風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: ステーキ

スープ(コーラル)
パン(コーラル)
ヒレステーキ(コーラル)
エビ&カキフライ(コーラル)
産業道路沿いにあるレストラン。
中世ヨーロッパの古城を思わせる内装です。

セットメニューが充実しています。

和牛ヒレステーキ&海老とカキフライセットをいただきました。
3,780円也。
スープ・サラダ・パンまたはライス・コーヒーまたは紅茶付。

コーンスープは旨かった。

【コーラル】
東京都羽村市富士見平2-18-16

ヒレ198g(いきなり)
ヒレ(いきなり)
サラダ(いきなり)
スープ(いきなり)
府中駅前ビル武蔵府中 LE SIGNE1階にオープンしたステーキハウス。
府中店は椅子が備わっています。

行列の出来ていることも多い人気店です。
席が空いていたので、入ってみた。
でも出来上がるのに20分くらいかかるとのこと。
全然いきなりじゃないじゃん(笑)

ヒレステーキ200gにしました。
焼き加減はミディアム。
トッピングはポテト。
スープセットにライスを付けた。
前払制。
なんやかんやで2,627円。

最初にサラダとスープが出てくる。
廻りにステーキが運ばれる中、じっと待つ。

本当に20分で出来た。

筋がなく柔らかく、さっぱりして旨い。
赤身の旨味を堪能しました。

【いきなり!ステーキ 府中店】
東京都府中市宮町1-100
ル・シ―ニュ 1F-109

鮑(さざんか)
肝(さざんか)
サラダ(さざんか)
焼野菜(さざんか)
フィレステーキ(さざんか)
国産牛フィレ150g(さざんか)
モヤシ(さざんか)
ガーリックライス(さざんか)
味噌汁(さざんか)
漬物(さざんか)
マンゴーシャーベット(さざんか)
ホテルオークラ新潟内の鉄板焼店。
和食や彦の中にあります。

国産牛フィレ150gランチをいただきました。
ガーリックライスに変更です。
さらに山北産活鮑も付けてみた。

昼間っから贅沢してみました。

店内は結構な賑わいです。
先客の料理でシェフは大忙し。
瓶ビールを呑んで待つ。
小瓶です。

コースのサラダを摘まんでいると、ようやく隣客の調理が終わったようだ。

鮑が手際よく鉄板で焼かれた。
日本酒といきたいところだが、昼なので白ワインにしてみた。
鮑を噛みながらのワイン。
うんめえ。
肝も堪らん。

焼野菜を挟み、メインのフィレステーキ。
ミディアムで焼いてもらった。
日本酒といきたいところだが、昼なので赤ワインにしてみた。
山葵を付けた肉を噛みながらのワイン。
うんめえ。

モヤシもさっぱりして美味しい。

〆のガーリックライス。
御替り分も作ってくれます。
虎ノ門と同じだ。

デザートはマンゴーシャーベット。

豪華なランチでした。

美味しゅうございました。

【さざんか】
新潟県新潟市中央区川端町6-53
ホテルオークラ新潟 3F

極上和牛ヒレ150g(スエヒロ)
鯵南蛮漬け(スエヒロ)
茶碗蒸し(スエヒロ)
味噌汁(スエヒロ)
漬物(スエヒロ)
フルーツ(スエヒロ)
和風ステーキ御膳(スエヒロ)8400
劇画『孤独のグルメ』の舞台になったスエヒロ銀座店が消滅したので、水戸店に行ってみた。

極上和牛ヒレ150gの和風ステーキ御膳をいただきました。
8,400円也。
極上だけあって、とんでもない値段する。
本日のヒレは、宮城県仙台牛黒毛和種だ。

注文してから30分かかって出来上がりました。

べらぼうに旨い。
水戸まで食べに来た甲斐がありました。

【スエヒロ 水戸店】
茨城県水戸市笠原町1253-9

前菜(吾妻)
カキフライ(吾妻)3240
スープ(吾妻)
ヒレステーキS(吾妻)10260
大正12年創業の老舗洋食店。
値段が高いので有名である。
意を決して尋ねてみた。
日曜日だったが17時半開店より前に着いてしまった。
電話で確認をして仕切り直しだ。

カキフライと極上ヒレステーキSのディナーセットにしました。

まずは、前菜の生ハムサラダ。
うんめえ。

カキフライは単品で3,240円する。
大将によると今の時期が最高だそうだ。
的矢産カキフライ、まずはそのままでいただく。
身は思ったほどプックリしてないが、旨味は濃い。
確かに旨い。
タルタルソースやマヨネーズもつかない。
ウスターソースをつけていただく。
あっという間にペロリ。
3,240円が胃袋に消えた。

