風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: 鉄板焼

熱熱
オープン!
熱熱
寒い季節はロシア料理の気分ですなあ。
ディナーは予約でいっぱいのようだ。
ランチなら予約なしでも大丈夫だった。

店内はロシア民謡が流れております。
民族衣装を着ているスタッフもいる。
顔は日本人なので安心だ(笑)

アラカルトメニューから、
コーカサス風牛ヒレ肉の串焼きと
漁師風海の幸のつぼ焼きをいただいた。

コーカサスとは黒海とカスピ海に挟まれた地域。
串焼き料理が名物である。

本場は羊肉がメインだが、
ロゴスキーは羊と牛の両方ある。
牛ヒレ肉の串焼きは日本人向きの味。

鉄板が熱熱。
鉄串も熱い。
早く食べないと焦げちまうぞ。

つぼ焼きもかなり熱い。
パン生地がモチモチして旨い。
海老と帆立がゴロゴロ入ってた。

旨かった。
昼なので丁度良い量だった。
アラカルトで正解。

値段はちょっと高めだが、
たまに行くにはいいかも。

【ROGOVSKI】
東京都渋谷区道玄坂1-2-2
渋谷東急プラザ 9F

豊後牛フィレステーキ
前菜
ガーリックトースト
コンソメスープ
フォアグラ
活鮑鉄板焼
サラダ
最上級黒毛和牛焼野菜付
デザート
大分なのに宮崎?
シェフが宮崎さんなのだ。
元大分東洋ホテル調理部総料理長。

予約して行ってまいりました。

都町の奥まった処にある。
迷ってしまった。

高崎・九重・鶴見・由布の4コースございます。

由布コースにしてみました。
前菜・フォアグラソテー・スープ・活鮑鉄板焼
・最上級黒毛和牛焼野菜付・サラダ・デザート
・コーヒー。

肉はフィレにしました。
焼き加減は宮崎シェフにおまかせ。

前菜から豪華です。
生ビールから獺祭に素早く切り替えた。
日本酒の肴にぴったり。

フォアグラはハチミツソースで蕩ける味わい。
全然しつこくない。
付け合わせは林檎です。

ガーリックトースト、コンソメスープと続く。

水槽から水揚げされた鮑を鉄板でジュっ!
鮑も大きいがエリンギでボリュームアップ。
鮑の旨みがエリンギに染みて美味しくなってます。
勿論、鮑は絶品!
アスパラも旨かったど。

メインは豊後牛のフィレステーキ。
100グラムとは思えない大きさ。
絶妙の焼き加減。
最高級の味わいに酔いしれた。

ガーリックチップが湿気てた、
残念。

デザートとコーヒーで余韻を味わう。

美味しゅうございました。
(*^_^*)

【鉄板焼 宮崎】
大分県大分市都町2-5-22

特選和牛ヒレステーキ
鰹
栄螺
ヴィシソワーズ
若布サラダ
鮑
もやし
パン包み
炒飯
デザート
最近バテ気味だったので、栄養をつけることにしよう。
といっても、贅肉たっぷりついてるんだけどね。
心の栄養が不足しているんです。
そこで、ちょっぴり贅沢なディナーです。

かわ邑は初めてでした。
豪華ながらも寛ぎやすい雰囲気。
大きな水槽には伊勢海老や鮑がいっぱい。
堪らん光景です。

特選和牛と海の幸のディナーコースにしました。
肉と海の幸が選べます。
ヒレステーキと鮑にしました。

アミューズは鰹のたたき。
海の幸は、築地市場仕入とのこと。
流石に旨いね。

前菜はサザエのヴルギニヨンバター焼き。
こちらもいける。
白ワインとの相性もいい。

冷製スープは、空豆・玉蜀黍・芋から選ぶ。
ヴィシソワーズにしました。
冷たくて美味でございます。

若布サラダで口直し。
さっぱりしてます。

鮑は小ぶりだったが、味は抜群。
アラカルト用の大ぶりな鮑も気になる。

メインはヒレステーキだ。
めっちゃジューシーやねん。
こちらは赤ワインだね。

肉汁が染みたパンは、もやしと一緒に食べます。

食事は炒飯と味噌汁。
旨過ぎる。

デザートはメロン・プリン・シャーベット。
完璧です。

豪華なディナーでした。
心の充電完了いたしました!

