風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

タグ:武蔵野市

モーニング(神戸屋)349
サラダ(神戸屋)
ミネストローネ(神戸屋)453
武蔵境駅横にあるパン屋。
モーニングをいただきました。
349円也。
パン・スクランブルエッグ・ウインナー・ハム・サラダ・ヨーグルト。
飲み物は別。

パンが美味しい。

ミネストローネもいただいちゃいました。
453円也。
野菜たっぷり。

充実の朝食でした。

【神戸屋キッチン 武蔵境店】
東京都武蔵野市境南町2-1-28
nonowa武蔵境クイーンズ伊勢丹内

ラーメン(東大楼)600
武蔵境駅北口にある中華料理店。

ラーメンをいただきました。
600円也。
メンマ抜きでお願いした。

昔ながらの中華そば。
どこかホッとする味わいです。

呑んだ〆にいいかも。

【東大楼】
東京都武蔵野市境2-2-3

バジルと松の実パスタ(サムタイム)864
サラダ(サムタイム)
帆立と茸のガーリックバター焼き(サムタイム)972
ドラマ『孤独のグルメ』に登場したジャズバー。
ビルの地下1階にあります。

休日の昼下がりにプラリと入ってみた。
店内は穴蔵のように入り組んでいます。
予約客が多いみたいで、混んできたら相席でもよければと案内された。
結果的に相席は免れた。

パスタを食べたかった。
パスタはバジル一種類のみだった。
バジルパスタ、帆立と茸のガーリックバター焼きをいただいた。
パスタはサラダ付。

注文してから30分近くたってパスタ、さらに15分後にバター焼きが出てきた。
同時に食べたかったが、バター焼きが来た時はパスタを食べ終えていた。

料理は旨いが、出てくるのが遅~い。

帰る頃には行列が出来ていた。
人気店です。

SOMETIME
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-31
B1F

煮凝り(一寿司)
先付①(一寿司)
先付②(一寿司)
先付③(一寿司)
造里(一寿司)
金目鯛(一寿司)
金目しゃぶ(一寿司)
鍋(一寿司)
神戸牛(一寿司)
もやし(一寿司)
天ぷら(一寿司)
酢の物(一寿司)
にぎり(一寿司)
ひもきゅう巻(一寿司)
赤出汁(一寿司)
メロン(一寿司)
吉祥寺第一ホテル2階にある鮨処。

寿司会席ほまれをいただきました。
先付、前菜、造里、温物、焼物、揚物、酢物、食事、留椀、甘味。
焼物は鮪か神戸牛を選べます。
食事はお好みにぎり六貫。

河豚の煮凝りからスタート。

温物は金目鯛の鍋でした。
小鍋でシャブシャブ。
ポン酢でパクパク。

肴が旨いので酒が進みました。
酒は船中八策を呑みました。

充実のコースでした。

追加のひもきゅう巻で〆としました。

【一寿司】
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-14
吉祥寺第一ホテル 2F

鮟鱇肝海鼠腸(車屋)
数の子松前漬け(車屋)
胡麻和え(車屋)
お椀(車屋)
造り(車屋)
強肴(車屋)
鰤照焼(車屋)
焼物八寸(車屋)
煮物(車屋)
合肴(車屋)
蟹釜炊き御飯(車屋)
蟹釜飯①(車屋)
蟹釜飯②(車屋)
蟹釜飯③(車屋)
香の物(車屋)
赤出汁(車屋)
デザート(車屋)
吉祥寺第一ホテル3階にある日本料理店。
忘年会シーズンのためか、かなり賑わっております。
ほぼ満席だったが、かろうじでテーブル席が空いていました。

松会席をいただきました。

[前菜] 
鮟肝海鼠腸 花山椒 ぽん酢
     数の子松前漬 諸胡瓜
     胡麻和え 隠元 人参 蒟蒻 冬子椎茸 カシューナッツ
[お椀] 河豚ふかし 湯葉豆腐 鈴菜 へぎ人参 柚子
[造り] 鯛 鮪 車海老 芽物一式
[強肴] 焼椎茸 雲子煮おろし 長芹
[焼物八寸] 鰤照焼 蕪菁寿司 車海老カダイフ 山海月金平
        白旨煮 はじかみ
[煮物] 聖護院蕪 揚巻湯葉 海老芋 菠蓮草 針柚子
[合肴] 和牛ヒレステーキ ペコ玉 青唐 エリンギ ステーキソース ぽん酢
[食事] 釜炊き御飯 茶飯 赤出汁 香の物
[デザート] 抹茶ムース 苺 カスタードクリーム おいり

美味しゅうございました。
御酒が進んでしまいました。
接客はフレンドリーで、楽しかった。

【吉祥寺車屋】
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-14
吉祥寺第一ホテル 3F

生のりとしらす・子ねぎのピザ(カフェサカイ)900
クラムチャウダー(カフェサカイ)350
中央線のガード下にあるカフェ。
駅から離れていますが、女性客で賑わっておりました。

