風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: 割烹・小料理

先付(紋屋)756
うに(紋屋)1944
松茸土瓶蒸し(紋屋)2700
車海老天麩羅(紋屋)2160
のどぐろ(紋屋)6480
松茸土鍋御飯(紋屋)2916
松茸御飯(紋屋)
赤出汁(紋屋)
漬物(紋屋)
先付に数の子が入っていました。
今日は出だしからいい感じだ。

うに、松茸土瓶蒸し、車海老天麩羅、のどぐろを肴に呑む
賀義屋冷やおろし。
料理が良いので酒も進んでまう。

〆は松茸土鍋御飯。
美味しゅうございました。

【紋屋 府中店】
東京都府中市府中町1-8-12
キャッスルプラザ府中 B1F

深川めし(みや古)1620
吸物(みや古)
小付①(みや古)
小付②(みや古)
漬物(みや古)
青柳ぬた(みや古)918
森下駅徒歩5分の住宅街にある老舗割烹。
大正13年創業。

店構えから渋い。
玄関で靴を脱いで上がります。
大広間に通されました。

一番乗りでしたがどんどん後続客がやって来ます。

深川めしセットをいただきました。
1,620円也。
吸物・小付・新香付。

青柳ぬたを追加でいってみる。
918円。
こちらの方が早く出てきた。
味噌が濃い。
下町って感じだ。

深川めしはセイロ蒸しで優しい味。
見た目より量は少ないので、2つ食べれそう。

小付2品も吸物もあっさりしています。

ぬただけ味が濃かった。

酒の肴がいっぱいあるので、今度は呑みで来てみたい。

【みや古】
東京都江東区常盤2-7-1

天丼(ひでや)800
味噌汁(ひでや)
漬物(ひでや)
小鉢(ひでや)
ニュー新橋ビルでランチです。
地下1階の割烹にしてみました。

店内はほぼ満員です。

天丼をいただきました。
800円也。
味噌汁・漬物・小鉢付。

海老参尾とぴいまん。
カラっと揚がっていて旨かった。

隣客が食べていた天ぷら定食も気になるところである。

【志ん橋 ひでや】
東京都港区新橋2-16-1
ニュー新橋ビル B1F

地酒利き酒セット(魚仙)1000
お通し(魚仙)
めばる煮付(魚仙)
里芋のきのこ寄せ(魚仙)500
エビフライ(魚仙)
越後地酒専門割烹。
予約して行きました。
5時10分過ぎに入るとまだ準備をしていた。
もう少し遅く来れば良かった。
地酒呑みたさに気が焦っていた。

心を落ち着かせるため、まずは生ビールだ
グビグビ、ハーッビバノンノン
お通しは山菜であった。

利き酒セットは、16種類もある。
3番の 酔法師・越乃寒梅・越乃景虎・越後杜氏・FREEにしました。
FREEは〆張鶴をチョイス。
5種類で2合弱。
酔っぱらっちまって利き酒出来ない状態。
どれも旨かった。

肴は、メバル煮付、里芋のきのこ寄せ、海老フライにしてみた。
煮汁が甘過ぎた。
もう少し薄味が好み。
きのこ寄せのタレも同様に濃い。
期待していたのと違った。

海老フライは大きくて旨かった。

【魚仙】
新潟県長岡市殿町1-3-4

お通し①(久本)
お通し②(久本)
鰹(久本)
鰹皮(久本)
小柳鰈(久本)
カニコロッケ(久本)
花街にある酒亭。

小唄がBGMで流れ、粋な雰囲気。
女将が現役の芸者さんです。

生ビールでノドを潤す
お通しは三つ。
おっ、やるなって感じだ。

御酒にしたら、女将がお酌をしてくれました
酔っぱらちまうで。

御品書を見てみる。
旨そうなものが並ぶが、値段が書いてない。
これは怖い。

かつおのさしみをいただきました。
山葵の葉のおしたしが添えられております。
さらにかつおの皮も出してくれました。
御酒が進んでしまいます。
板さんが気さくな方で良かった。

小柳かれいをいただきました。
縁側がパリパリして香ばしい。
身は上品な味わい。

カニコロッケは通常2個だが1個でも作ってくれるとのこと。
折角なので2個にしました。
クリーミーで美味しい。
思ったより大きかったので、食べきれない。
持ち帰りに包んでもらいました。

勘定は良心的。

年配の常連客が多いが、また来てみたい。
妓さんが2階の御座敷に上がって行きました

【久本】
新潟県新潟市中央区西堀前通9番町1536-1

お通し(しん月)
刺盛(しん月)
銀鱈西京焼(しん月)950
地どり立田揚げ(しん月)950
野菜サラダ(しん月)340
カニ雑炊(しん月)800
みさき通沿いにある割烹。
店頭にオススメが値段表示されているので安心だ。
細長い店内、カウンター席に尻を滑らす。

