風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: フライ

前菜(吾妻)
カキフライ(吾妻)3240
スープ(吾妻)
ヒレステーキS(吾妻)10260
大正12年創業の老舗洋食店。
値段が高いので有名である。
意を決して尋ねてみた。
日曜日だったが17時半開店より前に着いてしまった。
電話で確認をして仕切り直しだ。

カキフライと極上ヒレステーキSのディナーセットにしました。

まずは、前菜の生ハムサラダ。
うんめえ。

カキフライは単品で3,240円する。
大将によると今の時期が最高だそうだ。
的矢産カキフライ、まずはそのままでいただく。
身は思ったほどプックリしてないが、旨味は濃い。
確かに旨い。
タルタルソースやマヨネーズもつかない。
ウスターソースをつけていただく。
あっという間にペロリ。
3,240円が胃袋に消えた。

セットのカップスープ。
うんめえ。

ステーキはSでも1万円以上する。
量は結構ある。
極上ヒレは霜降りが凄い。
さっぱりしたのが好みなので、自分には高級過ぎたかな。

ライスはお代わり自由だが、ワインを呑んだのでおなかいっぱい。

珈琲でおしまい。

勘定は凄いことになっていた。

高くても、一度は食べるべきだと思う。

【吾妻】
東京都墨田区吾妻橋2-7-8

カキフライ(九絵)
オカズ(九絵)
カキフライ定食(九絵)1200
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった漁師料理店。
ランチを食べに行ったら、開店前に行列が出来ていました。
人気店です。

四角テーブルに相席になりました。
ぎゅうぎゅう詰め。

ランチメニューは学生街なのに高価格設定。
1,000円~2,500円。
なので東工大生の姿は少ないようだ。

店員は九絵定食を勧めている。
カキフライは時間がかかるということだが、初志貫徹。
カキフライ定食にしました。
1,200円也。

カキフライを揚げる音は聞こえたが、なかなか出てこない。
四角テーブルの6人分同時に配膳されました。
40分かかりました。
隣客の九絵定食も俺のカキフライ定食も配膳は全部一緒。
出来次第持って来るわけではない。
結局、どれも時間がかかるのだ。

カキフライは大粒だが、熱熱を食べられないのが残念。
なんとも勿体無い感じ。

隣客の九絵定食は見た目から良くなく、注文しなくて正解であった。

店員の接客のタメ語が癪に障る。

再訪は無い。

【九絵】
東京都目黒区大岡山2-2-1

お通し(五郎)
串揚①(五郎)
串揚②(五郎)
おでん(五郎)
焼飯(五郎)626
味噌汁(五郎)
『蓮』の跡地が、串揚屋になっていた。

おでんの赤提灯が出ていたので、誘われて入ってみた。

ホッピーセットの白を呑む。
お通しはサラスパ。

おでんは温くて、いまいちであった。

串揚げをお好みで注文。
うずら・ウインナー・いか・えび・きす。
串かつ豚・豚梅しそ巻・じゃがいも・山芋・にんにく。
うんめえ~。
薄い衣でしっかりと油切りを行い、サクッとした食感の串揚げを熱熱で提供。
品書きの説明通りであった。
ホッピーとの相性もイイ。

〆は、じゃこと大葉の焼き飯。
味噌汁付。
こちらも旨かった。

【五郎】
東京都府中市府中町1-8-12
キャッスルプラザ府中102

かきフライ(勝烈庵)
かきフライ定食(勝烈庵)2106
漬物(勝烈庵)
赤出汁(勝烈庵)
昭和2年創業の馬車道の老舗。

厳選された旬の味、かきフライ定食をいただきました。
2,106円也。
こだわりの三陸産の牡蠣が5個。
身がぎっしり詰まっていて食べ応え有り。
キャベツをお代わりして丁度良かった。

【勝烈庵】
神奈川県横浜市中区常盤町5-58-2

カキチャウダー(スケロク)
カキフライ(スケロク)
ビフテキ(スケロク)3000
サラダ(スケロク)
珈琲(スケロク)
アイスクリーム(スケロク)
北野天満宮近くの住宅街にありました。
普通の家の玄関を入ります。
靴は脱がなくて大丈夫だ。
家族経営のようです。

お昼のお得なメニューのビフテキランチをいただきました。
スープ、特選牛フィレビフテキ、付け合わせ、サラダ、ライス、アイスクリーム、コーヒー。
三千円也。
+400円で本日のスープをカキチャウダーにばーじょんあっぷ。
続けて、カキフライちょこっと盛りもぷらす。こちらも+400円。

