風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: 饂飩

冷しきつねうどん(林屋)730
小作駅近くにある蕎麦・饂飩処。

冷しきつねうどんをいただきました。
730円也。

鮮やかな彩。
油揚げ・胡瓜・錦糸玉子・若布・鳴門・紅生姜の具がいっぱい。
饂飩の量も凄いぞ!

食べ応えがあった。
満腹だす。

【林屋】
東京都羽村市小作台1-7-3

きつねうどん(山田屋)540
箱根ヶ崎駅近くにある手打饂飩処。

きつねうどんをいただきました。
540円也。

注文して12分で出来上がりました。

饂飩は太さがバラバラ。
コシは、あまり感じられない。
量がたっぷり、食べ応えあり。

つゆは甘めで優しい味。

お揚げさんは甘過ぎず、いい塩梅。

刻み柚子が香ばしい。
ポカポカ温まり、幸せな気分になりました。

【山田屋】
東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎258

おかき(母屋)
かけうどん(母屋)700
切昆布(母屋)
漬物(母屋)
昼のみ営業の饂飩屋。
永田橋通から奥に入った処にある。

かけうどんをいただきました。
700円也。

うどんが出来るまで、おかきをつまみながらのんびり待つ。

30分くらいかかって出来上がりました。

かけでも椎茸や切昆布が付いていて寂しくない。

田舎饂飩を堪能しました。

【母家】
東京都西多摩郡日の出町大久野990-4

饂飩(杜若)
天ぷら(杜若)
鮨(杜若)
切干大根(杜若)
サラダ(杜若)
デザート(杜若)
金沢都ホテル7階にある日本料理店。

ランチメニューの「
そば寸景」を饂飩に変更してもらいました。
1,700円也。

鮨六貫、饂飩、天麩羅、サラダ、小鉢、水菓子。

味は、いまひとつ。
ボリュームは、ある。

【杜若】
石川県金沢市此花町6-10
金沢都ホテル 7F

かやくうどん(加登長)550
金沢スカイホテル地下街 コロナロードにある饂飩店。
入口近くの券売機で食券を購入。

かやくうどんをいただきました。
550円也。
因みに
饂飩蕎麦より50円安い。

つゆの昆布出汁が濃厚。
ちょっと甘過ぎる感じがした。

かやくは具沢山なので豪華ですな。
うどんも量がたっぷりであった。

【加登長 スカイビル店】
石川県金沢市武蔵町15-1
金沢スカイホテル B1F

かけうどん(稲庭屋清兵衛)860
高島屋立川店9階レストラン街にある稲庭饂飩店。

平日の夜だったので空いておりました。

かけうどんをいただきました。
860円也。

薬味は、刻み葱、おろし生姜、天かす。

饂飩が滑な食感。
美味でございます。
量もたっぷり。

おつゆは大分県産の山どんこをベースにしています。
風味がええね。

薬味で味を変えながら食べるのも楽しい。

【稲庭屋清兵衛】
東京都立川市曙町2-39-3
立川高島屋 9F

たぬきうどん(殿田)500
京都駅八条口近くにある食事処。

たぬきうどんをいただきました。
500円也。
安!

京都のたぬきはきつねのあんかけどす。

あんかけが優しい味わい。
おろし生姜の効果もあり、食べると体がポカポカ温まる。

観光客が何にしようか迷っていたら、店の方がたぬきうどんを勧めてはりました。
殿田イチオシやね。

【殿田】
京都府京都市南区東九条上殿田町15

冷麦(三崎庵)1000
季節物の冷麦をいただきました。
千円也。

チト高い気がしたが、なんとメロンが入ってた。
彩鮮やか。
冷麦だけだと色的に寂しいので、こうなったのであろう。

冷麦を食べた後、フルーツはデザートにしました。

【三崎庵】
東京都八王子市万町92-2

冷したぬきそば(三崎庵)900
冷しきつねうどん(三崎庵)900
三崎庵の涼味を食べ比べてみた。
冷したぬきそばと冷しきつねうどん。
共に900円也。

具沢山で彩り鮮やか。
揚玉は香ばしいが重くならないのがいいね。
うどんは冷すと引き締まるね。

【三崎庵】
東京都八王子市万町92-2

龍馬うどん(鯨の庭)500
高知空港ターミナルビル2階にある軽食カフェ。

龍馬うどんをいただきました。
500円也。
じゃこ天・蒲鉾・刻み油揚げ入り。

時間がかかった割に味は立喰饂飩レベルであった。

【鯨の庭】
高知県南国市久枝乙58
高知空港ビル 2F

讃岐うどん(松島)500
お通し(松島)
タコ(松島)600
アサリ酒蒸し(松島)600
あこうだい(松島)680
店の前を通ることはあるが、まだ中に入ったことがなかった。
陽気が良い所為か、入口が開いていて中の様子が覗けた。
店頭のメニューを確認して、入店してみた。

早い時間なので、女将さん一人。

定番メニューの他、おすすめが黒板に書いてある。

まずは生ビールで人心地つく。
お通しは丸い練り物。
紅生姜入りだ。

タコ刺身と赤魚鯛の塩焼とアサリ酒蒸しをいただいた。
タコ旨!