まずは生ビールでノドをウルオス
お通しは豆腐。
おっやるなって感じだ。

刺盛をお願いしたら鮫の心臓も盛り込まれた。
おろし生姜でいただきます。
なんとなく精力つきそう。

御酒は着物姿の美人女将がお酌してくれます。
酔っぱらちまうぜ。

銀鱈西京焼、美味でございます。

地どり立田揚げ、うんめえ~。
衣がカリ、鶏はジュウスイ。

野菜サラダはハーフにしてもらいました。
量がたっぷりなのでハーフで充分。

〆は蟹雑炊にしました。
優しい味わい。

また来てみたい。

【しん月】
東京都八王子市三崎町3-2
菱山ビル 1F

蛸酢(武蔵野)367
鰈煮付(武蔵野)525
天ぷら(武蔵野)630
立川通沿いにある大衆割烹。
レトロな外観に惹かれて入ってみた。
店内は時が止まったかのような渋い雰囲気。
テレビ以外は昭和です。

サッポロ黒ラベルを呑む。
お通しは無い。

壁に品書が張ってある。

蛸酢367円、鰈煮付525円、天ぷら630円。
安!

味は抜群とまでいかないが、CPは良い。

早い時間の所為か、帰るまで客はいなかった。

【武蔵野】
東京都立川市曙町2-33-1

お通し(かわむら)
鰹刺身(かわむら)
蛍烏賊酢味噌(かわむら)756
牡蠣フライ(かわむら)1728
銀鱈西京漬(かわむら)1620
海鮮太巻寿司(かわむら)1026
味噌汁(かわむら)
「天ぷら天源」のあった処が、和食店になっていました。
店内の雰囲気は変わっていない。

生ビールを呑む。
お通しはおひたし。

刺身は値段表示がなかった。
鰹を生でいただきました。

蛍烏賊酢味噌、牡蠣フライ、銀鱈西京漬。
値段は高めだが、味は抜群なので酒が進みます。

〆は海鮮太巻寿司にしました。
味噌汁付。

美味しゅうございました。

また来てみたい。

【和処 かわむら】
東京都八王子市三崎町5-7
理光ビル 1F

鰻重(川波)3402
肝吸(川波)
漬物(川波)
胡麻豆腐(川波)
骨煎餅(川波)
デザート(川波)
秋川渓谷にある割烹。
小上がりに尻を滑らす。
渓谷を眺めながら寛ぐ。

料理は会席がメイン。
鰻重をいただきました。
3,402円也。

20分でできあがりました。
肝吸・漬物・胡麻豆腐・骨煎餅・デザート付。
豪華です。

タレは甘め。
肝吸が美味しゅうございました。

【川波】
東京都あきる野市留原785

蛸(美人亭)
おきそめばる煮付(美人亭)
蕗(美人亭)
筍(美人亭)
瀬戸内小魚料理店。
呑み屋ビルの1階にあります。
人気店なので予約していきました。

カウンター席を案内された。
冷蔵ケースには瀬戸内の小魚がいっぱい。
大皿料理もあるが、座った席からは見えない。
メニューは無い。

まずは生ビールでノドをウルオス
アテは蕗にしてみた。
抜群に旨い。

続いて蛸刺しをいってみる。
ワイの好きな吸盤がいっぱい。
コリコリの食感。
瀬戸内の恵みに感謝。

こうなると日本酒ですな。
土佐鶴を呑みました
五臓六腑に染みわたるね。

おきそめばるを煮付けにしてもらう。
うんめえ
魚も旨いが豆腐も旨い。
土佐鶴が進む進む。

隣客が食べていた筍が旨そう。
こちらももらおう。
優しい味わい。

帰る頃には満席であった。

CPも雰囲気も良かった。
また来てみたい。

【美人亭】
香川県高松市瓦町2-2-10

先付(紋屋)756
鰹(紋屋)972
鯛の子真丈(紋屋)1080
子持槍烏賊旨煮(紋屋)972
きゃべつ温サラダ(紋屋)864
和牛ヒレ肉160g(紋屋)8640
筍御飯①1296(紋屋)
筍御飯②1296(紋屋)
味噌汁(紋屋)
漬物(紋屋)
鰹刺身、鯛の子真丈、子持槍烏賊旨煮、きゃべつ温サラダを肴に呑む
国分寺産のキャベツが美味しい。

