風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: 割烹・小料理

河豚丼(優辰)2300味噌汁(優辰)漬物(優辰)
旬の肴で田酒を呑みました。
ホロ酔いで良い心持です。

大将に〆の食事をお願いする。
裏メニューの河豚丼を作ってくれました。

御飯の上に薬味とポン酢を塗し、ふぐ刺しがびっしり敷き詰められております。
贅沢な丼。
勿論、味は抜群に旨い。

一気に完食。
ごちそうさまでした。

【優辰】
東京都府中市宮西町2-9-9
こだまビル 2F

お通し(姿)造り盛合せ(姿)
小芋かにあんかけ(姿)1080
笹鰈一夜干(姿)1080
松茸土瓶蒸し(姿)1728
小栗横丁にある関西割烹。
予約して行って参りました。
こじんまりしていてアットホームな雰囲気。

まずは生ビールでノドをウルオス。
お通しは蛸酢。

造り盛合せ、小芋かにあんかけ、笹鰈一夜干、松茸土瓶蒸しをいただきました。
小芋かにあんかけが絶品。
具沢山で彩鮮やかです。

肴が旨いので酒が進みます。
〆張鶴、乾坤一、飛露喜を呑みました。

いい心持ちです。
また来てみたい。

【姿】
東京都新宿区神楽坂3-10

共水鰻重(優辰)5680肝吸(優辰)
漬物(優辰)
前菜①(優辰)
前菜②(優辰)
牡蠣と大根の煮物(優辰)
鳥唐揚(優辰)700
府中の呑み屋街にある割烹・会席料理店。
河豚、鼈など高級料理が味わえる。
今年の7月からは新たに鰻料理が加わわりました。
二代目が神楽坂で板前修業したそうだ。

2階の暖簾を潜る。
カウンター席と小上がり、個室もある。

共水鰻は予約制。
ダメ元で訊いてみると運良く出来るとのこと。
共水鰻重をいただきました。
5,800円也。

鰻が出来るまで軽く呑むことにしよう。
生ビールでノドをウルオス。
お通しが5品も出てきました。
旨い。

日本酒を呑むことにしよう。
一品料理も豊富。
牡蠣と大根の薄葛煮は椀仕立て。
900円。
温まるね。
鳥唐揚も絶品。
700円。

呑みに時間をかけたので、鰻重の仕上がりを二代目が調節してくれました。

共水鰻重は文句なく旨いね。
あっという間に完食。

ごちそうさま。
通いたくなる店です。

【優辰】
東京都府中市宮西町2-9-9
こだまビル 2F

お通し①(一滴)お通し②(一滴)
刺盛(一滴)
きんき煮付(一滴)
海老しんじょ(一滴)650
牡蠣雑炊(一滴)
漬物(一滴)
林檎(一滴)
国分寺駅北口から歩いて10分の処にある関西割烹。
旬の味と一滴の心(酒)

6時20分頃入店。
運よくカウンター席をゲットできた。
スタッフも多いが、客も多い。

まずは生ビールでノドをウルオス
お通しは煮物と椀物。
これはぼやっとビールを呑んでいる場合でない!
早速田酒を呑む

肴は刺盛ときんき煮付にしてみた。
値段表記が無くチト不安だが、お通しが良かったので思わず勢いが付いてしまった。
味は抜群だった。
田酒が進む

海老しんじょは650円。
ビッグサイズ。
味は箆棒に旨い。

〆は牡蠣雑炊を特別に作ってもらいました。
お品書きに無かったが、大将の心意気です。
あざあす。
心に染みるね。

デザートは林檎。
感動のフィナーレです。

高級魚きんきをいただいたので、勘定はそれなりになった。
これはしょうがない。
魚の種類が多いので、腹具合懐具合でいろいろ選択できるのでだいじょうぶだあ。
また来てみたい。