セットのカップスープ。
うんめえ。

ステーキはSでも1万円以上する。
量は結構ある。
極上ヒレは霜降りが凄い。
さっぱりしたのが好みなので、自分には高級過ぎたかな。

ライスはお代わり自由だが、ワインを呑んだのでおなかいっぱい。

珈琲でおしまい。

勘定は凄いことになっていた。

高くても、一度は食べるべきだと思う。

【吾妻】
東京都墨田区吾妻橋2-7-8

小鉢①(海山)
小鉢②(海山)
お造り(海山)
煮物(海山)
蒸物(海山)
中皿(海山)
蟹御飯(海山)5900
赤出汁(海山)
香の物(海山)
デザート(海山)
牛フィレ照焼(海山)2260
かに御膳をいただきました。
[果実酒] 林檎酒
[先付] 小鉢二種
[お造り] 二種盛り合せ
[煮物] 南瓜饅頭蟹餡掛け
[蒸物] 茶碗蒸し
[中皿] 蒸しずわい蟹・蟹なます・ふぐシュウマイ・たらば蟹黄味揚げ・赤魚雪中焼き・酢蓮根・新筍山椒焼き・にこごり・里芋チーズ焼き・
[食事] 蟹御飯・赤出汁・香の物
[デザート]
5,900円也。

さらに牛フィレ照焼もいただきました。
2,260円也。
かに御膳だけだと寂しいかなと思い、焼物として追加したのである。
豪華でボリュームたっぷりなコースになり、大満足。

思わず多満自慢が進んでしまいました

【海山】
東京都八王子市旭町14-1
京王プラザホテル八王子 15F

サラダ(JUN)300
スープ(JUN)
ランプ200g(JUN)
ランプ(JUN)1080
小金井街道沿いにあるステーキハウス。
カウンターのみでガラス張のアットホームな雰囲気。

ステーキはランプとリブロースの2種類。
他にハンバーグがある。

ランプステーキ200gをいただきました。
1,080円也。
ライス・スープ付。

サラダをつけました。
300円也。

サラダで胃腸のウォーミングアップだ。
量は少なかったが、味はイイ。

ジュウジュウ響かせ熱熱の鉄板で登場。
焼き加減は尋ねられなかったが、丁度良い火の通りであった。

脂身や筋が全然無く、食べやすい。
硬過ぎず柔らか過ぎず、程よい食感

テーブルに3種類のソースが用意されているが必要なし。
塩胡椒の味付で十分。
赤身の旨さを直に味わいたいね。

肉・米・汁ともに良かった。
ボリュームも文句なし。
CP抜群やね。

【JUN】
東京都府中市八幡町1-3-14
森澤ビル 1F

サラダ(匠)
スープ(匠)
ハラミ(匠)
ハラミ200g(匠)1300
とんびの隣に出来たステーキハウス。
この場所は、店が頻繁に変わる。
匠は大丈夫だろうか。

店内のレイアウトや券売機の位置は代々同じ。
風水的に大丈夫だろうか。

ステーキの種類がいろいろあるので、脂身の一番少ないのを尋ねた。
ハラミに決定。
ハラミ200gの食券を購入。
1,300円也。
サラダ・スープ・ライス付。

赤ワインの食券も購入。
450円也。

サラダとスープが最初に出される。

ハラミは熱熱の鉄板で登場。
ミディアムレアが基本。
その後は各自で鉄板を使い焼き加減を調節するのだ。

ハラミは柔らか過ぎず硬過ぎず。
肉肉しい食感。

卓上のソースがチト弱い。
まあ、塩胡椒の味付けしてしてるので、いいんだけどね。

ライスを食べきった後、赤ワインを呑んだ。
ハラミに合うワインであった。

【匠】
東京都府中市府中町1-5-6
高橋ビル 1F

和牛ロースステーキ(おんぼらあと)
和牛ステーキ(おんぼらあと)7366
カニサラダ(おんぼらあと)951
貝刺盛(おんぼらあと)2970
茶碗蒸し(おんぼらあと)
串揚げ盛合せ(おんぼらあと)2139
ハイアットリージェンシー東京3階にあるダイニングバー。
1年ぶりに行ってみた。

