風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: 鰻

お造り三種盛り(胡蝶)1500
上鰻重(胡蝶)5000
肝吸(胡蝶)
漬物(胡蝶)
玉子焼(胡蝶)
ホテルニューオータニ長岡1階にある日本料理店。

上鰻重をいただきました。
5,000円也。
出汁巻玉子・肝吸・香の物付。

備長炭でじっくり焼き上げるます。

出来上がるまで、ビールを呑んで待つ。
御造り三種盛りを肴にしました。
市松模様の平皿が美しい。

鰻重は40分くらいで出来上がりました。

蒲焼は厚みがあり、豪華な感じがいたします。
御飯は少な目。

肝吸が美味しゅうございました。

出汁巻玉子は上品な味です。

昼時は満席になっていました。
人気店です。

【胡蝶】
新潟県長岡市台町2-8-35
ホテルニューオータニ長岡 1F

天婦羅(うな扇)900
鰻重松(うな扇)2500
漬物(うな扇)
肝吸(うな扇)
福生市役所近くにある川魚料理店。
入って右側が小上がり、左側がカウンターと厨房になっている。

小上がりでビールを呑む。
お通しは無い。

天ぷらをアテにする。
900円也。
サクっと揚がっていて美味しい。

鰻重松をいただきました。
2,500円也。
肝吸・漬物付。

20分くらいで出来上がりました。

蒲焼は柔らかい。
御飯も柔らかかった。
タレは甘め。

【うな扇】
東京都福生市本町19

お通し(いしだ)
蛍烏賊酢味噌(いしだ)
栄螺壺焼(いしだ)
鰻重松(いしだ)2100
肝吸(いしだ)
漬物(いしだ)
小作駅近くにある活魚店。
入って右に大きな水槽、左が小上がり、奥がカウンターと厨房になっています。
こじんまりとしたアットホームな雰囲気。

小上がりに尻をおろし、生ビールを呑む。
お通しは風呂吹大根。
ひんやり冷たく美味しい。

うな重松をいただきました。
2,100円也。
肝吸・漬物付。

鰻重ができあがるまで、日本酒を呑んだ。
酒のアテは蛍烏賊酢味噌と栄螺壺焼にしてみた。
蛍烏賊は超ビッグサイズ。
栄螺は水槽から引き揚げられたものを壺焼。
こちらも大きい。
肝が入ってなかったのが残念。

30分くらいで、鰻重が出来上がった。

チト小ぶりだが、御値段からすると納得サイズ。
呑みメインで締めの鰻重には丁度良い。

【いしだ】
東京都羽村市小作台1-11-6

鰹刺身(音羽鮨)850
鰻重松(音羽鮨)3400
味噌汁(音羽鮨)
漬物(音羽鮨)
檜原街道沿いにある食事処。
細長い鰻の寝床のような造り。
鮨・鰻・中華のラインナップ。

鰻重松をいただきました。
3,400円也。
味噌汁・漬物付。

鰻重が出来上がるまでビールを呑んで待つ。
鰹刺身をアテにしました。
鮨もあるだけあって刺身が旨い。

鰻重は20分くらいで出来上がりました。
タレは甘め。
鰻は肉厚であった。

【音羽鮨】
東京都あきる野市五日市50

鰻重(川波)3402
肝吸(川波)
漬物(川波)
胡麻豆腐(川波)
骨煎餅(川波)
デザート(川波)
秋川渓谷にある割烹。
小上がりに尻を滑らす。
渓谷を眺めながら寛ぐ。

料理は会席がメイン。
鰻重をいただきました。
3,402円也。

20分でできあがりました。
肝吸・漬物・胡麻豆腐・骨煎餅・デザート付。
豪華です。

タレは甘め。
肝吸が美味しゅうございました。

【川波】
東京都あきる野市留原785

のびる(三頭山荘)
のらぼう(三頭山荘)
やまとろろ(三頭山荘)350
地ビール(三頭山荘)1200
鰻重(三頭山荘)3500
肝吸(三頭山荘)
漬物(三頭山荘)
檜原村数馬にある観光旅館。

