風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: カツ丼

ヒレかつ丼(松のや)650
味噌汁(松のや)
千切りキャベツ(松のや)80
府中駅前ビル武蔵府中 LE SIGNE1階にオープンしたとんかつ屋。
松屋フーズグループです。

ヒレかつ丼をいただきました。
650円也。
味噌汁付。

注文後、カツを揚げるので熱熱で旨旨。
カツに厚みがあり、食べ応え有り。

千切りキャベツは80円。
これを付けるとバランス良くなるね。

【松のや府中店】
東京都府中市宮町1-100
ル・シ―ニュ 1F-132

かつ丼(巴屋)800
漬物(巴屋)
本郷通沿いにある蕎麦処。
こじんまりとした店です。

かつ丼をいただきました。
850円也。
漬物付。
味噌汁は別、50円する。

しょっぱめの味付け。
漬物用に醤油を出してきたことからもわかる。

豚肉は薄め。

長葱が一瞬に煮込まれていた。

【巴屋】
東京都文京区本郷5-23-13

かつ丼(長岡屋)800
沢庵(長岡屋)
味噌汁(長岡屋)
早稲田大学の近くにある蕎麦処。
西北亭の斜め向かい。

かつ丼をいただきました。
800円也。
沢庵・味噌汁付。

カツは予め揚げていると思われ、早く出てきました。

肉は薄く衣が厚い。
玉葱がいっぱい。
甘辛い味であった。

【長岡屋】
東京都新宿区早稲田鶴巻町533

かつ丼(三朝庵)790
沢庵(三朝庵)
吸物(三朝庵)
蕎麦湯(三朝庵)
早稲田大学の近くにある蕎麦処。
江戸時代に創業。
カツ丼発祥説がある。
食券制。

カツ丼をいただきました。
790円。
沢庵・吸物付。

カツは予め揚げていると思われ、早く出てきました。

肉は薄く衣が厚い。

吸物は蕎麦つゆ味。

蕎麦湯も出てきた。

接客は丁寧で良かった。

【三朝庵】
東京都新宿区馬場下町62

かつ丼(朝日屋)850
味噌汁(朝日屋)
漬物(朝日屋)
日の出町役場近くにある蕎麦処。
夜7時頃入店したら、暖簾が終われていた。
もうだめかと思ったら、大将からOKが出た。

