風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

タグ:檜原村

和風スパゲティ(とちの実)800
サラダ(とちの実)
電車・バスを乗り継いで東京都檜原都民の森に行ってみた。
その日は霧雨が降っていた。
森林浴に浸かっている感じだ。
なんとなく体に良さそう。

森林館の中に食事処がある。
券売機で食券を買いセルフサービス。
学食のような感じだ。

和風スパゲティをいただきました。
800円也。
サラダ付。

食券と引き換えに番号札を貰う。
出来たら番号札で呼ばれる仕組みだ。
なので出来合ではない。

10分で出来上がった。

汁だくでスープスパのようだ。
舞茸とバターの風味が堪らんね。

森林の中の和スパ。
旨かった。

【とちの実】
東京都西多摩郡檜原村数馬7146
東京都檜原都民の森
森林館

和風きのこパスタ(せせらぎ)700
檜原村役場1階住民サロンにある喫茶店。
土休日も営業しています。
窓側の席からは秋川渓谷が眺められます。

パスタの和風きのこをいただきました。
メニューには700円と明記。
飲み物は要らないと言ったが、付いていると食い下がってくる。
煩いのでアイスティーにした。

パスタはまあまあかな。
アイスティーもまあまあ。

勘定はパスタドリンクセットの代金900円だった。
公共施設なのに、なんだかなあ。
一期一会、再び訪れることは無い。

【カフェせせらぎ】
東京都西多摩郡檜原村467-1
檜原村役場 1F

のびる(三頭山荘)
のらぼう(三頭山荘)
やまとろろ(三頭山荘)350
地ビール(三頭山荘)1200
鰻重(三頭山荘)3500
肝吸(三頭山荘)
漬物(三頭山荘)
檜原村数馬にある観光旅館。

武蔵五日市駅からバスで1時間。
小旅行です。
鄙びた感じに日頃の疲れた心がじんわりと解れてゆく。
食堂からは、庭の水車を眺めることが出来ます。
癒されます。

山菜料理のコースと定食がございます。
鰻重は三千円からとなっています。
確認したら三千五百円であった。
いただきましょう。

まずは地ビールでノドをウルオス。
名古屋のビールみたいな濃い味わい。
アテは、のびるとのらぼう。
さらに、やまとろろ。
ビールが進んでまう。
これ以上呑むと泊まりたくなってしまう。

25分で鰻重が出来上がりました。

ワイルドな焼き加減。
これが計算されたように絶妙な塩梅であった。
皮がパリっとしていて香ばしい。
川魚の臭みは全然ない。

肝吸と漬物も美味しゅうございますね。

山荘の人は皆優しかった。
ここまで来て良かったと思ふ。
また来よう。

【三頭山荘】
東京都西多摩郡檜原村数馬2603

らあめん
原村役場近く、秋川渓流沿いにある御食事処です。
暖簾に「手打ち中華そば」と染め抜かれています。
昨日の雨の後からりと晴れ渡ったため、渓流に面した店内にも、まいなすいおんが立ち込めておりました。
らあめんを注文しました。
スープは、野菜のほのかな甘味が加わったサッパリ風味です。
麺を固ゆでにしてもらいましたが、手打ち中華そばはコシが無かった。
チャーシューは2枚付いていましたが、筋張った肉であまりよろしくない。
全体的にやや物足りない印象です。

【たちばな家】
東京都西多摩郡檜原村本宿5574

天然山女魚定食
原村役場近く、秋川渓流沿いにある御食事処です。

天然山女魚定食と山女魚定食がお品書きに併記されていました。
「桧原村で採れた天然山女魚」という言葉にどうも弱いです。
天然の方が若干プライスアップですが、天然山女魚定食をいただきました。
2匹の山女魚がお皿に盛られてきました。
かなり大きさが違うところが、いかにも「天然」でございます。
肝心の味ですが、非常に淡白でした。

【たちばな家】
東京都西多摩郡檜原村本宿5574

このページのトップヘ