武蔵五日市駅からバスで1時間。
小旅行です。
鄙びた感じに日頃の疲れた心がじんわりと解れてゆく。
食堂からは、庭の水車を眺めることが出来ます。
癒されます。

山菜料理のコースと定食がございます。
鰻重は三千円からとなっています。
確認したら三千五百円であった。
いただきましょう。

まずは地ビールでノドをウルオス。
名古屋のビールみたいな濃い味わい。
アテは、のびるとのらぼう。
さらに、やまとろろ。
ビールが進んでまう。
これ以上呑むと泊まりたくなってしまう。

25分で鰻重が出来上がりました。

ワイルドな焼き加減。
これが計算されたように絶妙な塩梅であった。
皮がパリっとしていて香ばしい。
川魚の臭みは全然ない。

肝吸と漬物も美味しゅうございますね。

山荘の人は皆優しかった。
ここまで来て良かったと思ふ。
また来よう。

【三頭山荘】
東京都西多摩郡檜原村数馬2603

蛍烏賊酢味噌(しみず)500
うな串(しみず)700
白焼串(しみず)700
カレー風味ポテト入きつね焼(しみず)400
きつね焼付け合わせ(しみず)
うな丼(しみず)2600
吸物(しみず)
漬物(しみず)
昭島駅南口近くにある鰻串処。
こじんまりとした店内。
アットホームな雰囲気に寛ぐ。

鰻串がメインだが、肴がいろいろある。
蛍烏賊酢味噌、カレー風味ポテト入きつね焼をつまんでみた。
酢味噌が絶品。

鰻串と白焼串で呑む。
酒は澤ノ井。
堪えられないね。

〆は勿論、鰻丼。
2,600円也。
吸物、漬物付。
タレは甘め。
ご飯は軽め、〆にちょうど良い。

【しみず】
東京都昭島市昭和町2-7

お通し(くぼた)324
若鶏のから揚げ(くぼた)702
もずく酢(くぼた)540
肝焼(くぼた)
天然鰻重大(くぼた)8640
肝吸(くぼた)
漬物(くぼた)
サラダ(くぼた)
やなぎ通りから中に入った住宅街にある鰻・天麩羅店。
大広間もある大店です。

天然鰻入荷
時価おたずね下さいませ
お時間を50分から1時間程頂戴いたします

尋ねてみた。
サイズはちょっと大きめとちょっと小さめがある。
大きめは8,640円。

折角なので、天然鰻重ちょっと大きめをいただきました。

鰻重が出来るまでちと酒を呑むことにしよう。
まずは生小とグビリ
お通しは蛍烏賊。
若鶏のから揚げともずく酢をアテに多満自漫を呑む

30分くらいたって天然鰻肝焼が出てきた。
えぐみがなくねっとりしてます。
抜群に旨い。

さらに30分でようやく鰻重登場。
肝吸・漬物・サラダ付。

黄金の輝きでございます。
臭みが全くない。
脂の乗り具合は丁度ええ。
身も皮も柔らかい。

50年継ぎ足しのタレと紀州備長炭で仕上げられた天然鰻重。
贅沢ですね。

坂東太郎とは一味違うのだ。
産地を聞いておけばよかったな。

【くぼた】
東京都福生市福生910

蛍烏賊(うな藤)
貝刺盛(うな藤)1944
鰻重・松(うな藤)3024
肝吸(うな藤)
漬物(うな藤)
市役所通沿いにある鮨・鰻処。

鰻重は梅・竹・松・一人前半・二段の5種類あります。
松をいただきました。
3,024円也。

鰻重が出来るまで酒を呑むことにしよう。
寒かったので、いきなり燗酒です。
お通しは蛍烏賊。
なんと無料であった。

続いて肴は貝刺盛にしました。
1,944円也。
鮨もあるのでネタがいいね。

鰻重はタレが甘かった。

肝吸・漬物も旨かった。

常連客が多いが、アットホームな雰囲気。
また来てみたい。

【うな藤】
東京都羽村市緑ヶ丘5-10-7
羽村マンション1F

お通し(さ和野)
和風焼売(さ和野)324
もずく酢(さ和野)302
鰻重(さ和野)3024
肝吸(さ和野)
漬物(さ和野)
鮪(さ和野)
ひばりヶ丘駅と武蔵境駅を結ぶ谷戸新道沿いにある鰻処。

