風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

タグ:小金井市

カフェテリア(第一食堂)699
東京学芸大学に昼飯を喰いに行って参りました。
キャンパスが真っ平で広い。
第一むさしのホールが食堂になっております。

麺類やカレー、オカズを選べるカフェテリアもあります。

カフェテリアで攻めてみました。

照り焼きソースハンバーグ、豚しゃぶ胡麻だれ、オクラのお浸し、冷奴、ライス(中)、豆腐とわかめの味噌汁。
699円也。
1,122㎉。

Wミートで食べ応えあり。
腹持ちが良かった。

【第一食堂】
東京都小金井市貫井北町4-1-1
東京学芸大学
第一むさしのホール

カフェテリア(工学部食堂)515
東京農工大学工学部へ昼飯喰いに行って参りました。
キャンパス内に川が流れていました。
総合会館の1階が食堂になっています。

麺類やカレー、オカズを選べるカフェテリアもあります。

カフェテリアで攻めてみました。
短縮営業のためオカズの数が少ない。
サバ塩焼き、竹輪の磯辺揚げ、オクラのお浸し、15品目のヘルシーサラダ、ライス(中)、豆腐とわかめの味噌汁。
515円也。
888㎉。

ヘルシーサラダが美味しい。
御飯はベチャとして良くなかった。

農学部食堂の方が良かった。

【工学部食堂】
東京都小金井市中町2-24-16
東京農工大学工学部
総合会館 1F

冷しきつねうどん(なかや)650
武蔵小金井駅と東小金井駅間の住宅街にある蕎麦処。

冷しきつねうどんを手繰りました。
650円也。

野菜たっぷりでへるすい。
うどんも量が多く、食べ応えあり。

【なかや】
東京都小金井市中町2-14-15

らーめん(嵐屋)550
武蔵小金井駅北口の呑み屋街にある大衆中華店。
酒呑んだ〆に寄ってみました。

らーめんをいただきました。
550円也。
メンマ抜きでお願いした。

〆にピッタリのラーメンであった。

【嵐屋】
東京都小金井市本町5-18-13

お通し(壱番館)
蛸&帆立(壱番館)1080×2
本シシャモ(壱番館)780
白海老唐揚げ(壱番館)680
武蔵小金井駅北口徒歩5分の仲通り飲食街にある居酒屋。
ディープな雰囲気が漂う。

外から想像したよりも店内は奥深い。

プレモル中ジョッキでノドをウルオス。
お通しは、茸のお浸し。

生ホタテと真ダコの刺身、本シシャモ、白海老唐揚げを肴に高清水を呑む。
魚介が旨いので酒が進むね。

勘定は良心的であった。

【壱番館】
東京都小金井市本町5-18-5

珈琲スフレロール(セリージュ)840
武蔵小金井駅南口からほど近いマンションシャトー小金井。
1・2階はディープな商店街になっております。
1階の喫茶に入ってみました。

フードメニューは、日替わりランチ、エビピラフ、ケーキセットのみ。

ケーキセットをいただきました。
840円也。
本日のケーキは、珈琲スフレロール。
ドリンクは言わずとも珈琲が出された。
阿吽の呼吸ってやつだ。

昼時はランチ目当ての客で込み合いそうだ。
相席が基本です。

Seriju
東京都小金井市本町6-5-3
シャトー小金井 1F

かけうどん(びぜん家)750
かけうどん薬味入り(びぜん家)
かしわごはん(びぜん家)230
漬物(びぜん家)
武蔵小金井駅南口徒歩5分の処にある五島手延饂飩専門店。

店内は木の温もりが感じられ、アットホームな雰囲気。

かけうどんを手繰りました。
750円也。

薬味は葱、朧昆布、天カス。

アゴ出汁のツユがメッチャ旨い。
五島饂飩はツルツルのノドゴシ。
丸くて細長い、スパゲティの様な麺です。
コシは無く、柔らかくて優しい食感。

かしわごはんを付けてみた。
230円也。
漬物付。

饂飩に合う。

食べている間、客がどんどん入ってきた。
人気店です。

一気に完食。
おなかいっぱい。
千円で御釣りが来た。
なんとなく嬉しい。

【びぜん家】
東京都小金井市本町6-9-42

らーめん(ななふく)700
小金井街道を横に入った処にあるラーメン店。
L字型カウンターのみのこじんまりとした造り。

酒呑んだ後、〆に寄ってみた。

らーめんをいただきました。
700円也。
メンマ抜きでお願いした。

スープが澄んでおります。
さっぱりして美味しい。

ツルツルの麺もいい感じ。

〆にぴったりであった。

【ななふく】
東京都小金井市本町5-15-9
栄ハイツエクシード 1F

お通し(むさしや)
オイルサーディン(むさしや)500
味噌おでん(むさしや)380
ナスとピーマンの味噌炒め(むさしや)550
武蔵小金井駅北口徒歩5分の仲通り飲食街にある居酒屋。
ディープな雰囲気が漂う。