生のりとしらす・子ねぎのピザをいただきました。
900円也。

ピザが焼きあがるまで、クラムチャウダーで温まりました。

ピザは和食といってもいいくらいの風味。
ホットアップルジンジャーに合う。

【Cafe Sacai】
東京都武蔵野市境南町4-1-16
ののみちサカイ西W09

カレーライス
冷奴
消費税増税後、一部メニューが価格アップしたまるけん。
でも、激安に変わりはない。

今回は2品紹介しよう。

カレーライス:具は豚バラ・玉葱・人参のシンプルなカレー。
トロミがあり甘めの味わい。

冷奴定食:こちらを注文した時は店の方も少々驚いていた。
なかなか出ないメニューと思われる。
オカズが冷奴だけなので途中で厭きてしまうことは否めない。
味噌汁の具が豆腐だったのは偶然か。
特製ダレにまるけんのこだわりを感じる。
非常にさっぱりした定食。

【まるけん食堂】
東京都武蔵野市吉祥寺東町1-6-14

季節のもの
武蔵野市民文化会館斜め向かいにある蕎麦屋。
庶民的な雰囲気です。

蕎麦・饂飩・ラーメン・丼といったラインナップ。

季節のものは、いつ終わるか微妙。
そろそろ冷やし中華が終わりそうでヤバイ。

冷やし中華をいただきました。

具は叉焼・胡瓜・鳴門・錦糸玉子・若布・紅生姜。

タレはさっぱりして美味しい。

麺は細くしなやか。

中華風の器がいい感じだった。

【新海】
東京都武蔵野市吉祥寺北町4-12-2

ごはん・汁・小鉢2品付
武蔵野市役所南棟8階にある食堂。
社会福祉法人武蔵野が運営。

入口に写真入りのメニューあり。
6種類で600円〜800円。
品数が少ないのでかえって迷う。

流れを説明しよう。
まず、メインデッシュを選ぶ。
次に、ごはんの量を選ぶ。
次に、小鉢を2品選ぶ。
レジで代金を支払う。
御膳をテーブルまで運ぶ。
食べる。
食器を返却する。

豚肩ロースバーベキュー焼きにしてみました。
ごはん・汁・小鉢2品付。

凝ったソースだったが、生姜焼きの方が好み。
肉は柔らかくて厚みもある。
ジャガイモが旨い。

味噌汁はキノコがいっぱい。
味付けは薄め。

小鉢は煮物と揚げ茄子にしてみた。
なかなかうんまい。

炊きたてのごはんがおししい。
店内で精米してお釜で炊いているとのこと。
中にしたが大でも良かったかな。

メニューは週単位で変わります。

【さくらごはん】
東京都武蔵野市緑町2-2-28
武蔵野市役所 南棟8F

スープ付
三鷹駅北口から徒歩3分くらいの処にある喫茶店。
ちぃとれとろな雰囲気。
店内はロッカビリーが流れております。

メニューが豊富で迷っちまう。
洋食屋のようです。

オムライスにした。
カップスープ付。

玉子が破れていたが、昔ながらの味。
こういうのがいいんだな。
ホッとするね。

スープは若布すうぷだった。

【プリモ】
東京都武蔵野市中町1-34-8

Pudding a la mode
阪急阪神第一ホテルグループ
吉祥寺第一ホテル2階にあるレストラン。
贅沢なアトリウム空間と
ガラス一面から降り注ぐ太陽の光を独り占め。

日曜日のランチタイムであったので、
バイキング目当の客で大賑わい。

喫茶利用なら予約なしでもOK。

オリジナルスイーツセレクションの中から
プリンアラモードをいただきました。

彩が美しい。
美味であった。

【パークストリート】
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-14
吉祥寺第一ホテル 2F

なべやきうどん
ヤキメシ
かつ丼
玉子丼
まるけんにも消費税増税の荒波が押し寄せた。
一部メニューが価格アップです。
今までが激安だったので、やむを得ないことである。
価格が上がっても激安に変わりはないのだ。