鰻重をいただきました。
3,024円也。
肝吸・漬物・刺身付。

鰻重が出来るまで軽く呑むことにしました。

まずは生ビール
お通しは枝豆。

日本酒のアテには和風焼売にしてみた。
1個108円。
何気に旨い。

もずく酢と酒を追加したら、鰻重と一緒に運ばれてきた。
鰻重は注文してから30分くらいかかった。
刺身で酒を呑む。
堪りません。

鰻重は上品な味わいでした。

【さ和野】
東京都西東京市谷戸町1-2-3

鰻重・松(たかぎや)3780
肝吸(たかぎや)
漬物(たかぎや)
お通し(たかぎや)
多摩湖の近くにある鰻専門店。

鰻重の松をいただきました。
3,780円也。
肝吸・漬物付。

鰻重が出来るまで生ビールを呑む
お通しは松前漬。

15分で出来あがりました。
蒲焼が肉厚で旨かった。

肝吸は上品な味でございます。

【たかぎや】
東京都東大和市奈良橋3-548

ひつまぶし(稲生)2260
吸物(稲生)
漬物(稲生)
葱(稲生)
出汁(稲生)
中日ビル地下2階にある丼処。
『うな文』の斜め向かい。
鰻でライバル関係です。

鰻仕入れ価格が安定している間は特別価格で提供。
並が通常価格2,460円が200円引きの2,260円。
上が通常価格3,180円が200円引きの2,980円。
ちなみにミニひつまぶしは通常価格1650円のまま。

並ひつまぶしにしました。
注文してから10分で出来上がりました。

並だと蒲焼が米を蔽いきれていない。
三通りの食べ方を試してみた。
出汁漬けが一番旨いね。
サラサラといける。

『うな文』より『稲生』の方が値段は高いが、味は旨かった。

【稲生】
愛知県名古屋市中区栄4-1-1
中日ビル B2F

上ひつまぶし(うな文)1900
吸物(うな文)
漬物(うな文)
葱(うな文)
中日ビル地下2階にある鰻処。
レトロで渋い雰囲気。

3時まで炭焼きひつまぶしのランチタイムサービスがあります。
並が通常価格1,800円が200円引きの1,600円。
上が通常価格2,050円が150円引きの1,900円。
特が通常価格2,800円が350円引きの2,450円。

上ひつまぶしにしました。
注文してから12分で出来上がりました。

上だと蒲焼が米を蔽いきれていない。
三通りの食べ方を試してみた。
出汁漬けが一番旨いね。
サラサラといける。

【うな文】
愛知県名古屋市中区栄4-1-1
中日ビル B2F

鰹藁焼刺身(三英)700
ホタテとキノコのチーズ焼(三英)780
鰻重(三英)2500
味噌汁(三英)
サラダ(三英)
漬物(三英)
清瀬駅北口近くにある和食処。
寿司・鰻・天麩羅などがございます。

鰻重は一種類のみ。
2500円也。
味噌汁・漬物・サラダ付。

鰻重出来るまで、少し呑むことにしよう。

肴は鰹藁焼刺身・ホタテとキノコのチーズ焼にしました。
チーズ焼、うんめえ。
ゆっくり吞んでいたい気分。

鰻重は20分で出来ました。
蒲焼は香ばしい仕上がり。
70年継ぎ足したタレがうんめえ。

地下に宴会場があるらしい。

【三英】
東京都清瀬市元町1-8-13

鰻重(寿々㐂屋)1100
吸物(寿々㐂屋)
漬物(寿々㐂屋)
奥多摩駅近くにある食事処。
蕎麦・饂飩・丼・定食・天ぷら・中華・洋食。
なんでもある感じ。

短冊メニューに鰻重発見。

鰻重をいただきことにしました。
1,100円也。
吸物・漬物付。

すぐに出来上がりました。

チープな印象は否めない。

奥多摩で鰻重を食べられるだけで良しとしよう。

【寿々㐂屋】
東京都西多摩郡奥多摩町氷川199-7

骨煎餅(川松)
あん肝(川松)648
蕗の薹とタラの芽の天麩羅(川松)648
焼鳥(川松)432
鰻重・桐(川松)3888
なめこ汁(川松)324
漬物(川松)
新所沢街道沿いにある川魚料理店。