【一滴】
東京都国分寺市本多2-16-4

お通し①(長右ヱ門)
お通し②(長右ヱ門)
お通し③(長右ヱ門)
小芋唐揚(長右ヱ門)
炒り豆腐(長右ヱ門)
刺身小(長右ヱ門)
柳鰈塩焼(長右ヱ門)1080
カキフライ(長右ヱ門)1296
生姜焼定食(長右ヱ門)1080
生姜焼丼(長右ヱ門)
東横線学芸大学駅近くある割烹。
店頭にメニューが価格表示されており、大丈夫だあ。
店内は明るく清潔な雰囲気です。
カウンター席に尻を滑らす。

まずは生ビールでノドをウルオス
アテは、ちょい飲みセットにしてみた。
1,620円也。
お通し、小鉢2種、刺身小。

お通しは3種盛。
これは日本酒が呑みたくなる肴です。
国権を呑む。

小鉢は小芋唐揚と炒り豆腐。
酒が進んでまうね。

刺身は勘八、鰹、〆鯖。
これは、ちょい呑みでは終えれないね。

柳鰈塩焼とカキフライをお願いする。
国権が止まらないぜ。

〆は何しようか思案していたら、昼の定食メニューもOKとの情報を得た。
生姜焼定食にしました。
1,080円也。
生姜焼丼にしていただきました。
うんめえ。

流石に腹いっぱいだす。
ごちそうさん。

また来てみたい。

【長右ヱ門】
東京都目黒区鷹番3-4-10

田楽(ダルマ)天然鮃(ダルマ)
刺盛(ダルマ)
帆立貝焼(ダルマ)
シシャモ(ダルマ)
鮟鱇天麩羅(ダルマ)
いぶりがっこ(ダルマ)
松茸土瓶蒸し(ダルマ)
蟹雑炊(ダルマ)
ドラマ『ワカコ酒』で登場した居酒屋。
豊島区役所の近くにあります。
予約して行って参りました。

18時に暖簾を潜りました。
店内はカウンターとテーブル席が少し、こじんまりとしています。

料理はおまかせコースのみ。
苦手な食材を訊いてくれるので大丈夫だあ。

まずは生ビールでノドをウルオス。

大根の田楽でスタート。
これはもう日本酒ですね。
燗酒をお願いする。
田酒のお燗、堪りません。

天然鮃と刺盛。
豪華です。
(写真は二人前です。)
うんめえ。
田酒進むね。

帆立貝焼。
味噌もいいね。

ししゃも。
雄と雌に二匹づつ。
贅沢です。

鮟鱇の天麩羅。
天麩羅で食べるのは初めてだった。
上品な味わいでございます。

いぶりがっこの次は食事とのこと。
もう少し呑みたいので、肴をお願いする。
松茸の土瓶蒸し。
松茸だけの直球勝負。
箆棒に旨い。
こいつは酒が進まないわけないね。

〆は蟹雑炊。
基本は茶碗一杯づつの量だが、もっと食べた~いと大将にお願いする。
二人で茶碗5杯分あった。

ごちそうさん。
大将がこちらの腹具合でいろいろアレンジしてくれます。
美味しゅうございました。

p.s. ワカコ酒の台本を見せてもらいました。ぷしゅー

【ダルマ】
東京都豊島区南池袋2-36-8

活鮑刺身(きくち)1200床節煮(きくち)700きんき煮付(きくち)700
鰯竜田揚(きくち)550
つみれ汁(きくち)550
国分寺駅北口にある季節料理店。
鰯料理が定番。
大きな水槽に魚が泳いでいます。

黒板にはオススメ料理が並ぶ。
この日は貝料理が充実しておりました。

活鮑刺身、床節煮、きんき煮付をいってみる。
鮑は水槽から取り出し、手早く盛り付けられた。
コリコリの食感。
磯の香がいたします。

鰯料理は竜田揚げとつみれ汁をいってみる。
つみれ汁は、さっぱりして美味しい。

勘定は良心的です。

【菊地】
東京都国分寺市本町3-11-15
石川ビル 1F

魚貞丼(魚貞)1350味噌汁(魚貞)
お通し(魚貞)
貝三点盛(魚貞)1600
稚鮎一夜干し(魚貞)600
栄螺壺焼(魚貞)800
小海老と玉蜀黍のかき揚げ(魚貞)850
幡ヶ谷駅前の呑み屋小路にある大衆割烹。
ドラマ「ワカコ酒」では「御膳処逢楽」として度度登場。