ワイン呑み過ぎて宿酔になってしもうた(笑)
(*^_^*)

【かわ邑】
東京都八王子市三崎町5-22
シフォスEKビル 1F

豚ロースの鉄板焼和風ステーキソース819円
京八駅近くの居酒屋ビル3階にある創作鉄焼料理。
店内は酔客で賑やかな様子。

豚ロースの鉄板焼和風ステーキソースをいただいた。

厨房は1人でてんてこまいの様子。

なかなか出てこない。
さらにオーダーミスで作り直し。

かなり待たされたが、
出てきたものは期待外れであった。

どうも創作料理と名乗る店は基本が出来てないね。

【がぜん八王子店】
東京都八王子市明神町4-7-2
内藤落合ビル 3F

石垣牛ステーキ1回目
石垣牛ステーキ2回目
青パパイヤおひたし
サラダ
野菜焼
人参シリシリー
玉葱
久米島車海老
ガーリックチップ
ガーリックライス
沖縄豚の中味おすまし
沖縄風ぜんさい
女性スタッフだけの鉄板焼きステーキレストラン。
予約無しで行ったら満席であった。
予約を入れて出直した。
店内は凄い活気があります。

コース料理のみ。
黒毛和牛ヒレステーキと久米島くるま海老コースにしました。
ガーリックライス追加です。

・青パパイヤおひたし
・サラダ
・島豆腐
・紅芋
・野菜焼
・人参シリシリー
・玉葱
・車海老
・ガーリックチップ
・石垣牛ヒレステーキ
・沖縄豚の中味おすまし
・漬物
・ガーリックライス
・沖縄風ぜんさい。

石垣牛が柔らかくて旨い。
2回に分けて、量もたっぷり。

ガーリックライスは肉なしで塩が効きすぎてた。
普通の御飯で良かったかも。

【碧 松尾店】
沖縄県那覇市松尾1-2-9

美味(*^_^*)
カキとネギのバター焼
いぶりがっこ
海賊焼きそば
テーブル毎に大きな鉄板が設置され、
目の前で店の方が焼いてくれます。
こいつはイイ!

カキとネギのバター焼と
北海タコの鉄板焼をいただきました。
鉄板で焼いたあと、皿に盛り付け。
鉄板の上に皿を置くので、
保温状態が丁度イイ!

タコは刺身でもいけちゃうので、
半生に仕上げてあります。
タレにつけていただきます。
旨過ぎる。

鉄板焼の間に、いぶりがっこをポリポリ。
はごだえよぐね。
とろ角ハイボールにも合うね。

〆は、海賊焼きそば。
帆立・烏賊・蛸・海老入り。
こちらも焦げないように
皿に移してくれました。
麺が太くてモチモチの食感。
美味しゅうございました。

【なんばん亭 立川店】
東京都立川市柴崎町3-2-1
グランデュオ立川 7F

熱熱(*^_^*)
TV東京「孤独のグルメ」を観て、
食べに行っちゃいました。
開店の12時ちょい前に到着。
既に行列が出来ております。
パンチパーマ風の女将さん。
「時間かかりますよ」と御挨拶。

ヒレニンニク+ライス&味噌汁をいただきました。

ヒレニンニクとは、友風焼のヒレ肉版。

鉄板がジュウジュウ唸り声を発して登場。

玉葱がいっぱい。
味が濃そうだが、見た目ほどでもない。
玉葱の甘味が際立っていて、ニンニクはあまり感じなかった。
豚ヒレ肉は、柔らかくてめっちゃ旨かった。
いくらでも食べれる感じ。
肉ダブルにしたいくらいだ。
スパゲッティの他、ピーマン・人参・ジャガイモ・南瓜も隠れてます。
ボリュームたっぷり。

御飯のオカズもいいが、ビールのアテにもいい。

女将さんは怖そうな第一印象でしたが、めっちゃ優しかった。

【キッチン友】
神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-7-21

瀬戸内海の真ダコ
焼うどん(カキ)
ドラマ『孤独のグルメ』を観てHIROKIに突撃!

夕方だったので空いてました。
ラッキー!

お好み焼の他、焼そば、焼うどんがあります。
10月〜3月は広島産カキ入りが楽しめる。

カキ入り焼うどんをいただきました。

皿に盛ってくれるのかなと思ってたら、広島流で豪快に鉄板直置きだ!