やんごとなきお方もお見えになったらしい。
3階建てのビルの1階と3階が川松、2階が鰻彩になっています。
ややこしい。
1階の川松に入りました。

鰻重の桐にしました。
なめこ汁に変更です。

鰻重が出来る間、呑むことにしよう。
まずは生小をグビリ
お通しは骨煎餅。

あん肝、蕗の薹とタラの芽の天麩羅、焼鳥を肴に酒を呑む

ゆっくりしようと思っていたら、30分くらいで鰻重が出来上がりました。

綺麗な焼き目でございます。
上品な味わい。
美味しゅうございました。

【川松】
東京都東久留米市前沢1-6-10

お通し(加根古)
焼鳥(加根古)260
鰻重・松(加根古)2500
肝吸(加根古)
漬物(加根古)
サラダ(加根古)
三鷹の住宅街にある鰻と釜飯処。
武蔵境での仕事の帰りに寄ってみた。

女将さん独りで切り盛りしているようだ。
こじんまりとした店内。
アットホームな雰囲気です。

鰻重を注文しつつ、軽く呑むことにした。

まずは生ビールだ
お通しは切干大根。

焼鳥をタレで2本焼いてもらう。
1本130円。

鰻重は松にした。
2,500円也。
25分で出来上がりました。

チト小ぶりだが、値段からすると妥当なサイズだ。
味はまあまあかな。

次回は釜飯を食べてみたい。

【加根古】
東京都三鷹市井口5-3-24

蒲焼定食(中川楼)4158
肝吸(中川楼)
漬物(中川楼)
デザート(中川楼)
麦落雁(中川楼)
文政5年(1822年)創業の老舗料亭。
全席個室でございます。

昼に予約して行って参りました。
趣のある佇まい。
195年の歴史を感じます。

蒲焼定食をいただきました。
4,158円也。
肝吸・香の物・フルーツ付。
蒲焼は重箱にしてもらいました。

三桝家総本舗の麦落雁でお茶を飲みながら待ちます。

予約していたので、10分くらいで出来上がりました。

重箱が光り輝いております。
蓋を取ると、蒲焼が神々しい光を放っております。

蒲焼は香ばしく、柔らかい。
195年受け継がれた伝統のタレ。
素晴らしい味。

夢中でいただきました。
あっという間にデザートまで完食です。

接客は丁寧で感じが良かった。

次回はコースでゆっくりいただきたい。

【中川楼】
茨城県水戸市泉町3-5-6

鰻重(幹寿司)3200
肝吸(幹寿司)
漬物(幹寿司)
永田橋通沿いにある鮨と鰻処。

鰻重をいただきました。
3,200円也。

30分で出来上がりました。

蒲焼は香ばしく、御飯は固め。
タレはやや甘め。

鰻はまあまあだが、米が旨かった。

【幹寿司】
東京都西多摩郡日の出町平井1299

もずく酢(紀の川)
鹿尾菜(紀の川)
鮪刺身(紀の川)
帆立バター焼(紀の川)
鰻重(紀の川)2900
肝吸(紀の川)
漬物(紀の川)
武蔵村山市役所近くにある鰻割烹。
年配の夫婦が営んでおります。

店頭に鰻重2,700円、蒲焼2,500円と出ていた。
店内にはホワイトボードに肴が書いてあった。

鰻重は2,700円と2,900円があるそうな。
2,900円のをお願いした。

鰻重の前に少し酒を呑むことにしよう。

まずは生ビール

お通しは、もずく酢と鹿尾菜。

続いて燗酒

鮪の赤身と中トロを盛り合せてもらった。
それと帆立のバター焼き。
ちとしょぼい感じ。

鰻重は30分くらいで出来上がった。

タレが、しょっぺえ。
肝吸は昆布出汁が強い。

【紀の川】
東京都武蔵村山市本町4-7-1

このページのトップヘ