風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

カテゴリ: 孤独のグルメ

ガーリックピラフ(アティック)890味噌汁(アティック)
サラダ(アティック)
昆布佃煮(アティック)
珈琲(アティック)
ドラマ『孤独のグルメ』で登場した喫茶店。
レトロな雰囲気が堪りません。

フードメニューが充実。
11:30~15:00までランチタイム。

ガーリックピラフをいただきました。
890円也。
スープ・サラダ・小鉢・珈琲付。

厨房からニンニクの香ばしい匂いが漂ってきます。
堪らねえ。

食べてみると丁度良い塩梅で美味しい。
スープは味噌汁。
小鉢は昆布佃煮であった。

食後の珈琲で余韻に浸る。

ごちそうさまでした。

【Attic】
東京都品川区旗の台2-1-15

ヒコイワシ酢漬け(石井)400スペインオムレツ(石井)300
パン(石井)
カキとベーコンのアヒージョ(石井)1100
魚介パエリア(石井)1500
サルスエラ(石井)1000
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になったスペイン食堂。
中原街道沿いのこじんまりとした店。
開店早々に入ったら予約無しでも大丈夫だった。

孤独のグルメメニューがあった(笑)
五郎さんセレクションと久住さんセレクションがある。

まずはスパークリングワインでノドをウルオス。
お通しはパン。

ヒコイワシ酢漬けとスペインオムレツのハーフをいってみる。
うんめえ。
ワイン進むで。

本日のオススメ、カキとベーコンのアヒージョをいってみる。
1,100円也。
熱熱の鉄皿で登場。
油地獄のように煮え滾っていて凄い迫力。
プリプリの牡蠣が5個。
ワインと合う。

パエリアは時間がかかるので、最初に注文しておいた。
魚介パエリア。1,500円也。

時間差で注文したサルスエラ。
1,000円也。
同時に出来上がりました。

魚介が被ってしまった。
っていうか、敢えてダブらせた。
両方食べたかったのだ。

パエリア、サルスエラを交互に食べる。
米と汁、日本人好みの味。
スペイン料理は、こうでなきゃいけねえ。

流石に満腹です。
ごちそうさまでした。

【石井】
東京都品川区旗の台2-1-31
岩瀬荘 1F

お通し(泪橋)豚バラ味噌串(泪橋)180
せせり串(泪橋)180
かき串(泪橋)450
カキフライ(泪橋)580
オクラみょうが(泪橋)480
焼きおにスープ(泪橋)680
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった居酒屋。
予約して行って参りました。
カウンター席がキープされておりました。
荷物は上の棚へ置く。
棚が結構高い位置にある。
あっという間に満席。
予約しておいてヨカッタ。

まずは、生ビールでノドをウルオス。
お通しはラタトゥイユとシラスオロシ。

串焼きは豚バラ味噌串・せせり串・牡蠣串をお好みでお願いした。
豚バラは、めっちゃじゅーすいー。
せせりは、宮崎地鶏。旨味濃厚。
牡蠣串450円。檸檬でさっぱり。

カキフライもいってみる。
580円。
自家製タルタルソース付。
タルタルうんめえ。

オクラみょうが和え480円。
生ニンニクスライスが忍ばせてありました。
スタミナ付きそう。

青森の酒、ねぶたを呑みました。
こちらも旨い。

〆は、焼きおにスープにしました。
680円。
半生の笹身が付いてます。
結構食べ応えあり。

料理は厨房から手渡し。
名前で呼んでくれます。
アットホームな雰囲気。
また来てみたい。

【泪橋】
東京都中野区中野5-53-10

海老グラタン(サンクス)430
劇画『孤独のグルメ』で井之頭五郎が深夜にコンビニフーズを食べる話がございました。
劇中ではキングスとなっておりますが、サンクスがモデルになっております。

コンビニ業界再編で、サンクスはユニー・ファミリーマートグループに経営統合です。
都内のサンクスは吉原店のみとなってしまいました。

吉原店は、色街のど真ん中にございます。
店舗面積は小さい。

おでん鍋は残念ながら無かった。

海老グラタンを購入しました。
430円也。
381㎉。
株式会社ヤヨイサンフーズ清水工場製造。

自宅の電子レンジで温めていただきました。
熱熱で旨旨。
海老は3個入っていました。

【サンクス 吉原店】
東京都台東区千束4-30-2

炒麺(喜楽)850餃子(喜楽)500
劇画『孤独のグルメ』で登場した店。

1階が満席なので2階へ誘導された。
テーブル席に相席。
ギュウギュウ詰めです。

炒麺と餃子をいただきました。
炒麺850円、餃子500円。

炒麺はチト油っぽい。
麺の量が多い。
モヤシたっぷり。

餃子が旨かった。
餃子ライスでもいいかも。

【喜楽】
東京都渋谷区道玄坂2-17-6

ラーメン(永楽)650餃子(永楽)500
東小路飲食店街にある中華そば店。
劇画『孤独のグルメ』で井之頭五郎が学生時代に何度か入った店。
開店前に到着。
店の前に丸椅子が並べてあったので、座って待つことにする。
あっという間に行列ができました。