キャベツが多い。
玉子も入っているので、ボリュームたっぷり。

焼そば=ソース味、焼うどん=醤油味だと勝手に想像してました。

ソース味の焼うどんでした。
コテコテのこってり味。
微妙。
焼そばにすればよかった。

鉄板焼は、タコのガーリック焼にしてみました。
タコプリプリ。
瀬戸内海の真ダコは、めっちゃ旨い。
野菜もいっぱい。
ビールのアテに最高じゃけんのお。

【HIROKI】
東京都世田谷区北沢2-14-14
ハニー下北沢 1F

但馬牛一回目
但馬牛二回目
ガーリックチップス
蛸のクレープ&鴨の燻製
彩り野菜のサラダ
車海老の踊り焼き
徳島産活あわびの鉄板焼き
茄子と蒟蒻の田楽
焼野菜
ガーリックライス&赤出汁
静岡産マスクメロン
ANAクラウンプラザホテル神戸の5階にある鉄板焼処。
堅苦しくない、ゆったりとした雰囲気です。
席は予約しておきました。

店名と同じディナーコースの「北野」をいただきました。
前菜・サラダ・車海老・鮑・ステーキ・焼野菜・ガーリックライス・赤だし・香の物・マスクメロン・コーヒー または 紅茶のコースです。

ステーキはフィレにしました。
神戸牛フィレがソールドアウトなので但馬牛フィレです。

前菜は蛸のクレープと鴨の燻製。

車海老は踊り焼き。
美味でございます。
頭は後ほど出てまいります。

鮑は徳島産。
プリプリの弾力でございます。

茄子と蒟蒻の田楽。
蒟蒻は青海苔入りでございます。

但馬牛は2回に分けて登場。
焼き加減は、ミディアムにしてもらう。
1回目は絶妙な焼き加減であった。
2回目は込んできたせいか、チト雑な感じであった。

焼野菜でさっぱり口直し。

食事は、ガーリックライス・赤出汁・香の物。
ガーリックライスが絶品。
赤身肉も入っていて豪華です。

デザートは静岡産マスクメロン。

アイスティーでおしまい。

料理はなかなかのレベル。
勘定はチト高いネ。

【鉄板焼 北野】
兵庫県神戸市中央区北野町1-1
ANAクラウンプラザホテル神戸 5F

千倉産鮑の鉄板焼ベアルネーズソース
天然車海老のガーリックバター焼き
冷製スープ“パリ・ソワール”トリュフの香りと共に
黒毛和牛フィレ肉100g
季節の焼き野菜
三つ葉風味のガーリックライス
グラスに流したコーヒーゼリー ライチシャーベット添え
パレスホテル立川1階にある鉄板焼処。
大小5部屋あり、入口でマネージャーが案内してくれます。
室内は落ち着いた感じですね。

夏の旬材「国産鮑&黒毛和牛」コースをいただきました。
・天然車海老のガーリックバター焼き 小さなサラダを添えて
・ポテトとコンソメの冷製スープ“パリ・ソワール”トリュフの香りと共に
・千倉産鮑の鉄板焼ベアルネーズソース
・黒毛和牛フィレ肉100g、季節の焼き野菜
・三つ葉風味のガーリックライス
・グラスに流したコーヒーゼリー ライチシャーベット添え
・コーヒー
の季節のおすすめコースです。

天然車海老はプリプリの食感でガーリックの風味が香ばしい。
熟練した腕前の作るベアルネーズソースは見事な出来栄え。
千倉産鮑を優しく包んでくれます。
美味至極。
ガーリックライスは大盛で欲しいところ。
デザートまで完璧でした。

日本酒(冷)にも合うコースです。

【明日香】
東京都立川市曙町2-40-15
パレスホテル立川 1F

鹿児島牛ヒレステーキ
前菜
北海道産帆立と天然真鯛のバター醤油焼き
サラダ
青豆の冷製
御飯・味噌汁
抹茶アイスクリーム
聖せき亭の入り口の前にはこれまで何回か来たことがあるのですが、ものものしい雰囲気に圧倒され、中に足を踏み入れたことはありませんでした。
今回初めて入ってみましたが、細長い造りになっていて、奥の窓側の席を案内されました。
明るくて開放的な雰囲気。
外からはなかなかわからないものだ。

