風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

タグ:広島県

お店仕込み
広島空港ターミナルビル3階にある
コーヒーショップ。

カスタードプリンをいただきました。

プリン専用の器が可愛らしい。

もっちりした食感が堪らない。

【ロイヤル】
広島県三原市本郷町善入寺64-31
広島空港 ターミナルビル3F

広島産
地物たこ刺し
広島空港ターミナルビル3階にあるお好み居酒屋。
店内は狭いが、有名人のサイン色紙がびっしり。

フライトまで時間があったので、軽く呑むことにした。

肴はおすすめ品から、たこ刺しとかき焼きにしてみる。

お品書きの写真とものごっつ違うてるでえ(爆)

【てっ平 広島空港店】
広島県三原市本郷町善入寺64-31
広島空港 ターミナルビル3F

Set meal
リーガロイヤルホテル広島6階にある日本料理店。

朝食は、和定食と朝粥定食の2種類ございます。

和定食をいただきました。

・和惣菜 小鉢3種
・野菜サラダ
・本日の焼き魚
・白飯
・香の物
・味噌汁
・人参ジュース。

御飯と味噌汁はお替りOK.

御飯が美味しゅうございました。

【なにわ】
広島県広島市中区基町6-78
リーガロイヤルホテル広島 6F

スペシャルクリーム
甘いものを求めてシャモニーに入ってみた。
1階にも席はあるが、2階がメインである。
昭和レトロの雰囲気がグー。

デザートメニューが、いっぱい。
プリンは、
プリン・ア・ラ・モード、
プリンファンタジー
の2つある。

アイスクリームありがア・ラ・モード、
アイスクリームなしがファンタジー。
54円の価格差である。

プリンファンタジーをいただきました。

彩鮮やか〜!
秋なのに西瓜が付いてきた。
何故か許せてしまう。

プリンは小さめだが、存在感のある味わいであった。
美味(*^_^*)

【Chamonix-Mont-Blanc】
広島県広島市中区堀川町3-17

秋の味覚
殻付き牡蠣の酒蒸し
めばる煮付
広島で釜飯言うたら酔心じゃね。
本店に行ってみました。
収容人数400名の大店です。

松茸釜飯にしてみました。
汁物は別になってます。

釜飯が炊けるまで、
めばる煮付、牡蠣酒蒸しを肴に酒を呑む。

煮付は甘辛、辛口の日本酒に合う。
牡蠣は殻付、身がプリプリで旨かった。

ホロ酔いになったころ、釜飯炊き上がりました。

釜飯の木蓋を取ると松茸がびっしり。
ええ香じゃね。
具は松茸と油揚げのみ、
"Simple" is "best".