開店時間になり、入店一番乗りじゃい。
あっという間に満席になりました。

ラーメンと餃子をいただきました。
ラーメン650円、餃子500円。

20人前くらい同時に調理するシステム。
なので、注文と配膳の順番は必ずしも一致しない。

麺を茹でてから到着するまで、やや間があった。
伸びてるんちゃう?
心配無用であった。
中太ストレート麺はモチモチの食感、のおぷろぶれむだ。

スープは見た目よりあっさりしております。
茹でモヤシが焦がし葱の辛味を和らげている感じだ。

固茹での玉子は好み。

餃子も何気に旨い。
餃子ライスでもいいかも。

【永楽】
東京都品川区東大井5-3-2

餃子(菜苑)350蟹炒飯(菜苑)1500
スープ(菜苑)
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった町中華。
11時35分頃到着したら店の前に行列が出来とりました。
人気店です。
列に並ぶとしよう。

12時頃、ようやく入店です。

餃子と蟹炒飯をいただきました。
餃子は5個で350円。
蟹炒飯は1,500円、スープ付。

餃子は酢・胡椒・辣油で食べてみた。
うんめえ。
もう一人前食べれそう。

蟹炒飯は調味料控えめで薄味。
少し焦げとる、炒め過ぎじゃないかな。

スープはさっぱりして旨かった。

【菜苑】
東京都江東区亀戸3-1-8

ボリュームヒレかつサンド(万世)900
劇画『孤独のグルメ』で登場したカツサンド売店。

ボリュームヒレかつサンドを購入。
900円也。

肉が分厚くボリューミー。
柔らかくて、冷めても旨かった。

【万世 秋葉原本店】
東京都千代田区神田須田町2-21

刺身定食(魚力)1080味噌汁(魚力)
鹿尾菜(魚力)
玉子焼(魚力)
劇画『孤独のグルメ』の舞台になった定食屋。
明治創業、鮮魚店直営の和定食の店。

鰻の寝床のような細長い造り。
刺身定食の札を取り、奥に進む。
刺身定食は、1,080円也。

札を裏返すと、番号が記されている。
当たると好きな小鉢のサービスとなる。
今日は当たり番号の多い日のようだ。
「あ!当たりました!」
玉子焼をチョイス。

ちなみにカウンター備え付きの鹿尾菜は取り放題だ。

刺身は6種類の盛り合わせ。
鮮魚店直営だけあって、刺身が旨い。
御飯が進む。

御飯と味噌汁はお代わり無料。
だが、残してはイケナイ。

味噌汁の具は蜆だった。
御飯も味噌汁も旨い。
残す心配は無い。
一杯づつお代わりしました。

魚介ばがりだと飽きるので、玉子焼の選択は正解であった。

一気に完食。
また食べに来たい。

【魚力】
東京都渋谷区神山町40-4

鰤大根(ガーデンテラス)
栗御飯(ガーデンテラス)
味噌汁(ガーデンテラス)
小鉢①(ガーデンテラス)
小鉢②(ガーデンテラス)
フルーツ(ガーデンテラス)
和定食(煮魚)(ガーデンテラス)1480
杏林大学病院外来棟の6階にあるレストラン。
日比谷松本楼の支店です。

劇画『孤独のグルメ』で井之頭五郎が病院食で鰈の煮付けを食べる話があった。
病院食の煮魚、気になる。

ガーデンテラスでは入院しなくても煮魚定食をいただけるのだ!
外来棟の6階を訪ねた。
店内は明るく広々としています。
病院とは思えない。

和定食は煮魚と焼魚の2種類ございます。
各1,480円也。
669㎉。
小鉢2種・味噌汁・フルーツ付。
本日の煮魚は鰤大根、焼魚は鰤醬油漬。
栗御飯かとろろ御飯を選ぶ。

鰤大根と栗御飯にしました。
小鉢は焼茄子と白和えだった。

薄味だが美味しい。
6品は素晴らしい組み合わせであった。
体に良さそう。

入院したくないが、また食べに来てみたい。

【Girden Terrace】
東京都三鷹市新川6-20-2
杏林大学医学部付属病院 外来棟6F

フレホーレス(ティアスサナ)900プリン(ティアスサナ)400
劇画『孤独のグルメ』の舞台になったペルー料理店。
外苑東通りを横に入ったビルの地下1階。
店内の壁にいろんなものが貼ってあり賑やかです。