メインディッシュは和牛ヒレ肉160gだ!
8,640円いたします。
山葵でいただきます。
めっちゃ旨い。

〆は、たけのこ土鍋ごはん。
しみじみと味わいました。

【紋屋 府中店】
東京都府中市府中町1-8-12
キャッスルプラザ府中 B1F

お通し(いかりや)
刺盛(いかりや)1000
若竹煮(いかりや)500
カキフライ(いかりや)600
つみれ汁(いかりや)400
前から屋号が気になっていた。
いかりや長介さんの弟さんの店であった。
本日のオススメが店頭のホワイトボードに書いてある。
確認してから暖簾を潜った。

こじんまりとした店内。
大将は長さんにどことなく雰囲気が似ている。
心のBGMで『ドリフの大爆笑もしもシリーズの音楽』が延々と流れてしまった
これには正直参った。
オィースッ

まずはビール
お通しは筍と魚の煮物。
渋いね。

刺盛は千円。
量が凄い。
味もイイ。
酒が進む。

若竹煮、カキフライを肴に呑む。

〆は、つみれ汁にしてみた。
染みるねえ~。

勘定は安かった

【いかりや】
東京都八王子市三崎町7−8

お通し(紋屋)
鰹(紋屋)900
蛍烏賊酢味噌(紋屋)600
若竹煮(紋屋)800
はちめ(紋屋)2000
もろこ唐揚げ(紋屋)1200
里芋と白魚玉子とじ(紋屋)800
じゃこ山椒土鍋御飯一膳目(紋屋)1200
じゃこ山椒土鍋御飯二膳目(紋屋)1200
赤出汁(紋屋)
漬物(紋屋)
S店長兼料理長が2月に異動で泉岳寺店に行ってしまった。
A調理長に代わって初めて行ってみた。

品書のスタイルから変わっております。
お通しも趣が違いますね。

鰹刺身、蛍烏賊酢味噌、若竹煮、はちめ塩焼、もろこ唐揚、里芋と白魚の玉子とじを肴に呑む。
酢味噌が旨い。

〆は、じゃこと山椒の土鍋御飯にしてみた。

A調理長もなかなかの腕前と見た。

【紋屋 府中店】
東京都府中市府中町1-8-12
キャッスルプラザ府中 B1F

お通し①(卯の花)
お通し②(卯の花)
お通し③(卯の花)
うちわ海老(卯の花)
若竹煮(卯の花)
のど黒一夜干(卯の花)
和風春巻(卯の花)
海鮮丼(卯の花)
味噌汁(卯の花)
漬物(卯の花)
国分寺街道沿いにある季節料理店。
前から気になっていた店。
ようやく暖簾を潜ってみた。
カウンター席、テーブル席、御座敷がございます。
カウンターからは水槽を眺めることが出来ます。

生ビールを呑む
お通しは三種盛り。
これだけで、酒がかなり呑めそうだ。

うちわ海老刺身をいただいた。
後で味噌汁が出るとのことなので、食事と併せてもらうことにした。

若竹煮、のど黒一夜干し、和風春巻で高清水を呑む。
和風春巻が絶品。

〆は海鮮丼にしました。
味噌汁の具は、うちわ海老。
豪華です。

勘定は良心的でした。
また来てみたい。

【卯の花】
東京都国分寺市東元町2-13-14
ドミ・セフィールⅡ

お通し(平太郎)
あんきも(平太郎)600
めひかり唐揚げ(平太郎)700
出し巻玉子(平太郎)500
大洗の永町商店街にある呑み処。
割烹と居酒屋の中間くらいの店。
表からは店内の様子が一切分からない。
店頭に、お品書きの類も出ていない。
一見客には、かなりハードルが高い。

平太郎より奥まった処にある「やよい」は、さらにハードルが上昇。
思い切って、平太郎の暖簾を潜りました。
靴を脱いで上がります。
もう逃げられない。

カウンターとテーブルのこじんまりとした店内。
カウンターには先客がいた。

店内のお品書きを見ると、良心的な価格なので一安心。

ビールを呑む
お通しは、おでん。
クタクタに煮込まれております。

あんきも、めひかり唐揚げ、だし巻き玉子を肴に酒を呑む

ようやく人心地ついた。
大将ともポツリポツリ言葉を交わす。
先客も観光客であった。

週末だったので、地元客はまだ来ていない。

あんきもは、タレが珍味。
七つ道具から作ったタレは大洗名物だ。

めひかり、玉子焼きも美味しい。

緊張も解けて、いい心持ちになった。
勘定は安かった。

【平太郎】
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町853−5

お通し(たか田)
刺身三点盛(たか田)900
炊き合わせ(たか田)700
玉蒟蒻旨煮(たか田)400
のど黒一夜干(たか田)2000
海苔茶漬(たか田)650
いぶりがっこ(たか田)
久しぶりに暖簾を潜ったら、お兄さんが板場に立っていました。
弟さんが独立したようだ。