開店早々暖簾を潜った。
カウンター席の奥を案内された。
ホワイトボードにオススメメニューがぎっしり記されている。

まずはビールだ。
サッポロラガーにしたら大瓶だった。
お通しは茄子。

貝三点盛りをいってみる。
青柳・赤貝・北寄貝。
青柳が旨かった。

鮎一夜干し、栄螺壺焼、小海老と玉蜀黍のかき揚げを肴に日高見を呑む。

〆は魚貞丼にしてみた。
1,350円也。
味噌汁付。

豪華な海鮮丼です。
味噌汁の具は蜆だった。

ドラマで見たのと実際の雰囲気は違っていた。
渋い雰囲気だった。

【魚貞】
東京都渋谷区幡ヶ谷2-8-13

お通し(高砂)鮪刺身(高砂)850
茄子ピーマン炒め(高砂)600
じゃがいもひき肉煮(高砂)500
豚肉生姜焼(高砂)750
味噌汁(高砂)300
国分寺駅北口近くにある小料理屋。
こじんまりとした店内。
アットホームな雰囲気です。
常連客の間の席に尻を滑らせる。

まずは生ビールでノドをウルオス。
お通しは長芋千切。

黒板メニューから鮪の刺身とじゃがいもひき肉煮をいってみる。

定番メニューは炒めものが多い。
茄子ピーマン炒めをいってみる。
600円也。
日本酒にも合う。
酒は武蔵国分寺を呑んでみた。

〆は豚肉生姜焼に御飯と味噌汁を付けてみた。
御飯の量は調節してくれます。

【高砂】
東京都国分寺市本町3-5-14

鮪・あおり烏賊・〆鯖(かわむら)茹でアスパラ(かわむら)864
黒毛和牛朴葉焼(かわむら)3456
黒毛和牛(かわむら)
天麩羅盛合せ(かわむら)2106
稲庭饂飩(かわむら)864
薬味(かわむら)
つゆ(かわむら)
旬の肴で酒を呑みたい気分。
ひさびさにかわむらののれんをくぐった。

鮪・障泥烏賊・〆鯖の刺盛で田酒を呑む。
堪りませんな。

続いて、茹でアスパラ・黒毛和牛朴葉焼・天麩羅盛合せをいってみる。
黒毛和牛朴葉焼は、かわむらの名物料理だ。
味噌が旨い。
天麩羅は天源に比べるとレベルが下がった。

〆は稲庭饂飩にしました。
チト量が少ない。

【和処 かわむら】
東京都八王子市三崎町5-7
理光ビル 1F

先付(紋屋)756雲丹(紋屋)2160
鼈春巻(紋屋)972
鰻柳川(紋屋)2160
笠子(紋屋)2592
鯛茶漬(紋屋)1296
漬物(紋屋)
紋屋府中店が8月末で閉店となります。
チト寂しい。

雲丹、鼈春巻、鰻柳川、笠子を肴に田酒を呑む。
しみじみと味わう。

〆は鯛茶漬にしてみた。
さっぱりしていた。
何故か心に染みた一杯であった。

Adios 紋屋府中!

【紋屋 府中店】
東京都府中市府中町1-8-12
キャッスルプラザ府中 B1F

お通し(千代娘)〆鯖(千代娘)
ぐじ(千代娘)
串あさり(千代娘)
じゃがいも(千代娘)
松葉公園裏にある割烹。
予約して行ってみました。
カウンター奥の席を案内されました。
カウンター上には大皿料理が並んでいます。

