風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

タグ:江東区

クリーム白玉あんみつ(船橋屋)900
創業文化二年、くず餅一筋。
芥川龍之介、永井荷風、吉川英治も訪れたらしい。

店頭販売と店内喫茶室併設。

クリーム白玉あんみつをいただきました。
900円也。
レジで先に勘定を済ます。

喫茶室は年配客多し。

あんみつはくず餅入りだ!

上品な甘さに癒されます。
食べ応えがありました。

【船橋屋 亀戸天神前本店】
東京都江東区亀戸3-2-14

餃子(菜苑)350蟹炒飯(菜苑)1500
スープ(菜苑)
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった町中華。
11時35分頃到着したら店の前に行列が出来とりました。
人気店です。
列に並ぶとしよう。

12時頃、ようやく入店です。

餃子と蟹炒飯をいただきました。
餃子は5個で350円。
蟹炒飯は1,500円、スープ付。

餃子は酢・胡椒・辣油で食べてみた。
うんめえ。
もう一人前食べれそう。

蟹炒飯は調味料控えめで薄味。
少し焦げとる、炒め過ぎじゃないかな。

スープはさっぱりして旨かった。

【菜苑】
東京都江東区亀戸3-1-8

深川めし(みや古)1620
吸物(みや古)
小付①(みや古)
小付②(みや古)
漬物(みや古)
青柳ぬた(みや古)918
森下駅徒歩5分の住宅街にある老舗割烹。
大正13年創業。

店構えから渋い。
玄関で靴を脱いで上がります。
大広間に通されました。

一番乗りでしたがどんどん後続客がやって来ます。

深川めしセットをいただきました。
1,620円也。
吸物・小付・新香付。

青柳ぬたを追加でいってみる。
918円。
こちらの方が早く出てきた。
味噌が濃い。
下町って感じだ。

深川めしはセイロ蒸しで優しい味。
見た目より量は少ないので、2つ食べれそう。

小付2品も吸物もあっさりしています。

ぬただけ味が濃かった。

酒の肴がいっぱいあるので、今度は呑みで来てみたい。

【みや古】
東京都江東区常盤2-7-1

かき揚げそば(文殊・亀戸)380
亀戸駅東口近くにある立喰蕎麦処。

かきあげそばを手繰りました。
380円也。

注文後茹で始めます。

かき揚げが香ばしくて旨かった。

【文殊 亀戸店】
東京都江東区亀戸6-62-1

牡蠣蕎麦(蕎匠)1500
ミニ深川飯(蕎匠)540
漬物(蕎匠)
『だるま』で呑んだ後、〆に寄りました。

牡蠣蕎麦とミニ深川飯にしました。

牡蠣蕎麦は1,500円。
広島県地御前直送大牡蠣が4個はいってます。
牡蠣の出汁で蕎麦汁が白濁しております。
濃厚な味わい。

ミニ深川飯は540円。
あっさり醤油味の浅利がいっぱい。
まいう~🎵
貝好きには堪えられないセットです。

【蕎匠】
東京都江東区平野1-7-2

お通し(だるま)
赤貝(だるま)380
肉どうふ(だるま)400
赤魚粕漬焼(だるま)450
カキフライ(だるま)450
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった居酒屋。
5時少し前に到着するとシャッターが半分開いていて既に呑んでいる客がいた。
ええ~っ、まだ始まってないのに!
5時になるとシャッターが全開し、暖簾が掛けられた。
入店する。

入口近くの席で地元客が宴を催していました。

カウンター席に陣取る。
ホール担当のスーさんは忙しそう。

だるまは刺身が充実、しかも安い。
赤貝にしました。
380円也。
旨い。

肉豆腐は400円。
ボリュームたっぷり。

赤魚粕漬焼とカキフライも良かった。

高清水を呑んでいい心持ちだす。

勘定は安かった。

【だるま】
東京都江東区三好2-17-9

白だしそば(しんば)750
沿露目で呑んだ後、〆に寄りました。

白だしそばをいただきました。
750円也。
メンマ抜きでお願いする。

無化調のスープが絶品。

細麺はノドゴシがイイ。

チャーシューは熱熱のスープに浸すとトロトロになった。

〆にぴったりであった。

【しんば】
東京都江東区富岡1-22-26
杉田ビル 3F

お通し①(沿露目)
お通し②(沿露目)
秋の一汁三菜①(沿露目)1500
秋の一汁三菜②(沿露目)
秋の一汁三菜③(沿露目)
秋の一汁三菜④(沿露目)
〆鯖(沿露目)
富岡八幡宮近くにある日本酒バー。
人気店なので予約して行きました。

入口が目立たないので迷ってしまった。
マスターによると散々歩かせ腹を空かせるのが狙いとのこと。
マスターとの会話が楽しい。
いい感じでほっといてくれるので、距離感もいい。