お通しがハンバーグ。
食べ応えがあり旨い。

酒の肴はホワイドボードに記してある。
固定メニューは無さそうだ。

オイルサーディン、味噌おでん、ナスとピーマン味噌の炒めをいただきました。
マイチョイスはどれも旨かった。

味噌おでんは3種盛。
大根、玉子、厚揚げ。
味噌おでんは初めてだったが、意外と酒に合う。

勘定は安かった。
また呑みに来てみたい。

【むさしや】
東京都小金井市本町5-18-15

お通し①(波浮港)
お通し②(波浮港)
お通し③(波浮港)
お通し④(波浮港)
里芋の煮っころがし(波浮港)680
秋刀魚団子野菜餡掛け(波浮港)890
牡蠣釜飯(波浮港)1780
牡蠣釜飯①(波浮港)
牡蠣釜飯②(波浮港)
牡蠣釜飯③(波浮港)
味噌汁(波浮港)
漬物(波浮港)
武蔵小金井駅南口徒歩5分の住宅街にある居酒屋。
伊豆大島と所縁がありそうだ。

店内はカウンターのみ。
女将さん独り。

まずはビールでスタートだ。
お通しだけで4品も出てきた。
小金井の野菜をいっぱい食べてもらいたい。
女将さんの優しさだ。
どれも美味しい。

里芋の煮っころがしをいってみる。
注文が入ってから作り始めるので、少々時間がかかる。
芋がでっかいので、ジャガイモと間違えてるのでは。
小金井の里芋はデカいらしい。
量もたっぷり。

鰯団子の野菜餡掛けをたのんだら、鰯が売り切れで秋刀魚となった。
刺身用の秋刀魚を団子にしてくれた。
骨は素揚げで1品サービスだ。
餡掛けは野菜たっぷりで優しい味。

御酒は鬼ころしを呑みました。
良い心持ちです。

〆は牡蠣釜飯にしました。
1,780円也。

女将さんが釜飯の食べ方を丁寧にレクチャーしてくれます。
オコゲの上手な作り方を教わりました。
ここでは教えてあげない。
波浮港で授業料を払おう。

牡蠣は小粒だが、いっぱい入ってる。
牡蠣の身は固くならず、米に牡蠣の旨みが染みてます。
めっちゃ旨い。

オコゲも完璧な仕上がり。

美味しゅうございました。

【波浮港】
東京都小金井市本町1-11-10

お通し(8番テーブル)100
和風オムレツ(8番テーブル)660
蛸のオーブン焼き(8番テーブル)680
和風パスタ(8番テーブル)780
武蔵小金井駅北口徒歩5分の処にある小さな洋風居酒屋。
カウンター8席しかなく、かなり狭い。
大将は『孤独のグルメ』原作者久住昌之さんの幼馴染。

まずは、ハートランドを呑む。
お通しは、ポテトサラダとクラッカー。
これがなんと100円なのだ。
安!

和風オムレツと蛸のオーブン焼きをいただきました。
ボリュームたっぷりで旨い。
しかも安い。

酒はいろいろ種類がある。
ワインがおすすめのようだ。
ハーフボトルの白を呑んでみた。
スペインのワインだ。
料理と合う。

〆は和風パスタにしてみた。
豚バラたっぷりで和風らしくない(笑)
さっぱりして旨かった。

帰りにポインカードを貰いました。
また来てみたい。

【8番テーブル】
東京都小金井市本町5-17-3
みどりやビル 1F

醤油ラーメン(末廣)507
新小金井駅前にある蕎麦処。
所謂街蕎麦。
兎に角品数が多い。

醤油ラーメンにしました。
507円也。
メンマ抜きでお願いする。

旨過ぎず不味過ぎず。
期待通りのラーメンであった。

【末廣】
東京都小金井市東町4-3-11

ナポリタン(フロンティア)660
武蔵小金井駅近くにある喫茶店。
細長い店内。
BGMはクラシック。

ナポリタンをいただきました。
単品660円也。
ランチタイムは珈琲付で800円。

スパは細麺でアルデンテ。
ハム・ピーマン・タマネギが細長くカットされていて、スパとの絡みがええね。
今時のナポって感じだ。

【FRONTIER】
東京都小金井市本町1-9-8

黒海幸カレー(味倶楽部)
黒海幸カレー(味倶楽部)1660
杏仁豆腐(味倶楽部)
7年ぶりに行ってみた。
店の雰囲気は全然変わってないっス。

前回は、白海幸カレーを食べた。
今回は、黒海幸カレーにしてみた。
1,660円也。
辛さは六段階で、値段変わらず。
甘口・中甘・中辛・お店の辛さ・辛口・激辛。
中辛にしてみました。

