風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: 蕎麦

天麩羅蕎麦(登月峰)750
箱根ヶ崎駅前にある蕎麦処。
渋い雰囲気。

天ぷらそばを手繰りました。
750円也。

並なのに海老天が弐尾。
豪華です。
味も良かった。

【登月峰】
東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎251

かけそば(甚作)500
春天盛(甚作)600
かき揚げそば(甚作)
羽村駅東口近くにある手打蕎麦処。

かけそばを手繰りました。
500円也。
つゆのかほりがいいですね。
そばはのどごしなめらか。

季節の天盛り(春)をつけました。
600円也。
桜海老掻き揚げと野菜天です。

掻き揚げを蕎麦にのっけてみました。
香ばしい風味。
まさしく春の味であった。

【甚作】
東京都羽村市五ノ神4-2-1

お通し(さんわ)280
おでん(さんわ)450
かにみそ(さんわ)390
子持ちししゃも(さんわ)480
チーズ揚げ(さんわ)
天麩羅(さんわ)
蕎麦(さんわ)
『八家』だった処が、いつの間にか蕎麦居酒屋になっていた。

蕎麦前は完全に居酒屋スタイルです。

お通しはグリーンピース。

すぐ出来るおでん。
味は今一つ。

かにみそ・子持ちししゃも・チーズ揚げを肴に呑む。

〆は天ぷらそばにしてみた。
880円也。
天麩羅と蕎麦はセパレートタイプ。
蕎麦の量は多かったが、味は今一つ。

駅から離れているぶん安いが、もうちっとがんばってもらいたい。

【さんわ】
東京都府中市府中町1-27-1

牡蠣南蛮蕎麦(泰明庵)1450
泰明通りにある蕎麦処。
中休みが無い通し営業なのがいいね。
旨そうな肴がいっぱいあるので、昼から酒を呑みたくなってしまう。

牡蠣南蛮蕎麦を手繰りました。
1,450円也。

牡蠣の出汁が効いててめっちゃ旨い。
これで酒が呑めそうだ。

【泰明庵】
東京都中央区銀座6-3-14

煮物(土蔵食亭)
岩魚塩焼(土蔵食亭)
オカズ(土蔵食亭)
蓬蕎麦(土蔵食亭)
山家御膳(土蔵食亭)2052
三河屋旅館に隣接する食事処。
土蔵を改装しています。
東京の奥座敷の土蔵食堂、本当に奥まった感じ。

昼時に訪れたが先客も後から来る客もいなかった。

山家御膳をいただきました。
通常価格1,620円。
岩魚バージョンアップ+216円。
御飯蓬蕎麦バージョンアップ+216円。
合計2,052円也。

岩魚を焼くのに時間がかかるそうな。
20分くらいで出来上がりました。
酒の肴がいっぱい。
昼なのでビールにしました
グビグビ

刺身蒟蒻が旨かった。

【土蔵食亭】
東京都西多摩郡奥多摩町氷川1414

牡蠣蕎麦(蕎匠)1500
ミニ深川飯(蕎匠)540
漬物(蕎匠)
『だるま』で呑んだ後、〆に寄りました。

牡蠣蕎麦とミニ深川飯にしました。

牡蠣蕎麦は1,500円。
広島県地御前直送大牡蠣が4個はいってます。
牡蠣の出汁で蕎麦汁が白濁しております。
濃厚な味わい。

ミニ深川飯は540円。
あっさり醤油味の浅利がいっぱい。
まいう~🎵
貝好きには堪えられないセットです。

【蕎匠】
東京都江東区平野1-7-2

天ぷらそば(小川)1450
帆利川で呑んだ後、〆に寄ってみた。

天ぷらそばを手繰りました。
1,450円也。
帆利川で呑んだ金額より高い(笑)

