風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: 鮨・海鮮丼

5(千寿司)1560
味噌汁(千寿司)
小鉢(千寿司)
将棋会館近くにある鮨処。

昼時に暖簾を潜りました。
近所のリーマン&リーウーマンで混んでおりました。

ランチのにぎりは、6種類ある。
にぎり1.5人前をつまみました。
1,560円也
味噌汁・小鉢付。

鮪参貫、烏賊、玉子、海老、光物、蛸、白身、帆立、穴子、巻物。

シャリが甘かった。

【千寿司】
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-14-1

中トロ丼(やまけい)1190
味噌汁 (やまけい)
府中駅前ビル武蔵府中 LE SIGNE1階にオープンした海鮮丼専門店。

中トロ鉄火丼をいただきました。
1190円也。
味噌汁付。
前払制。

本鮪中トロとのことであるが、筋が多く、あまりいい部位ではなかった。

【やまけい】
東京都府中市宮町1-100
ル・シ―ニュ 1F-113

中トロ(たいせい)162
鮪(たいせい)162
海老(たいせい)162
蝦蛄(たいせい)162
烏賊(たいせい)162
かにみそ(たいせい)162
海老頭汁(たいせい)162
府中駅前ビル武蔵府中 LE SIGNE1階にオープンした回転寿司店。

1皿162円。

中トロ・鮪・海老・蝦蛄・烏賊・蟹味噌をつまんだ。
中トロは1皿1貫。

海老頭汁も162円。
しょっぱかった。

【たいせい】
東京都府中市宮町1-100
ル・シ―ニュ 1F-114

生うに丼(ニューこのり)2808
味噌汁(ニューこのり)
漬物(ニューこのり)
煮凝り(ニューこのり)
葡萄海老(ニューこのり)1620
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった活魚料理店。
女川駅前に移転していました。
新しく綺麗な店です。

女川の味覚、生うに丼をいただきました。
2,808円也。
味噌汁・漬物・小鉢付。

木製スプーンでパクっと頬張る。
うんめえ~。
蕩けますなあ。
粒はしっかりしているが、舌の上でトロっと蕩けちまいます。
抜群に旨い。
一気に掻き込んだ。

小鉢の煮凝りも嬉しい。
昼から酒呑みたくなっちまうで。

ぶどう海老をいってみた。
1,620円也。
幻の高級海老と言われるだけあって、めっちゃ美味。
海老好きには堪らんね。

遥遥来た甲斐がありました。
大満足です。

【ニューこのり】
宮城県牡鹿郡女川町女川浜大原1-1

与兵衛鮨(政五ずし)3000
赤貝(政五ずし)
味噌汁(政五ずし)
最中(政五ずし)
両国駅ビル1階にある鮓処。

江戸の味、与兵衛鮨をつまみました。
圓也。
味噌汁・両国銘菓付。

サービスでもう一貫。
赤貝にしました。

シャリは赤酢を使用。
柔らかい味わい。
さっぱりして美味しい。

ネタによって大きさがいろいろ。
鮪と穴子がビッグサイズ!

両国銘菓は力士最中であった。
ごっつあんです。

【政五ずし】
東京都墨田区両国4-27-3
両国江戸NOREN 1F

貝刺盛(三河屋)
岩牡蠣(三河屋)
にぎりスペシャル(三河屋)3780
味噌汁(三河屋)
三河屋では、貝刺盛を肴に酒を呑んだあと、鮨をつまむのが小生の流れになっちまった。

でも今宵は一波違ったね。
ビッグウエーブ到来!