ビールでのどを潤し、田酒を呑みました
お通しは、何故か無かった。

肴は、貝刺盛、茶碗蒸し、カニサラダ、和牛ステーキ、串揚げ盛合せにしてみました。
肴は、どれも美味しかった。

酒の燗具合がよろしくなかった。
指摘したら次から良くなった。

サービスも1年前より落ちたように感じました。

【omborato】
東京都新宿区西新宿2-7-2
ハイアットリージェンシー東京 3F

カキチャウダー(スケロク)
カキフライ(スケロク)
ビフテキ(スケロク)3000
サラダ(スケロク)
珈琲(スケロク)
アイスクリーム(スケロク)
北野天満宮近くの住宅街にありました。
普通の家の玄関を入ります。
靴は脱がなくて大丈夫だ。
家族経営のようです。

お昼のお得なメニューのビフテキランチをいただきました。
スープ、特選牛フィレビフテキ、付け合わせ、サラダ、ライス、アイスクリーム、コーヒー。
三千円也。
+400円で本日のスープをカキチャウダーにばーじょんあっぷ。
続けて、カキフライちょこっと盛りもぷらす。こちらも+400円。

寒空のしたを歩いてきたので、熱熱のカキチャウダーがめっちゃ嬉しい。
牡蠣がゴロゴロ入っていた。
温まるね。

カキフライも絶品。
2個だと足りないね。

ビフテキ、うんま~!
頬っぺた落ちるで。

付け合わせとサラダも美味しい。

バニラアイスクリームと珈琲で余韻に浸る。
充実のランチであった。

また来てみたいな。

【スケロク】
京都府京都市北区衣笠高橋町1-26

サラダバー(リブルーム)
前菜(リブルーム)
オニオンスープ(リブルーム)
A4黒毛和牛(リブルーム)
ガーリックライス(リブルーム)
デザート(リブルーム)
ホテルニューオータニ本館地下1階にあるステーキハウス。

煌きをいただきました。
A4黒毛和牛コースでございます。

まずはサラダバーを攻めてみる。
Champagneでノドを潤す。

続いて前菜。
煌めく匠の技でございます。
白ワインにぴったりであった。

キノコのスープをおうだあしたなずだが、オニオンスープの登場。
甘味があって美味しい。

フィレはミディアムで焼いてもらった。
柔らかくて美味しい。
赤ワインを呑む。

ガーリックライスは肉と同時に出てきた。

デザートはバニラアイスとシャーベット。
珈琲で余韻に浸る。

勘定が凄いことになっていた

【RIB ROOM】
東京都千代田区紀尾井町4-1
ホテルニューオータニ
ザ・メイン B1F

フィレ100g(ダイナー)
サラダ(ダイナー)
スープ(ダイナー)
フィレステーキ(ダイナー)4950
クレープシュゼット(ダイナー)1375
帝国ホテル本館1階にあるダイニング。

フィレステーキをいただきました。
サラダ・スープセットにしてみました。

サラダはドレッシングが美味しゅうございます。

スープの具は鶏肉と野菜。
具は細かく刻まれていてカップの底に沈んでおります。

サラダとスープで一段と食欲が増す感じがいたします。

フィレステーキはミディアムに焼いてもらいました。
和風ソースは山葵とおろしポン酢の2種類から選択。
おろしポン酢にしてみました。
さっぱりしていて、いくらでも食べれちゃう感じ。
100gだともの足りない。

デザートはクレープシュゼット オレンジソースにしました。
酸っぱいソースに身が引き締まります。

セットについてる珈琲は、おかわりOKだ

【Parkside DINER】
東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテル 本館1F

シャリアピンステーキ(ラブラスリ-)5830
エリザベス(ラブラスリー)3190
サーディン(ラブラスリー)1980
パン(ラブラスリー)
クレームブリュレ(ラブラスリー)1760
クレームブリュレ(ラブラスリー)
帝国ホテルインペリアルタワー地下1階にあるTRADITIONAL DINING.

アラカルトにしてみました。
サーディンのオリーブオイルマリネ ハイビスカスのジュレと野菜のクロカン、
レーンヌ・エリザベス、
シャリアピンステーキ。

Sardineはhalfにしました。
halfでも結構たっぷり。
PIERRE MIGNON との相性もばっちり。

海老と舌平目のグラタン “エリザベス女王”風halfにしました。
皿は熱いが、グラタンは熱熱ではなかった。

La Brasserieの伝統料理Bifteck Chaliapinは期待が高かったが、チトしょっぱい。
想像していたのと違う。

デザートは、
クレームブリュレ ピスタチオ風にしてみました。
砂糖は少なめにお願いした。
美味。

サービスはイイ。

【La Brasserie】
東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテル タワー館B1F

黒毛和牛炭火焼(讃)6534
白胡麻豆腐(讃)1859
生雲丹プリン(讃)2739
造り五種盛合せ(讃)5832
鯛(讃)
あおりいか(讃)
鮪(讃)
車海老・縞鯵(讃)
青菜大蒜塩炒め(讃)1782
蟹雑炊(讃)1540
香の物(讃)
帝国ホテル本館中2階にある日本料理店。
なだ万が提案の新感覚の和食。