御飯茶碗に二杯半。
食べ応え有り。
ちなみに小サイズもあるぞ。

秋の味覚を満喫いたしました。

【釜飯 酔心 本店】
広島県広島市中区立町6-7

うな重(上)アップ
肝吸い・香の物付
昭和22年創業、鰻・牡蠣・鼈料理店。
京橋川の畔にあります。

昼飯時に行ってみる。
まだ開店前だが、店の前は待っている人が多かった。

1階は調理場とお持ち帰りコーナーがある。
2階が食事処。

開店時刻ちかくになると階段前にうわっと集まってきた。
ランチメニュー目当ての客のようだ。

ランチメニューは、
うなぎ丼(梅)1,530円、
うなぎ定食(梅)1,750円、
鰻重(梅)1,980円。

11時30分を少し廻ったころ、
店員の合図とともにどやどやと2階に上がる。
ほぼ満席状態。
人気店のようです。

ランチメニュー以外もOKなので、
うな重(上)にしてみた。

注文してから8分後にお出まし。

重箱に蒲焼がびっしり。
上にして良かったとしみじみ思う。

蒲焼は細かくカットされていて食べやすい。
タレは甘め。
皮目まで香ばしく焼きあがった蒲焼を
御飯と共に頬張る。
堪らん。
旨過ぎる。
ほっぺた落ちてしまう。

吸物の肝も旨い。

結構なボリュームだったが、
あっという間に完食。

値段は高いが食べてみる価値あり。

【柳橋こだに】
広島県広島市中区銀山町1-1

がんばれカープ!
JR広島駅1番線ホームにある立喰饂飩処。
椅子席も一部ある。
広島駅弁当株式会社が経営。

11月1日に閉店するらしい。
ぎりぎり間に合った。
ちなみに11月2日から新跨線橋上にて『驛麺家』として再オープンする。

広島カープ応援食、
がんばれカープ!温かい赤うどんをいただきました。

なんと、うどんがショッキングピンクです。
味は普通のうどんと変わりない。

旅の思い出に残る一杯であった。

【広島駅うどん】
広島県広島市南区松原町2-37
JR広島駅 1番線ホーム

基本の和定食
尾道国際ホテルに宿泊しました。
朝食会場は1階のラ・メール。
入口が二つあり、ラ・メールと『四季亭』の
両方表示してある。
どうやら洋食と和食で店舗名を分けているようだ。

朝食メニューは「大切な朝ごはん」のみ。
配膳される和定食+セルフメニュー。

[和定食]
・世良産コシヒカリの御飯(お替り自由)
・府中味噌の味噌汁
・府中産金山寺味噌、広島菜、明太子、オレンジ
・瀬戸内産干物
・音戸ちりめんと海苔の佃煮
・広島名物がんす
・世良産温泉玉子
・尾道産サラダ
※日替りで一部オカズが変わる。

[セルフメニュー]
・パン
・豆腐料理
・納豆
・ヨーグルト
・様々なドリンク。

干物は固形燃料で焼く。
焦げやすいから要注意。
でも網に張り付いてしまった(笑)
身は小さいが、程好い塩気で御飯が進む。

がんすは魚のすり身のフライ。
これが意外と旨かった。

瀬戸内の幸を満喫。
充実の朝食であった。

【ラ・メール】
広島県尾道市新浜1-13-6
尾道国際ホテル 1F

天ぷらうどん
尾道駅の内と外に跨った駅麺店。
外のスペースが断然広く、TVも観られる。

麺はラーメン・うどん・そばがある。
うどんの具は、わかめ・月見・天ぷら・きつね・肉・さくらやがある。

券売機で天ぷらうどんを購入。
450円也。

うどんは冷凍麺。
天ぷらは冷蔵庫から出してきたもよう。

見た目は旨そうだったが、食べてみてがっかり。
天ぷらがずいまあ。
小海老がたくさんあるのだが、揚げ置きで冷やしているので風味が良くない。
おかげで汁の味も変わってしまった。

ラーメンを食べている客が多かった。
素直にラーメンにすれば良かった。

【櫻屋】
広島県尾道市東御所町1-1
JR尾道駅構内

お造り三種盛
穴子柳川鍋(ハーフ)
尾道名物
数量限定
いっとくグループの居酒屋。
BSふらり旅いい酒いい肴で紹介されていました。
予約して行ってみた。

2階の窓際の席に案内される。
丁度夕暮れ時で尾道水道がオレンジ色に染まり始めた。
呑む前から景色に酔う。

生ビールでノドを潤す。

お通しは骨煎餅&牛蒡の煮物。
地味だが優しい味。
好調な出だし。

お造り三種盛、でべらの干物で天寶一を呑む。
たこ、穴子、太刀魚のお造り、瀬戸内の味。
天寶一が進む。
たこが絶品!