赤魚鯛は身が大きい。
じっくり焼いてます。
皮は焦げ気味だが、身は旨い。

アサリ酒蒸しはいまいち。

〆は讃岐うどんにしてみた。
優しい味わい。

食事のみでもOKだ。

【松島】
東京都八王子市子安町4-26-6

稲庭饂飩(里庵)648
お通し(里庵)324
若竹煮(里庵)810
丸干しイカ焼き(里庵)626
生タコ刺身(里庵)734
多摩センターおちあい横丁地下1階にある日本酒バー。
駅前だが地下にあるので隠れ処的雰囲気。
早い時間だったので空いていた。

生小でノドを湿らせる

お通しは菜の花のおひたし。

若竹煮、丸干しイカ焼き、生タコ刺身をアテに日高見、緑川を呑む
ええ心持ちやね

〆は稲庭饂飩の温にしてみた。
648円也。
旨い!

勘定は良心的であった。

【里庵】
東京都多摩市落合1-11-3
おちあい横丁ビルB1F

きつねうどん(夢吟坊)658
麦とろ(夢吟坊)308
港北東急SC5階にある京うどんとむぎとろの店。

日曜日の昼だったので、家族連れが多い。

きつねうどんと麦とろをいただきました。
きつねうどん658円、麦とろ308円也。
美味しいどすなあ

躾られていないガキが喧しいわい

【夢吟坊 港北店】
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央5-1
港北東急ショッピングセンター 5F

にゅう麺(舟和)900
浅草新仲見世にある和菓子の老舗。
明治35年開店。
本店の2・3階が喫茶になってます。

にゅう麺をいただきました。
900円也。

具は蒲鉾と玉子のみ。
麺の量は意外と多い。
寒い日だったので、熱熱のにゅう麺は美味しゅうございました。

【舟和】
東京都台東区浅草1-22-10

丸天うどん(みやけ)400
ドラマ『孤独のグルメ』で舞台となった饂飩処。

井之頭五郎と同じく丸天うどんをいただいた。
400円也。

太麺、澄んだつゆ、福岡スタイル。
青葱はセルフ。

うどんは柔いがわるくない。

丸天、優しい歯ざわり。

う~ん、そこはかとなくうまい。

【みやけ】
福岡県福岡市博多区上呉服町10-24

上なべ焼うどん1400
三崎庵で年明けうどんです。

上鍋焼きうどんにしました。
1,400円也。
ちなみに並は1,100円。

海老天1尾、鶏肉、紅白蒲鉾、麩、椎茸、法蓮草、長葱、玉子。
温まるね

【三崎庵】
東京都八王子市万町92-2

しっぽくうどん680
明治30年創業の老舗。
JR長浜駅前にありながらレトロな佇まい。
店の廻りが工事中なので、チト心配になる。

しっぽくうどんをいただきました。
しいたけ(当店味付け)、ユバ、麩、アゲ、赤コンニャクなどのかやくうどん。
680円のところ、タイムサービスで20円引きの660円だ。

時間が少しかかるとのことだったが、空いてたので8分でできあがりました。

具沢山で贅沢な感じ。
これで660円だから信じられないね。

うどんは、つるつるののどごし。

つゆは優しい味。
一滴残さず完食。

美味しゅうございました。

【中島屋食堂】
滋賀県長浜市北船町3-3

上天ぷらうどん1100
上天ぷらうどんを食べてみた。
1,100円也。

天ぷらは海老二尾、茄子、蓮根。
衣は少なめ。

うどんは細麺でつるつる滑らか。

美味しゅうございました。

【東里庵】
東京都国立市東3-6-13

きつねうどん700
紫御飯
府中本町駅近くにある麺工房。
国産小麦使用で無化調とのこと。

店内は渋い雰囲気。

きつねうどんをいただきました。
ミニミニ紫飯が付いてました。

無化調の汁は優しい味わい。

国産小麦使用の饂飩はモチモチの食感。

府中町田豆腐店の油揚げは一枚一枚手で油抜きをしています。

カウンターに置いてある天カスを後半戦に投入。
味が変わって二度楽しめました。

【厨】
東京都府中市本町1-7-4

天ぷらうどん350(後藤商店)
『オアシス』のすぐ近くにある休憩所。
折角ここまで来たので、もう一杯食べていくことにしよう。
田中さんはこちらのマシンのメンテナンスも行っているとのこと。

天ぷらうどんにしました。
350円。オアシスと同じ。

つゆがこちらの方が濃い。
とろろ昆布の代わりに柚子が入っていた。
玉葱天も微妙に違う。

オアシスの方が好みかな。

益田までの帰り道、運良く路線バスに乗れた。
(#^.^#)

【後藤商店】
島根県益田市安富町1905-3

このページのトップヘ