寒空のしたを歩いてきたので、熱熱のカキチャウダーがめっちゃ嬉しい。
牡蠣がゴロゴロ入っていた。
温まるね。

カキフライも絶品。
2個だと足りないね。

ビフテキ、うんま~!
頬っぺた落ちるで。

付け合わせとサラダも美味しい。

バニラアイスクリームと珈琲で余韻に浸る。
充実のランチであった。

また来てみたいな。

【スケロク】
京都府京都市北区衣笠高橋町1-26

カキフライ定食(ロビン)900
カキフライ定食をいただきました。
900円也。

広島産牡蠣が5個。
カキフライの下にはスパゲッティが敷いてあった。
ロビンのこだわりが感じられるね。

【ロビン】
東京都多摩市永山1-4
グリナード永山 4F

帆立貝バター焼き(キムラ)1980
海老フライ(キムラ)1880
サラダ(キムラ)
横浜野毛にある洋食店。

秋の味覚、カキフライを求めたが、残念ながら仕入れの関係で今年はお休み。

帆立貝バター焼と海老フライをいただきました。

まずはサラダが出てまいります。
ドレッシングが美味しい。

帆立貝バター焼は、1,980円也。
熱熱の貝殻型の鉄板で登場。
帆立がプリプリでバカウマ。
ハム・アスパラ・シイタケが脇を固めています。
ビールのアテにもイイ。

海老フライは、1,880円也。
衣がふんわりしております。
海老がプリプリでバカウマ。
今まで食べた海老フライで一番旨かった。

値段は高めだが、味は抜群であった。

【キムラ】
神奈川県横浜市中区野毛町1-3

カキフライ(ろんたん)900
玉子スープ(ろんたん)
ジンジャーエール(ろんたん)
カキフライをいただきました。
たまごスープ付。
10時前だとさらにソフトドリンク付。
早起きは三文の得。
ジンジャーエールを付けた。

カキフライは普通の味だが、朝から食べれるのが嬉しいね。

【ブラッスリーろんたん】
東京都府中市日吉町1-1
東京競馬場 フジビュースタンド5F

カキフライ(センターグリル)830
コンソメカップスープ(センターグリル)250
野毛にある米国風洋食店。
店内に入ると2階に上がるよう案内された。

BGMはアメリカンポップス。

カキフライをいただきました。
単品830円。
カキフライライスは980円。
コンソメカップスープも付けました。
250円。

カキフライは普通だったが、付け合わせのスパゲテーが何気に旨い。

ライスは海苔みたいになっていて、途中で食べるのを止めた。
単品でよかったな。

次回はナポリタンにしよう。

【Center Grill】
神奈川県横浜市中区花咲町1-9

カキフライ定食(つばき食堂)1100
前菜(つばき食堂)
味噌汁(つばき食堂)
自由が丘にある定食屋。
焼魚と家庭料理。
おふくろの味ってやつだ。

カキフライ始めました。
カキフライ定食1,100円也。

まず前菜三点盛が出てまいります。
オカズがすぐに出てこないので、前菜を食べてしまった。

カキフライは4個。
ちと寂しい。
御飯と味噌汁お代わり自由だが、オカズが足らない感じ。
前菜に手を付けなければ良かった

【つばき食堂】
東京都目黒区自由が丘1-11-1

あじフライ(はなふさ)950
枝豆(はなふさ)
畳鰯(はなふさ)
刺盛(はなふさ)
柳かれい(はなふさ)1060
和風オムレツ(はなふさ)740
旧小田原町にある魚料理の店。
市場関係者が呑みに行く処。
19席の小さな店なので予約必須。