店内は明るくアットホームな雰囲気。
大将は寡黙で、看板娘が接客です。

まずは生ビールでノドをウルオス
お通しは、いたや貝酢味噌。

手書きお品書きには料理が並んでいるが、金額表示は無い。

〆鯖、ぐじ、串あさりをいってみる。
串あさりは一本からだが、2本でお願いする。
肴が旨いので酒が進む。
酒は四海王福を呑みました。

大皿料理から、じゃがいもをいってみる。
優しい味わい。

いい心持ちになったころ、店は満席になっていた。
予約無しで断られていた人もいたので、予約したほうが無難です。

勘定は良心的だった。
また来てみたい。

【千代娘】
愛知県豊橋市松葉町3-83

先付(紋屋)756ウニ(紋屋)2160
賀茂茄子揚げ出し(紋屋)972
蛸南瓜炊き合せ(紋屋)972
岩牡蠣(紋屋)2160
柳目張(紋屋)2484
氷見うどん(紋屋)864
薬味(紋屋)
つゆ(紋屋)
焼きおにぎり(紋屋)1080
味噌汁(紋屋)
紋屋府中店が8月末で閉店になるらしい。
残念である。
真に残念である。

ウニ、賀茂茄子揚げ出し、蛸南瓜炊き合せ、岩牡蠣、柳目張を肴に大信州を呑む。
肴が良いと酒が進むね。

いい心持ちだす。

〆は、氷見うどんと焼おにぎりにしてみた。
おなかいっぱい。

ごちそうさん。

【紋屋 府中店】
東京都府中市府中町1-8-12
キャッスルプラザ府中 B1F

鰈煮付定食(唐井筒)1150小鉢①(唐井筒)小鉢②(唐井筒)
味噌汁(唐井筒)
漬物(唐井筒)
デザート(唐井筒)
銀座並木通り沿いの雑居ビル地下1階にある鼈料理店。

ランチに行ってみました。
通りからの案内は控えめで目立たない。
穴場って感じだ。

鰈煮物定食をいただきました。
1,150円也。
小鉢二品、味噌汁、香の物、御飯、デザート付。

待っている間に、後客がドヤドヤと入ってきました。
人気店のようだ。

10分くらいで出来上がりました。

煮魚は丁度良い塩梅で、御飯が進みますなあ。
御飯も旨い。

デザートはお汁粉でした。

ごちそうさん。

【唐井筒】
東京都中央区銀座7-6-19
ソワレド銀座弥生ビル B1F

お通し(三州屋)
貝盛合せ(三州屋)1100
鮎塩焼(三州屋)750
ミックスフライ(三州屋)900
銀座に二店舗ある大衆割烹。
前回一丁目に入ったので、今回は二丁目に行ってみた。
店の造りは一丁目の方がスッキリしてます。
料理はほとんど同じ。

まずは、サッポロ黒ラベルでノドをウルオス。
お通しは、茸。

肴は、貝盛合せ、鮎塩焼、ミックスフライにしてみた。
ミックスフライは海老・帆立・鮭の盛合せであった。

ごちそうさん。
勘定は銀座にしては安い。

【三州屋 銀座店】
東京都中央区銀座2-3-4

お通し(小池)刺身3点盛り(小池)1800
桜海老のかき揚げ(小池)800
笠子の煮付け(小池)1200
住宅街にある割烹料亭。

会席コースもございますが、カウンター席で一品料理を選ぶことにしました。

予約時に団体客があるので、時間がかかりますと聞いております。

ビールを呑んでのんびり行こう。
お通しは烏賊塩辛。
うんめえ。
これは只者ではない。
早速酒に切り替える。

思ったより注文したものが早く出てまいりました。

お刺身おまかせ3点盛りは、桜鯛・鮪中トロ・帆立。
おまかせにしてよかった。

静岡産桜海老かき揚げ。
香ばしくて美味しゅうございます。

笠子の煮付けは、砂糖無しで作ってもらいました。
これは酒が進むね。

大将は都内で修業されていたとのこと。
他にもいろいろ食べてみたいものがいっぱい。
また来てみたい。

勘定は良心的。

【小池】
群馬県渋川市渋川2536-5

おばんざい3種(ぼんまり)刺身定食(ぼんまり)1620
味噌汁(ぼんまり)
漬物(ぼんまり)
西国分寺駅南口から徒歩3分の処にある和風創作料理店。
旨肴・旨飯・旨酒がコンセプト。
店内は明るく落ち着いた雰囲気。

