風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

タグ:目黒区

天丼+1(朝日屋)2268
御御御付(朝日屋)香の物(朝日屋)
イオンスタイル碑文谷の近くにある蕎麦処。

酒菜が充実しております。
軽く呑んだ後、天丼をいただきました。
車海老二本・野菜、味噌汁、漬物付。
1,782円也。
さらに車海老天1本追加しました。
+486円。

流石に豪華な感じがいたします。
野菜は、茄子・シメジ・獅子唐・南瓜。
車海老はプリプリでジュウスィす。
3本にして正解。
美味しゅうございました。

【朝日屋】
東京都目黒区碑文谷2-19-16

上天丼(朝日屋)1700味噌汁(朝日屋)漬物(朝日屋)
唐ヶ崎通沿いにある蕎麦処。
住宅街にひっそりと佇んでおります。
店内はこじんまりとしていて渋い雰囲気。

上天丼をいただきました。
1,700円也。
味噌汁・漬物付。

重箱で登場。
海老参尾。

花揚げの衣が絶妙な仕上がり。

タレは甘め。

ごちそうさん。

【朝日屋】
東京都目黒区鷹番1-2-1

天丼(巴屋)950味噌汁(巴屋)漬物(巴屋)
山手通沿いにある蕎麦処。
渋い佇まいです。

天丼をいただきました。
950円也。
味噌汁・漬物付。

海老弐尾。

タレは甘め。

ごちそうさん。

【天丼】
東京都目黒区目黒2-14-13

鰯丸干し(満留賀)480冷奴(満留賀)480薬味(満留賀)
つゆ(満留賀)
お通し(満留賀)250
上天重(満留賀)2000
味噌汁(満留賀)
漬物(満留賀)
小鉢①(満留賀)
小鉢②(満留賀)
権之助坂にある蕎麦処。
夕方暖簾を潜ってみる。
年配客が多い、宴会も終盤のようだ。