カツ丼をいただきました。
850円也。

重箱で出てきました。
カツの厚みが凄かった。
配分を考えず食べていたら、飯が余ってしまった。

【朝日屋】
東京都西多摩郡日の出町平井2731

ひれかつ丼定食(明石)1450
なめこ汁(明石)
漬物(明石)
キャベツ(明石)
ニュー新橋ビル4階にあるとんかつ処。

ランチを食べに行きました。
早い時間だったので空いていました。

ひれかつ丼定食をいただきました。
1,450円也。
キャベツおかわり自由。
とん汁かなめこ汁を選びます。
なめこ汁にしました。

厚みのあるひれかつがゴロゴロ入ってます。
かつ・玉子・御飯、全てが熱熱で旨い。

キャベツは山盛なので、おかわりの必要なし。

ボリューム満点だが、全然胃もたれしなかった。

【明石】
東京都港区新橋2-16-1
ニュー新橋ビル 4F

かつ丼(むさしや)1300
吸物(むさしや)
漬物(むさしや)
サラダ(むさしや)
神谷町駅近くにある蕎麦屋。
こじんまりとした店です。

かつ丼をいただきました。
1,300円也。
サラダ・吸物・漬物付。

カツは脂身が少なくてヘルスィー。
肉・衣・玉子が三位一体。
柔らかくて美味しい。
タレも丁度良い。

吸物は上品な味わい。

気が付くと男性客は全員かつ丼だった。
納得

【むさしや】
東京都港区虎ノ門5-8-10

かつ丼(星月)1340
味噌汁(星月)
漬物(星月)
豆モヤシ(星月)
国領駅南口から狛江通を10分くらい歩くと蕎麦処現る。
こじんまりとした店である。

かつ丼をいただきました。
1,340円也。
味噌汁・漬物・小鉢付。
本日の小鉢は豆もやし。

カツには玉子がかかっておらず、衣がサクっとしております。
前半は旨いと感じていた。
後半、豚に筋が残っていて噛み切れなかった。
残念

【星月】
東京都調布市国領町8-1-22

カツ丼(長寿庵)
味噌汁(長寿庵)
漬物(長寿庵)
小鉢(長寿庵)
カツ丼(長寿庵)1000
246沿いにある蕎麦処。
青山らしく御洒落な雰囲気でございます。

カツ丼をいただきました。
千円也。

丼・味噌汁・漬物・小鉢を盆にのせてまいりました。

丼が大きい。
玉子で綴じられたカツに黄身がのってます。
豪華な感じがイタシマス。

カツ熱熱。
御飯熱熱。
ふうふうしながらかっこむ。
堪らないね。
タマネギ・カイワレダイコン・エノキ・シメジも入ってて美味しい。

豆モヤシのサラダがいい箸休めになってます。

ボリュームたっぷりでお腹いっぱい。
満足

男性客にカツ丼が人気のようです。

【長寿庵】
東京都港区南青山2-6-18
渡邊ビル 1F

かつ丼(みのち庵)1000
味噌汁(みのち庵)
漬物(みのち庵)
六本木交差点角にある蕎麦処。
創業明治41年。

ランチに、かつ丼を食べました。
1,000円也。

かつは、揚げ立てで旨かった。

六本木の喧騒を余所に落ち着いた雰囲気。
いい意味で、のんびりしています。

【みのち庵】
東京都港区六本木3-11-8

かつ丼(藪)900
吸物(藪)
漬物(藪)
外苑東通沿いにある蕎麦処。
16時頃空いてたので入ってみました。
中休みが無いので助かる。

かつ丼をいただきました。
900円也。

注文してすぐに出てきました。
かつは予め揚げているようだ。

衣がジャリっと不思議な食感がした。

【藪蕎麦】
東京都港区六本木3-14-9

かつ丼(長寿庵)
味噌汁(長寿庵)
漬物(長寿庵)
小鉢(長寿庵)
サラダ(長寿庵)
かつ丼(長寿庵)1050
六本木ヒルズ向い六本木通沿いにある蕎麦処。

ランチに、かつ丼を食べました。
1,050円也。

注文して5分くらいで出来上がりました。
かつは予め揚げているようだ。

少し高いなと思ったら、小鉢やらサラダやらいろいろ付いてきた。

味噌汁が旨かった。

【長寿庵】
東京都港区六本木7-18-15

かつ丼900(増田屋)
味噌汁(増田屋)
漬物(増田屋)
ブラタモリで登場した渋い蕎麦処。

ランチに、かつ丼を食べました。
3時までは、通常950円が900円にプライスダウン!
味噌汁または、わんこを選びます。
味噌汁にしました。

プライスダウンにもかかわらず、肉に厚みがある。
玉子はハードボイルが好みだが、旨かった。

花番の接客も丁寧で良かった。

【増田屋】
東京都港区六本木7-9-3
第1韮沢ビル 1F

かつ丼800
