風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: おでん

お通し(万年青)
めんめ(万年青)
めんめ汁(万年青)
アスパラ(万年青)
玉子焼(万年青)
おでん(万年青)
釧路の炉端焼きといえば万年青だ。
万年青と書いてオモトと読む。

17時頃暖簾を潜った。
18時まで飲み物のみとのこと。
チビチビ呑んで待つことにしよう。

生ビールグビグビ。
お通しは煮凝り。

17時半頃女将さんが現る。
具合の悪そうな体勢だ。

炭火を起こし始めた。

そうこうしている間に予約も含めて満席になり、注文を取り始めた。
皆待ちかねて一斉に注文。
メニューに値段表示は無い。

めんめ・アスパラ・玉子焼をお願いする。

炉端焼しながら、おでんの仕込みをし始めた。
マイメンメ大丈夫か。
不安になる。

案の定、焦がしちまった。
中は火が通っているが、仕上がりは良くない。
高級食材なだけに丁寧に調理して欲しかった。
体調が万全でないにしても、正直がっかりである。
後で骨スープを作ってくれるとのことだが、もうどうでもいい感じやね。

北の勝でヤケ酒である

アスパラと玉子焼は旨かった。
ちなみに玉子焼は裏メニュー。

おでんはまだとのことだが、注文だけいれておいた。
すると別鍋で温めてくれた。
味はまあまあ。

勘定は壱萬壱仟圓超え。
なんだかな~

【万年青】
北海道釧路町栄町4-2

おでん(みやぎ)450
お通し(みやぎ)
山女燻製(みやぎ)800
奥多摩駅近くにある居酒屋。
おでんの提灯が出ていたので、暖簾を潜ってみた。
早い時間なので先客は無し。

まずはビールでノドヲウルヲス
お通しは蓮根。

山女の燻製をお願いする。
真空パックでした。
想像していた以上に大っきい。
身も厚く、食べ応え有り。

おでんは450円。
味が染みていて美味しい。
酒は澤乃井です。

女将さんは話し好きで、ずーっとしゃっべてます。
アットホームな雰囲気。

【みやぎ】
東京都西多摩郡奥多摩町氷川207

お通し(五郎)
串揚①(五郎)
串揚②(五郎)
おでん(五郎)
焼飯(五郎)626
味噌汁(五郎)
『蓮』の跡地が、串揚屋になっていた。

おでんの赤提灯が出ていたので、誘われて入ってみた。

ホッピーセットの白を呑む。
お通しはサラスパ。

おでんは温くて、いまいちであった。

串揚げをお好みで注文。
うずら・ウインナー・いか・えび・きす。
串かつ豚・豚梅しそ巻・じゃがいも・山芋・にんにく。
うんめえ~。
薄い衣でしっかりと油切りを行い、サクッとした食感の串揚げを熱熱で提供。
品書きの説明通りであった。
ホッピーとの相性もイイ。

〆は、じゃこと大葉の焼き飯。
味噌汁付。
こちらも旨かった。

【五郎】
東京都府中市府中町1-8-12
キャッスルプラザ府中102

ブッフェ(カスケイド)
サラダ(カスケイド)
焼魚(カスケイド)
おでん(カスケイド)
味噌汁(カスケイド)
オニオンスープ(カスケイド)
ヨーグルト(カスケイド)
ANAクラウンプラザホテル金沢に泊まりました。
朝食会場は1階のダイニング。
モーニングブッフェです。

朝からおでんがありました。
三色豆腐・車麩・大根をいただきました。

芋・豆が充実。

朝から目一杯食べてしまった。
腹はちきれそう。
部屋に戻ってゴロ寝。
最高

【CASCADE】
石川県金沢市昭和町16-3
ANAクラウンプラザホテル金沢 1F

お通し(白山茶屋)
カニ面(白山茶屋)1500
梅貝・蛸(白山茶屋)620
鱈真子煮(白山茶屋)430
金沢駅前に広がる地下空間の一角が迷宮になっております。
その名も都ホテル地下街。
B1Fにある居酒屋。
人気店なので予約して行ってみた。

おでん鍋前のカウンター席に案内された。

まずは生ビール
お通しは枝豆。
夏のような感じだ。

黒板にオススメが出ている。
おでんは、カニ面・梅貝・蛸串がオススメだ
こいつを菊姫の燗でやる。
堪りませんな。
冬の感じが戻ってきた。

鱈真子煮も甘辛くて旨い。
酒が進むね。

予約していない客は断られていた。
予約必須である。
勘定は安かった。

【白山茶屋】
石川県金沢市此花町6-10

かに面(赤玉)1600
梅貝・螺貝(赤玉)650
創業昭和2年の金澤おでんの代表店。
金澤おでんの冬の目玉『かに面』を食べに行きました。
11月6日から12月末日の期間限定。

