍おかか煮(企久太)990
BS『ふらり旅いい酒いい肴』で紹介されたのを観て行きたかった店。
人気店なので予約して行きました。

小町通りから中に入った処にあるので、観光客は気づきにくい。
アッという間に満席になってしまったので、予約した方が良い。

定番メニューは無く、手書きメニューのみ。

まずは生ビールでノドをウルオス
お通しは金目鯛の煮凝り。

鰹薬味和え、蛸桜煮、筍おかか煮を肴に日置桜、睡龍を呑む

肴の値段は高めだが味は抜群。
ただ満席の所為か出てくるのが遅い。

酒の価格は普通なので、呑兵衛がゆっくりやるにはいいかも。

【企久太】
神奈川県鎌倉市小町2-9-14
植山ビル 2F

肉豆腐(豊)410
ししゃも(豊)378
焼きそば(豊)540
高幡不動駅近くにある居酒屋。
京王線ホームから見えるので前から気になっていた店。
外からは中の様子が全く分からないので、一見にはハードルが高い。

入ってみると、やはり常連客ばかり。
でも気にしないで行こう。
大将は無口だが、女将さんがフレンドリーなので大丈夫だ。

ビールは大瓶のみ。
お通しは無い。

短冊メニューはそれほど多くない。
肉豆腐とししゃもを肴に酒を呑みました。
値段は安いが、味はイイ。

〆は、焼きそばにしました。
540円也。
ボリュームたっぷりで旨かった。

一つハードルを飛び越えた。
また来てみたい。

【豊】
東京都日野市高幡145

鰯煮(さが野)400
中日ビル地下2階にある居酒屋。

夕方早くから呑兵衛達が集まってきます。

生ビールをグビリ
お通しは金平牛蒡。

肴は、いわしの煮付けにしました。
400円也。

味付けが濃い。
ビールが進むので、他の肴が必要なかった。

【さが野】
愛知県名古屋市中区栄4-1-1
中日ビル B2F

お通し(さんわ)280
おでん(さんわ)450
かにみそ(さんわ)390
子持ちししゃも(さんわ)480
チーズ揚げ(さんわ)
天麩羅(さんわ)
蕎麦(さんわ)
『八家』だった処が、いつの間にか蕎麦居酒屋になっていた。

蕎麦前は完全に居酒屋スタイルです。

お通しはグリーンピース。

すぐ出来るおでん。
味は今一つ。

かにみそ・子持ちししゃも・チーズ揚げを肴に呑む。

〆は天ぷらそばにしてみた。
880円也。
天麩羅と蕎麦はセパレートタイプ。
蕎麦の量は多かったが、味は今一つ。

駅から離れているぶん安いが、もうちっとがんばってもらいたい。

【さんわ】
東京都府中市府中町1-27-1

タコのカルパッチョ(慎吾)
鶏レバー(慎吾)360
キムチ豆腐(慎吾)750
ガーリックチャーハン大盛(慎吾)
プリン(慎吾)350
久々の慎吾です。

まずは生ビールをグビリ
お通しは枝豆。

続いて日本酒をチビリ
タコのカルパッチョと鶏レバーをアテにする。
レバーが絶品であった。

キムチ豆腐は熱熱。
温まるね。

〆はガーリックライス大盛にしてみた。
うんまい。

デザートは勿論自家製プリン。
癒されます

【BISTRO SHINGO】
東京都府中市府中町1-8-12

おでん(みやぎ)450
お通し(みやぎ)
山女燻製(みやぎ)800
奥多摩駅近くにある居酒屋。
おでんの提灯が出ていたので、暖簾を潜ってみた。
早い時間なので先客は無し。

まずはビールでノドヲウルヲス
お通しは蓮根。

山女の燻製をお願いする。
真空パックでした。
想像していた以上に大っきい。
身も厚く、食べ応え有り。

おでんは450円。
味が染みていて美味しい。
酒は澤乃井です。

女将さんは話し好きで、ずーっとしゃっべてます。
アットホームな雰囲気。

【みやぎ】
東京都西多摩郡奥多摩町氷川207

お通し(栄屋)
蝦蛄(栄屋)700
牡蠣酢(栄屋)650
衣被(栄屋)350
〆鯖(栄屋)700
横浜での用事が早く片付いたので、栄屋酒場に行ってみることにした。
5時前に店頭のベンチで待機する。
暫くすると店内から電話の着信音が聞こえてきた。
予約しておいた方が良いと直感し、すぐさま電話を掛けた。
滑り込みセーフで席を確保できた。
そのままベンチに座って待っていたら、大将が暖簾を掛けに出てきた。
名を名乗り5時前に入れてもらえた。
寒い中待っていた甲斐があった。
しかも即注文OK。

まずは生ビール
お通しは鰤の煮付。

蝦蛄、牡蠣酢、衣被、〆鯖を肴に久礼を呑む
肴が旨いので酒が進む。
堪えられねえ。

女将さんが買い出しのため、開店早々は大将独り。
なのでスタートダッシュが大事だ。

あっという間に良い心持ちになりました
普段より多く呑んだのに勘定は安かった。

満席で断られた客多し。
予約が望ましい。

【栄屋】
神奈川県横浜市中区長者町9-175

おろしポン酢(鳥椿)108
油淋肝(鳥椿)324
セセリ焼(鳥椿)270
カキフライ(鳥椿)324
鳥鍋めし(鳥椿)486
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった居酒屋。
朝10時からやっています。

