風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: 天丼

海老(ひろみ)
小津丼(ひろみ)3800
味噌汁(ひろみ)
漬物(ひろみ)
小町通りのビルの2階にある天ぷら専門店。
ディナーは予約制。

小津丼はディナーのみなので予約して行きました。
小津丼とは小津安二郎監督が食べていた天丼。
かきあげ・車海老・白身魚・野菜・赤だし・漬物。
3,800円也。

最初にお茶と漬物が出てきます。
次に海老の頭。

かきあげは小海老。
車海老は3尾。
白身魚は鱚2尾・女鯒。
野菜は椎茸・筍・アスパラ。
御飯が少な目なので、小津監督が酒のつまみにしていたのも納得。
衣とタレも丁度良い塩梅。

美味しゅうございました。

【ひろみ】
神奈川県鎌倉市小町1-6-13
寿ビル 2F

天丼(大むら)1000
吸物(大むら)
漬物(大むら)
青梅街道沿いにある蕎麦処。

蕎麦・饂飩・ラーメン・カレー・丼がございます。

天丼をいただきました。
千円也。
吸物・漬物付。

重箱で出てまいりました。

海老弐尾・穴子・舞茸・薩摩芋・南瓜・獅子唐。

タレは甘めです。
衣はタレが染みてしっとりした食感。

美味しゅうございました。

【大むら】
東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎113-1

天丼(小川)1470
味噌汁(小川)
漬物(小川)
柴崎駅南口近くにある蕎麦処。
店内は想像以上に広かった。

天丼をいただきました。
1,470円也。

海老弐尾・南瓜・茄子・獅子唐。
衣がポテっとしています。
海老が大きくて旨かった。
魚介類がもう一つ欲しいところ。

【小川】
東京都調布市菊野台2-21-3

さんまの立田揚丼(千代田区役所)500
味噌汁(千代田区役所)
がんも煮(千代田区役所)
千代田区役所10階にある職員食堂。

日替わり丼をいただきました。
500円也。
本日の丼は、さんまの竜田揚げ丼。
小鉢を1品選べます。
がんも煮にしました。

ワンコインにしては、味・量ともなかなかのものであった。

【千代田区役所食堂】
東京都千代田区九段南1-2-1
千代田区役所 10F

昼天丼(まるやま)1000
味噌汁(まるやま)
漬物(まるやま)
東京大学農学部近くにある天扶良処。

平日ランチ限定の昼天丼をいただきました。
千円也。

丼に御飯山盛かと思ったら、揚げ底であった(笑)