刺身三点盛り、炊き合わせ、玉蒟蒻煮、のど黒一夜干しを肴に大信州を呑みました。
相変わらず旨いねえ。

〆は海苔茶漬けをサラサラとやりました。

【たか田】
東京都府中市寿町2-3-1
レールサイド寿 1F

海鮮丼(多か浜)1150
味噌汁(多か浜)
漬物(多か浜)
おでん(多か浜)
朝日新聞社の隣のビル地下1階にある小料理店。
2月末で店をたたむと新聞に載っていた。

ランチの海鮮丼をいただきました。
1,150円也。
煮物付。

築地市場の目の前なので、ネタがいいねえ。
米は酢飯でなく普通の白米。
煮物は既製品のおでんだった。

【多か浜】
東京都中央区築地5-3-3
築地浜離宮ビル B1F

枝豆(たかはしや)
冷奴(たかはしや)260
カキフライ(たかはしや)800
特上鰻重(たかはしや)4620
肝吸(たかはしや)
漬物(たかはしや)
サラダ(たかはしや)
昆布(たかはしや)
茶碗蒸し(たかはしや)
箱根ケ崎駅から徒歩5分の割烹。
鰻、丼、定食、蕎麦、饂飩などいろいろメニューが豊富です。
鰻は愛知三河一色産。
うな丼、うな重、特上うな重、うなぎ蒲焼、うなぎ白焼のラインナップ。

特上鰻重をいただきました。
4,620円也。
肝吸、サラダ、お新香、小鉢、茶碗蒸し付。

出来上がるのに少々時間がかかるということなので、軽く呑むことにしよう。

生中で喉を湿らす。
お通しは枝豆。
冷奴とカキフライを肴にした。

豆腐の旨さに感動。
260円は安いね。

カキフライは広島県産の大粒牡蠣が4個で800円。
うんめえ~
生中お代わりだ

真打鰻重は25分でお出ましとなった。

ド~ン。
重箱の蓋オープン!
凄い迫力。
蒲焼が波のように敷き詰められております。
こんな盛り付けは初めてだ!
蒲焼も旨いが、米も良い。

肝吸は湯葉も入っていて上品なお味。

サラダ、昆布煮、茶碗蒸しも付いて充実の内容。

接客はフレンドリーです。

また来てみたい。

【たかはしや】
東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎135

先付(浜長)
刺盛(浜長)
のど黒(浜長)
飯蛸炊(浜長)
香箱(浜長)
片町にある割烹。
人気店なので予約して行きました。
店の雰囲気は高級だが、大将が優しいので一見でも大丈夫だあ。

黒板に今日のオススメがびっしり書かれています。
生ビールを呑みながら、ゆっくり考えるとしよう。

先付は酒の進む肴ばかり。

造りは盛り合せにしてもらった。
日本海の魚は旨いなあ。
しみじみと味わう

天狗舞が進みます。

のど黒を焼いてもらった。
値段がわからないので、ちと不安。
味は抜群だ。

飯蛸炊。
蛸好きには欠かせない一品。

香箱
金沢の冬の風物詩。
しみじみと味わう
幸せ

いつもより多く呑んでしまった。
勘定は思ったよりも安い。
また来てみたい。

帰る頃には満席になっていた。
予約した方が無難です。

【浜長】
石川県金沢市片町2-27-23

お通し①(紋屋)378
お通し②(紋屋)378
まんじゅう蟹(紋屋)2592
海老芋の蟹餡かけ(紋屋)1080
蟹真丈(紋屋)1080
蟹雑炊(紋屋)1728
カウンター席に座ると店長とスタッフがまんじゅう蟹の仕事をしていた。
まんじゅう蟹目当ての客が多いと聞いた。
拙者もその中の一人でござる。

今日は、お通しから店長の気合が感じられる。
アンキモと蛤。

まんじゅう蟹、少々値段は張るが味は最高。
手間も掛かっています。

海老芋の蟹餡かけ、蟹真丈と続けた。

〆は品書きにない蟹雑炊をS店長兼料理長が作ってくれた。
めっちゃ旨い。
蟹をたっぷり入れてくれた。
感謝

【紋屋 府中店】
東京都府中市府中町1-8-12
キャッスルプラザ府中 B1F

このページのトップヘ