フレホーレスをいただきました。
900円也。
ドリンク付。

珈琲はお代わり無料。
フレホーレスはチト時間がかかるので、珈琲を先に出してくれました。

15分くらいで出来上がりました。

フレホーレスは辛くないペルーカレーとのこと。
豆と豚肉と玉葱の煮込み。
食べやすい味。
ガーリックライスは日本米を使用。
ニンニクはあまり感じられなかった。

タマネギの酢漬けのお代わりサービスは無くなってた。
でも、十分な量はある。
器から皿にちょいちょい移して食べた。

チョリソ、ポテトサラダ、ポテトサラダ、オリーブの実。
いろいろ付いていて楽しい。

デザートにプリンを食べてみた。
400円也。
甘くて美味しい。
珈琲をお代わりする。

ごちそうさん。

【TIA SUSANA】
東京都新宿区信濃町8-11
坂田ビル B1F

海老スープカレー(シャナイア)1580ターメリックライス(シャナイア)
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になったスープカレー店。
駅から離れた住宅街の袋小路にあります。

店頭に受付機械が設置されています。
登録すると1番であった。

開店と同時に猫のあじとに潜入する。

海老のスープカレ、焼き海老ベース、3辛、ターメリックライス200gにしました。
1,580円也。

1番乗りだったが、出来上がるのに12分かかりました。

海老の香ばしい味わい。
スープはコクがあるが、薬膳臭さは感じられない。

野菜たっぷり。
じゃがいもは入っていると聞いただが、1個だけだった。
じゃがいもトッピングしておけばよかった。

【Shania】
東京都目黒区三田1-5-5
猫のあじと

ヤキソバ(シブヤ)650スープ(シブヤ)
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった中華料理店。
諸々の都合により9月28日に閉店することになった。
閉店前に食べに行って参りました。

客の9割方はニラ玉を注文する。
なので、開店時には厨房ではニラ玉を作り始めている。

ヤキソバをいただきました。
650円也。
スープ付。

ヤキソバは麺を茹でるので時間がかかる。
後から来た客のニラ玉が先に出てくる。
のおぷろぶれむだ。

湯気濛濛で焼そば登場。
ソースの香りがええねん。

野菜たっぷり、麺の量も多め。
熱熱を頬張る。
うんめえ。

焼そばをアテにビールを呑みたいところだが、昼はアルコールの注文はできない。
水分はスープで補おう。
スープも旨かった。

【シブヤ】
東京都中央区八丁堀3-2-4

牛タン1人前(萃萃)牛タンセット(萃萃)1836とろろ(萃萃)
冷奴(萃萃)
テールスープ(萃萃)
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった牛タン専門店。
地下鉄の駅から10分くらい歩いた住宅街にあります。
開店15分くらい前に到着したら、既に行列が出来ていました。
放映から大分経っているので油断していました。

なんとか壱巡目に入店できました。
入り口近くのカウンターに座ると大将が直に注文を取ってくれました。
ホールスタッフ経由の注文と1時間は違う。
この差は大きい。

牛たんセット1人前をお願いする。
1,836円也。
牛たん7切れ・トロロ・冷奴・テールスープ・漬物・白米付。

5分くらいで配膳です。
勿論、一番最初です。
大将に感謝。

牛たんは全然臭みがなく、肉質も良い。
厚過ぎず薄過ぎず、タレの塩梅も良い。

待っている客の視線が熱い。

一気に平らげた。

ごちそうさん。

【萃萃】
宮城県仙台市宮城野区萩野町2-12-1

アジフライ定食(はまべ)1300小鉢①(はまべ)
小鉢②(はまべ)
味噌汁(はまべ)
漬物(はまべ)
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった漁師めし処。
12時開店だが、列車の時間の関係で11時頃店頭に到着した。
1時間前だが、既に開店を待つグループがいた。
その後に並んだ。

11時50分頃、開店した。
その頃には行列が出来ていた。
一巡目で入店出来たのは良かった。

カウンター席の向うが厨房、その向こうが座敷になっています。
座敷には裏口から入る。
変わった造り。
カウンターは7席。
8人目からは座敷になる。

大体、4人づつのロットで調理をするようだ。

アジフライ定食をいただきました。
1,300円也。

まず小鉢2品と漬物が出される。
小鉢はマカロニサラダ、魚と大根の煮物。

アジフライは大型が2枚。
大味だった。
金谷の黄金鯵は6月~8月が旬らしい。

【はまべ】
千葉県富津市金谷3971

搾菜(蔡菜)黄ニラと海老卵炒め(蔡菜)1300
あわびシイタケ竹の子炒め(蔡菜)1350
ナンプラーとアンチョビの焼そば(蔡菜)950
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった上海家庭料理店。
中野駅から近いが入り組んだ処にあるので、初めてだとわかりにくい。