12時開店少し前に店頭に並びました。
昼は1階のみ。
なので、すぐに満席になってしまうのだ。

開店と同時にどやどやと雪崩れ込む。
ほとんどの客がかに面を注文
値段は時価だが、誰も値段を確認しない。

かに面が出来るまで、梅貝と螺貝でビールを呑む。
日本酒を呑みたいとこだが、昼なのでガマンする。
つゆが美味しい。

かに面は注文してから30分かかった。
流石に旨い。
ちなみにこの日のかに面は、1,600円であった。

【赤玉 本店】
石川県金沢市片町2-21-2

お通し(赤垣屋)
〆鯖(赤垣屋)
おでん(赤垣屋)
笹鰈(赤垣屋)
牡蠣酢(赤垣屋)
鴨川畔に佇む昭和9年創業の居酒屋。

夕暮れ5時ちょっと前だったが、店の前に行列が出来ておりました。
灯りが燈り暖簾が出されると呑兵衛達が一斉に中に吸い込まれた。
カウンターになんとか尻を割り込ませた。
一巡目に座れないとえらい目に合う。
おでん鍋前に陣取れた、幸運であった。

瓶ビールでスタートだ。
お通しは漬物。
こいつをチビチビとやる。

ビールを呑み干し、燗酒に移る。
伏見の名誉冠。
腸に染みるねえ。

おでん鍋を睨みつつ、〆鯖をお願いする。
〆鯖はほとんどの客が注文していた。
流石に旨い。
酒が進む一品。

おでんは大根、玉子、豆腐、蛸にしてみた。
しみじみと旨い。

焼魚は笹鰈にしてみた。
卵が入ってた。
嬉しい。

牡蠣酢で酒を呑み終えることにした。
後ろで待っている客に席を譲ろう。

品書に値段が入ってなかったが、勘定は安かった。

【赤垣屋】
京都府京都市左京区川端二条下孫橋9

おでん①(風来坊)
おでん②(風来坊)
キビナゴ唐揚げ(風来坊)
焼鳥(風来坊)
めっきり寒くなってきた今日この頃でございます。
こういうに日はおでんで温まりてえと思うわけであります。
風来坊にふらっと入ってみる。

いきなりおでんにいかずに、キビナゴの唐揚げ・焼鳥からいってみる。
キビナゴが旨いねえ。
酒が進む。
焼鳥はまあまあかな。

おでんの汁は関西風。
鍋を覗き込んで、食べたいネタを盛ってもらう。
燗酒をちびりちびり。
いい具合に温まってきた

【風来坊】
東京都府中市府中町2-3-9

おでん①(初舟茶屋)
おでん②(初舟茶屋)
金沢駅前に広がる地下空間の一角が迷宮になっております。
その名も都ホテル地下街。
B2Fにある季節料理初ふね茶屋に入ってみた。
美人のママさんが営んでおります。
カウンターだけのこじんまりとした店。

11時半開店。
おでんが中心で一品料理もある。

おでんを肴にビールを呑んだ。
ビールは大瓶。

昼間なのでビール一本にとどめた。

ママさんと常連客との会話が痛烈。
一見客には常連からフォローが入るから大丈夫だあ。

勘定は安かった。

【初ふね茶屋】
石川県金沢市此花町6-10

富士山
おでん(富士見茶屋)500
陣馬山登頂した後、休憩に寄りました。

おでんをいただきました。
500円也。
今まで、おでんはお休みであったが、11月になり復活した。

腹ペコだったので、抜群に旨く感ずる。
空気も旨い。

富士山の眺望もよかった。

【富士見茶屋】
神奈川県相模原市緑区澤井1995

おでん(景信茶屋)400
なめこ汁(景信茶屋)250
景信山頂にある二軒茶屋のひとつ。

おでんをいただきました。
400円也。
かげ信小屋より50円安い。
業務用おでんの袋から出すのを目撃してしまった。
ここまでくるのに汗びっちょりになったので、地上で食べるより旨く感ずる。