お刺身定食をいただきました。
おばんざい3種、お刺身盛合せ、会津こしひかり、味噌汁、香の物、珈琲。
1,620円也。

昼だったが、飲物を尋ねられた。
出てきた料理を見て納得。
これは昼から酒を呑みたくなってしまうね。

刺身も旨いが、お米も美味しい。
御飯お代わりしました。

ごちそうさん。
次はディナーに行ってみよう。

【ぼんまり】
東京都国分寺市泉町3-26-1
メゾンアゼリア 1F

お通し①(おかめ)お通し②(おかめ)
烏賊(おかめ)
おでん(おかめ)
宮小路にある小料理屋。
渋い佇まい。
一見はハードル高そう。
ふらり旅いい酒いい肴で紹介されていたので、初めてでも大丈夫だあ。

こじんまりとした店内。
カウンターと小上がり。
おでん鍋前が空いていたので、カウンター席に尻を滑らせる。

まずはビールでノドをウルオス。
お通しは蒲鉾と白和え。

お品書きが無いので、女将さんのオススメを選ぶ。
烏賊刺身を肴に燗酒を呑む。

TVの音は流れるが、客で騒ぐものはいない。
落ち着いて呑めるのがいいですなあ。

おでんがイイ感じになってきたようだ。
鍋を覗き込んで盛り込んでもらう。
小田原名物のおでん種に酒が進む。

ホロ酔いでいい心持ちです。
勘定は安かった。
また呑みに来てみたい。

【おかめ】
神奈川県小田原市浜町3-1-35

カキフライ(三州屋)お通し(三州屋)
貝刺盛(三州屋)
肉豆腐(三州屋)
鶏唐揚(三州屋)
筍土佐煮(三州屋)
鮭茶漬(三州屋)
漬物(三州屋)
大衆割烹三州屋は銀座に二店あります。
二丁目にあるのが本店。
本店に行くつもりが、スマホのマップを頼りに進むと一丁目店に着いた。

腹減っていたので、そのまま暖簾を潜った。
たまたま席が空いていた。
ラッキー!

まずは生ビールでノドをウルオス。
お通しは鰯煮付。

肴が多いので迷ってしまうが、貝刺盛、肉豆腐、鶏唐揚、筍土佐煮にしてみた。
どれも旨い。
寒いので早々と燗酒に切り替えたが、酒が進んで止まらないぜ。

〆は鮭茶漬にしてみた。

ごちそうさん。
勘定は銀座にしては安い。

【三州屋 銀座一丁目店】
東京都中央区銀座1-6-15

牡蠣釜飯(結い)1404味噌汁(結い)
漬物(結い)
お通し①(結い)
お通し②(結い)
あんきもポン酢(結い)918
烏賊と貝のヌタ(結い)972
甘鯛松笠焼き(結い)2376
国分寺街道沿いにある食事処。
釜飯を食べに行って参りました。

店内は明るい和モダンな雰囲気。
大将の目の前のカウンター席を案内されました。

釜飯は10種類くらいあります。
牡蠣釜飯にしました。
炊き上がりに30分くらいかかります。

軽く呑むことにしました。
生ビールでノドをウルオス。
お通しは二品。
もずくと汁物。
さっぱりして美味。

あんきもポン酢、烏賊と貝のぬたを肴に日本酒を呑みました。
ぬたが絶品。
具もいっぱいで嬉しい。

甘鯛松笠焼きは、なかなかのもの。
酒が進んでまう。

ほろ酔い加減になったころ、釜飯が炊き上がりました。
大将の実家で作ったふとめぼれ。
うんまい。
最高!
一気に平らげた。

ごちそうさまでした。
また食べに行きたい。

【結い】
東京都国分寺市南町2-6-12
センチュリー国分寺1F

このページのトップヘ