平日の10時ちょと過ぎに入店。
先客は1名。

おろしポン酢、油淋肝、セセリ焼、カキフライを肴にビールを呑む
ふーっ、朝っぱらから堪えられねえ

〆は鶏鍋飯にした。
豆腐は揚げてあります。
甘辛くて旨い。
いい心持ちだす

【鳥椿 鶯谷朝顔通り店】
東京都台東区根岸1-1-15

お通し(だるま)
赤貝(だるま)380
肉どうふ(だるま)400
赤魚粕漬焼(だるま)450
カキフライ(だるま)450
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった居酒屋。
5時少し前に到着するとシャッターが半分開いていて既に呑んでいる客がいた。
ええ~っ、まだ始まってないのに!
5時になるとシャッターが全開し、暖簾が掛けられた。
入店する。

入口近くの席で地元客が宴を催していました。

カウンター席に陣取る。
ホール担当のスーさんは忙しそう。

だるまは刺身が充実、しかも安い。
赤貝にしました。
380円也。
旨い。

肉豆腐は400円。
ボリュームたっぷり。

赤魚粕漬焼とカキフライも良かった。

高清水を呑んでいい心持ちだす。

勘定は安かった。

【だるま】
東京都江東区三好2-17-9

お通し(平太郎)
あんきも(平太郎)600
めひかり唐揚げ(平太郎)700
出し巻玉子(平太郎)500
大洗の永町商店街にある呑み処。
割烹と居酒屋の中間くらいの店。
表からは店内の様子が一切分からない。
店頭に、お品書きの類も出ていない。
一見客には、かなりハードルが高い。

平太郎より奥まった処にある「やよい」は、さらにハードルが上昇。
思い切って、平太郎の暖簾を潜りました。
靴を脱いで上がります。
もう逃げられない。

カウンターとテーブルのこじんまりとした店内。
カウンターには先客がいた。

店内のお品書きを見ると、良心的な価格なので一安心。

ビールを呑む
お通しは、おでん。
クタクタに煮込まれております。

あんきも、めひかり唐揚げ、だし巻き玉子を肴に酒を呑む

ようやく人心地ついた。
大将ともポツリポツリ言葉を交わす。
先客も観光客であった。

週末だったので、地元客はまだ来ていない。

あんきもは、タレが珍味。
七つ道具から作ったタレは大洗名物だ。

めひかり、玉子焼きも美味しい。

緊張も解けて、いい心持ちになった。
勘定は安かった。

【平太郎】
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町853−5

お通し(楸)216
蛍烏賊(楸)702
カキ煮おろし(楸)972
桜海老掻き揚げ(楸)810
そうめん(楸)918
ひさびさのひさぎです。

お通しは、おでん風煮物。
いいスタートだ。

蛍烏賊、カキ煮おろし、桜海老掻き揚げを肴に呑む。
量が多いので、種類は多く頼めない。

〆は温そうめんにしてみた。
鶏肉入りのさっぱりしたズープ。
ごちそうさん。

【楸】
東京都府中市宮町2-18-3

お通し(かっちゃん)
厚揚(かっちゃん)400
烏賊一夜干(かっちゃん)500
武蔵増戸駅近くにある居酒屋。
アットホームな雰囲気です。

寒くても、まずは生ビ-ルだ

お通しは浅利酒蒸。
浅利は小粒だが量が多い。

秋川の地酒喜正を呑む
腸に染みるねえ。

肴は厚揚と烏賊一夜干にしてみた。
厚揚400円。
烏賊一夜干500円。

兎に角、値段に比べて量が多い。
烏賊は二杯分もある。
食べきれないとパックに詰めてくれる。
ハーフサイズの注文は無い。

翌朝、自宅で冷めた烏賊を食べた。
柔らかくて旨かった。

【かっちゃん】
東京都あきる野市伊奈484-1

お通し(幸ちゃん)
餃子(幸ちゃん)400
肉どうふ(幸ちゃん)500
焼そば(幸ちゃん)600
永田橋通沿いにある居酒屋。
地元客で賑わっております。

まずは生ビールでノドをウルオス

お通しは菜っ葉の和え物。
御袋の味って感じだ。

ママさん自家製餃子を焼いてもらった。
400円也。
うんめえ~
皮がパリっとして香ばしい。
御袋の味って感じだ。

燗酒を呑む
銘柄は不明。

肉豆腐は熱熱の土鍋で登場。
500円也。
肉が見えないところが奥ゆかしい。
豚肉がいっぱい入ってた。
椎茸の出汁と肉の旨味が汁に深みを与えている。
うんめえ~
御袋の味って感じだ。

燗酒をお代わり

〆は、焼そばにしてみた。
600円也。
何気に旨い。
御袋の味って感じだ。

ママさんは幸子て言うのかは不明だ。

【幸ちゃん】
東京都西多摩郡日の出町平井1298-2

マカロニサラダ(帆利川)100
鰯丸干し(帆利川)150
肉豆腐(帆利川)200
柴崎駅近くにある立呑処。
ディープな雰囲気が堪らん。
スリムクラブ内間君の写真が壁に何枚も張ってある。

まずは生ビールだ
400円。
代金引換払いだ。

つまみはカウンター冷蔵ケース上に並べてある。
最初は2種類しかない。
マカロニサラダをもらった。
100円。
安。

マカロニをチビチビ、ビールをグビグビ。

女将さんが肴をちょこっとづつ増やしていく。

鰯丸干し。
150円。

燗酒を呑む
150円。
小ぶりの徳利。
これぐらいだと呑む加減が出来ていいね。

肉豆腐。
200円。
熱熱で旨旨。

煙草を吸う客が増えてきたので、店を出ることにした。

酒を三本呑んでしまった。
いい心持ちです。

今回は全部で1,300円だった。
結局、生ビールが一番高い注文だった。
最初から酒で良かったな。

【帆利川】
東京都調布市菊野台1-17-5

このページのトップヘ