海老がプリプリ。

つゆの色が薄く関西風。

次回は饂飩にしてみよう。

【小川】
東京都調布市菊野台2-21-3

肉じゃが(千寿)550
せいろ(千寿)750
かけ(千寿)780
肉じゃがを肴に御酒を呑んだ後、蕎麦を手繰りました。

せいろとかけ。
冷と温。
新そばを味わいました。
するっと胃袋に収まった。
美味しゅうございました。

【千寿】
東京都府中市寿町1-9-1

陣馬そば(清水茶屋)600
陣馬蕎麦を食べました。
600円也。
開店間もなかったので、少々時間がかかるとのこと。

10分くらいで出来上がりました。
つゆが温かった。
蕎麦は袋麺って感じだ。

信玄茶屋の方が旨かった。

【清水茶屋】
神奈川県相模原市緑区佐野川603

牡蠣蕎麦(田奈部)1500
本郷三丁目交差点近くにある手打蕎麦処。
店の中で蕎麦を打っている様子が眺められます。

牡蠣蕎麦を手繰りました。
1,500円也。

小ぶりの牡蠣が3粒かと思ったら、蕎麦の下にもう1粒隠れておりました。
牡蠣の出汁の染みた汁が美味しい。

蕎麦は太さが不揃いなのが、いかにも手打ちって感じやね。

【田奈部】
東京都文京区本郷3-35-6

陣馬蕎麦(信玄茶屋)600
陣馬山に登頂。
朝から何も食べてないので御腹ペコペコだす。

陣馬蕎麦を手繰りました。
600円也。

山菜がテンコ盛り。
瓶詰めの山菜の風味が苦手で普段は食べないのだが、
山頂で食べる山菜は、ことのほか旨く感じた。
おつゆが旨いせいなのかもしれない。

蕎麦は増量サービス。
これはありがたい。

次回は饂飩にしてみよう。

【信玄茶屋】
神奈川県相模原市緑区佐野川5

ざるとろろそば(つたや)950
板わさと枝豆(つたや)600
下山して汗だくだく。
キンキンに冷えたビールでノドを癒したい。
表参道は凄い人込み。
とりあえず入れる店を探して飛び込んだ。

つたやの店内もワイワイガヤガヤ大賑わい。

生ビール、板わさと枝豆をお願いする。
玉子焼きが付いていたのは嬉しいが、枝豆が凍っております。
これで600円もする。

〆はざるとろろそばにしてみた。
950円也。
観光地の蕎麦ですな。

とりあえず人心地ついた。

【つたや】
東京都八王子市高尾町2466

松茸蕎麦(NAKAJIMA)5702
松茸おにぎり(NAKAJIMA)
ホテルニューオータニガーデンタワー ロビィ階にある麺処。
季節限定の松茸蕎麦をいただきました。
サービス料・税込で5,702円也。
物凄く贅沢な蕎麦です。

秋の味覚の王様、松茸。
国産品に劣らく香りと歯切れの良い食感に折り紙つきのメキシコ産松茸を使い、
米粉のやさしい衣に包まれた贅沢な天麩羅はさっくりと噛めば松茸独特の高貴な香りが立ちます。
日本の秋の味覚を余すところなくご堪能いただけます。


食べる前は揚げてしまうと、風味が飛んでしまうのではないかと思いましたが、
全く逆でありました。
噛んだ瞬間、松茸の高貴なかほりが鼻に抜けていきます。
物凄く旨い。
正直メキシコ産に期待していなかったが、目から鱗が落ちた。
あんびりいばぼうだ。
のおぷろぶれむだ。
国産と言われても実際わからない。