海老弐尾、鱚、穴子、茄子、南瓜。
衣はごわごわしている。
タレは甘じょっぱい。

味噌汁は量が少ない。

CPはまあまあかな。

【まるやま】
東京都文京区西片2-21-4

上天丼(晴光)1800
味噌汁(晴光)
香の物(晴光)
ミシュランガイド東京ビブグルマン受賞の天麩羅専門店。

ランチの開始時間が遅めなので、タイミングがなかなか合わなかった。
13時頃暖簾を潜ったら先客はいなかった。

上天丼をいただきました。
1,800円也。

海老・鱚・鶏笹身・鶉燻製玉子・茄子・ピーマン・海老掻揚。
タレはサラサラの薄味。
丼が変形で食べずらいのが難。

鶏笹身は尋ねるまで、なんだがわからなかった。
さっぱりしてます。

鶉燻製玉子は濃厚な味わい。
チーズかと思った。

味噌汁はなめこ汁。

沢庵は取り放題だ。

【晴光】
東京都台東区浅草1-14-8

上天丼(永竜)1300
吸物(永竜)
漬物(永竜)
千束通り沿いにある蕎麦処。
庶民的な雰囲気の店内。

使用している海老は天然ホワイトタイガーとのこと。
なんとなく旨そう。
ていうわけで上天丼をいただきました。
1,300円也。

油が温まっていなかったのか、注文してから35分かかった。
丼じゃなく重箱で登場だ。

花揚げの海老天が三尾。
タレは粘度が少なくサラリとして薄味。
海老はまあまあですな。

汁は鶏の吸物。
味噌汁の方が良かったな。

【永竜】
東京都台東区浅草5-64-5

天丼(天一)4158
漬物(天一)
味噌汁(天一)
帝国ホテルインペリアルタワー地下1階にある天麩羅料理店。

天丼をいただきました。
サービス料込で4,158円也。

テーブル席を陣取る。

注文してから20分で出来上がりました。

海老二尾、鱚、椎茸、アスパラガス、小海老かき揚げ。

天種は本店と同じだが、味が全然違う。

本店の方が少し高いが、味の開きは値段以上の差がある。
どうせなら銀座で食べたいね。

【天一 帝国ホテル店】
東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテル タワー館B1F

特製天丼(天一)3888
サラダ(天一)
漬物(天一)
味噌汁(天一)
玉川高島屋南館6階レストラン街にある天ぷら専門店。

特製天丼をいただきました。
3,888円也。

巻海老2尾、鱚、穴子、椎茸海老詰め、アスパラガス、かき揚げ。
かき揚げは小海老。
サラダ、味噌汁、漬物付。

天ぷら・御飯ともいまいちであった
天一の他店の方が味が良い。

【天一 玉川店】
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川高島屋 南館6F

上天丼(三定)1820
漬物(三定)
なめこ汁(三定)310
浅草雷門横にある天ぷら店。
創業天保八年。

入口が二つある。
雷門に面した方が、団体客用だ。

開店と同時に中に雪崩れ込んだ。

上天丼をいただきました。
1,820円也。
お椀は別。
なめこ汁を付けました。
310円也。

注文してから12分で着丼。

海老・鱚・かき揚げ。
かき揚げは海老・烏賊・貝柱。

衣がモチっとしていて油っぽくない。
タレはさっぱりしてます。
海老がプリプリで旨かった。

なめこ汁もいいね。

【三定】
東京都台東区浅草1-2-2

上天丼(中清)3240
味噌汁(中清)
漬物(中清)
浅草公会堂の向いにある創業明治三年の天麩羅処。
貸切が続いて中中入れなかったが、小雨の所為か空いておりました。

上天丼をいただきました。
3,240円也。
味噌汁・漬物付。

車海老二本、鱚、穴子、芝海老のかき揚げ。

全然油っぽくない。
衣はふんわりしております。
タレは薄味。
海老はプリプリ。
米も旨い。
浅草で一番旨い天丼です。

難点は御飯の量が少ないこと。
大盛にすれば良かったな。

【中清】
東京都台東区浅草1-39-13

天丼(大黒屋)1550
漬物(大黒屋)
吸物(大黒屋)330
いつも行列の大黒家。
今日は春一番の風雨の所為か、すぐには入れました。

天丼をいただきました。
1,550円也。
えび1・きす1・かき揚げ1。
椀は別。
吸物を付けました。
330円也。

注文して20分弱で着丼。
久々に食べたので旨く感じたが、後半飽きてしまった。
かき揚げは小海老だった。
吸物は旨かった。

帰る頃には、雨が上がり行列が出来ていた。

【大黒家 本店】
東京都台東区浅草1-38-10

天丼(ハ)2300
漬物(秋光)
なめこ椀200
浅草ROXにある下町天丼屋。
土手の伊勢屋五代目が独立とのこと。

天丼・天ぷら定食の種類が多い。

天丼の[ハ]にしました。
2,300円也。
味噌汁は別。
なめこ椀を付けました。
200円也。

ハは、穴子、小海老・貝柱・白魚のかき揚げ、海老二本、野菜三種。

カウンター席でした。
厨房内は無駄に店員が多かった。
店員同士で
延々と話をしていて、調理は遅い。

天ぷらは油っぽく、衣が剥がれ易い。

味・雰囲気ともイマイチであった。

【秋光】
東京都台東区浅草1-26-5
ROX3G 1F

海老三種天丼1400
味噌汁(多から屋)
漬物(多から屋)
国際通沿いにある天ぷら専門店。
渋い佇まいである。

天丼だけで7種類もある。
江戸前天丼1,800円
穴子と芝海老の天丼1,400円
海老三種天丼1,400円
B天丼900円
三色天丼1,000円
海老天丼1,100円
烏賊入り天丼1,100円
全て味噌汁・新香付。