夕方5時の開店を狙い行ってみた。
早い時間だったので予約無しでも大丈夫だった。

まずはビールでノドをウルオス。
お通しは、搾菜。

黄ニラと海老卵炒め、あわびシイタケ竹の子炒めをいただきました。
メニューは炒めものが多いが、チョイスした2品は絶品であった。
御飯にも合いそう。

〆は、ナンプラーとアンチョビの焼そばにしてみた。
海老入りです。
食べたことのない味であったが、〆に丁度良かった。

人気店なので予約した方が無難です。

【蔡菜】
東京都中野区中野3-35-2

ハムエッグ定食(伊勢屋)750味噌汁(伊勢屋)
漬物(伊勢屋)
筍土佐煮(伊勢屋)200
納豆(伊勢屋)150
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった食堂。
淀橋市場内にあります。
朝5時から営業。

5時半頃、暖簾を潜りました。
朝から賑わっております。

ハムエッグ定食をいただきました。
750円也。
御飯のサイズと漬物が選べます。
丼飯と白菜・胡瓜の漬物にしました。
ハードボイルド派なので、玉子は固めにしてもらいました。

ロースハム2枚と目玉焼2個。
ハムは厚め。
醤油を垂らして、パクっ。
うんめえ~。

筍土佐煮と納豆も付けてみた。
200円と150円。
筍は早掘なので柔らかい。
納豆は後半戦に投入。

朝飯にピッタリの定食であった。

ごちそうさん。

【伊勢屋】
東京都新宿区北新宿4-2-1
淀橋市場内

海老・蛸(武田)牡蠣・鱚(武田)
鶉玉子・竹輪(武田)
蒟蒻(武田)
どて焼き(武田)
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった串かつ屋台。
光栄寺の前にある。

4時半開店だが、持ち帰り客が既にいたので横で待っていると、武田さんから、串かつの注文のOKが出た。
どて焼は、まだやで。

海老と蛸をいってみる。
熱熱でめっちゃ旨い。

ビールは瓶。
冬の屋外でのビール、おつなものです。

どて焼はまだだが、蒟蒻味噌付をお願いする。
武田さんは、もう少し待った方がええねんとアドバイス。
よく煮込んでもらうつもりで、ええねんと注文した。
蒟蒻は一回素揚げてから、味噌を纏わす。
なので、あまり煮込まない。
武田さんの言う通りにすればよかった。

牡蠣と鱚をいってみる。
旨いねん。

鶉と竹輪、素朴な味もええねん。

どて焼のOKが出た。
2本お願いする。
さっぱりして旨い。
キャベツをミソにつけるのもいいぞ。

勘定は驚くほど安かった。

【武田】
大阪府大阪市平野区平野本町1-5

かきバター焼(甘辛や)650たこねぎ小(甘辛や)450
デラックスそば(甘辛や)950
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった鉄板焼屋。
暖簾を見ると風流美味の文字、ここで決まりだ。
初めて来たのにどこか懐かしい。

おしぼりはセルフ、紅一色のみだ。

まずは昼から生ビール。

季節の味、かきバター焼をいただいた。
650円也。
うんめえ~。
牡蠣は勿論旨いが、牡蠣の旨味を吸った玉葱とモヤシも旨い。

ビールのおつまみ、たこねぎの小をいってみる。
450円也。
言わずとも、醤油味で作ってくれた。
そのままでパクっ。
さっぱり味、いいなあ。
一味唐辛子をかけてパクっ。
たこねぎの奥行きが広がった。

〆は、デラックスそばにしました。
950円也。
具は豚・海老・烏賊・貝柱。
ハードボイルド派のなので、玉子は固めにしてもらった。
甘辛ソース、これは旨い

ごちそうさん。

また食べたくなってきた

【甘辛や】
阪府大阪市阿倍野区美章園2-18-19

サバだしラーメン(亀鶴)700
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった食堂。
昔ながらの大衆食堂って感じだ。
11時20分頃入店、運よく席が空いていた。

駅からかなり離れているのに、あっという間に満席になってしまった。
土日は行列が出来るらしい。

サバだしラーメンをいただきました。
700円也。
普通の中華そばもある。中華そばは550円。

スープが澄んでいて美味しい。
全然魚臭くない。
焦がし葱が香ばしい風味を醸し出している。

極細麺のノドゴシ最高。
スルスルと胃袋に収まっちまう。
大盛にすれば良かったな。

ぶ厚いチャーシューが2枚。
丸っこいのはチャーシューの端っこだと思ったが、サバのつみれだった。
このサバのつみれがメッチャ旨い。
チャーシュー抜きで、つみれ3個の方がエエね。
ちなみに、つみれが無くなるとチャーシューが3枚になるらしい。
ラッキーであった。

【亀鶴】
宮城県石巻市相野谷飯野川町171

このページのトップヘ