風旅食傳

風まかせの旅で出逢った食を傳えます

タグ:茨城県

朝食(大和旅館)760
大和に泊まりました。
食事は事前予約制。
朝食は760円。
チェックイン時に前払い、食べる時間を申し出る。

時間に合わせて、食事処に用意されているのだ。
明朝、女将さんが部屋まで知らせに来てくれました。

部屋番号札の脇にオカズが配膳されている。
御飯と御茶はセルフサービス。

焼鮭、ハムエッグ、冷奴、納豆、御飯、味噌汁、漬物。
御袋の味です。

御飯を山盛でお代わりした。
米も旨い。

腹一杯食べて、部屋に戻り、布団でゴロ寝。
堪えられないね。

【大和旅館】
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町2579

カレーライス(大進)600
大洗町永町商店街にある蕎麦処。
平太郎で呑んだ後、〆に寄ってみました。
店内は地元客でいっぱい。
呑んでいる客も多い。

カレーライスにしました。
600円也。

和風出汁の効いたカレーでした。

【大進】
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町862

お通し(平太郎)
あんきも(平太郎)600
めひかり唐揚げ(平太郎)700
出し巻玉子(平太郎)500
大洗の永町商店街にある呑み処。
割烹と居酒屋の中間くらいの店。
表からは店内の様子が一切分からない。
店頭に、お品書きの類も出ていない。
一見客には、かなりハードルが高い。

平太郎より奥まった処にある「やよい」は、さらにハードルが上昇。
思い切って、平太郎の暖簾を潜りました。
靴を脱いで上がります。
もう逃げられない。

カウンターとテーブルのこじんまりとした店内。
カウンターには先客がいた。

店内のお品書きを見ると、良心的な価格なので一安心。

ビールを呑む
お通しは、おでん。
クタクタに煮込まれております。

あんきも、めひかり唐揚げ、だし巻き玉子を肴に酒を呑む

ようやく人心地ついた。
大将ともポツリポツリ言葉を交わす。
先客も観光客であった。

週末だったので、地元客はまだ来ていない。

あんきもは、タレが珍味。
七つ道具から作ったタレは大洗名物だ。

めひかり、玉子焼きも美味しい。

緊張も解けて、いい心持ちになった。
勘定は安かった。

【平太郎】
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町853−5

極上和牛ヒレ150g(スエヒロ)
鯵南蛮漬け(スエヒロ)
茶碗蒸し(スエヒロ)
味噌汁(スエヒロ)
漬物(スエヒロ)
フルーツ(スエヒロ)
和風ステーキ御膳(スエヒロ)8400
劇画『孤独のグルメ』の舞台になったスエヒロ銀座店が消滅したので、水戸店に行ってみた。

極上和牛ヒレ150gの和風ステーキ御膳をいただきました。
8,400円也。
極上だけあって、とんでもない値段する。
本日のヒレは、宮城県仙台牛黒毛和種だ。

注文してから30分かかって出来上がりました。

べらぼうに旨い。
水戸まで食べに来た甲斐がありました。

【スエヒロ 水戸店】
茨城県水戸市笠原町1253-9

蒲焼定食(中川楼)4158
肝吸(中川楼)
漬物(中川楼)
デザート(中川楼)
麦落雁(中川楼)
文政5年(1822年)創業の老舗料亭。
全席個室でございます。

昼に予約して行って参りました。
趣のある佇まい。
195年の歴史を感じます。

蒲焼定食をいただきました。
4,158円也。
肝吸・香の物・フルーツ付。
蒲焼は重箱にしてもらいました。

三桝家総本舗の麦落雁でお茶を飲みながら待ちます。

予約していたので、10分くらいで出来上がりました。

重箱が光り輝いております。
蓋を取ると、蒲焼が神々しい光を放っております。

蒲焼は香ばしく、柔らかい。
195年受け継がれた伝統のタレ。
素晴らしい味。

夢中でいただきました。
あっという間にデザートまで完食です。

接客は丁寧で感じが良かった。

次回はコースでゆっくりいただきたい。

【中川楼】
茨城県水戸市泉町3-5-6

フルーツプリン(SAZA)550
京成百貨店4階にある喫茶。
店頭のケーキケースを確認し入店する。

フルーツプリンをいただきました。
550円也。

カラメルソースは注文後にかけられる。
掛け過ぎて器からポタポタ零れてくる。
カラメルソースが超甘い。

ホイップクリームの下にはバナナが隠れていました

【SAZA】
茨城県水戸市泉町1-6-1
京成百貨店 4F

ラーメン(すずき)250
漫画『食の軍師』で紹介された中華そば店。
10時開店のはずだが、10時前に到着したら既にやっていた。
行列に並ぶ。
食べ終えた客と入れ違いに中に入る。
回転は良さそうだ。

暖簾は中華そばだが、店内メニューはラーメンになっている。
ラーメンをいただきました。
250円也。
激安!
メンマ抜きでお願いする。

メンマの代わりに海苔が1枚増量で2枚になっていた。

昔ながらの味わい。
激旨!