かき揚げの入ったA天丼は二重線が、しいてあった。

海老三種天丼にしました。
車海老、芝海老、熊海老(フラワータイガー)の三種。

熊海老の頭をガブリ。
見た目より柔らかい。
香ばしくて旨い。

芝海老は三尾まとめ揚げ。
一尾づつ離してチビチビせこく食べる。
しみじみと味わう。

車海老は二尾。
プリプリの食感がいいね。

海老好きには堪えられない天丼であった。
大満足

【多から屋】
東京都台東区浅草1-11-6

特製天丼(天一)3348
サラダ(天一)
味噌汁(天一)
漬物(天一)
JR博多駅ビル9階レストラン街にある天ぷら専門店。

特製天丼をいただきました。
3,348円也。
巻海老2尾、鱚、穴子、椎茸海老詰め、アスパラガス、かき揚げ。
かき揚げは小海老。
サラダ、味噌汁、漬物付。

天ぷらの種類が多く、御飯が足りないくらいであった。
衣が少なく油っぽくないのでペロリと平らげてしまいました。
美味しゅうございました。

【天一 博多店】
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
JR博多シティ 9F

天丼2000
味噌汁(天藤)
漬物(天藤)
「天健」の向いにある明治35年創業の天ぷら屋。
11時10分頃到着、行列が出来ておりました。
30分くらい待って中に入れました。

天丼をいただきました。
2,000円也。
海老二尾、鱚、茄子、かき揚げ。
かき揚げは小海老・烏賊・小柱。
味噌汁付。

海老はプリプリ。
かき揚げは烏賊が多く、海老は少ない、小柱はあまり入ってなかった。

タレはしょっぱめだが、量の加減がいいね。

豆腐となめこの味噌汁が旨かった。

【天藤】
東京都台東区浅草1-41-1

天丼4860
味噌汁(天一)
漬物(天一)
本店にまだ行ってなかったので、ランチに行ってみました。

店内に入ると天ぷらか天丼にするか尋ねられます。
食べるものによって、カウンター席かテーブル席に別れます。

天丼をいただきました。
本店の天丼は昼しか食べれないのだ。
4,860円也。

丼に蓋をして出てくるので、軽く蒸された状態。
なので衣が気持ち柔らかくなっております。
海老二尾、鱚、椎茸、アスパラガス、小海老かき揚げ。
流石に本店の天丼は別格であった。
最初から最後まで旨かった。

【天一 銀座本店】
東京都中央区銀座6-6-5

上天丼1200
漬物(春日)
味噌汁(春日)
ランチを食べに行ってきました。
11時半をちょっと過ぎたら、タッチの差で満席になってしまった。
20分くらい外で待ったら、ようやく中に入れました。

上天丼をいただきました。
1,200円也。
ちなみに並は1000円。

海老・鱚・穴子の魚介と海苔・大葉・獅子唐の野菜。
野菜天は予め揚げてある。
冷たい訳ではないので問題ない。

穴子は臭みが無くカラっと揚がっていて旨い。
海老は2尾だがチト小さい。

タレが旨かった。
パクパクと一気に完食。
ごちそうさん。

【春日】
東京都中央区銀座1-4-6
第一ナスダビル 1F

天重1230
吸物(鳥駒)
漬物(鳥駒)
蜜柑(鳥駒)
東京競馬場レース開催日のみ営業の和食処。

サービス品と謳っている天重をいただきました。
1,230円也。

海老が4尾と獅子唐1本。

タレは甘め。

米が何気に旨い。

蜜柑まで付いているぞ!

【鳥駒】
東京都府中市日吉町1−1
東京競馬場
フジビュースタンド5F

天丼1100
味噌汁(三崎庵・天丼)
漬物(三崎庵・天丼)
キャベツ(三崎庵・天丼)
天重1600
味噌汁(三崎庵・天重)
漬物(三崎庵・天重)
山菜(三崎庵・天重)
天丼と天重を食べ比べてみた。

天丼1,100円也。
海老二尾、茄子。
小鉢はキャベツお浸し。

天重1,600円也。
海老二尾、鱚二尾、茄子、南瓜、ピーマン。
小鉢は山菜。

天丼の方がCP良かった。

海老が大きくプリプリで旨い。

【三崎庵】
東京都八王子市万町92-2

このページのトップヘ