風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

タグ:三重県

スパゲッティ(モリ)550
ミックスジュース(モリ)300
宇治山田駅から徒歩3分の処にある喫茶。

朝10時から営業。
開店時間には続続と客が入店。
人気店です。
TVの取材が来ていました。

モリ特製スパゲッティが有名。

スパゲッティ並をいただきました。
550円也。
粉チーズ抜きでお願いしました。

客全員がスパゲッティを注文。
大盛の何人かいた。

熱熱の鉄板で登場。
モタモタしていると焦げちまうぜ。

赤ウインナーとグリ-ンピースが嬉しい。
並でも量に不足はない。

ミックスジュースは300円。
程好い甘さで美味しい。

【モリ】
三重県伊勢市岩渕1-15-10
モリビル 2F

和朝食(伊勢)800
伊勢シティホテルに泊まりました。
朝食会場は1階のレストラン。

和定食をいただきました。
800円也。

林檎酢ジュースが目覚めの一杯。

玉子焼が美味しい。

御飯御代わり無料。
勿論、御代わりだ。

【石かわ】
三重県伊勢市吹上1-11-31
伊勢シティホテル 1F

ミックスサンド(香)500
アンドーナツ(寿)
デザート(寿)
伊勢市駅南口から徒歩3分の処にあるファミリースナック。

入口近くのテーブル席は埋まっていました。
常連客から店の奥を勧められた。
クランクになっていて入口からは見通せない造り。
奥はバーカウンターとテーブル席があり、スナックの雰囲気。
誰もいないのでチト不安になる。

ミックスサンドをいただきました。
500円也。

玉子焼、ハム、キュウリ、トマトのミックス。
玉子焼が焼き立てで旨い。
結構食べ応えがあった。

アンドーナツとデザートをママさんがサービスで出してくれました。

ごちそうさん。

【寿】
三重県伊勢市宮後1-2-24

中華そば(大阪屋)500
伊勢市駅と宇治山田駅の間にある食堂。
酒呑んだ〆に寄ってみました。

中華そばを手繰りました。
500円也。
メンマ抜きでお願いした。

スープは、やや甘め。
さっぱりしています。
〆にぴったりやね。

【大阪屋】
三重県伊勢市上地町2582-1

お通し(虎丸)
お造り八種盛(虎丸)
すずき塩焼(虎丸)880
かきバター焼(虎丸)980
あさり味噌汁(虎丸)
伊勢市駅北口から徒歩8分の処にある居酒屋。
人気店なので予約しました。

夕方5時開店なので、少し早めに行ってみると既に何組か席に着いている。
やべえ、いきなり出遅れ感あり。

倉を改造しているので、天井が高く幻想的な灯が妖しい雰囲気を醸し出す。
雰囲気だけでも酔う。

席に案内され、店主がオススメなどをレクチャーしてくれました。
お造りは6種・8種・10種の3コースある。
こいつは外せないね。
お造り8種と生ビールをおうだあ。

お通しは、魚フライ味噌和え。
うんめえ。

お造り8種盛り合せ。
脂きはだ、ぶり、平政、活石鯛、活たい、あじ、甲いか、太刀魚。
いろいろな魚がちょっとづつ。
値段表示は無いがお得のようだ。
勿論、味は抜群。

すずき塩焼、かきバタ焼、あさり味噌汁をいってみる。
すずきはカマの部分。
たんぱくだがめっちゃ旨い。
かきは一部焦げとる。
板さん、目を離したか。
あさり味噌汁は汁もいいが、味噌味の浅利が旨い。

伊勢の魚介を堪能しました。
酒は風の宮を呑みました。
心地酔い。
また来てみたい。

【虎丸】
三重県伊勢市河崎2-13-6

プリン(朱の香)280
ジンジャーエール(朱の香)350
伊勢市駅北口から徒歩13分の処にあるカフェ☕。
トキノコウと読みます。
ウッディーなインテリアで落ち着きます。

自家製プリンをいただきました。
280円也。
土谷養鶏場の生み立て卵を使用。
うんめえ~

ジンジャーエールとの相性も良かった。

【朱の香】
三重県伊勢市船江2-3-2

かやくうどん(起矢)550
宇治山田駅から徒歩7分の住宅街にある食事処。
店内はこじんまりとしていてアットホームな雰囲気。

かやくうどんを手繰りました。
550円也。

つゆが甘い。
饂飩は柔らかい。
茹で玉子、蒲鉾、油揚げ、麩、若布、具沢山です。

食べ応えあり。

【起矢】
三重県伊勢市尾上町5-31

伊勢海老刺身中(桂)5832伊勢海老刺身(桂)
鮑ステーキ大(桂)5400
鮑肝(桂)
松坂牛ヒレ網焼丼(桂)5076
松坂牛ヒレ65g(桂)
伊勢海老汁(桂)
伊勢海老ミソ(桂)
漬物(桂)
伊勢市駅から徒歩1分の処にある寿司割烹。
伊勢の名物がいっぱいで嬉しくなってしまうね。