銀座本店に比べると価格が抑えられています。
ランチコースの蘭にしてみました。

前菜は鰹のジュレと蛤のグラタンとヤンゴコーン。
さっぱりして美味しい。

スープは青豆の冷製。
さっぱりして美味しい。

サラダは彩りが良く、
ドレッシングがさっぱりして美味しい。

北海道産帆立と天然真鯛のバター醤油焼き。
鯛の皮がパリパリで香ばしくて旨い。
帆立はジュウスイです。

鹿児島牛ヒレステーキをポンズおろしと辛味噌の2種類のソースでいただく。
柔らかくて旨い。
塩胡椒で食べてもイイ。

デザートは抹茶アイスにしました。

ランチなので丁度良いボリュウムでした。
ビール&グラスワインも飲んだが御手頃な価格であった。
満足デス。(#^.^#)

【三笠會館聖せき亭】
東京都多摩市関戸1-7-1
京王聖蹟桜ヶ丘SC C館2F

えびのマスタードマヨネーズ炒め
ホタテとイカのバジル炒め
お好みもええけど鉄板焼もええで。

えびのマスタードマヨネーズ炒めと
ホタテとイカのバジル炒めを食べてみたで。

マスタードマヨネーズが酸っぱ辛くて絶妙な味わいや。
プリプリのえびが堪らんですわ。

バジル炒めは風味がええねん。
ビールの御供に最高やね。

【大阪ぼてぢゅう 立川店】
東京都立川市柴崎町3-2-1
グランデュオ立川 6F

京都産丹波黒毛和牛と京野菜
京都産丹波黒毛和牛と玉葱
生ハム・スモークサーモン・鯛のカルパッチョ
鮑御造り
鮑鉄板焼
季節のサラダ
ガーリックライス
メロン・オレンジ・マスカット・レモンシャーベット
JR京都駅向かいにある京都新阪急ホテル。
その1階にあるロイン。
ホテルマンに「鉄板焼を食べたいのだが」と告げると、奥まった処に案内されました。

京都産丹波黒毛和牛と活鮑のコース「グルマン」を注文。
シェフは美しい女性の方でした。

前菜は生ハム・スモークサーモン・鯛のカルパッチョ。
酒が進む三品です。

鮑はお造りと鉄板焼と両方味わえます。
鮑は純米酒瀧鯉との相性抜群ですね。
シェフの手さばきが艶やかです。

サラダの後、京都産丹波黒毛和牛の登場です。
フィレにしました。さっぱりして美味しい。
京都産丹波黒毛和牛は一味違うなという感じ。

御飯は+700円でガーリックライスに変更可とのこと。
折角なのでガーリックに変更しました。
すると何故かシェフが男性にチェンジ。
ダイナミックに炒めてくれはりました。

デザートはシャーベットとフルーツ。

なかなか充実のグルマンコースでした。

【ロイン】
京都府京都市下京区下京区東塩小路町579
京都新阪急ホテル 1F

黒毛和牛アップ
黒毛和牛ヒレ
ガーリックチップ
スモークサーモン
焼野菜
鮑
十穀米と佃煮昆布の焼御飯
ガーリックライス
デザート
ちょっと贅沢したい気分だったのでやまなみに行ってみました。
15階からの眺めが素晴らしい。
鮑が食べたかったので、丹沢コースにしました。

前菜はスモークサーモン。
ジュレが涼しげです。

焼野菜はアスパラ・ヤングコーン・オクラ・ナス・ナガイモ・サツマイモ。
サクサクの食感で野菜の甘みが感じられ美味しい。

ガーリックチップが一皿出てきました。
香ばしくてこれだけでもツマミになります。

鮑は一個まるごとです。
活きた鮑は身を激しくくねらせて出番を待っていました。
シェフが調理し始めるとあっという間に、蒸し焼きにされてしまいました。
鮑君に感謝しながらいただきました。
身は硬過ぎずプリプリです。
肝はほろ苦く、酒が進みます。

肉は黒毛和牛ヒレ80グラム。
二回に分けて焼いてくれます。
ミディアムでお願いしました。
山葵をつけていただきました。
さっぱりして美味しい。
80グラムだとチト物足りない。