【すずき】
茨城県水戸市大工町1-1-12

かき揚げそば(山翠)410
水戸駅北口横のビル1階にある立喰蕎麦処。
おにぎり屋が経営。
店内は物凄く狭い。

かき揚げそばを食べました。
かけそば300円+かき揚げ110円の食券を買う。

おばちゃんが茹で卵半分サービスしてくれました。
麺も大盛になっています。

蕎麦は極細饂飩のような風味であった。
これはこれで良い。
つゆはさっぱりしてなかなかいける。

【山翠】

茨城県水戸市宮町1-2-4

マイムビル 1F

野菜天ぷらそば(水戸そば)430
JR水戸駅5・6番常磐線ホームにある駅蕎麦店。
ホームの端にあり、近づいてゆくと鰹出汁の香りが漂ってきます。
匂いだけで、旨いに違いないと確信した。

入口近くにお品書きが出ておりました。
かけ、月見、野菜天ぷら、竹輪天ぷら、わかめ、たぬき、納豆、きつね、カレー、山菜、季節限定。
なんと納豆そばがある。(^J^)

店内に入ると右手に券売機があります。
野菜天ぷらそばにしました。
430円也。

かき揚げは玉葱・長葱・人参の野菜と桜海老が入ってます。
衣が少ないので油っぽくない。
シャキシャキと歯応えもいい。
桜海老がチト少ない。
まあ、野菜天ぷらと名乗っているので止むを得ない。

つゆは出汁がしっかりしていて美味しい。
立ち食いそばはつゆが命です。

そばは風味が良く、つゆとの相性もいい。
量がたっぷりなのが嬉しい。

値段以上の満足感あり。

【水戸そば 2号店】
茨城県水戸市宮町1-1-1
JR水戸駅5・6番ホーム

朝一
水戸駅7・8番線ホームにある立喰蕎麦処。
NRE系です。

常磐線(特急・上り)と大洗鹿島線乗り場のためか、7・8番線専用改札がある。
駅員さんに蕎麦を喰うと告げて改札を通る。

10時開店。
どうやら一番乗りだったようだ。

かき揚げそばを食べました。

つゆが薄いようだったら言ってほしいと、おばちゃんが訊いてきた。

朝一番のつゆは薄いらしい。

丁度ええで。

つゆ・そば・かき揚げのバランスが良かった。

朝一がおすすめだ。

【華月庵 水戸店】
茨城県水戸市宮町1-1-1
JR 水戸駅 7・8番ホーム

鰻丼(竹)アップ
肝吸・御新香付
水戸で鰻ゆうたら川桝やね。
水戸駅から歩いて5分くらい。

鰻丼は3ランク。
2,630円、3,150円、3,680円。

鰻重は4ランク。
2,630円、3,150円、3,680円、4,410円。

鰻丼の竹にしました。

注文後30分くらいで出来上がり。

丼が熱々です。

蒲焼は柔らかめ。
タレは甘辛で丁度ええ。

一気に掻き込んだ。
丼はこれができるからいいよね。
5分もかからず完食。

ごちそうさん。

【川桝】
茨城県水戸市宮町1-3-23

朝食
水戸プラホザテルに宿泊しました。
朝食は洋定食か和定食を選びます。

和定食にしました。

1階のテラス席でいただきました。

焼魚・煮物・小付・納豆・海苔・御飯・香の物・味噌汁
・ヤクルト・デザート。
御飯と味噌汁はお代わりできます。

充実の朝食でした。
美味しかったので梅干し以外全部食べちゃいました。
梅干しは苦手なのだ。

食後の珈琲も無料です。

【よし川】
茨城県水戸市千波町2078-1
水戸プラホザテル 1F

海の幸入りにぎやかスープそば
『瀬良美』で呑んだ〆に予定していた店が無くなっていた。
水戸プラザホテルに戻ることにしました。

麺類で〆たかったので、四川飯店にしました。

海の幸入りにぎやかスープそばをいただきました。

〆のそばにしてはかなりのボリューム。
海老・烏賊・帆立の海の幸がいっぱい。

スープは鳥の出汁が濃厚。
臭みは全然無い。

麺ほ中太のストレート麺。
量もたっぷりで食べ応えあり。

【四川飯店】
茨城県水戸市千波町2078-1
水戸プラザホテル 1F

柳鰈素焼880円
宮城県三陸産生牡蠣
水戸名物
茨城鹿島灘産蛤吸い
酒蔵というだけあって日本酒が豊富な居酒屋。
入口で靴を脱いであがります。
手前に囲炉裏、取り囲むように掘り炬燵式の席がある。
奥がカウンター席と厨房。