釣られてこちらもビールを呑むことにした。
お通しは枝豆。
鰯丸干と冷奴もいってみる。
ビールが進むねえ。

〆は上天重にしてみた。
2,000円也。
味噌汁・漬物と小鉢二品付。

海老は弐尾だった。
いろいろ付けなくていいので、海老参尾にして欲しいな。

【満留賀】
東京都目黒区目黒1-4-8
東レクビル 1F

上天丼(福田屋)1850
味噌汁(福田屋)漬物(福田屋)
冷奴(福田屋)
目黒通り沿いにある蕎麦処。
鰻の寝床のような細長い造り。

上天丼をいただきました。
1,850円也。
味噌汁・漬物・小鉢付。

ちなみに並天丼1,250円、車海老天丼は2,150円。

丼ぶりでなく重箱で登場。
海老参尾、舞茸、茄子、獅子唐、南瓜、人参。
海老がプリプリで旨い。
タレは甘め。

小鉢は冷奴であった。

【福田屋】
東京都目黒区目黒4-11-6

天丼(更科)920味噌汁(更科)
漬物(更科)
目黒消防署近くにある蕎麦処。
目黒通りに面していますが、店内は明るく静かな雰囲気。

天丼をいただきました。
920円也。
味噌汁・漬物付。

海老二尾。

タレは、しょっぱめ。
御飯は、固め。

衣は油っぽくなくモチっとした食感。

胡瓜浅漬と沢庵が旨かった。

【更科】
東京都目黒区下目黒6-15-19

上天丼(朝日屋)1850
吸物(朝日屋)
漬物(朝日屋)
大鳥神社近くにある蕎麦処。
目黒通りに面していますが、店内は明るく静かな雰囲気。

上天丼をいただきました。
1,850円也。
吸物・漬物付。

丼ではなく重箱で登場。
海老三尾と茄子の天麩羅。
豪華です。

海老はプリプリの食感。
タレは甘め。

吸物の具は鶏笹身と蒲鉾。
あっさりして上品な味わい。

美味しゅうございました。

【朝日屋】
東京都目黒区下目黒2-20-21
朝日屋ビル 1F

牛ヒレステーキ(巴里っ子)
牛ヒレステーキランチ(巴里っ子)1600
味噌汁(巴里っ子)
久々に行ったら、改築されて綺麗になっていました。

ランチ最高級の牛ヒレステーキランチをいただきました。
1,600円也。
ライス・スープ・コーヒー付。

肉は小さかったが、マスダードソースが絶品。
ディナーのステーキも食べたくなった。

【巴里っ子】
東京都目黒区目黒本町4-17-22

冷し中華(信濃屋)850
円融寺通沿いにある蕎麦処。
店内の池には大きな鯉が泳いでおります。
風流な趣でござる。

冷し中華をいただきました。
850円也。

具沢山で豪華ですなあ。

麺は冷たく締められ、量もたっぷり。
食べ応え有り。

つゆは円やかな味わい。

【信濃屋】
東京都目黒区目黒本町2-3-4

金目鯛開き定食(魚金)850
おでん(魚金)
味噌汁(魚金)
漬物(魚金)
自由が丘駅近くのビルの2階にある割烹。
ランチが人気です。
ランチタイムは11時45分から御飯がなくなるまで。
何回か振られました。

12時15分頃到着。
急な階段を上がる。
カウンター席は既にいっぱいだった。
客はおっさんのみ。
小上がりに尻を滑らす。

金目鯛開き定食にしました。
850円也。
白米と五穀米を選ぶ、白米にしました。

注文してから焼くため、20分かかりました。

いやあ、流石に旨い。
金目鯛・おでん・御飯・味噌汁・漬物、全て旨い。
一気に平らげた。

人気なのもわかるね

【魚金】
東京都目黒区自由が丘1-12-1
自由が丘ビル2F

生姜焼(瀬戸)750
自由が丘の路地裏に佇む味の店。
とんかつ屋の隣だが、この店も揚げ物がメイン。

サラリーマンのランチ時を外したつもりだったが、カウンターのみの店内は年配客でいっぱい。
なんとか隙間に潜り込んだ。

サービス定食の生姜焼をいただきました。
750円也。
御飯・味噌汁・漬物付。

バラ肉がいっぱい。

生姜というよりも味噌味に近い。

隣客のエビフライが旨そうだった。

【瀬戸】
東京都目黒区自由が丘2-11-16

カキフライ(九絵)
オカズ(九絵)
カキフライ定食(九絵)1200
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった漁師料理店。
ランチを食べに行ったら、開店前に行列が出来ていました。
人気店です。

四角テーブルに相席になりました。
ぎゅうぎゅう詰め。

ランチメニューは学生街なのに高価格設定。
1,000円~2,500円。
なので東工大生の姿は少ないようだ。

店員は九絵定食を勧めている。
カキフライは時間がかかるということだが、初志貫徹。
カキフライ定食にしました。
1,200円也。

カキフライを揚げる音は聞こえたが、なかなか出てこない。
四角テーブルの6人分同時に配膳されました。
40分かかりました。
隣客の九絵定食も俺のカキフライ定食も配膳は全部一緒。
出来次第持って来るわけではない。
結局、どれも時間がかかるのだ。

カキフライは大粒だが、熱熱を食べられないのが残念。
なんとも勿体無い感じ。

隣客の九絵定食は見た目から良くなく、注文しなくて正解であった。

店員の接客のタメ語が癪に障る。

再訪は無い。

【九絵】
東京都目黒区大岡山2-2-1

ミネストローネ(ボラーチョ)850
カキフライ(ボラーチョ)1050
カキスパゲティ(ボラーチョ)1050
ドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった洋食店。
カキのシーズンに予約して行ってみました。