量も半端ない。
ゴロゴロ入ってます。
米粉なので衣が邪魔してない。
なので軽くペロリだ。
蕎麦・汁自体も旨い。

サービスに松茸おにぎりを付けてくれました。
これは嬉しい。

松茸を堪能しました。

翌日、麻呂の体臭が松茸の香りになっていました。
貴族になったような気分です。

【麺処NAKAJIMA】
東京都千代田区紀尾井町4-1
ホテルニューオータニ
ガーデンタワー ロビィ階

けんちんそば(三崎庵)900
肉みそそば(三崎庵)900
朝晩めっきり冷えてまいりました。
体が温まりそうな蕎麦を食べました。

けんちんそば。
900円也。
野菜たっぷりで優しい味わい。
薩摩揚が嬉しい。

肉みそそば。
900円也。
そぼろ肉かと思っていたが、豚バラ肉であった。
スタミナ付きそう。
茹でキャベツが嬉しい。

【三崎庵】
東京都八王子市万町92-2

大海老天そば(花の家)1404
蕎麦(花の家)
西武百貨店B館10階レストラン街にある蕎麦処。

大海老天そばを手繰りました。
1,404円也。

自家製粉石臼挽き。
店頭で挽いてます。
上川町の大雪蕎麦を100%使用。
やっぱり蕎麦は北海道やね。

つゆはマイルドな味わい。

天ぷらは海老弐尾・蒲鉾・大葉。
蕎麦と別盛で出てきます。
衣は少な目。

青葱・三つ葉・麩が脇を固めています。

【花の家】
北海道旭川市1条通8丁目右1号
西武旭川店 B館10F

もり(増田屋)550
東京大学農学部近くにある蕎麦処。

もりを手繰ってみた。
550円也。

蕎麦が冷たくて美味しい。
つゆは辛口ではないので、蕎麦をたっぷり浸しても大丈夫。
蕎麦の量もたっぷりあった。

【増田屋】
東京都文京区西片2-21-7

なめこそば(小嶋屋)1188
いなり寿司(小嶋屋)227
梅雨寒だったので、温かいのを求めておりました。
なめこそばを手繰りました。
1,188円也。

なめこは二種類。
蕎麦が見えないくらいたっぷり入ってます。
なめこのとろみが甘めのつゆと合わさって美味しい。

いなり寿司は新潟県産コシヒカリを使用。
227円也。
蕎麦の御伴にぴったりです。

【小嶋屋 府中店】
東京都府中市宮町1-41-2
伊勢丹
府中店 9F

むじなそば(あさひや)650
東京大学正門前にある蕎麦屋。
渋い佇まい。

むじなそばを手繰りました。
650円也。

たぬき+きつねでむじな。
胡麻油の揚げ玉と甘辛煮の油揚げ。

蕎麦は、長め。
つゆは、しょっぱめ。

【あさひや】
東京都文京区本郷6-17-6

冷したぬきそば(三崎庵)900
冷しきつねうどん(三崎庵)900
三崎庵の涼味を食べ比べてみた。
冷したぬきそばと冷しきつねうどん。
共に900円也。

具沢山で彩り鮮やか。
揚玉は香ばしいが重くならないのがいいね。
うどんは冷すと引き締まるね。

【三崎庵】
東京都八王子市万町92-2

陣馬そば(山下屋)
とろろ(山下屋)
お通し(山下屋)
きのこ3種(山下屋)
陣馬山を下りてきてバス停に着いたらタッチの差で発車していた。
次の便まで1時間ぐらいある。

山下屋で小休憩にしました。

ズボンまで汗びっちょりだったので、生ビールで水分補給だ
うんめえ~。
お通しは自家製味噌。
こういうのチビチビやるの好きだ。

まだまだ時間に余裕があるので、生ビール御代り
キノコ三種盛をアテにする。
油で炒めたようだ。
滋味深い味わい。

ビールが止まらなくなりそうなので、蕎麦にしよう。
それにビールだと水分補給にならないのだ。
小便で出ちまうのだ。
山男にゃ惚れるなよだ。

〆はとろろそばにしました。
店主は、とろろそばはあまりおすすめではないと説いたが、
今日は舞茸天蕎麦の気分ではない。
とろろそばにしました。

蕎麦は緑色をしていました。
とろろは期待通りの味。
それより、味付海苔が蕎麦に合うのかを問いたい。

バスの到着時刻が近づいたので、山下屋をあとにする。
帰りの車内は爆睡であったのは言うまでもない。

【山下屋】
東京都八王子市上恩方町3891

このページのトップヘ