味噌汁(福招庵)
漬物(福招庵)
八幡通りから横丁に入った処にある蕎麦処。
朝日屋の近く。
11時半の開店と同時に暖簾を潜る。
昭和の雰囲気漂う。

かつ丼をいただきました。
800円也。
ちなみにかつ丼(上)は1,150円。

かつは朝日屋より薄いが並なのでこれで充分だ。
マイルドな味付けで食べやすい。

玉子がしっかり煮込まれているのが好印象。

御婦人の御客さんは蕎麦を召し上がっていました。

【福招庵】
東京都渋谷区代官山町15-7

かつ丼(朝日屋)870
味噌汁(朝日屋)
漬物(朝日屋)
八幡通り沿いにある蕎麦処。
11時半の開店と同時に暖簾を潜る。
昭和の雰囲気漂う。

かつ丼をいただきました。
870円也。
ちなみにかつ丼(上)は1,300円。

かつは丼から食み出る大きさ。
厚さもあり食べ応えがある。

味付けはチトしょっぱめでガテン系かな。

玉子がしっかり煮込まれているのが好印象。

我輩を含めて客は全員おっさんだった。

【朝日屋】
東京都渋谷区猿楽町9-2

かつ丼950
味噌汁(三崎庵かつ)
漬物(三崎庵かつ)
キャベツ(三崎庵かつ)
ひれかつ丼1200
味噌汁(三崎庵ひれ)
漬物(三崎庵ひれ)
キャベツ(三崎庵ひれ)
かつ丼とひれかつ丼を食べ比べてみた。

かつ丼950円也。
ボリューミーだが脂身はそれほど多くない。
おーそどっくす。

ひれかつ丼1,200円也。
ひれかつ4個入り。
ちょっとリッチ。

どちらも美味しいので甲乙付け難い。

CPはかつ丼の方がいいかな。

【三崎庵】
東京都八王子市万町92-2

かつ丼840
味噌汁(竜馬)
漬物(竜馬)
秋元康著「世の中にこんな旨いものがあったのか?」の最終話で登場。
竜馬のかつ丼を絶賛。

ある事情により暫し休んでいたが、堂々の復活を果たした

大将は年配だが、気合漲っています。
店内には高倉健さんの写真とサインが飾られております。

かつ丼をお願いする。
無菌ポーク80グラム。
汁付で840円也。

15分で出来上がりました。

見ただけで涎ゴックンだす

熱熱の湯気、香ばしいかほり。

タレは甘め。
刻み長葱が特徴的。

いやあ旨いっす
夢中になって丼を掻き込んだ。

味噌汁、漬物もイイ。
あっという間に平らげた。

ごちそうさん

【竜馬】
東京都世田谷区中町5-38-6

特製カツ丼 (日和)
特製カツ丼500
中央大学のヘルシーレストラン。

特製かつ丼を食べてみた。

自家製豚カツ使用!
ワンコインで1144㎏calだ。
素晴らしいコストパフォーマンス。

勿論、味も格別。
肉が柔らか~い。
タレは甘め。

脂身が少なめなので、女子学生にも人気だ。
ボリュームはかなりあるぞ。

【日和】
東京都八王子市東中野742-1
中央大学 多摩キャンパス
ヒルトップ 4F

上ヒレ丼
上ヒレ丼1650
明治通りから一本中に入った処にある老舗とんかつ店。
エリック・クラプトンがお気に入りだ。

上ヒレ丼をいただきました。

甘めの汁で煮込まれていて衣はしっとりしています。
まわりを囲む玉子はしっかり煮込まれている。
ハードボイルドな俺にはぴったりだ。

肉は適度な歯応えで、ロースとヒレの中間のような味わい。
丼を掻き込み、あっという間に完食。
箆棒に旨い。

大将は滑舌が素晴らしく、その語りは古館伊知郎を彷彿させる。
古館とは違い、嫌味なところは全くない。
接客は、滝川クルステルのお・も・て・な・しの心が感じられた。

【福よし】
東京都渋谷区神宮前4-28-24

特製カツ丼
特製カツ丼3240
ホテルニューオータニ ザ・メイン アーケード階にある季節料理店。
超一流ホテルの中と思えない庶民的な雰囲気。
開店まもなく入店、おばちゃんの団体客で大賑わいだ。

新どっちの料理ショーで紹介された特製カツ丼を食べてみた。

素材に徹底的にこだわった特製カツ丼。
通常カツ丼の倍の値段するのだ。

つゆだくだが、つゆ自体が旨い。
木製スプーンで食べるのだ。

玉子が半熟で衣はしっとりしてる。

とんかつは鹿児島県産黒豚ロース。
かなりのボリューム。
脂身が全然しつこくないので食べやすい。

漬物と小鉢がしょぼかった。

かなりのボリュームだったが、あっという間に完食。
全くもたれなかったが、夕方になっても腹が減らなかった(笑)

【ふみぜん】
東京都千代田区紀尾井町4-1
ホテルニューオータニ

このページのトップヘ