御飯は十穀米と佃煮昆布の焼御飯&ガーリックライスが一杯づつ。
これだと飽きないで食べれるので良いですね。

デザートは場所を変えました。
ワンプレートに盛合せになっております。
紅茶と共にいただく。
甘さ控えめなのでスルリと食べてしまった。

満足です。
充実のディナーでした。

【連山】
東京都八王子市旭町14-1
京王プラザホテル八王子 15F

牡蠣の醤油焼
ミックス塩焼そば
真央ちゃんフェアをやっていたので入ってみました。
特定メニューがお安くなっているようでしたが、それに左右されることなくお好みで食べてみました。

短冊メニューに「牡蠣のバター焼」が出ています。
しかも504円とお手頃価格です。
すかさず注文。
中粒のカキが4個、身がプックラしております。
大抵、カキを焼くと惨めなぐらい縮んでしまうものですが、このカキ達はなかなかのガンバリ屋さんで、焼いても大きさが殆ど変わらない。
バターは付けずに醤油焼きでいただきました。
さっぱりしてなかなかイケル。
油はキャノーラ油使用とのことで、素材の旨さを生かしてくれています。

〆はミックス塩焼きそばにしました。
具は豚・えび・いかのみっくす。
野菜はキャベツ・モヤシ・ニンジン。
ニンジンは苦手なので除外しました。
特製塩ダレで味付けいたします。
出来上がりはさっぱりしてなかなかイケル。
こちらもキャノーラ油の効き目がでていたようである。

【ぱすたかん 府中店】
東京都府中市宮町1-50
くるる 4F

鮑岩塩蒸し
アミューズ・あおりいか
カツオのタタキ
アナゴのグリエ
白アスパラ冷製スープ
活鮑
鮑肝
脂身
サーロイン
サーロインステーキ
マスタードソース・ポン酢
ステーキ
そうめん
黒蜜とエスプレッソのパフェ
島パインのロールケーキ
後輩が転勤になるので奮発してうかい亭に行きました。
後輩の車でロマネスク街道をクネクネと登り、門を潜りました。
建物は江戸末期の富山の豪商が貴人をもてなすために建てた迎賓館を移築したものだそうで迫力満点、見る者を圧倒します。
さらに予約していたせいか御出迎えが3人も。。。
2階のカウンター席につくまで豪華絢爛さに心ここに在らず状態。
兎に角、一般市民には非日常の世界。

気を取り直して「八王子うかい亭スペシャルディナーコース」をいただきました。
何品か好きな料理を選べるとのこと。

シェフに撮影の許可をもらいましたが、鉄板に照明が向けられてますので手元がやや暗くなっております。
写真がやや見にくくなっておりますが御容赦ください。

シャンパンとぶどうジュースで乾杯。
アミューズは、あおいいか。キャビアも付いとりました。
サッパリしていてシャンパンにすごくあう。

二品目は、季節のセレクトオードブル。
自分は「藁炙りカツオのタタキ」、後輩は「アナゴのグリエ」をセレクト。
お互いに取り換えっこしたのは言うまでも無い。
カツオも良かったがアナゴもなかなかのもの。

三品目は、白アスパラ冷製スープ。
メッチャ旨い。
御代りしたいほどである。

四品目は、うかい亭自慢の「鮑の岩塩蒸し」だ!
活鮑がウネウネと美味しそうにスマイル。
シェフの解説によると季節によりソースを変えているとのこと。
今日はソースに海苔を使っていました。
岩塩蒸しだが塩辛く無く丁度良い塩加減。
鮑が肉厚で、すごい柔らかい。
大きさも申し分無い。
噛み締めるとジュワっと口の中が蕩けました。
最高の鮑です!
肝はレモン焼きで出してくれました。

メインディッシュは、勿論サーロインステーキ。
その前に脂身で旨味を味わって欲しいとシェフが一言。
脂身は苦手なのであるが、シェフの技により余分な脂が抜けていたので無理無く食べれた。
ピンクマーブルの肉は旨そう!
シェフの技で更に旨そうに!!
噛み締めるとジュっと舌が蕩けてしまいました。
まいう〜!
塩胡椒・マスタードソース・ポン酢の3種類の食べ方をしてみました。
どれも、旨い。参った!

食事もセレクト方式。
「そうめん」がなかなかいけるとのことなので二人ともセレクトです。
小さい蛸壺みたいな器での登場。
コシがかなり強くシコシコしています。
特別なそうめん使用ではなく、茹で方によるものらしい。
技あり!