烏賊墨で真っ黒。
海老、牡蠣、帆立、烏賊、浅利、蛸などの海の幸が入っているはずだが、よくわからない(笑)
御飯の上にかけると朧気ながら形が浮かび上がってくる。
烏賊墨の所為か、マイルドな味わい。
辛口にすればよかった。

サービスでデザートに杏仁豆腐を出してくれました。
優しい味わい。

【味倶楽部】
東京都小金井市緑町5-17-20

赤青醤油らぁ麺(赤青)880
小金井街道沿いにある無化調ラーメン処。
赤青と書いて、ムラサキと読みます。

入船で呑んだ後、〆に寄りました。

赤青醤油らぁ麺を食べました。
880円也。
メンマ抜きでお願いしました。

貝出汁のスープが最高!
めっちゃ旨い。
千葉県船橋港直送の新鮮な本美之州貝、滋味深い味わい。

細縮れ麺も良かったど。

叉焼が二種類、贅沢です。

【赤青】
東京都小金井市本町2-20-4

お通し(入船)
小肌酢(入船)
生牡蠣(入船)
鯒煮凝り(入船)
ふろふき大根(入船)
えのきホイル焼(入船)
納豆二色揚(入船)
武蔵小金井駅北口近くにある関西料理店。

寒い晩だったので、燗酒で温まりてえと暖簾を潜りました。
まずは生小でノドの通りを良くする。

お通しはアンキモ。
早速日本酒にいきたくなる肴が出てきた。

菊正宗を呑む。

小肌酢、生牡蠣、鯒煮凝り、ふろふき大根、えのきホイル焼、納豆二色揚げをいってみる。

鯒煮凝りがゼリーみたいにプルプルしていた。

ふろふき大根が旨かった。

また来てみたい。

【入船】
東京都小金井市本町5-12-15

ナポリタン(ペリ-ヌ)680
前原坂の手前にある喫茶店。
昼下がりにプラリと入ってみた。
ランチタイムを過ぎているが、食事をしている客もいる。
美味しい店なのかも知れない。

ナポリタンをいただきました。
680円也。

何故か刻み海苔。
食べてみて違和感はないが、無くても全然かまわない。
具はベーコン・ピーマン・タマネギ・マッシュルーム。
優しい味わい。
パクパクっと一気に完食。

次回はピラフにしてみたい。

Cafe de PERRINE
東京都小金井市前原町3-40-20
小金井ビューハイツ 1F

クッキーが付いてました
小金井街道沿いにあるケーキ&コーヒーの店。
アットホームな雰囲気です。

アップルパイのケーキセットにしてみました。

大粒の林檎がぎっしりパイの中に挟まってます。
林檎はそれほど酸っぱくない。
パイ生地はサクサクの食感。
珈琲との相性は抜群。

値段がとても良心的。
この値段でやっていけるか、心配になってしまうほどだ。

【ポルシェ】
東京都小金井市前原町3-40-26

何気に旨い
小金井街道を脇っちょに入った処にある蕎麦処。

店の外から献立が見えます。
中華ソバ発見。
蕎麦屋の中華そばが好きなのである。

暖簾を潜った。

中華ソバを食べた。

旨過ぎず不味過ぎず期待通り。
スープに鰹出汁が効いていた。
安直な業務用スープではない。
コレハイケル。

【長岡屋】
東京都小金井市前原町3-41-26

うな重アップ
国産うなぎを備長炭で丁寧に焼き上げています
のらぼう菜のわさび和え
新たけのこの煮物500円
肉豆腐400円

京王バスに乗って行って参りました。
前原町停留所で下車。
住宅街を漫ろ歩く。
なかなか見つからないので、
迷ったかと思ったら辿り着いた。
民家に増設したような造り。
店頭に値段表示があるので一安心。
暖簾を潜った。
店内は明るくこじんまりしております。

うな重にしました。
焼きあがるまで呑むことにしました。

春の江戸東京野菜お花見フェア開催中。

江戸幕府八代将軍徳川吉宗の時代、
小金井の玉川上水に山桜の木が植えられ、
その後小金井は桜の名勝地として多くの人から
親しまれました。

ビールのお通しは、のらぼう菜のわさび和え。
なかなかうんまい。
新たけのこの煮物と肉豆腐で日本酒も呑んでみました。
値段の割にボリュムあり。

ホロ酔いになったころ、うな重のおでまし。

なかなかの出来栄え。
タレがええね。
肝吸いもようござんす。

勘定は安かった。
また食べに来たい。

【松風】
東京都小金井市中町1-8-7

このページのトップヘ