店内は鰻の寝床のように細長くカウンター席のみ。

まずは生ビールでノドを潤す。
日本酒バーだけどビールもあるのだ。

肴はいろいろあって迷ってしまう。
秋の一汁三菜をお願いした。
苦手なものを訊いてくれます。

おから、もずくが出てまいりました。

肴をチビチビやりながら酒を呑む。
竹鶴、神亀、高津川。
純米酒をぬる燗。
徳利に蓋が付いていた。
冷めなくてええね。

続いて、鰹・茹で落花生・甘海老の一皿。
三菜目かと思って、追加注文したら、一菜目だった。
最初の二品はお通しだったようだ。

二菜目は、穴子の煮凝り。
酒が進むね。

三菜目は、ぬた。
これも酒が進んじまう。

汁の前に追加しようとした〆鯖をちょこっと出してくれた。
抜群の旨さ。

最後は、蜆の吸物。
しみじみ味わう。
いい心持ちです。

勘定は安かった。
また来てみたい。
早い時間が狙い目のようだ。

【沿露目】
東京都江東区富岡1-12-6
阿久津ビル 1F

サービス弁当(江東区役所)430
スープ(江東区役所)
江東区役所8階にある職員食堂。

サービス弁当をいただきました。
430円也。
中華スープ付。

値段は安いが味はまあまあ。
じゃがいもがちとすっぱかった。
スープは優しい味わい。

【江東下町食堂】
東京都江東区東陽4-11-28
江東区役所 8F

シーフード720
サラダ (パディントン)
ドラマ「孤独のグルメ」で登場した喫茶店。

ランチタイムにプラリと入ってみた。

スパゲッティーのシーフードガーリック塩味をいただきました。
サラダ付。

注文から30分くらいかかって、ようやく出来上がりました。

スパゲッティはモチモチの食感。
エビ・イカ・ホタテ・アサリの魚介がいっぱい。
魚介出汁が効いててめっちゃ旨い。
大盛にすれば良かったな

Paddington
東京都江東区門前仲町2-9-8

カレーランチ
チーズクルチャ
ドラマ『孤独のグルメ』で舞台になったタンドールバル。

ランチを食べに行きました。

カマルランチはカレーのみ。
辛口・中辛・マイルドの3種類ある。

本日のカレーは、
[辛口]ポークアチャリー、
[中辛]チキンキーマ、
[マイルド]きのこ入りダルカレー
であった。

カレー1種だと750円。
2種だと+100円。
3種だと+200円。
ナンをチーズクルチャに変更だと+200円。

カレー3種とチーズクルチャにしました。

チーズクルチャは注文後、タンドールで焼きます。

注文後10分ぐらいで出来上がりました。
ワンプレートで登場。

チーズクルチャは思ってほどしつこくなく美味しい。

カレーを3種類にして正解であった。

辛口はそれほど辛くはないがスパイシー。
ポークがしっかりした歯応え。

チキンキーマは汁気たっぷり。
鳥の臭みは全然ない。

ダルカレーは凄くまいるど。
これ1種類だけだと厭きてしまうかも。

あっという間に完食。

チーズクルチャは腹持ちが良く、夕方になっても腹が減らなかった。


【カマルプール】
東京都江東区東陽3-20-9
鈴木ビル 1F

海老フライ850
海老ピラフ790
漬物(アトム)
味噌汁(アトム)
ドラマ『孤独のグルメ』で紹介された食堂。

駅から大分離れた処にあります。
タクシー運転手のレストハウスのようだ。

夕方に入ってみたら、次々とタクシードライバーが集まってきます。
喫煙は勘弁して欲しいな。

エビフライとエビピラフをいただきました。
しまった海老がダブってしまった。
ワザとです。

フライは衣がゴワゴワして厚い。
ピラフは味が薄かった。

味噌汁は旨かった。

【アトム】
東京都江東区枝川3-8-8

玉葱・長葱・桜海老のかき揚げ
亀戸水神駅近くにある路麺店。
カウンターに椅子があるので、正確には立喰ではない。

天ぷらそばを食べました。

サービスで大根の漬物を出してくれた。

カウンターに置いてある葱は入れ放題だ。

天ぷらは揚げ置き。
玉葱・長葱・桜海老のかき揚げ。
つゆに良く浸して食べると旨い。

つゆの色が濃いが、しょっぱくはない。

そばは袋麺の味わい。

そば・つゆ・天ぷらのバランスが良く旨かった。

【水神そば】
東京都江東区亀戸8-4-7

おでん
むしかれい
にゅうめん
あさりさかむし
門前仲町のおでん処。

TV東京で紹介されていたのを観て行ってみた。
大きな通りから横丁に入った処にある。
1回目は満員で入れなかった。

日を改めて再チャレンジ。
2回目は運良く空いていた。
椅子に座ると女将さんから残念な一言。
生憎おでんがほとんどないとのこと。
昨日、大勢の客が来ておでんをすっかり食べてしまったそうな。
少しでもいいからおでんを出してもらうことにした。
好みでないちくわぶとはんぺん以外全部お願いする。