窓際の席を案内された。
地下のなだ万とは雰囲気が全然違います。

まずはビールでノドを潤す。

料理はアラカルトにしてみました。
白胡麻豆腐、生雲丹プリン、造り五種盛合せ、青菜にんにく塩炒め、黒毛和牛炭火焼。
造りは鯛・烏賊・鮪・車海老・縞鯵の五種。
美味しいので日本酒が進んでしまいますね。
酒は黒帯悠々を呑みました。

〆は蟹雑炊にしました。
優しい味。

アラカルトにしたので、好きなものをいただけた。
コースと違い、注文のタイミングで料理の来る間隔が長くなってしまった。

【SAN APPLAUSE】
東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテル 本館M2F

家貴物(吉兆)
梅酒(吉兆)
八寸(吉兆)
鯛の白子(吉兆)
鮎魚女の椀(吉兆)
造り(吉兆)
鯛薄造り(吉兆)
鮪・金目鯛・烏賊・雲丹(吉兆)
和牛網焼(吉兆)
多喜合(吉兆)
蟹酢(吉兆)
筍御飯一杯目(吉兆)
筍御飯二杯目(吉兆)
筍御飯三杯目(吉兆)
香の物(吉兆)
赤出汁(吉兆)
水菓子(吉兆)
和菓子(吉兆)
抹茶(吉兆)
塩茶(吉兆)
帝国ホテルインペリアルタワー地下1階にある日本料理店。

ディナーコースは、梅・竹・松・吉兆の4コースございます。
メニューには献立がでておりません。
牛肉のつくコースを尋ねると、吉兆とのこと。
一番高いコースであった。

吉兆をお願いする。
食事は鱶鰭丼と筍御飯が選べる。
筍御飯をお願いする。
木の芽は苦手なので、外すようお願いした。

梅酒、八寸、椀、造り、家貴物、多喜合、酢の物、御飯、香の物、赤出汁、水菓子、和菓子、抹茶、塩茶。

まずは梅酒で御挨拶。

八寸が超豪華!
その中の一品に木の芽が僅かだが入っていた。
自分は気にしていなかったが、別に鯛の白子を付けてくれました。

肴がいいので、白鷹が進む

椀は鮎魚女の吸物。

造りは、鯛の薄造り、金目鯛、鮪、あおりいか、うに。

和牛網焼は厚みが凄い!
べらぼうに旨い。

煮物、蟹酢と続く。

筍御飯は、お釜で登場。
おこげも絶妙の仕上がり。
筍御飯にして良かった。

フルーツの後、自家製の桜金団。

抹茶、塩茶でおしまい。

最高のコースでした。
大満足。

御勘定が物凄いことになっていました。

【東京吉兆 帝国ホテル店】
東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテル タワー館B1F

特選和牛ステーキ(伊勢長)
前菜1(伊勢長)
前菜2(伊勢長)
造り(伊勢長)
焚合(伊勢長)
凌ぎ(伊勢長)
ステーキ丼(伊勢長)
香の物(伊勢長)
止椀(伊勢長)
デザート(伊勢長)
帝国ホテルタワー地下1階にある京料理店。

ステーキ懐石をいただきました。

前菜、造り、焚合、凌ぎ、特選和牛ステーキ、
御飯、香の物、止椀、デザート。

まずは、生ビールでノドを潤す
前菜は、酒の進みそうなものばかり。
金閣を呑む

造りは、鮪、鯛、あおり烏賊。
酒が進む

和牛ステーキも日本酒に合う
御飯にのっけてステーキ丼にしてみた。
柔らくて美味しい。
なかなか食べ応えがありました。

デザートはメロンとイチゴ。

贅沢な懐石でした

【伊勢長】
東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテル タワー館B1F

佐賀牛ステーキ(フィレ)
旬菜(なだ万)
旬菜1(なだ万)
旬菜2(なだ万)
旬菜3(なだ万)
旬菜4(なだ万)
旬菜5(なだ万)
椀物(なだ万)
御造り(なだ万)
サラダ(なだ万)
ステーキ丼(なだ万)
漬物(なだ万)
味噌汁(なだ万)
フルーツゼリー(なだ万)
帝国ホテル本館地下1階にある日本料理店。