消費税増税前の価格でレポを残しておきたい。

なべやきうどん500円。
ヤキメシ400円。
かつ丼530円。
玉子丼400円。

【まるけん食堂】
東京都武蔵野市吉祥寺東町1-6-14

季節限定
吉祥寺丸井の隣にある椿屋珈琲花仙堂。

席はゆったりしております。
地下にあるので静かで落ち着いた雰囲気。

季節のおすすめケーキの中から季節のいちごタルトと珈琲のケーキセットにしてみました。

まるごと苺がたっぷり!
コクのあるアーモンドタルトに苺のコンフィチュールとカスタードクリームを重ねました。

ビッグサイズなので食べ応え有り。
苺が甘酸っぱくて美味。
アーモンドタルトはサクサク香ばしい。
カスタードクリームは濃厚。

珈琲は無料でLサイズに出来ます。

【花仙堂 吉祥寺店】
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-4
KSビル B1F

冬季限定
10月中旬より2月までの冬季限定メニュー、
焼きりんごを食べに入ってみました。

焼きりんごとアップルティーにしてみました。

想像していたより全然酸っぱくない。
生クリームも全然甘くない。
干し葡萄がアクセントになっています。

アップルティーの方が林檎の風味が感じられた。

【茶房 武蔵野文庫】
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-4
吉祥寺井野ビル 1F

廻転寿司
劇画「孤独のグルメ」で五郎さんが入った店です。

11時半ごろ入店しました。
3割くらい席が埋まってます。

案内された席は職人さんの正面の位置。
いい席だ。

フロアスタッフへ注文もOK!
注文が通らないことはないので、安心されたい。

一皿二貫で120円が基本。
うには180円。

大トロのタイムサービスは無かった。
大トロは好みでないのでノープロブレムだ。

いか・えび・まぐろ・赤貝・あじ・うにを
お好みで握ってもらう。
流れている皿を取る客は少ないのだ。

写真撮影用に一貫づつ一皿にまとめた。

味はまあまあ。
御値段的には充分旨いです。

蜆味噌汁も付けて、勘定は900円だった。

店を出る頃には満席になっていました。

【天下寿司 吉祥寺店】
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-3

生アゲ煮
生アゲ生姜焼
沢庵忘れとるで
ニラ玉イタメ
レバニライタメ
野菜イタメ
サケ
サンマヒラキ
サバヤキ
サバミソ煮
アジフライ
カキフライ
今年はまるけん食堂でいろいろ食べました。
一挙紹介いたします。

生アゲ煮定食370円。
生アゲ生姜焼定食370円。
肉ジャガ煮定食370円。
ニラ玉イタメ定食410円。
レバニライタメ定食410円。
野菜イタメ定食410円。
サケ定食410円。
サンマヒラキ定食410円。
サバヤキ定食430円。
サバミソ煮定食430円。
アジフライ定食430円。
カキフライ定食430円。

安さ爆発!
ごちそうさん。
(*^_^*)

【まるけん食堂】
東京都武蔵野市吉祥寺東町1-6-14

もり600円
店頭では松茸そばの案内が出ておりました。
ちょっと惹かれたものの、まずはもりを手繰ってみよう。
11時から15時まではタイムサービスで、大盛・生玉子・小ライスのいずれか無料。
昼時だったので、大盛にするか尋ねれたが、普通にしときました。

普通でも盛りが多かった。
自家製二八蕎麦とのことだが、色が薄く更科のようです。
蕎麦の風味はあまり感じられず。
つゆは甘め。

【やぶ浅】
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-10-15

もりアップ
細打ち(セイロ)
吉祥寺駅南口のそばのビルの地下1階にある
手打ち蕎麦処。
居酒屋のような雰囲気です。

変り蕎麦をいろいろ味わえる五色そばが人気のようだ。

まずはもりをたのむ。
太打ち(田舎)と細打ち(セイロ)が選べる。
細打ちを選んだ。

雑味のない普通の蕎麦が旨いとしみじみ思った。

【ほさか】
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-4-1
井の頭ビル B1F

ざるにもられたせいろ
山葵は別売り
吉祥寺駅公園口から井の頭公園に向かう。
すると渋い外観の蕎麦屋に出くわす。
店頭にはお品書きが出ているのだが、
笹の葉で隠しているのが奥ゆかしい。

店内も渋い雰囲気だ。
蕎麦を手繰るのにぴったりだ。

せいろ:いわゆるもりそば。
中細・一般的で手打ちそばの基本です。

田舎:太打ちで、そば粉のほのかな甘味を味わってください。
そば通好み。

さらしな:細打ちで真白、きりりとした気品。
さっぱりしてます。

せいろをいただきました。
微妙にウェーブがかかっていて、つゆに絡む。
好みの太さでノドゴシがいい。
蕎麦の風味も良い。

つゆは辛過ぎず甘過ぎず丁度良い。

山葵は別売り。本山葵80円。
山葵無しでもノープロブレム。

ハイレベルな蕎麦だが、値段は良心的。
大盛でも750円である。
次回は大盛にしてみよう。

【上杉】
東京都武蔵野市御殿山1-3-7

デパートでまつやを食う
江戸風俗研究家の杉浦日向子さん著の「ソバ屋で憩う」で紹介されております。

東急百貨店吉祥寺店9階にあります。
10時30分開店です。
11時前に入ったら、まだ空いておりました。

もりを手繰ってみました。

もりそばに山葵は付きません。

いつも当たり前のように、山葵を入れているので、新鮮であった。

山葵無しでやってみると、蕎麦の味・つゆの味が直に伝わってくる。

しみじみと旨い。

山葵無しでええやないか。

本店にはまだ行ってないので、神田須田町で江戸の蕎麦を手繰りていところでい。

【神田まつや 吉祥寺店】
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1
東急百貨店吉祥寺店 9F

このページのトップヘ