竹輪は佃煮のようだった(爆)
厚揚げ・蒟蒻・じゃがいもは味が染みて旨かった。
おつゆは甘めで上品な味わい。

先客にここのおでんの師匠さんがいらした。
秘伝のつゆらしい。

ホワイトボードに書いてある肉豆腐を頼んだら、
売切れとのこと。
今日は運がない。

常連さんから助け舟を出してもらった。
ホワイトボードのオススメ品はほとんど変わっていないとのこと。
それでも×印のついたものもある。(ようわかりません。)
商売っ気はなさそうだが、頼めばいろいろ作ってくれるらしい。

カウンターにあさりが出ている。
酒蒸しをお願いした。
絶品やね。
菊正宗を呑む。

〆はにゅうめんにしてみました。
揖保乃糸です。

元辰巳芸者の女将さんは物腰が柔らかい。
常連さんの会話は漫才のようで楽しかった。
アットホームな店です。
また来てみたい。

【お照】
東京都江東区富岡1-24-9

仲町の醤油らぁめん
酒呑んだ〆は、らぁめんが定番ですなあ。
つうわけで、八幡です。

支那そばをいただきました。

スープはさっぱりしております。
魚介系の出汁がイイ!
麺は中細縮れでスープに良く絡む。
チャーシューは厚みがある。
海苔が和の味わい。

〆にぴったりであった。

支那そばというより、
らぁめんのほうがぴったりくるね。

【八幡】
東京都江東区富岡1-7-2

アタマ・トロ・赤身
プリプリ
門前仲町にある人気の居酒屋。
出没!アド街ック天国で紹介されていた。

大将は築地のマグロ問屋の長男。

本マグロの味くらべは、
アタマ・トロ・赤身が盛合せになってお得。

海老すり身揚も絶品。

肴が旨いと酒が進んでしまうね。

【多幸坊】
東京都江東区富岡1-4-13

鮪・烏賊
蛸
鮃・小肌
煮物
吸物
帆立・海老
鰯
穴子
玉子
鉄火&新香巻
ちょっと前にTVで紹介されていました。
豊洲の団地まで遠征してまいりました。

11時30分に到着。

店頭には案内が出ております。

サービスランチ
(月〜土)11:30〜25食限定
にぎり 1.5人前
小鉢・吸物付
1,400円。

暖簾を潜ったらカウンターがほぼ埋まっている。
まもなく食べ終わろうかという客もいる。
11時半前からやっているとみた。
25食限定だから早めの行動が求められる。

コーナーの椅子に尻を潜らせた。

注文は、しなくてよろし。

皆さん仲良くサービスランチです。

まずは煮物。

鮪・烏賊・蛸・鮃・小肌・帆立・海老・鰯・穴子・玉子。
1〜2貫づつポンポンとリズム良くゲタに出される。
パクつく。
海老の風味がムム。

椎茸の吸物。

鉄火&新香巻でおしまい。

15分で食べ終わった。

一部のネタを除き悪くないと思う。
腹いっぱいになった。

近くのサラリーマンに人気のようだ。

【すきやばし次郎 豊洲店】
東京都江東区豊洲4-10-1-102

揚げ立て&茹で立て
東雲駅と豊洲駅の中間、晴海通りを脇っちょに入る。
こじんまりとした路麺店。
カウンターに小さい椅子あり。

人気のかきあげそばを食べました。

注文を受けてからかきあげを揚げ始める。
蕎麦も生麺を茹で始める。

なので時間が少々かかる。

10分で出来上がりました。

玉葱と人参のかきあげ。
サクサクで香ばしい。

蕎麦は細麺。

つゆは甘め。

つゆ一滴残さず完食。

旨かった。
(*^_^*)

かつ丼などとのセットものも充実。

駅から離れているのに客がドンドンやってきます。

【てっちゃん】
東京都江東区東雲1-6-5

ボリュームあり!
有楽町線新木場駅改札内にある駅麺店。
株式会社メトロフードサービス経営。
椅子が設置されている。

えびかき揚げそばをたべました。

蕎麦は細めで量が多い。

かき揚げは玉葱の上に小海老をのっけてる。

つゆはやや甘め。

味はまあまあ。

【めとろ庵 新木場店】
東京都江東区新木場1-6
新木場駅改札内

生姜焼アップ
(#^.^#)
東京辰巳国際水泳場内にあるレストラン。

ランチに入ってみました。
店内は水泳選手のサインがいっぱい。
子供連れの客が多い。
ワイワイ賑やか。

レジで代金を前払い。
料理は席まで持ってきてくれるが、
食後は返却口まで持っていく。
ハーフセルフ。

生姜焼定食をいただきました。

生姜タレが絡んだ豚肉がめっちゃ旨い。
メシがすすむね。

付け合わせの彩りがよいね。
食事のバランスもイイ。

食べ終わる頃、水泳少年&少女がドヤドヤと入ってきた。
いわゆる食べ盛りの連中だ。

水泳場の生姜焼は旨いに違いないと思っていたが、
ドンピシャだった。

【辰巳】
東京都江東区辰巳2-8-10
東京辰巳国際水泳場

このページのトップヘ