囲炉裏の席に座りました。

日本酒がいっぱいあるが、酒肴もいっぱいあるど。
旨そうな品々がびっちり並んでおります。
値段が気になるが、ほとんど書いていない。
今日のサービス品のみ値段表示あり。

生牡蠣・柳鰈素焼・蛤吸い・山芋納豆を肴に田酒を呑んだ。

肴が旨いので酒が進んでしまう。
やばい。

気になる勘定は思ってたより、チト高めだった。
まっ、しゃあないな。

【瀬良美】
茨城県水戸市南町2-2-32
羽田ビル 1F

パイセット
水戸プラザホテルにあるカフェバー。
天井がガラス屋根の中庭にあります。

ティータイムに入ってみました。

5階まで吹き抜けになっているので、明るくて開放的。

パイセットをいただきました。
アップルパイ+バニラアイス+飲み物。
飲み物は紅茶にしました。

のんびりした空間で、すいいつを楽しむ。
思わず時を忘れてしまうひととき。
じんわり癒されました。

サービス料・税込で1,022円。
CPもいいんじゃないかな。

【プラザ】
茨城県水戸市千波町2078-1
水戸プラザホテル 1F

イチゴのタルト
オークラフロンティアホテルつくば本館2階、
あたたかい自然の光がさしこむカフェテラス。

ティータイムなのでティーセットにしました。

飲み物はアイスレモンチーにしてみました。

ケーキはテーブルまで7個くらい持って来てくれます。
エ〜ッ、そんなに食べれないよ〜。
つまらない冗談でした。
ここからおひとつえらぶのです。

イチゴタルトと目と目が逢いました。
一目惚れってやつです。

大粒の苺が6個もタルトに乗っかとる。
甘酸っぱくて美味でございます。

タルト生地はサクサクして旨かった。

アイスレモンチーとの相性抜群やね。

【CAMELLIA】
茨城県つくば市吾妻1-1364-1
オークラフロンティアホテルつくば 本館2F

うな重(特上)アップ
うな重(特上)3,700円也
つくば駅に降りるのは初めてである。
駅から遠いのでタクシーで行くことにした。
松乃家は有名のようで店名を告げただけで発車!
タクシーの運ちゃんは言葉も荒いが運転も荒かった。
凄い処に来たと思った。
松乃家の大きな駐車場に入る瞬間、
ドコンドコン、物凄い音と振動。
歩行者用階段を走破したようだ。
運ちゃんは平気な様子。

閑話休題、松乃家は駐車場が広いが、店内も広い。
御座敷の部屋がいくつもある。
その一つを案内され上がり込む。
畳の部屋は落ち着きますなあ。

うな重は、並・上・特上の3種類。

特上にしました。

25分くらいでできあがり。

正方形の重箱に蒲焼がびっしり。
贅沢な感じがいたします。

川魚の風味を残した味わい。
タレは甘辛。
身は柔らか。
皮目も柔らか。

肝吸と漬物に桜海老甘露煮付き。

食べてるうちにどやどや客が入ってきた。
人気店です。

【松乃家】
茨城県つくば市妻木5-1

食べ応え有り!
JR水戸駅3・4番常磐線ホームにある駅蕎麦店。
ホームの端にあり、近づいてゆくと鰹出汁の香りが漂ってきます。
匂いだけで、旨いに違いないと確信した。

入口近くにお品書きが出ておりました。
かけ、月見、野菜天ぷら、竹輪天ぷら、わかめ、たぬき、納豆、きつね、カレー、山菜、季節限定。
なんと納豆そばがある。(^J^)

店内に入ると右手に券売機があります。
野菜天ぷらそばにしました。
おばちゃんが丁寧にそばを茹でてます。

かき揚げは玉葱・長葱・人参の野菜と桜海老が入ってます。
衣が少ないので油っぽくない。
シャキシャキと歯応えもいい。
桜海老がチト少ない。
まあ、野菜天ぷらと名乗っているので止むを得ない。

つゆは出汁がしっかりしていて美味しい。
立ち食いそばはつゆが命です。

そばは風味が良く、つゆとの相性もいい。
量がたっぷりなのが嬉しい。

値段以上の満足感あり。

【水戸そば 1号店】
茨城県水戸市宮町1-1-1
JR水戸駅3・4番ホーム

このページのトップヘ