でべらは時間差で出してくれる心配り。
尾道名物は初めてだが、どこか懐かしい。
氷下魚の干物を上品にした感じかな。

穴子柳川鍋で富久長を呑む。
鍋はハーフでお願いする。
量の調節もやってくれるのだ。
穴子は造りより柳川の方が好みだな。

いっとくグループの『おやつとやまねこ』の尾道プリン。
運が良ければ、たまがんぞうでも食べられる。
マツコデラックスの番組で紹介されたらしく、
おやつとやまねこでは売切れになってしまった。
ダメモトで訊いてみたら、OKとのこと。
ナイス!
最初はそのままで。
滑らかな食感と濃厚な味。
くりいみい。
半分くらい食べて、魚の容器に入ったレモン汁を投入。
爽やか〜!
でらうみゃあ。

プロローグからエピローグまで素晴らしかった。
また来てみたい。

帰る頃には満席になっていた。
週末は予約したほうがいいかも。

勘定は良心的。
(*^_^*)

【たまがんぞう】
広島県尾道市土堂1-11-16

熱熱(*^_^*)
尾道商店街をぶらぶら。
洒落た珈琲館から香ばしい匂いが漂ってきた。
思わず中に入ってしまう。
店内はレトロな雰囲気。
店員さんの制服もどこか懐かしい。

シーフードピザとアイスコーヒーにしてみた。

エビ・イカ・タコ・アサリの海鮮たっぷり。
チーズもたっぷり。
ピザ生地は厚みがあるが、フワっとしていて旨い。

アイスコーヒーは、氷の上から4倍の濃さのコーヒーを
目の前で注がれる。
フレッシュやガムシロはあえて入れない。
珈琲のストレートな味と香りを楽しみたい。

濃厚なアイスコ−ヒーが熱熱のピザとばっちり合った。
この組み合わせにした俺エライ。

シーフードグラタンも人気だぞ!

【尾道浪漫珈琲 本店】
広島県尾道市十四日元町4-1

巻すし・箱すし・にぎり
尾道の老舗鮨処。
創業天保3年。
路地の目立たないところにあり、最初通り過ぎてしまった。
店内もこじんまりとしていた。
入ったときは半分くらいの入りだったが、すぐに団体客がどやどやと2階に上がっていった。

せいろすしが定番だが、いろいろ食べてみたいので、色々取合すしにしてみた。
巻すし・箱すし・にぎりの一緒盛。
お椀はつかない。

巻すしが旨かった。
箱すしはまあまあ。
にぎりはだめだめ。

【宮徳】
広島県尾道市久保2-23-16

中華そば
尾道駅近く、尾道水道沿岸にある食堂。
朝9時からやってます。
ちょいと早い昼飯にしました。

尾道ラーメンの並をいただきました。
壁の短冊は「中華そば」となっていた。

清水食堂のラーメンは背脂なし。
スープが濁らないのがいいね。
いりこだしもいい塩梅。

波打った平打ち麺がスープに絡み、
旨いじゃけぇ。

店内は狭いが、テラス席もある。
混んでないのでおすすめ。

【しみず食堂】
広島県尾道市東御所町8-99

うな重アップ
甘ダレ
福山駅からタクシーで行ってみました。
運ちゃんによると、
福山では鰻屋が少なくなってきているそうな。
でも、この店のことも良く知らなさそうだ。