刺盛は栄螺・赤貝・帆立・岩牡蠣の豪華版。
岩牡蠣はビッグサイズ、濃厚な味わい。
酒が進んでまう旨さ。

にぎりスペシャルは新子と鮑の夢の共演。
魚卵の味噌汁。
まさにスペシャルであった。

デザートに西瓜を出してくれた

【三河屋太助鮨】
東京都八王子市明神町4-7-2
内藤落合ビル 1F

にぎり鮨大(旭鮨)1100
味噌汁(旭鮨)
清瀬駅南口から2分くらいのところにある鮨処。
店頭販売もしているようだ。

ランチにぎり大をつまみました。
1,100円也。
味噌汁付。

カウンターに陣取る。
大将が握っている真ん前。
チト緊張。
大将が気さくに声をかけてくれるので大丈夫だあ。

にぎり十貫に細巻。
ネタがいいやね。
シャリは円やかな塩梅。

海老頭の味噌汁。

CP抜群であった。

【旭鮨】
東京都清瀬市松山1-16

並ちらし重(蛇の目鮨)1200
東大和市駅から少し離れた住宅街にある鮨処。
昼と夜の間、中休み無し。
昼下がりに暖簾を潜ってみた。

ちらし重は、並・中・上・特上・極上の5階級制。
1,200円~3,100円の価格帯。

並ちらし重をいただきました。
椀物は付かない。

ちらしにしてはネタが薄いね。
並でも1,200円なので、もうちっと期待してたんだけどね。

【蛇の目鮨】
東京都東大和市南街6-75-3

海鮮丼(たかはし)1500
茶碗蒸し(たかはし)
小鉢(たかはし)
味噌汁(たかはし)
林檎ムース(たかはし)
狛江通りある鮨処。
慈恵医大第三病院の近く。

昼時にプラリと暖簾を潜った。
カウンター12席のみ。
昼間っから呑んでる客もいた。

ランチの海鮮丼セットをいただきました。
1,500円也。
お椀、小鉢、茶碗蒸し、デザート付。

小鉢は烏賊下足、これは🍶呑みたくなるね。

海鮮丼はネタが大きくシャリもたっぷり。
食べ応えがある。
鮪が旨かった。

お椀は海老頭とアラの味噌汁。

デザートは林檎ムース。

この内容で1,500円はCP抜群やね。

次回は、15貫握りセットにしよう。

【たかはし】
東京都狛江市和泉本町4-10-9

特製ちらし(万のせ)2700
お吸い物(万のせ)324
加世田の住宅街にある鮨処。
堀炬燵の座敷を案内されました。
昼時は客で賑やかな様子。

特製ちらしをいただきました。
2,700円也。
近海の魚がいっぱい。

椀は別なので、お吸い物をつけました。
324円也。
蛤の吸物。
上品な味でございます。

美味しゅうございました。

【万のせ】
鹿児島県南さつま市加世田麓町9-12

並寿司(蛇の目鮨)1190
狛江駅より徒歩5分、世田谷通り沿いにある鮨鰻処。

並寿司をつまみました。
1,190円也。

天然印度鮪が旨い。
炙り鮭も良い。

巻物は干瓢。
伝統の技を感じた。

次回は鰻を食べてみたい。

【蛇乃目】
東京都狛江市東和泉1-33-10

ちらし(二葉鮨)900
味噌汁(二葉鮨)
東久留米駅近くにある鮨処。

ちらし鮨楓をいただきました。
900円也。
味噌汁付。

鮪・小肌・海老・鮭・玉子焼・沢庵・胡瓜漬物。
抜群のネタ。
この内容で900円は、お得デス。

山葵が醤油に溶けやすかった。

【二葉鮨】
東京都東久留米市本町1-1-27

にぎり(盛寿司)800
吸物(盛寿司)
最寄駅は清瀬駅だが、住所は東久留米市になる鮨処。
11時30分から14時まで、ランチタイムサービス。
にぎり寿司・ちらし寿司が味噌汁付で800円也。

にぎり寿司🍣をつまみました。

しゃりが甘酸っぱい。
味噌汁でなく吸物だった。
吸物は旨かった。

【盛寿司】
東京都東久留米市小山3-11-13

海鮮ちらし寿司(海辺里)1350
付出(海辺里)
小鉢(海辺里)
吸物(海辺里)
漬物(海辺里)
飯岡灯台前にあるカントリーハウス。
昼時に行ったら店内は満員。
テラス席がまだ空いていた。

海鮮ちらし寿し定食をいただきました。
単品1350円。
定食にすると+350円。
いろいろ付いてくるのでお得だす。

地魚のちらしは旨かった。

食べてる最中にテラス席もいっぱいになった。
犬を連れた集団客が来たので、なるべく早く食事を済ませた。
猫は好きだが、犬は嫌いだ

【海辺里】
千葉県旭市上永井1217

並寿司(吾妻寿司)1200
吸物(吾妻寿司)
箱根ヶ崎の住宅街にある鮨処。

並寿司をつまみました。
1,200円也。
吸物付。

しゃりが甘かった。

【吾妻寿司】
東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎176

にぎり大(寿司清)900
味噌汁(寿司清)
有楽町ガード下インターナショナルアーケードにある鮨処。

ランチは12時から。
開店と同時に満席になった。
人気店です。

にぎり大をつまみました。
900円也。

この内容で900円は、かなりお得。
ほとんどの客がにぎり大を注文していた。

煮烏賊が旨かった。

【寿司清】
東京都千代田区内幸町1-7-24
西銀座JRセンター内

並寿司(幸寿司)1296
吸物(幸寿司)
住宅街にある鮨処。
味の名門です。

並寿司をつまんでみた。
1,296円也。
吸物付。

干瓢巻が旨かった。

【幸寿司】
東京都武蔵村山市本町2-16-5

海鮮丼(多か浜)1150
味噌汁(多か浜)
漬物(多か浜)
おでん(多か浜)
朝日新聞社の隣のビル地下1階にある小料理店。
2月末で店をたたむと新聞に載っていた。

ランチの海鮮丼をいただきました。
1,150円也。
煮物付。

築地市場の目の前なので、ネタがいいねえ。
米は酢飯でなく普通の白米。
煮物は既製品のおでんだった。

【多か浜】
東京都中央区築地5-3-3
築地浜離宮ビル B1F

海鮮丼(ひの寿司)1080
味噌汁(ひの寿司)
日の出町役場近くにある鮨処。

ランチの海鮮丼をいただきました。
1,080円也。
味噌汁付。

ネタが充実してました。

【ひの寿司】
東京都西多摩郡日の出町平井2725-1

ちらし寿司(鮨八)950
味噌汁(鮨八) (2)
ランチメニューのちらし並をいただきました。
950円也。
味噌汁付。

ちなみに大は、シャリだけ大盛で1,050円だ。

後半戦シャリが足りなくなってしまったので、大にしておけばよかった。

【鮨八】
東京都八王子市子安町1-7-5

このページのトップヘ