デザートは席を移動です。
自分はうかい亭定番デザート「黒蜜とエスプレッソのパフェ」、後輩は「島パインのロールケーキ」をセレクト。
こちらも、お互いに取り換えっこしたのは言うまでも無い。
コーヒー&紅茶も数種類あります。

雰囲気・食材・シェフの技・もてなしの心、全てに満足しました。
後輩も大変喜んでくれました。記念になって良かったです。
金額がそれなりにいたしますのでなかなか来れませんが、特別な時にオススメいたします。

【八王子うかい亭】
東京都八王子市暁町2-14-6

大粒牡蠣鉄板焼
茄子生姜焼
肉玉そば+イカ天
肉玉断面
ミニミニパフェ(メープル&ナッツ)
入口で「大粒牡蠣鉄板焼」の文字が目に留まり入店です。
入店してから気づいたが、どうも野菜が自慢の店らしい。。。

早速茄子生姜焼も注文しました。
やはり言われてみればどことな〜く違う感じ。
牡蠣鉄板焼も旨い。
カキフライとは一味違う感じ。
ダイナミック&パワフルテイストです。
鉄板屋自慢の肉玉そばにイカ天をトッピングしてみました。
そばの量が多くイカ天がどこにあるのか最後まで判らず仕舞い。
デザートはミニミニパフェのメープル&ナッツにしてみました。
甘く香ばしく冷たくてヒンヤリトロトロ〜( ̄¬ ̄)

【鉄板屋】
東京都府中市府中町2-2-2
光ビル 2F

和牛フィレ定食(ランチ)
11:00〜15:00はランチタイムとなっております。
ランチに和牛フィレ定食を食べました。
最初にランチサラダが出てまいります。
サラダを食べている間に目の前の鉄板で肉を焼いてくれます。
肉の横でモヤシを炒めています。
1プレートで、おろしポン酢と山葵醤油の2ウェイの食べ方ができます。
和牛が絶妙な火の通り具合で、ポン酢と醤油の両方ともサッパリして美味しい。
肉の量も程良く、野菜も食べれるのでエグゼグティヴランチに丁度いいかも。。。
※ オムソバ、メンチカツ定食等ジェネラルランチもあります。

【Shino】
神奈川県相模原市橋本6-24-14

海そば
豚バラにんにく焼き
武蔵小山駅に程近いもんじゃの店です。
焼そばが無性に食べたくなり入店しました。
海そばと豚バラにんにく焼きを注文。

最初に豚バラにんにく焼きの皿が到着しました。
まず豚バラの脂が鉄板に溶け出し己自身・もやしとにんにくをこんがりと炒めます。
更に、にんにくの香ばしいかほりが豚バラ・もやしに伝わります。
まさに具材の相乗効果や!
メッチャ旨いッス!!

次に海そばの皿が到着です。
塩ダレは全部最初にかけるとショッパイので、半分かけて様子を見ながら足してくださいとのこと。
あと別にツケダレも付いてきました。
具は竹輪・海老・烏賊・蛸・浅蜊・帆立小柱の海産物とキャベツ・モヤシ・ニンジンの農作物です。
そばは最初からオレンジ色をしておりうまそうです。
ただ量が結構あるので食べながら塩加減を調節しないと途中で飽きてしまいます。

【満月】
東京都目黒区目黒本町5-1-4

ヒレステーキ(雪月花)
玉子豆腐(雪月花)
サラダ(雪月花)
スズキのワイン蒸し(雪月花)
鮑(雪月花)
焼野菜(雪月花)
野菜炒め(雪月花)
ガーリックライス(雪月花)
フルーツ(雪月花)
神戸東門筋にある鉄板焼専門店です。
カウンター14席のアットホームな雰囲気のお洒落な店です。

雪月花特選おすすめコースを注文しました。

玉子豆腐・サラダ・スズキのワイン蒸し・活あわび・焼野菜・フィレステーキ・野菜炒め・ガーリックライス・フルーツとメッチャ豪華です。

どれも大変美味しくいただき、堪能しました。
シェフは無駄口をたたかずに丁寧に料理してくれました。
感謝です。

【雪月花】
兵庫県神戸市中央区下山手通1-3-5
康新ビル 2F

このページのトップヘ