ビールでノドを潤す。
ビールは大瓶しかない。
お通しは枝豆と畳鰯。

刺盛をお願いする。
鮪・伊佐木・秋刀魚・蛸・北寄貝。
海が荒れていてあまり魚が無いとのことだが、なかなか充実してますよ。

刺身が出てきたので、ぬる燗にする。
御酒は菊正宗。

柳鰈も美味しい。

蛸入り和風オムレツが気になったので頼んでみる。
ド~ン!
土鍋で登場。
明石焼きのような味わいであった。

あじフライが絶品!
肉厚でないのがイイ。
サクサクの食感。
全然臭みがなくて美味しい。
思わず御飯が欲しくなりました。

【はなふさ】
東京都中央区築地7-14-7

カニクリームコロッケ(自由軒)1080
味噌汁(自由軒)
漬物(自由軒)
ドラマ「孤独のグルメ」の舞台になった洋食屋。
表通りの裏にあるのでわかりにくい。

五郎セットなるメニューもあったが、吾輩はミーハーではない。
クリームたわらコロッケをいただきました。
1,080円也。
ライス・味噌汁・漬物付。

コロッケにはタルタルソースが付いてなかった。
トンカツソースで食べる。
カニの量が少ない。
普通のクリコロであった。

【自由軒】
北海道旭川市5条通8丁目左2号

カキフライ(日の出)1000
魚善の並びにある名物かつ専門店。
レトロな外観に惹かれて入店。
店内も昭和の雰囲気が色濃い。

冬だけのグルメ、カキフライライスをいただきました。
1,100円也。
定食ではないので、味噌汁・漬物は付かない。

洋食屋というより家庭料理の感じ。
カキは大粒だが、衣がクリスピー。
カリカリの食感。

御飯がいまいちだったので、ビールのアテ向き。

【日の出】
東京都台東区千束3-11-5

カキフライ(アリゾナキッチン)1296
蛤のガーリックオーブン焼き(アリゾナキッチン)1080
永井荷風が通った洋食店。

11時半の開店と同時に入店。
あっという間に満席になった。
人気店です。

BGMはエルヴィスプレスリー

カキフライと蛤のガーリックバーオーブン焼きをいただきました。
カキフライは1,296円、焼蛤は1,080円也。
浅草価格、いい御値段です。

パンを付けずに、生ビールを呑みました
真昼間のビール、堪えられねえ

オーブン焼きが最初に出てきました。
蛤の上にパン粉、パン粉の上にガーリックバター。
熱熱で旨旨
ビールのアテに最高!

続いてカキフライ。
レモンとタルタルソースだけで食べた。
カキも旨いが、衣も旨い。

ホロ酔いでいい気分だす

ARIZONA KITCHEN
東京都台東区浅草1-34-2

カキフライ(徳仙)1000
味噌汁(徳仙)
漬物(徳仙)
六区通りにある食事処。
明治23年創業。
アド街で紹介された店頭ディスプレイが凄い!
店内も渋かった。

カキフライ定食をいただきました。
1,100円也。
カキフライ単品は1000円。
100円しか違わない。

カキがじゅうすいで旨かった。

【徳仙】
東京都台東区浅草2-4-4

カキフライ(ぱいち)1300
漬物(ぱいち)
味噌汁(ぱいち)
昭和11年創業の洋食屋。
カウンターの中の厨房はコックさんでいっぱいち。

カキフライセットをいただきました。
カキフライ単品1,300円也。
御飯・味噌汁・漬物セット300円也。

なかなかの御値段であったが、抜群の味であった。
カキフライは浅草一旨い!

接客も見事であった。

【ぱいち】
東京都台東区浅草1-15-1

カキフライ(オークラ)
カキフライセット1650
日曜の朝から本格のカキフライを食べたい。
そんな時は、東京競馬場のオークラレストランです。

カキフライセット1650円也。
いい御値段です。

大粒のカキが6個。
パン粉は少なめ。
タルタルソースをたっぷりかけて頬張る。
堪らん

【ホテルオークラ レストラン】
東京都府中市日吉町1-1
東京競馬場 メモリアルスタンド6F

カキフライ定食730
中野サンプラザの隣、中野区役所本庁舎2階にある食堂。
一般人の利用可であります。

カキフライ定食650円。小鉢付730円。
券売機で小鉢付を購入。

揚げ立てをご用意します。
5分少々お時間をいただきます

食券を出すと番号札を渡される。

小鉢は6種類くらいから選ぶ。
揚物が多かったが、被るので冷奴にしました。
漬物は取り放題。

番号を呼ばれて受け取り行った。

役所飯にしてはなかなかのもの。
御値段は満点という訳にはいかないね。

12時前でも区役所職員が食べていたので、11時の開店すぐが狙い目だ。

【中野満点食堂】
東京都中野区中野4-8-1
中野区役所 2F

海老フライ850
海老ピラフ790
漬物(アトム)
味噌汁(アトム)
ドラマ『孤独のグルメ』で紹介された食堂。

駅から大分離れた処にあります。
タクシー運転手のレストハウスのようだ。

夕方に入ってみたら、次々とタクシードライバーが集まってきます。
喫煙は勘弁して欲しいな。

エビフライとエビピラフをいただきました。
しまった海老がダブってしまった。
ワザとです。

フライは衣がゴワゴワして厚い。
ピラフは味が薄かった。

味噌汁は旨かった。

【アトム】
東京都江東区枝川3-8-8

あさり・えび・ポテト
いか・たまご・玉ねぎ
野毛の有名な立ち呑み処。
平日の17時頃だったが、呑兵衛が外まで溢れていた。

まずは生ビールでノドの渇きを癒す。
お通しは無い。

1皿目は、あさり・えび・ポテトにしてみた。
ソースは勿論「辛いの」

衣は結構しっかり付いている。
大蒜ソースがビチャビチャになるくらい染みている。
ポテトが旨い。

2皿目は、いか・たまご・玉ねぎにしてみた。
ソースは勿論「辛いの」
このチョイスはなかなか良かった。
酎ハイレモンとの相性バッチリ。

立って呑むと長っちりは出来ねえ。
ここらで御勘定にする。
1,650円。
安い!

この晩は妙に体が火照っちまった。
(〃'∇'〃)ゝ

二日後の電車内、凄え臭え奴がおるなと思ったら自分だった。
恐るべし福田の辛いソース!
w|;゚ロ゚|w

【福田フライ】
神奈川県横浜市中区野毛町2-71
第3加藤ビル 1F

このページのトップヘ