佐賀牛ステーキ懐石(フィレ)をいただきました。

旬菜、汁、造り、サラダ、焼物、御飯、香の物、止椀、デザート。

まずは、生ビールでノドを潤す
旬菜は、酒の進みそうなものばかり。
浦霞を呑む

造りは、鮪、鯛、牡丹海老。
酒が進む

佐賀牛も日本酒に合う
御飯にのっけてステーキ丼にしてみた。
柔らくて美味しい。
なかなか食べ応えがありました。

デザートはフルーツゼリー。

贅沢な懐石でした

【東京 なだ万】
東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテル 本館B1F

フィレステーク10560
カキフライ2860
コンソメスープ1760
プリン880
銀座の老舗洋食店。
高級感漂うよう外観と店内。
店頭にメニューが出ているが、御値段も高級でござんす。

季節メニューのカキフライが登場してます。
みかわやのカキフライ食べてみたい。
思わず入ってしまいました。

アラカルトでカキフライ、ビーフフィレステーク、コンソメをいただきました。

カキフライは大振りのカキが5個。
衣は薄く、きめ細やか。
タルタルソースをたっぷりつけていただく。
美味しゅうございますね。
ワインにも合う。

コンソメ、最高!
黄金の輝き、黄金の味。

フィレステークはミディアムで焼いてもらいました。
絶品!
ワイン進んでまう。

デザートはプリンにしました。
癒される甘さ。
珈琲で余韻に浸る。

御勘定が凄いことになってまった。
たまの贅沢もいいかも。

【みかわや】
東京都中央区銀座4-7-12

テンダロイン200g
特選テンダーロイン12250
サラダ(カタヤマ)
味噌汁(カタヤマ)
平松洋子さんの「ステーキを下町で」を読んでから、憧れの一品であった。
平日の昼に行ってみた。
開店早々だったので、有名な「待合室」には通されず店内に直行だった。

駄敏丁カットも気になるが、折角なので特選テンダーロイン200gにしてみた
12,250円也。
ライス・味噌汁・サラダ付。
焼き加減はミディアムでお願いした。

サラダはすぐに出てきたが、肉はなかなか出てこない。
後から来た客のヤケハンバーグの方が先に出てくる始末。
30分かかってようやく登場。

めっちゃ柔らかい。
厚みが3cm以上もある。
肉布団と言ってもいい。

和風おろしダレに付けて頬張る。
めっちゃ旨い。
頬っぺた落ちた。
あっという間に完食。
肉の塊をやっつけた満足感に浸った。

【カタヤマ】
東京都墨田区東向島4-2-6

和牛肩ロース
和牛石焼
長芋素麺
蓮根饅頭
鮪・あおりいか
鴨沢煮汁
鮎塩焼
山家蒸し
麦とろ御飯
水羊羹
高尾山の麓にあるいろり炭火焼料理店。

昼に予約して家族で行って参りました。
高尾山口駅から送迎マイクロバスに乗りこみました。
途中、竹亭に寄ったので、着くのに結構時間がかかった。

まずは受付で待つ。
そこから案内されてくねくね歩く。
離れが林の中に点在しております。

ようやく到着。
個室に靴を脱いで上がり込みます。
外はうだる暑さだったが、室内は冷房が効いております。
掘り炬燵式の和室、窓からは池の鯉が見えました。

料理はコース制。
5コースある。
家族の意見がまとまらずなかなか決まらない。
お互い譲らないので困るね。
食材の関係でコースの組み合わせに制限があり、
こちらの希望がなかなか通らない。
融通が利かないのもどうかと思う。

ようやく全員石焼牛コースに決まった。

まずは生ビールで乾杯。
ほっと一息ついた感じ。

石焼牛コースを紹介しよう。
長芋素麺、蓮根饅頭、造り、鴨沢煮汁、山家蒸し、
特選和牛肩ロース石焼、麦とろ御飯、水ようかん。

部屋に来る途中の小屋で、これ見よがしに焼いていた
鮎塩焼きを追加した。
店の手中に嵌まり、刷り込まれちまったね。

料理は長芋素麺が旨かった。
他はまあまあかな。
和牛のに下に味噌が敷いてあったが、味噌なしの方が旨い。

接客はいまひとつだが、10%のサービス料が加算された。

御値段はなかなかのもの。
雰囲気代ですな。

【うかい鳥山】
東京都八王子市南浅川町3426

このページのトップヘ