ミネストローネ、カキフライ、カキスパゲティをいただきました。

寒い冬には、熱熱のミネストローネが嬉しい。

カキフライはタルタルソースでいただきます。
衣がカキの旨味を閉じ込めていて、めっちゃ美味。
白ワインとの相性もイイ。

カキスパゲティは絶品でした。
頬っぺた落ちそう。
量がたっぷりなのが嬉しい。

アットホームな雰囲気で、美味しい料理はリーズナブル。
また来てみたい。

人気店なので予約した方がいいかも。

BORRACHO
東京都目黒区大橋2-6-18

上鰻重(にしむら)3200
肝吸(にしむら)
漬物(にしむら)
目黒不動尊の門前にある鰻専門店。
昭和35年開店。

蒲焼を焼いている前で、食事をしたいと伝えると別館に案内してくれます。
中に入ると、空いているテーブルは一つであった。
危ねえ危ねえ。
人気店です。

上うな重定食をいただきました。
3,200円也。
大串がのります。
お新香・肝吸い付き。

注文してから15分くらいで運ばれてまいりました。

重箱の蓋には、目黒不動の絵が描かれております。
素晴らしい。
蓋を開けるのがもったいない。

蓋を開けると、さらに輝かしい光景が現れた。
旨そう。
食べてみると確かに旨い。
もうこうなると箸が止まらない。
一気に完食。

新香と茶で余韻を楽しむ。
満足です。

勘定は、焼いているところに戻る。
席が空くのを待っている人達。
この匂いの前で待つのは拷問に近いと思う。
開店ダッシュが賢明だ。

【八ツ目や にしむら 目黒店】
東京都目黒区下目黒3-13-10

カキフライ定食(つばき食堂)1100
前菜(つばき食堂)
味噌汁(つばき食堂)
自由が丘にある定食屋。
焼魚と家庭料理。
おふくろの味ってやつだ。

カキフライ始めました。
カキフライ定食1,100円也。

まず前菜三点盛が出てまいります。
オカズがすぐに出てこないので、前菜を食べてしまった。

カキフライは4個。
ちと寂しい。
御飯と味噌汁お代わり自由だが、オカズが足らない感じ。
前菜に手を付けなければ良かった

【つばき食堂】
東京都目黒区自由が丘1-11-1

梅にぎり(わかな鮨)2160
学芸大学東口商店街にある鮨処。
創業昭和三年。
鰻の寝床のような細長い店内。

ランチに梅にぎりをつまみました。
2,160円也。
七貫一本椀付。

いくらがついてたのが誤算であった。
鮪が旨かった。

【和可奈鮨】
東京都目黒区鷹番3-1-8

冷し中華(久寿屋)750
学芸大学駅東口商店街にある蕎麦屋。
レトロな雰囲気が堪らないね。
蕎麦・饂飩・中華・丼・定食がある。

冷し中華をいただきました。
750円。

彩り鮮やか。
日本の夏っていう感じ。
具沢山。
なので、麺が少なく感じた。
ただ、大盛にすると物凄い量になる。
(隣の客が食べていた。)

【久寿屋】
東京都目黒区鷹番2-8-22

海の幸の塩うまに
点心(華空間)
小鉢(華空間)
スープ(華空間)
漬物(華空間)
ホリデーランチ1296
珈琲(華空間)
ババロア(華空間)
久々に華空間に行って参りました。
ドームが煤けてしまって物悲しい。

ホリデーランチが10種類もある。
海の幸の塩うまにセットにしました。
手作り点心・ライス・漬物・小鉢・スープ・デザート付で1,296円也。
ライス・スープの御代りOK!
珈琲&烏龍茶サービス!

塩うまにうまい!
思わず御飯御代りだ。
点心の胡麻団子がデザートかと思ったが、ココアババロアが後からお出まし。

充実の内容でした。

【華空間】
東京都目黒区柿ノ木坂3-3-1

肉じゃが定食620
目黒区総合庁舎1階にあるレストラン。

11時開店だが、11時前に着いたら既に食べている人もいた。

Bランチ620円にしてみた。
今日は肉じゃが。

券売機で食券を買い、おばちゃんに渡す。

漬物を取る小鉢が無かったが、御飯の上に乗せるのだろうか。
まっさらな御飯をけがしたくない。
まあ無しでもよかね。

副菜に切干大根が付いた。

味付けは全体的に薄味。
美味しくて健康的である。

豚肉もいっぱいで嬉しい。

役所飯にしては、620円は高いなと思っていたが、
御値段以上のクオリティなので満足であった。

【目黒区役所食堂】
東京都目黒区上目黒2-19-15
目黒区総合庁舎 1F

メンチカツ
木曜日限定
駒沢通り沿いにあるとんかつ屋。

木曜日限定のメンチカツを食べに行って参りました。
かなりの人気のためランチで売り切れることもあり、
ちょっぴり心配である。

18時頃入店。
良かった、まだメンチ大丈夫。

草履くらいでっかいメンチ登場!
衣の色が濃いが焦げている訳ではない。
じっくり揚げているのだ。

ウスターソースを掛け回し、からしを付けていただく。
ウマ━━━━━━(◎´Д`◎)━━━━━━!!
めっちゃ旨い。
めしが進む。
めしも旨い。
味噌汁も高野豆腐も漬物も旨かった。

女将さんの接客が素晴らしい。

大将もいい。
ごちそうさん。
(#^.^#)

【御代鶴】
東京都目黒区東が丘1-18-6

このページのトップヘ