伊勢海老の刺身は、小・中・大の三種類あります。
大きさは約200g・250g・300g。
250gの中をいただきました。
活伊勢海老なので新鮮。
旨い。
正に海老の王様ですな。
ミソは後で味噌汁にしてもらう。

鮑ステーキは、小・中・大の三種類あります。
大きさは約150g・200g・250g。
250gの大をいただきました。
旨い。
正に貝の王様ですな。
肝は神都ビールのアテにぴったりやね。

松坂牛ヒレは、網焼とステーキが選べます。も
大きさは65gと130g。
頼めば+200円で丼にしてくれます。
65gの網焼丼をいただきました。
旨い。
正に牛の王様ですな。

伊勢海老の味噌汁が絶品。
ミソが抜群に旨い。

ごちそうさん。
伊勢の名物を堪能しました。

【桂 外宮】
三重県伊勢市本町17-16

うな重特上アップ
吸物付
津駅近くの鰻料理店。
本店なのに何故支店?
料亭の支店から鰻専門店になったらしい。

入口が二つあり、二階の座敷に迷い込んでしまった。
仕切り直し。
一階のテーブル席に尻を置いた。

小・並・中・上・特上の五段階。
一切〜五切の刻み。
鰻一匹分は五切とのこと。

うな重特上をいただいた。

注文してから10分くらいで出来上がり。

5つに分けられていると思いきや、
大きく二切。
まあ一匹分には違いない。
のおぷろぶれむだ。

関西風の仕上がりで皮はパリパリ。
香ばしくて旨い。

タレは甘め。

吸物は肝入らず。

【大観亭支店 栄町本店】
三重県津市栄町2-472

海鮮炒飯アップ
スープ付
際コーポレーションプロデュースの、中華麺飯店。

炒飯が食べたくなり入店。

豚バラ青菜、スパイシーチキン、高菜挽肉、
たまごレタス、エビ海鮮、豚ネギ塩の6種類。

エビ海鮮チャーハンにしました。

海老・蛸・帆立の海鮮。
さっぱりして旨い。

大盛の注文ではないが、量が多かった。

【萬力屋 アスト津店】
三重県津市羽衣町800
アスト津 B1F

まむし丼
ドーミーイン津に宿泊しました。
朝食会場は2階のレストラン。

和洋バイキングスタイル。

ご当地メニューは、伊勢うどんとまむし丼。

まむし丼:
ごはんの中に、特製のうなぎを刻んでまぶしております。

ジャーから自分で丼によそう。
薬味もお好み。
朝からまむし丼食べ放題。

うなぎはあまり入ってなかったが、朝から食べれるのが嬉しい。
タレは甘め。

伊勢うどんは食べずに赤出汁にしました。

オカズの種類は少なめ。

【ドーミーイン 津】
三重県津市羽衣町374

鮑活け造り
松茸土瓶蒸し
付き出し
松阪牛メンチカツ
活さざえつぼ焼き
伊勢志摩の山海の幸を求めて伊勢門本店の門を入った。
店内は落ち着いた雰囲気で高級感漂う。

御品書きは御値段御高めでございます。
伊勢海老と活あわびは「浜値にて」とある。
ブルブルブル(||゜Д゜)

浜値は怖いが、あわびは食べておきたい。
店員さんに尋ねると5千円を超えることはまずないらしい。
あわびは、活き造り・ステーキ・踊り焼きの三通りある。
活き造りをお願いした。

いやあ、流石に旨いっす。
こうなると日本酒ですな。
若戒義左衛門を呑む。

活さざえはつぼ焼きにしてみた。
旨いっす。
若戒義左衛門を呑む。

松茸は土瓶蒸しにしてみた。
旨いっす。
若戒義左衛門を呑む。

松阪牛はメンチカツにしてみた。
思ったより脂っぽくない。
旨いっす。
塩で食べるのだが、ソースも欲しかったな。

サービス料5%つきます。

【伊勢門 本店】
三重県津市栄町3-222
ソシアビル 1F

海の幸カレーライス
手間暇かけたこだわりカレー
昔ながらのプリン
ブラックカレーで有名な東洋軒。
昼の開店と同時に行ってみました。
老舗のレストランの風格があります。
ウエイターもビシっと決まってます。
予約客が多く、あっという間に満席なってしまった。