店に到着すると、先客がちらほら。

うな丼とうな重の二種類あります。

うな重をいただきました。

注文してから15分くらいで出来上がりました。

タレは甘い。
蒲焼は香ばしい仕上がり。
コゲが多いのが気になった。

昼時でしたが、結構込み合ってきました。
人気店のようです。

【なか勝】
広島県福山市沖野上町1-4-10

Custard Pudding
天満屋福山店3階にあるカフェ。
ミセスのフロアなので、ミセス率高し。

カスタードプリンをいただきました。
アイスクリームを選択。

プリンは、滑らかな食感。
アイスクリームは、しっかりしてます。
プリンとアイスクリームを交互に食べるのがオススメ。

Café Morozoff 福山店】
広島県福山市元町1-1
天満屋福山店 3F

きつね+たぬき
福山駅構内にある駅麺店。
饂飩・蕎麦・ラーメンがあります。
立喰です。

きつねうどんを食べました。

丼が大きい。

つゆは関西風。
うどんはモチモチした食感。
天カスがボトルで入れ放題。
蒲鉾も入ってるので、豪華な感じがする。
つゆまで全部たいらげた。

【あじわい 福山店】
広島県福山市三之丸町30-1
JR福山駅構内

出汁が効いてます
JR呉駅ビル2階にあるうどんと和菓子の店です。
駅改札からすぐの処なので大賑わいでした。
前払い制です。

天ぷらうどんを食べました。

うどんを湯がいて揚げ置きの天ぷらを載せるので立喰店のようにすぐに出来上がります。

草履型の天ぷらは小さい海老を衣で大きくしております。
熱々のつゆで衣はあっという間にトロトロ状態になりました。
これが想像以上に旨い。
衣の部分にもミニミニ海老が入ってました。
おつゆはさっぱりしてますが、溶けた衣でコクが出ております。
ちからの出汁は2010モンドセレクション金賞受賞しているらしい。
うどんはモチモチ。

ワンコインで食べられるのも嬉しい。

【ちから 呉店】
広島県呉市宝町1-16
呉駅ビルクレスト 1F

うまうま(*^_^*)
味一広島3号店はJR広島駅南口の改札を出た処にあります。

朝早くからやっているので、モーニングウドンしてみました。
入口の脇に券売機があります。
季節限定のかきうどんを食べました。

立喰ながらも味は本格派。
かきの出汁がしっかりつゆに染み出ております。
うまうま。
つゆが秀逸ですなあ。
勿論、全部飲み干しました。
かきは5個も入っていてるので、大いに存在感あり。
朝からかなり贅沢なうどんです。
うどん自体は可もなく不可もなく。
立ち食い的に無難なレベルです。
うどんが控えめな分、つゆが際立った。
CPは抜群である。

【味一 広島3号店】
広島県広島市南区松原町2-37
JR広島駅構内

アサリがいっぱい
JR広島駅南口近くのガード下にあります。
飲んだ〆に行ってみました。

・初代(あっさりえび醤油)
・もんごい(にんにくえび醤油)
・ぶたねぶか(焼きネギえび醤油)
・黒焦がし塩(焦がしにんにく入り)
・えび塩(えびの香りたっぷり)
・貝塩(あっさり滋味な塩)
・こい味噌(もちもち太麺のこい味)
・さかな塩(サンマの香りひきたつ)
・がっつり魚介つけ麺(魚介の温かいつけダレ)
・二代目ぐっつり盛り(鶏の旨み・豚のコク・魚介の香りの
超魚介のトリプルスープ、新広島らーめん)
といろいろあります。

貝塩にしてみました。
麺の固さや味の濃さを調整してくれるとのこと。
麺固めでお願いしました。

アサリがいっぱいです。
殻入れが貝塚状態になるほど。
スープが熱々です。
アサリエキスが濃厚で滋味溢れる感じ。
チャーシューは獣獣してなく、アサリスープの邪魔になっておらん。
自分のポジションをわきまえていらっしゃる。
ナイスアシスト。
麺はストレート。
塩味のスープにはストレートな麺がいい。
固めに茹でてもらたので男らしい仕上がりになっとる。
〆にピッタリのラーメンであった。
満足です。

【二代目もんごい亭 広島駅前店】
広島県広島市南区松原町10-21

あなごめしアップ
熱々(#^.^#)
厳島神社を参拝し境内を出るとあなごめしの看板が見えました。
宮島名物あなごを食べに入ってみました。

ご飯ものはあなごめしのみ。
他は酒肴が5品くらいあるのみ。

あなごめしをいただきました。

厨房が別棟になっていて店員が運んできました。

大きい木蓋を取ると丼の中は穴子でびっしり。
タレの香りもええ感じ。
穴子は柔らかく香ばしくて旨かった。
御飯も美味しい。
勢いよく掻き込みたいのだが、
丼が熱過ぎて持ち上げることができない。
上品に少しずつ口に運びました。
かきの吸物は上品な味わい。

丼は熱々だったがバイト店員の対応は冷たく感じられた。

いつくしま あつきどんぶり あなごめし

【ふじたや】
広島県廿日市市宮島町125-2

このページのトップヘ