なめこ汁は250円也。
天然のなめこ使用らしい。
コクが違うね。

【景信茶屋】
東京都八王子市裏高尾町1524

おでん(かげ信小屋)450
なめこ汁(かげ信小屋)250
景信山頂にある二軒茶屋のひとつ。

おでんをいただきました。
450円也。

注文してから4分くらいかかるとのこと。
出来たら名前で呼ばれます。
業務用おでんを温めたものだった。
ここまでくるのに汗びっちょりになったので、地上で食べるより旨く感ずる。

なめこ汁は250円也。
七色をかけて食べる。
味噌が濃いので塩分補給にぴったりだ。

【かげ信小屋】
東京都八王子市裏高尾町1304

おでん(おかめ)
お通し1(おかめ)
お通し2(おかめ)
お通し3(おかめ)
お通し4(おかめ)
浅草観音裏にある小料理屋。
暖簾を潜ると割烹着の女将と若女将が、いらっしゃいましの御挨拶。
店内は明るく落ち着いた雰囲気。

カウンターに尻を滑らす。
おでん鍋をチラ見しつつ、まずは生ビールでノドを湿らす。

お通しが三品。
結構ボリュームがある。
秋刀魚は五時間煮たので、骨まで食べれるとのこと。
日本酒にぴったり。

三品食べ終える前に四品めが出て来た。

おでんを食べる前に腹一杯になりそう。
(実は、おかめに来る前に食事していたのだ)

おでんを御好みでお願いする。
大根・玉子・がんも・こんにゃく。
サービスで昆布を付けてくれた。
つゆは甘めで優しい味わい。

もうお腹いっぱいなので、御勘定。
浅草にしては良心的な勘定であった。

女将さんに、「次は一軒目に来てね」と頼まれちまった。

【おかめ】
東京都台東区浅草3-20-8

おでん(清水茶屋)450
なめこ汁(清水茶屋)300
陣馬山頂にある三軒茶屋の一つ。

おでんとなめこ汁をいただきました。

おでんは八品で450円也。
甘めの味付が疲れた体を癒してくれます。
熱熱で旨い。

なめこ汁は300円也。
なめこがいっぱい。
熱熱で旨い。

【清水茶屋】
神奈川県相模原市緑区佐野川603

おでん(香住)620
高尾登山電鉄高尾山駅前にある蕎麦処。
券売機でおでんの食券を買う。
620円。
セルフサービスです。

食券番号で呼ばれるらしいが、店員が持ってきてくれた。
テーブルに配膳した時、おぼんにつゆを溢していった。
詫びは無かった。
これなら自分で取りに行った方がマシだ。

肝心のおでんは、業務用を温めた代物。
どうりで思ったより時間がかかったわけだ。

おでん定食もあるので自家製だと思ったが、予想外であった。
有難味が全然無い。

高尾山駅から離れる程、おでんは安くて旨くなる法則を発見した。

【香住】
東京都八王子市高尾町2181

煮込みおでん(十一丁目茶屋)550
高尾登山電鉄高尾山駅から1分のところにある茶屋。
ベランダ席が人気です。

煮込おでんをいただきました。
5品で550円。
ごぼうまき・ちくわ・さつまあげ・こんにゃく・こんぶ。
昆布出汁のあっさりした味わい。
さつまあげが旨かった。

【十一丁目茶屋】
東京都八王子市高尾町2179

おでん(もみじや)600
四天王門前にある茶屋。

おでんをいただきました。
6品で600円。
笹蒲鉾・牛蒡巻・竹輪・蒟蒻・薩摩揚・昆布。

蒟蒻が旨かった。

窓側の席は景色が楽しめます。

【もみじや】
東京都八王子市高尾町2177

風味おでん(やまびこ茶屋)550
高尾山頂にある三軒茶屋のひとつ。

風味おでんをいただきました。
5品で550円。
ちくわ・はんぺん・こんにゃく・さつまあげ・こんぶ。

さっぱりしたつゆが美味しい。

【やまびこ茶屋】
東京都八王子市高尾町2176

おでん(大見晴亭)570
高尾山頂にある三軒茶屋のひとつ。
屋根付きのテーブル席。
通り抜ける風が心地よい。

おでんをいただきました。
6品で570円。
ちくわ・ごぼう巻・こんにゃく・こんぶ・つみれ・ボール。

蒟蒻が旨かった。

【大見晴亭】
東京都八王子市高尾町2176

おでん(曙亭)600
高尾山頂にある三軒茶屋のひとつ。

おでんをいただきました。
5品で600円。
ごぼうまき・ちくわ・さつまあげ・こんにゃく・こんぶ。

箸は付かず、串二本で食べるのだ。

蒟蒻が旨かった。

【曙亭】
東京都八王子市高尾町2176

このページのトップヘ