海の幸カレーをいただきました。

海老・烏賊・帆立・白身魚がゴロゴロ。
海老が大きくてプリプリの食感。
カレーは辛くなくスパイシーな味わい。

デザートにカスタードプリンをいただきました。

カスタードプリンは昔ながらのホッとする味。
キャラメルアイスと焼林檎が脇を固めています。

御値段は御手頃だと思います。
カレーパンの持ち帰りも人気のようです。

【東洋軒 本店】
三重県津市丸の内29-17

和朝食
御飯・味噌汁
ラ・メール クラシックに泊まりました。

朝は和食にしました。
おかずがいっぱい。
薄味で体に優しい感じ。
味噌汁は赤出汁。
こちらは濃い味わい。
御飯を三杯いただきました。
朝から満腹。

【ラ・メール クラシック】
三重県志摩市阿児町神明731
志摩観光ホテル クラシック 1F

鮑ステーキ
鮑の冷製
鮑のココット
鮑スープ
野菜スティック
ポテト
パン
スズキと車海老のフルーツソース
シャーベット
デザート
焼菓子
劇画美味しんぼで東西新聞の小泉編集局長が脱帽したアワビのステーキを食べたい。
長年の宿題でありました。

志摩産黒鮑ディナーをいただいてまいりました。

鮑の冷製 香草ドレッシング キャビア添え

鮑のココット ブルギニヨンソース

鮑のスープ
海の幸スープ冷製“志摩”
伊勢海老クリームスープ
から一品

スズキと車海老のフルーツソース

シャーベット

鮑ステーキ ブールノアゼットソース
鮑白ブドウ酒煮 ソースヴェール
鮑ヴァープル 昆布の香り
から一品

デザート

コーヒー

コースはこうなっております。

鮑のスープと鮑ステーキをチョイス。

鮑尽しです。

かなり贅沢。
鮑のココットは熱々で肝ソースが美味。
スープは鮑にして正解。
濃厚だがしつこくない。
パンを浸して食べる。
こちらも美味。

憧れの鮑ステーキ。
焼いて縮まっているはずなのに、かなりでかい。
外側はカリっと香ばしい。
中は弾力がある。
淡いバターの香り。
期待が大き過ぎたのか、感動までには至らず。

白ブドウ酒煮とヴァープルも気になるところだ。

宿泊とセットになっているので、料理だけの御値段はわからない。

かなりの出費であった。
でも達成感は味わえたので満足です。

【ラ・メール クラシック】
三重県志摩市阿児町神明731
志摩観光ホテル クラシック 1F

てこね寿司アップ
あさり柔煮350円
さざえ壺焼650円
てこね寿司(梅)1,050円
伊勢神宮で御参りの後、おかげ横丁をプラリ。
すし久で昼食にしました。
昼時なので大賑わい。
1階の大広間に案内されました。
勿論、相席です。
御参り仲間という連帯感がある。

あさり柔煮とさざえ壺焼で軽く一杯。
昼酒は効きますね。
ほろ酔いになったところで、てこね寿司の梅をいただきました。

手桶は上げ底になっていて、見た目よりボリュームはない。
鰹のづけがさっぱりしております。
寿司飯は甘め。

味・雰囲気・サービスは、観光地の食堂そのものでした。

【すし久】
三重県伊勢市宇治中之切町20

花鰹舞う
JR松阪駅ホームと改札外の間にある駅麺店。
JR東海経営最後の店舗。
伊勢うどん、きしめん、うどん、そばがあります。

ホーム側から攻めてみる。
きしめんをいただきました。

生きしめんを大鍋で茹でとります。
なのでチト時間がかかった。

透明感のある熱々のつゆ。
青葱と花鰹。
余計な具はない。

シンプルだけどデラ旨い。
ホームの上で立って食べているので、
余計に旨く感じる。
熱々だが冷める間もなく一気にたいらげた。

汽笛亭よ、いつまでも残っていて欲しい。

【汽笛亭】
三重県松阪市京町301
JR松阪駅構内

1番人気
近鉄四日市駅南コンコースにある駅麺店。
椅子があるので落ち着いて食べれます。

当店1番人気と謳ってある、桜海老のかき揚げうどんを食べました。

かき揚げはサクサクで旨い。
桜海老と強調している割に桜海老は少な目。
人参の方が多い感じだ。

つゆは一口目しょっぱく感じたが、食べ進めるうちに平気になった。

値段も高くないのでおすすめです。

【四日市庵】
三重県四日市市安島町1-1-56
近鉄四日市駅 2F南コンコース

Custard Pudding
近鉄百貨店四日市店最上階にあるサロンです。
天井が高くガラスを多く使用してゴージャスな雰囲気。
眺望が素晴らしく伊勢湾を望めます。

カスタードプリンをいただきました。

この雰囲気によって美味しさがさらにUPしております。

接客も素晴らしい。

値段は他のモロゾフ店舗と変わらないので、
すご〜く得した気分!
(*^_^*)

【Salon de the Morozoff 四日市店】
三重県四日市市諏訪栄町7-34
近鉄百貨店四日市店 11F

このページのトップヘ